× Q 翻訳訳語辞典
longer  

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

a bit longer: いますこし
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 272
will not live much longer: この先長くない
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 350
unable to endure it any longer: たまりかね
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 244
sit down a moment longer: もうちょっとすわっててくれ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 118
sb be no longer able to hold oneself back: 怯えていた(人が)、たまりかねて
遠藤周作著 Gallagher訳 『海と毒薬』(The Sea and Poison ) p. 37
pause for longer intervals between pitches: 投球のインターヴァルは、どんどん長くなる
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 384
parents’ voices no longer register: 親の呼ぶ声などまるで耳に入らなくなってしまう
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 9
one’s face is no longer friendly: (人の)顔はもう前のようにおだやかではない
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 127
no longer even try: いや、現在の(人は)なにかを努めて〜しようとはしていない
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 193
linger a moment longer: その場を立ち去れない
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 93
come in before much longer: ほどなくやってくる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 344
can no longer see anything: 視界が利かなくなる
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 163
can no longer prevaricate: 誤魔化しがきかない
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 278
can no longer distinguish cause from effect: どっちが原因で、どっちが結果かわからない
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 141
can no longer ...: 〜するわけにはいかない
ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 35
can’t stand ... any longer: 矢も盾も堪まらなくなる
井上靖著 ピコン訳 『姨捨』(The Izu Dancer and Other Stories ) p. 25
be no longer the same man: 昔どおりの(人)ではない
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 427
be no longer eighteen: 十八の盛りをすぎる
有吉佐和子著 タハラ訳 『紀ノ川』(The River Ki ) p. 11
be no longer a secret: 〜がばれてしまった
ル・グィン著 小尾芙佐訳 『風の十二方位』(Wind's Twelve Quarters ) p. 141
be beginning to feel one can no longer cope: 我慢の限界が近づいてきているという気がする
デイヴィス著 酒井邦秀訳 『青銅の翳り』(Shadows in Bronze ) p. 157
can no longer afford that big house: その大きな家を維持することができない
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 385
a woman no longer afraid of what people say behind her back: 誰にもうしろ指をさされない場所を獲得した女
吉行淳之介著 ジョン・ベスター訳 『暗室』(The Dark Room ) p. 132
it is not yet dusk but no longer afternoon: まだ夕方とは言えないが、もはや昼間ではない
オースター著 柴田元幸訳 『幽霊たち』(The New York Trilogy ) p. 75
one’s speech has run for a deal longer than either of sb apparently expected: どちらが予期したよりも長広舌になる
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 225
Suddenly, strangely, Turner no longer wished to argue: とつぜん、ふしぎなことに、ターナーはそれ以上いいあらそおうとはしなかった
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 378
stay awhile longer: もうちょっと残る
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 232
no longer feel restrained and awkward: 遠慮がなくなる
有吉佐和子著 コスタント訳 『華岡青洲の妻』(The Doctor's Wife ) p. 49
can no longer hold the wolves at bay: のんきなことをいっている場合ではない
バフェット著 芝山幹郎訳 『ジョー・マーチャントはどこにいる?』(Where is Joe Merchant? ) p. 29
can no longer bear doing: 〜が嫌だ
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 76
be unable to bear it any longer: こらえきれなくなる
谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 107
be unable to bear a strain any longer: 不安にたまりかねる
池波正太郎著 フリュー訳 『梅安蟻地獄』(Bridge of Darkness ) p. 140
the days are becoming longer: 大分日がながくなる
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 76
no longer know what to do with oneself while lying in bed in the morning: 朝目を醒してから起き上るまでの時間を持てあます
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 156
how much longer before sb can do ...: いつになったら〜できるのか
フリーマントル著 稲葉明雄訳 『亡命者はモスクワをめざす』(Charlie Muffin and Russian Rose ) p. 159
sb’s attitude be no longer sullen and belligerent: 〜ももうはじめのような反抗的なふてくされた態度ではない
竹山道雄著 ヒベット訳 『ビルマの竪琴』(Harp of Burma ) p. 87
there is no longer any life in sb’s belly: (人の)肉体にはもはや生命は宿っていない
ル・グィン著 小尾芙佐訳 『闇の左手』(The Left Hand of Darkness ) p. 37
be no longer bound by matter: もはや物質にとらわれることがない
ウィンターソン著 岸本佐知子訳 『さくらんぼの性は』(Sexing The Cherry ) p. 135
brave the weather a second longer to pause: いますこし悪天候にめげず立ちどまる
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 30
can brazen it out no longer against ...: 〜にすっかりうちのめされてしまう
ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 135
just can’t keep quiet any longer: どうしても黙っていられない
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 275
no longer worth the candle: それほどの値打ちはない
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 382
no longer caring what happened: やぶれかぶれだ
宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『セロ弾きのゴーシュ』(Wild Cat and the Acorns and Other Stories ) p. 243
no longer care what one say: もうなにをいうもおかまいなしだ
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 290
be no longer the carefree spirit: もうのんきな娘ではない
フィールディング著 吉田利子訳 『秘密なら、言わないで』(Tell Me No Secret ) p. 41
no longer certain whether to do: もう〜したものかわからない
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 339
for sb, sleep is longer coming: (人は)なかなか寝つけない
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 204
can no longer be complacent: もはや安穏とはしていられない
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『白い竜』(The White Dragon ) p. 129
no longer even contemplate doing: もう〜するつもりはない
川端康成著 月村麗子訳 『みずうみ』(The Lake ) p. 19
continue one’s serious discussion for a while longer: しばらくの間真剣に話し合う
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 117
I really wanted to daydream a little longer: まだもう少しぼんやりしていたかった
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 239
the daylight hours stretch longer: 日が伸びてくると
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 207
old, no-longer-used holiday decorations: 使い道のない古いクリスマスの飾り付け
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 279
for reasons they could no longer define clearly: どういうきっかけがあったのか、もう思い出すこともできないが
マキューアン著 宮脇孝雄訳 『異邦人たちの慰め』(The Comfort of Strangers ) p. 7
can no longer be secure in the delusion of ...: 〜という誤った信念の上に安閑とすわっているわけにもいかない
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『白い竜』(The White Dragon ) p. 129
can no longer be described as sth: もはや(物の)名に価しない
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『メディア買収の野望』(Fourth Estate ) p. 409
The spooks could no longer wash this away as a minor domestic disturbance: 情報機関はもはやこれを国内のささいな事件と黙殺するわけにはいかない
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 302
won’t do any longer: 〜では話にならぬ
司馬遼太郎著 カーペンター訳 『最後の将軍』(The Last Shogun ) p. 48
the doctor doesn’t give sb much longer: (人は)そう長くないと医師に言われている
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 100
be no longer drinking: 酒はもうやめている
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 114
She drank, no longer caring what she said: もうなにをいうもおかまいなしで、酒もやった
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 290
be no longer so esteemed: 疑われるようになる
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 321
be no longer sharply etched in the memory: はっきり思いだせない
ロアルド・ダール著 永井淳訳 『来訪者』(Switch Bitch ) p. 142
Even when he slept, his dreams were no longer what they were in his youth: もっとも、目を閉じたところで、若いときのようないい夢は滅多に見られなくなっている
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 156
be no longer sure one even want sb to do ...: (人が)〜してくれることをほんとに望んでいるのかしら?
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 249
one oneself can no longer have faith: 自分自身が信じられなくなる
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 260
be no longer fitted in with sth: 〜のお荷物になっている
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『メディア買収の野望』(Fourth Estate ) p. 294
be no longer warm or friendly: もはや思いやりも親しみも感じさせない
ロアルド・ダール著 永井淳訳 『飛行士たちの話』(Over to You ) p. 221
no longer function: 故障している
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 403
no longer seem funny: もはや冗談を言っている場合ではない
メイル著 小梨直訳 『南仏プロヴァンスの木陰から』(Toujours Provence ) p. 200
the longer the night gets: 夜がふけるにつれ
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 403
get longer and longer: 長くなる一方である
if one stay any longer in this glare: こんな日射しのなかにこれ以上ぐずぐずしていたら
ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 37
be no longer good: もはや意味をもたない
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 59
the older sth get and the longer sth be handled: よく使い込んで古くなればなるほど
no longer have ...: いつの間にか紛失してしまっている
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 188
no longer have a feeling of helplessness: 前に感じたほどの威圧感はない
松本清張著 ブルム訳 『点と線』(Points and Lines ) p. 172
The longer I hesitated, the more I would lose: じっとしていれば、それだけ後にとり残されてしまうのだ
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 12
Here again, what was historically true is no longer true: たしかに昔はそうだったが、今はちがう
サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 73
hold out longer: ずっと長くもちこたえる
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 157
how much longer: まだか
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 81
wait an instant longer: ちょっと間をおく
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 112
be no longer interested in doing: 〜にも格段の注意を払わない
夏目漱石著 マシー訳 『』(Mon ) p. 15
be no longer the invalid: もう半人前ではない
フィールディング著 吉田利子訳 『秘密なら、言わないで』(Tell Me No Secret ) p. 41
when it is no longer an item of necessity to sb: 必要が満たされましたなら
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 371
be no longer sure one want to know ...: 〜をほんとに知りたいと思っているのかしら?
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 249
I'm not sure how much longer I can last, Comrade Major: これじゃいつまでもつかわからんよ、同志少佐
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロシア皇帝の密約』(A Matter of Honour ) p. 323
ツイート