× Q 翻訳訳語辞典
false   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
あらぬ
   
have avenged oneself by spreading that false story about sb: 腹癒せにあらぬ噂をふりまく 三島由紀夫著 ウエザービー訳 『潮騒』(The Sound of Waves ) p. 109
ありもしない
   
thanks to false hopes: なまじありもしない希望を抱かせたために アシモフ著 小尾芙佐訳 『夜明けのロボット』(Robots of Dawn ) p. 143
build a false conspiracy in one’s mind: ありもしない陰謀など考えだす アシモフ著 小尾芙佐訳 『夜明けのロボット』(Robots of Dawn ) p. 105
いい加減な
   
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 71
いつわる
   
give a false address: 住所をいつわる ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 188
うわべだけ
   
no false modesty prompts that evaluation: うわべだけ謙遜してみせたってしかたがない マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の歌い手』(Dragonsinger ) p. 148
false modesty or humility in a man: うわべだけ謙遜したり卑下したりする男 デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 302
まやかしの
   
false constraints of custom, ideology or blood: 慣わし、イデオロギー、血統といったまやかしの桎梏 クック著 鴻巣友季子訳 『緋色の記憶』(The Chatham School Affair ) p. 72
よそおう
   
say with false boldness: ふてぶてしさをよそおっていう ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 197
わざとらしい
   
false theatrical gestures: わざとらしい芝居がかった身ぶり ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 95

インチキ
   
seem false and empty to sb: インチキでむなしいとしか思えない グループマン著 吉田利子訳 『毎日が贈りもの』(The Measure of Our Days ) p. 138

   
<例文なし> 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 274
嘘っぱち
   
the notion was false: それが嘘っぱちだ マクベイン著 加島祥造訳 『死にざまを見ろ』(See Them Die ) p. 200
過てる
   
false view of life: 過てる人生観 アシモフ著 小尾芙佐訳 『われはロボット』(I, Robot ) p. 96
気どる
   
false modesty: 謙遜家を気どる 芥川龍之介著 ボーナス訳 『河童』(Kappa ) p. 41
偽の
   
work out false stories: 偽の話をでっち上げようと工作する ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 183
偽物
   
patently false: まっかな偽物 ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 108
見せかけの
   
light false fires: 見せかけの火をたく ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 460
見当違いの
   
one’s false ambition: 見当違いの野心 リンドバーグ夫人著 吉田健一訳 『海からの贈物』(Gift from the Sea ) p. 80
根も葉もない
   
dangle a false hope before sb: 根も葉もない希望を描いてみせる グループマン著 吉田利子訳 『毎日が贈りもの』(The Measure of Our Days ) p. 180
侵入者を迷わすみせかけの
   
a false door: 侵入者を迷わすみせかけの扉 アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『死が最後にやってくる』(Death Comes as the End ) p. 126
早まった
   
give rise to a false alarm: 〜に、やったぞと早まった声があがる シリトー著 河野一郎訳 『長距離走者の孤独』(The Loneliness of the Long-Distance Runner ) p. 157
不自然
   
The timing of his response too pat, his tone false: 答え方のタイミングが早すぎたし、口調も不自然だった 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 153
How false and wearisome this outcome is: なんて不自然でつまらない結末なんだろう! べーカー著 岸本佐知子訳 『フェルマータ』(The Fermata ) p. 307
不忠の
   
be a false traitor to ...: 〜に対して不忠の反逆を働く ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 111
妙な
   
one false move, and ...: ちょっとでも妙な動きを見せたら〜だぞ ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 54
拵えた
   
give sb a conveniently false account: (人に)拵え事を話す 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 252

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

one’s ears play sb false: 幻聴
吉行淳之介著 ジョン・ベスター訳 『暗室』(The Dark Room ) p. 11
false-flag operations: 偽装工作
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 74
false summer: 夏を思わせる気候
レンデル著 小尾芙佐訳 『ロウフィールド館の惨劇』(A Judgement in Stone ) p. 128
false pretense: 本然のものをいつわっている
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 97
false personation: 氏名詐称
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 108
false name: 変名
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 313
false impression: 無用の誤解
司馬遼太郎著 カーペンター訳 『最後の将軍』(The Last Shogun ) p. 264
false alarm: 空振り
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 204
a false show of courage: 虚勢
竹山道雄著 ヒベット訳 『ビルマの竪琴』(Harp of Burma ) p. 143
a false alarm: 誤報
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 30
tone of false glee: 不自然なまでの上っ調子
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 204
the usual false faces: いつもの仮面劇
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 22
sense of false recollection: 見当ちがいの記憶
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 56
send sb up false trails: (人を)空まわりさせる
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 319
sb had tried to give a false impression: その結像は虚像だ
松本清張著 ブルム訳 『点と線』(Points and Lines ) p. 156
sb’s confusion rings a little false: わざと鈍感そうに喋る
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 25
realize that one’s face wears a tight, false smile: 自分の顔が媚びているのがわかる
瀬戸内晴美著 バイチマン訳 『夏の終り』(The End of Summer ) p. 193
one’s absurd false confession: 嘘八百の告白
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 399
give a false name: 偽名を使用する
ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 20
cover in false smiles: 満面につくり笑いを浮かべる
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 156
be almost certainly false: 当てにはなりません
遠藤周作著 ジョンストン訳 『沈黙』(Silence ) p. 18
be a false alarm: 予想が見事にはずれる
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 18
after some false starts: 最初のうちはまごまごしていたが
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 34
a false move and ...: ひとつ間違えば、〜だろう
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロシア皇帝の密約』(A Matter of Honour ) p. 129
sb’s premises are completely false: (人の)理論は根本から間違っている
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 25
a false-flag passport: 偽パスポート
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 251
a few false fires: いくつか見せかけの火
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 460
a set of functional false teeth: まっとうな入れ歯
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 423
But gradually, with another part of her, she saw through this false optimism: だが、しだいに彼女のどこかべつの部分は、このいつわりの楽観を見抜いた
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 31
having incite one another with a false show of courage: お互いにあおりたてられた虚勢といったようなものから
竹山道雄著 ヒベット訳 『ビルマの竪琴』(Harp of Burma ) p. 143
play sb false: (人)を裏切る
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 210
Why should you insist so on an absolutely false view of life?: あなた方は、なぜまったく過てる人生観にそれほどまでに固執するのですか?
アシモフ著 小尾芙佐訳 『われはロボット』(I, Robot ) p. 96
lay a false trail to ...: 〜に偽装針路をとる
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 235
ツイート