× Q 翻訳訳語辞典
pity   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
〜を偲ぶ
   
<例文なし> べーカー著 岸本佐知子訳 『フェルマータ』(The Fermata ) p. 46

あいにく
   
a pity that sb don’t have the wit to understand that ...: あいにく(人は)ばかだから〜ということがわからないのだ クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 416
いたわり
   
<例文なし> 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 140
すまなさ
   
with all that shame and pity: 恥ずかしさとすまなさのために アシモフ著 小尾芙佐訳 『神々自身』(The Gods Themselves ) p. 214
ふびんの思い
   
be filled with sudden pity: にわかにふびんの思いでいっぱいになる マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 263
ふびんの念
   
be moved to involuntary pity by sth: 〜についふびんの念を覚える ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 17

哀憐の情
   
a sense of infinite pity comes over sb: 涯しない哀憐の情が襲ってくる ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 138
慈悲心
   
have done it out of pity: 慈悲心からやったことだ アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『カリブ海の秘密』(A Caribbean Mystery ) p. 132
仕方がない
   
what a pity that this should have happened at such a time: 本当に間の悪い時は仕方のないものだね 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 127
情け
   
one would save one’s pity for others: そんなやつにかけてやる情けは(人には)ない クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 589
no pity: 情け無用だぞ クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 588
惜しむ
   
a pity that ...: 惜しむらくは〜だ ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 204
同情する
   
<例文なし> サリンジャー著 野崎孝訳 『大工よ、屋根の梁を高く上げよ』(Raise High The Roof Beam, Carpenters ) p. 13
不憫と思う心
   
pity eludes sb: 不憫と思う心を他所に 井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 114
憐み
   
feel pity for ...: 〜に憐みをおぼえる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 204
憐む
   
Your nature intercedes for me, and pities me: あなたの本心は私のためにとりなし、憐んでくださいます ディケンズ著 村岡花子訳 『クリスマス・カロル』(A Christmas Carol ) p. 136
憐れみが生まれるかと点検する
   
check oneself for pity: 自分の心に哀れみが生まれるかと点検する 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 57
憐憫
   
with pity: 憐憫をこめて ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 229
feel an odd pang of pity: 奇妙な憐憫の情に胸がうずく アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『死が最後にやってくる』(Death Comes as the End ) p. 256

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

for pity’s sake: 後生だから
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 212
be pitied: いたわられる
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 138
without pity or appeal: 哀訴の色もみせず
ル・グィン著 小尾芙佐訳 『風の十二方位』(Wind's Twelve Quarters ) p. 90
what a pity to do: 〜してさぞかし口惜しいだろうなあ
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 109
there is nothing to inspire pity: 痛々しいところがまったくない
フィールディング著 吉田利子訳 『秘密なら、言わないで』(Tell Me No Secret ) p. 32
seem to regard sb with a certain pity: どことなく気の毒そうに
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 214
one’s pity for sth: 〜が不憫だ
ベイカー著 岸本佐知子訳 『中二階』(The Mezzanine ) p. 64
it seems a pity to do: 〜してしまうのが惜しまれる
川端康成著 サイデンステッカー訳 『眠れる美女』(House of the Sleeping Beauties ) p. 77
inspire pity by one’s ghastly face: 奇怪な顔を売りものにして、同情をかう
ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 196
feel an intolerable pity for sb: (人が)可哀そうでならない
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 78
be strangely overcome with pity: 不思議な傷ましさを覚える
谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 52
be filled with a feverish pity for sb: (人に)心底不憫を覚える
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 173
is it not a pity to live no better life: そんな生活ばかり続けてらっしゃるの、残念じゃございません
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 270
he declared with pity rather than hurt: 不快よりは憐憫をこめて、彼はいいきった
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 229
What a pity to find yourself exposed by what you least expected: しかし、さぞかし口惜しかっただろうなあ、思いがけないところからぼろを出しちゃってさ・・
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 109
I pity the higher djinns, who fancy themselves somehow closer to GOD: 上位の妖霊たちは不憫じゃよ、神にいくらかでも近いと思いこんでおるのだからな
ホフスタッター著 柳瀬尚紀訳 『ゲーデル、エッシャー、バッハ』(G_del, Escher, Bach ) p. 129
They were tears of self-pity, he thought, and he rubbed them furiously away: 自己憐憫の涙だ、と思い、彼は荒々しくその涙を拭いた
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 358
feel an immense pity for sb: (人が)たまらなく可哀相になる
ミルハウザー著 柴田元幸訳 『イン・ザ・ペニー・アーケード』(In the Penny Arcade ) p. 156
turn upon sb a look neither of pity nor of inquiry: (人に)あわれみの目を向けることはないし、さぐりの目色を見せることもない
川端康成著 サイデンステッカー訳 『眠れる美女』(House of the Sleeping Beauties ) p. 14
a real pity that ...: 〜のはかえすがえすも残念だ
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の反逆者』(The Renegades of Pern ) p. 138
with a little self-pity: 多少の自己憐憫を覚えながら
セーガン著 池央耿・高見浩訳 『コンタクト』(Contact ) p. 144
be into self-pity: 自己憐憫におちいる
デミル著 上田公子訳 『ゴールド・コースト』(Gold Coast ) p. 108
He was earnest suddenly, serious, a sponge of pity and sympathy: にわかに真顔になり、深刻そうな顔になり、憐(あわ)れみと同情をたっぷりと込める
ボイル著 柳瀬尚紀訳 『ケロッグ博士』(The Road to Wellville ) p. 322
don’t feel slightest trace of pity for sb: 不憫という感じは少しも起こらない
谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 105
ツイート