× Q 翻訳訳語辞典
seem   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
〜かんじだ
   
seem to be trying to impress sb: なにか妙にもったいをつけたかんじだ 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 51
〜げである
   
seem unaware of ...: 〜など気づかぬげである マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 287
〜しているふうである
   
<例文なし> メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 122
〜するような気さえする
   
seem to reach sb here: 漂ってくるような気さえする 北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 134
〜そうだ
   
seem like a mensch: 骨がありそうだ クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 76
〜そうである
   
<例文なし> メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 107
〜という印象を与える
   
seem unrelentingly modern: とことん近代的という印象を与える オローク著 芝山幹郎訳 『楽しい地獄旅行』(Holidays in Hell ) p. 142
〜という感じを受ける
   
He expressed himself very passionately; he seemed absolutely sincere: 実に激しいことを言っておったが、純真そのものという感じを受けた 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 343
〜と見える
   
<例文なし> 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 57
〜と思われる
   
seem like ...: 〜と思われる メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 76
〜なのか
   
seem to need oiling: 油が切れているのか 遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 5
〜な顔をしている
   
never seem to have a good time: 何のおもしろいこともなさそうな顔をしている ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 195
〜な眺めである
   
seem silly: 馬鹿みたいな眺めである オブライエン著 村上春樹訳 『ニュークリア・エイジ』(The Nuclear Age ) p. 137
〜な様子だ
   
seem subdued: 妙にもの静かな様子だ プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 388
〜にうつって見える
   
<例文なし> 安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 8
〜のよう
   
seem almost half-witted: まるで腑抜のようになっている 井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 93
〜のような印象がある
   
<例文なし> プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 61
〜のような気がする
   
it seems to me now that ...: いまにして思えば〜のような気がする オースター著 柴田元幸訳 『鍵のかかった部屋』(The New York Trilogy ) p. 5
〜のように感じられる
   
seem to sb half a dream: なかば夢のように感じられる トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 65
〜の観を呈する
   
seem to stick: 停滞の観を呈する ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 34
〜の観を免れない
   
seem antiquated: 時代後れの観を免れない ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 179
〜の気配である
   
If anything, he seemed more eager than ever to nail this eggsucker: それどころか、彼自身、早いところ悪党の首根っ子を押さえつけてこの問題にけりをつけたいと願っている気配である ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 295
〜の態だ
   
seem mysteriously embarrassed: なぜか困惑の態だ ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 306
〜の様子だ
   
seem eager to find out more about ...: 〜についてもっと知りたい様子だ プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 179
〜ようだ
   
seem in fine spirits: 元気をとりもどしたようだ プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 221
〜ような色を見せている
   
seem wary: 気を許しかねるような色を見せている 井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 50
〜感じだ
   
do seem pretty hopeless bunch: 誠にぱっとしない感じだ 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 239

いかにも
   
it seems so James Bond to do: 〜というのは、いかにもジェームズ・ボンドもどきだ クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 388
いちおう
   
so the whole affair seems to have been settled: かうして事件はいちおう落着した 丸谷才一著 デニス・キーン訳 『横しぐれ』(Rain in the Wind ) p. 134
いわんばかり
   
one’s chief regret seems to be that ...: 〜が痛恨事だといわんばかりの(人) トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 148
おぼしい
   
seem to be ...: 〜とおぼしい サリンジャー著 野崎孝訳 『大工よ、屋根の梁を高く上げよ』(Raise High The Roof Beam, Carpenters ) p. 18
おぼしき
   
what seemed to be ...: 〜とおぼしきもの ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 427
かもしれない
   
philandering seems to be ...: 浮気も〜なのかもしれない フィシャー著 吉田利子訳 『愛はなぜ終るのか』(Anatomy of Love ) p. 88
on one level sb’s life probably seems to go in good place: (人の)人生は、外目には、けっこう順調にいっているように見えるかもしれない ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 547
かも知れない
   
indeed one seems at times to do: 〜する場合さえあるかも知れない 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 197
きこえる
   
<例文なし> マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 31
   
always seem pleased with life whenever one speak: いつも愉快げに話している 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 229
している
   
seem at a loss: まごまごしている 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 139
そう
   
marry and seem blessed with happiness and good fortune: 奥さんを貰って幸福そうだ 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 229
そうだ
   
seems unusually fond of each other: 睦まじそうだ 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 34
そうに
   
seem both surprised and amused when one sees sb doing: 〜している(人を)可笑しそうに見る 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 44
だろう
   
seem the more likely explanation: おそらく〜だろう クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 468
ちょっと見ると〜
   
it seems absurdly simple: ちょっと見ると、ばかばかしいほど簡単だ ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 169
つもりか
   
Lacon bellowed suddenly, in what seemed to be declaration of personal faith: だしぬけにレイコンが、個人的信念を公言するつもりか、大声をはりあげた ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 68
といったあんばいだ
   
it seems the whole of London is burning: ロンドンじゅうが火の海といったあんばいだ ウィンターソン著 岸本佐知子訳 『さくらんぼの性は』(Sexing The Cherry ) p. 213
どうも〜らしい
   
seem to fit sb very badly: どうやら全然からだに合っていないらしい ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 144
どうやら〜のようだ
   
seem unjustified: どうやら思い過ごしのようだ ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 69
どうやら〜らしい
   
<例文なし> ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 11
どこかしら〜している風だ
   
seem impatient, distracted: どこかしら気もそぞろで、苛立っている風だ セーガン著 池央耿・高見浩訳 『コンタクト』(Contact ) p. 338
なんだか
   
seem embarrassed: なんだか困惑顔だ ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 312
it seems to sb that ...: なんだか〜だ カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 237
なんていうんでしょうね
   
<例文なし> プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 279
なんとなく
   
the whole country already seemed to be in an uneasy mood: あのころから、国中にはなんとなく不吉な気分がみちていた 竹山道雄著 ヒベット訳 『ビルマの竪琴』(Harp of Burma ) p. 38
ばかりに
   
seem to suggest that ...: 〜と言わんばかりに トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 154
ふう
   
do not seem to mind a bit: 一向に嫌がるふうもない クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 374
ふしがある
   
seem fascinated with ...: 〜に魅せられているふしがある プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 402
ふりをする
   
without seeming notice: 気がつかないふりをして O・ヘンリ著 大津栄一郎訳 『オー・ヘンリー傑作選』(41 Stories ) p. 54
まるで〜みたいだ
   
never seem to leave: まるであそこに住みついていらっしゃるみたいだ トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 324
みえる
   
seem at a loss for an answer: 返事が出来ないものとみえる 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 247
みたい
   
seem more civilized: まともな人間になるみたいだ ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 169
it seems a regular blind jack-of-all-trades: まったくのところ、盲人の便利屋みたいだ カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 392
みたいだ
   
seem to want to do: 〜しようとしているみたいだ カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 191
みたいでね
   
can not seem to get the taste out of one’s mouth: いまだにあの味が口に残ってるみたいでね トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 261
やうな気がする
   
don’t seem much different from ...: 〜とさほど違はないやうな気がする 丸谷才一著 デニス・キーン訳 『横しぐれ』(Rain in the Wind ) p. 16
ようす
   
seem to do: 〜しているようすである マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 132
ようすがある
   
never seem to do ...: 〜するようすがない ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロスノフスキ家の娘』(The Prodigal Daughter ) p. 69
ようだ
   
their relations seem cordial enough: 二人の関係はいたって友好のようだ クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 423
the sloppier one seem to become: だんだんだらけてくるようだ クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 403
seem unable to understand: 腑に落ちぬようだ 川端康成著 月村麗子訳 『みずうみ』(The Lake ) p. 29
seem to try to do: 〜しようとしているようだ ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 517
seem to do: どうやら〜しているようだ カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 207
seem to be effective enough: 上々のようだ クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 418
seem particularly interested in ...: 〜に大いなる興味をもっているようだ 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 188
seem increasingly obvious: だんだんはっきりしてきたようだ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 233
everything around sb seem to rush into a different space: 空間ごとゆがんだようだ 吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 11
don’t seem to have any more to say: (人の)話はそれで終わったようだ カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 37
ようである
   
seem to be definable as sth: 〜であると定義してよいようである 土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 30
ような
   
the sky is so blue that it seems transparent: 蒼い透き徹るような空 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 69
よそ目には
   
seem rather primitive: よそ目には原始的だ クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 486
らしい
   
seem unable to grasp sth: 〜をとっさにはのみこめぬらしい 川端康成著 月村麗子訳 『みずうみ』(The Lake ) p. 29
seem to matter to sb: (人に)してみれば大事な問題らいしい ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 113

一見
   
the logic seems irrefutable: 一見、論理的には異のとなえようがない トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 351
印象がある
   
always seem to do: 年じゅう〜している印象がある プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 197
陰謀めいた
   
don’t seem to be a conspiratorial type: 陰謀めいたものとはおおよそ縁遠い人柄だ 安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 130
映る
   
seem odd to one: 奇異に映る デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『別れのシナリオ』(Death Mask ) p. 88
seem as harmless as a thick carpet of grass: 分厚い緑の絨毯のように平和に映る プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 50
何だか
   
seem somber: 何だか暗い 吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 29
外観を呈している
   
seem ...: 〜のような外観を呈している トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 121
外見
   
seem every bit as lovely as sb: (人)そのままに愛らしい外見の女性だ ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 544
額面
   
all is not what it seems: 世の中、なかなか額面通りにはいかない メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 145
感じ
   
seem deserted: さびれた感じ プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 258
seem cool and completely unruffled by the furor: いっときの感情に押し流されることなどありえないという感じ プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 307
感じがする
   
sb’s loneliness seems to grip sb’s whole body: 侘しさが( 人の) 身体に食い込むような感じがする 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 219
感じられる
   
the room seems incredibly stuffy: 部屋がひどくせまくるしく感じられる デイヴィス著 酒井邦秀訳 『青銅の翳り』(Shadows in Bronze ) p. 494
now seem more and more: いまとなっては〜に感じられてならない スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 366
感じる
   
sb’s heart seems suddenly to freeze: (人の)胸が一度に凝結したように感じる 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 140
顔をする
   
there seems to be no real resentment in sb’s voice: (人は)別に面倒臭いという顔をしない 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 56
seem surprised: 意外な顔をする ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 239
seem mystified: 狐につつまれたような顔をしている カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 107
気がする
   
We seem to have been waiting for ever: ずいぶん待たされている気がするが ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 66
the effort to move seems so massive: 引越しの準備にとりかかるのは、とりあえず大儀な気がする プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 268
seem too distant and cold: あまりにも他人行儀な気がする ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 474
seem to remember something about it: うっすらとおぼえているような気がする アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『フランクフルトへの乗客』(Passenger to Frankfurt ) p. 92
seem to do: 〜したような気がする クラムリー著 小鷹信光訳 『酔いどれの誇り』(The Wrong Case ) p. 49
seem so fitting to the start of a day: 一日のはじまりにはいかにも好ましい気がする クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 104
never seem able to feel any affection for ...: 〜にはなじめない気がする 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 256
it seems like only yesterday: ついきのうのことのような気がする ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 35
even seem like a bargain: かえって安いような気がする 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 61
気味もある
   
readily enough it seems: そう言われるのを待っている気味もある セーガン著 池央耿・高見浩訳 『コンタクト』(Contact ) p. 282
響き
   
<例文なし> 川端康成著 サイデンステッカー訳 『雪国』(Snow Country ) p. 14
見えた
   
one’s expression certainly seemed deadened: まったく無表情に見えたことは確かだ トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 229
見える
   
there is nothing about sb that seems hardened or weary: (人に)荒れたりささくれたりしたところがないように見える ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 308
seem to indicate a total lack of ideas or integrity: 無思想にも無節操にも見える 土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 86
seem to ...: (何かと)見える デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 115
seem so sincere: 偽りには見えない トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 275
seem just fine: しごく元気そうに見える カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 234
seem exactly like sb: (人と)まったく同じように見える 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 190
seem diametrically opposed to sth: 〜とは正反対に見える 土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 88
seem determined to do: 〜しているらしく見える 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 93
seem almost relieved: ほっとしたみたいにさえ見える ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 216
seem active: 威勢よさそうに見える 土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 28
seem a rather scholarly fellow: 傍から見たらさぞ勉強家のように見える 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 172
never seem busy: いくらでも時間に余裕を持っているように見える 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 172
it must certainly seems so to sb: (人から)見たらなおそう見えるでしょう 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 174
見たところ
   
seem quite sturdy: 見たところ頑丈だ スティーヴン・キング著 池央耿訳 『暗黒の塔 I・ガンスリンガー』(The Gunslinger ) p. 110
見たところ〜だ
   
seem obsessed by sb: 見たところ(人に)首ったけだ プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 102
見まがう
   
seem almost ...: ほとんど〜かと見まがう マイケル・オンダーチェ著 土屋政雄訳 『イギリス人の患者』(The English Patient ) p. 133
見る
   
though one’s reasons for sorrow or joy rarely seem convincing to the observer: 不幸につけ幸福につけ、傍から見ればいつも理由の薄弱なこの人の 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 118
見受けられる
   
seem to sb that ...: 〜なように見受けられる 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 22
seem pretty much the same: 変化らしい変化は見受けられない オブライエン著 村上春樹訳 『本当の戦争の話をしよう』(The Things They Carried ) p. 223
seem even amused: 愉快がっているふしすら見受けられる セーガン著 池央耿・高見浩訳 『コンタクト』(Contact ) p. 233
口ぶり
   
seem very sure of ...: 〜によほど確信がある口ぶりだ ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 376
思う
   
seem to have the ring of truth: 真実だと思う デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 260
make even removing one’s turtleneck sweater seem a wearisome task: プルオーバーのセーターを脱ぐのさえ億劫に思わせる 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 141
思えてならない
   
it seems now that ...: いまでは〜だと思えてならない トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 320
思える
   
seem to affirm sb’s perceptions: 〜を目にすると(人の)言い分ももっともだと思える ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 176
seem full of some goodness: 善意に満ちているように思える カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 156
seem fickle: 軽薄もののように思える 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 96
maybe that seems like where this story should end: ここでこの物語を終えてしまうのが妥当のようにも思える ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 546
思われる
   
seem to outscream the thunder: 嵐をもしのぐかと思われる クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 38
it seems to sb that ...: (人に)いわせると〜に思われる 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 198
here also would seem to lie the reason why ...: 〜のもこのためであると思われる 土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 37
耳障り
   
the words do not seem adj. to me: その言葉の耳障りらいうと、〜ではない 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 45
衝動に駆られる
   
seem that sb might scream at sth, rail at sth, challenge sth blindly: 〜に向かって声の限りに悪口雑言を投げつけたい衝動に駆られる スティーヴン・キング著 池央耿訳 『暗黒の塔 I・ガンスリンガー』(The Gunslinger ) p. 182
風である
   
do not seem to do: 〜せぬ風である 三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 210
風に見える
   
<例文なし> 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 20
風の
   
seem to think that ...: 〜という風の口吻をもらす 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 132
風をする
   
seem taken aback by ...: 〜に思いも寄らないという風をする 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 247
風情である
   
seem somehow at a loss for something to do: なんとなく手持ち無沙汰な風情である 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『ノルウェーの森』(Norwegian Wood ) p. 202
風情をただよわせる
   
seem to be yielding to it: 触れなば落ちんという風情をただよわせる グールド著 芝山幹郎訳 『カクテル』(Cocktail ) p. 30
物腰は〜だ
   
seem courtly but distracted: 物腰は丁重ながらも他人行儀だ セーガン著 池央耿・高見浩訳 『コンタクト』(Contact ) p. 287
聞こえる
   
seem a little out of place: (人に)不調和に聞こえる 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 125
it might have seemed to sb that ...: (人には)〜と聞こえるかも知れない 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 46
<例文なし> デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 204
傍目
   
seem to be: 傍目にも〜である メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 11
様子
   
seem to ...: 〜している様子 デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 115
seem pleased to hear sb praised: (人が)褒められて、まんざらでもない様子 デイヴィス著 酒井邦秀訳 『青銅の翳り』(Shadows in Bronze ) p. 199
seem not to pay much attention to ...: 〜にこだわる様子を見せない 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 78
様子が見える
   
seem totally indifferent to one’s surroundings: 周囲に殆ど注意を払う様子が見えない 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 11
様子だ
   
seem to be taking forever: 一朝一夕にはまとまらない様子だ セーガン著 池央耿・高見浩訳 『コンタクト』(Contact ) p. 239
様子である
   
seem scarcely aware of sb’s presence: (人が)いることすら意識していない様子である サリンジャー著 野崎孝訳 『フラニーとゾーイー』(Franny and Zooey ) p. 47
seem not to do: 〜していない様子である 三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 117
様相を呈す
   
seem interminable: かなりの長丁場になる様相を呈している セーガン著 池央耿・高見浩訳 『コンタクト』(Contact ) p. 346