× Q 翻訳訳語辞典
regard   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
〜視する
   
regard sb as even dangerous: 危険視さえする トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 49

うかがう
   
regard sb carefully: 妙に慎重に(人を)うかがう フィールディング著 吉田利子訳 『優しすぎて、怖い』(See Jane Run ) p. 86
かまえる
   
cannot regard sth philosophically: 落ち着いてかまえていられない ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 405
ながめる
   
regard sb at one’s leisure: (人を)ゆっくりながめる ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 229
まなざしを向ける
   
regard ... with great tenderness: 〜に慈愛のこもったまなざしを向ける アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 80
みつめる
   
regard sb closely: 厳しい目で(人を)みつめる デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 228
Helen smiled, but leaned back to regard him from a distance: ヘレンはほほえんだが、ぐっと身を引いて彼を遠くからみつめた トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 140
みとめる
   
regard sb: (人の)顔をみとめる マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 39
みなす
   
regard sb as odd: 変人とみなす トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 49

扱う
   
regard sth very coolly: 〜をいたって冷静に扱う ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 259
映る
   
be differently regarded: これまでとは違うふうに映る トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 80
解釈する
   
regard ... in a favorable light: 〜を善意に解釈する 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 34
観察する
   
regard sb’s face: (人の)顔を観察する デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 136
regard sb: (だれかを)観察する デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 95
見おろす
   
regard sb: (人を)見おろす ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 437
見つめる
   
regard sb gravely: 真剣な面持ちで(人を)見つめかえす スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 219
見なす
   
be regarded as quite the little shrew: 小さなじゃじゃ馬と見なされる ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 61
見る
   
regard sb quietly for a moment: しばらくのあいだ黙って(人の)顔を見る ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 542
regard ... as a matter of little concern: 〜を軽く見る 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 59
regard ... as ...: 〜を〜と見る マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 145
考える
   
come to regard ... as commonplace: 〜を普通の人間として当然のように考える 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 97
考察する
   
regard with discreet scrutiny sth: (物を)慎重に考察する O・ヘンリ著 大津栄一郎訳 『オー・ヘンリー傑作選』(41 Stories ) p. 12
思いこむ
   
regard it as being synonymous with bravery and recklessness: それを勇敢さと無謀さの同意語と思いこむ シリトー著 河野一郎訳 『長距離走者の孤独』(The Loneliness of the Long-Distance Runner ) p. 207
取る
   
regard ... unfavorably: 〜を悪くも取る 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 34
受け入れ
   
say good-bye with a bit of hard-earned mutual regard: ささやかではあるけれどおたがいを認め、受け入れあって、別れを告げる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 545
対する
   
regard sb with suspicion: 猜疑の眼で(人に)対する 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 160
丁重に
   
be treated with a regard: 丁重に扱われる ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 24
眺めている
   
regard the scene below: 下の光景を眺めている トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 35
目す
   
be regarded as adj: 〜と目されている マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 265
様子を見る
   
regard the younger man: 彼のそんな様子を見る デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『そして殺人の幕が上がる』(Murder on Cue ) p. 180

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

what is said with regard to sb’s doing: 〜の顛末
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 196
regard sb warily: (人に)警戒のまなざしを向ける
イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 150
regard sb fiercely: 凶暴な目で(人を)睨む
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 108
regard one another: 顔を見合わせる
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 84
in most regards: おおむね
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 307
without regard to sth: 〜にかまわず
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 269
without regard to one’s desires: (人の)望みいかんにかかわらず
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 283
without regard to ...: 〜の有無にはおかまいなく
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 214
with the accompanying anxiety or carelessness in regard to sth: あわてて(物事を)したり、ケロリとしていたりする
with no regard to sth: 〜も無視して
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 291
with due regard to ...: 〜を勘定に入れて
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ナイルに死す』(Death on the Nile ) p. 218
what people regard as ...: 人の目に〜と映るもの
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 26
though a prize juggins as regards ...: 〜にかけてはとびきりの抜け作であっても
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『殺人は広告する』(Murder must Advertise ) p. 123
the Jews regard ... as suspiciously pro-Arab: 〜はユダヤ人の目に親アラブと映る
ハルバースタム著 浅野輔訳 『ベスト&ブライテスト』(The Best and The Brightest ) p. 58
send one’s regards to sb: (人に)よろしく
サリンジャー著 野崎孝訳 『フラニーとゾーイー』(Franny and Zooey ) p. 11
seem to regard sb with a certain pity: どことなく気の毒そうに
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 214
regard sth as adj: 〜の目には〜と映る
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 298
regard sb with a good deal of suspicion: (人を)見ると気味が悪い
regard sb as one’s enemy: (人を)敵視する
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 162
regard sb as anything but a sworn enemy: 目のかたきにする
芥川龍之介著 ボーナス訳 『河童』(Kappa ) p. 25
regard foreigners of all kinds with apprehension: 外国人と聞くと警戒する
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 229
regard ... in a different light: 〜のことは棚にあげる
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 368
regard ... as one’s base of operations: (場所)を根拠地と考える
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 110
regard ... as irrelevant and trivial: 〜に何だ下らないという顔をする
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 213
one’s eyes regard sb merrily: 眼は楽しそうに(人の)反応をうかがう
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 169
in sb’s unbending regard for honor: 義理堅い点において
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 192
in regard to ...: 〜を見ると
アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 62
have the least regard: もっとも軽んじる
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 222
have the highest regard for sb: (人を)最高に評価している
イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 37
have already come to regard ... with some discomfort: ただでさえ〜を見るのが余り好い心持ちではない
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 207
give one’s regards to sb: (人に)ことづてを伝える
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 55
forge with sb a relationship of mutual regard: 敵ながらあっぱれと尊敬しあう相互関係を樹立する
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 330
for sb,can be regarded only as ...: 〜は(人に)とっては〜としかうつらない
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 130
find oneself regarding ...: (人の)眼は〜をとらえる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 287
due to sb’s ambivalence in regard to ...: (人の)〜に対する否定的な心情を思うと
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 245
don’t want to be regarded as square or nice or ordinary: ありきたりの真面目な好青年になりたいとは思わない
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 206
be regarded in one’s town as an unusually attractive woman: 田舎町には珍しいほどの色っぽい美人だ
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 66
be regarded as a mixed bag: よくもありわるくもある
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 316
be regarded as a great benefactor: 中隊の恩人扱いだ
ロアルド・ダール著 永井淳訳 『飛行士たちの話』(Over to You ) p. 122
be regarded as ...: 〜で通っている
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 89
be not well regarded: 不審を招く
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 88
All I had to do was to regard all the past few months as absurd;: それは今までの何ケ月かをみんな出鱈目だと考えればよいのである
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 175
regard ... curiously: 眼をまるくして〜を見る
フリーマントル著 稲葉明雄訳 『狙撃』(Run Around ) p. 397
can not do sth without due regard for decency and decorum: 〜するときには礼儀作法に気をつけないわけにはいかない
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 5
regard sb as somewhat disingenuous: (人を)まさに裏表のある人物だと考えていた
ハルバースタム著 浅野輔訳 『ベスト&ブライテスト』(The Best and The Brightest ) p. 51
He was bent on finding something other than tender regard and goodwill: 故らやさしさと善意ばかりでないものを発見するようになっていた
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 372
regard sth gravely: (物を)くいいるように見つめる
アシモフ著 小尾芙佐訳 『夜明けのロボット』(Robots of Dawn ) p. 98
has come a long way in this regard:この点に関してはかなりの議論が行われてきた
辞遊人辞書
has come a long way in this regard:この点に関しては長い歴史をもっている
辞遊人辞書
I felt it hover, and I felt it regard me: 死はそこにぽっかりと浮かんで、僕を見おろしているようだった--そう感じた
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 437
do not want oneself humiliated for one’s inability to regard sb as anything but ...: (人を)〜としか考えられない自分自身の弱味のおかげで恥ずかしい思いをしたくない
アシモフ著 小尾芙佐訳 『夜明けのロボット』(Robots of Dawn ) p. 60
in this regard:この点に関して
辞遊人辞書
regard it with infinite suspicion: 天から疑ってかかる
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 64
state of mind with regard to the defendants: 心証
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 410
regard sb as a prime suspect: 主犯とみる
ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 30
from a strictly professional point of view, they probably did not regard them as quite so spectacular: 玄人も目を瞠るように見事なものだとは思っていない
有吉佐和子著 コスタント訳 『華岡青洲の妻』(The Doctor's Wife ) p. 45
without regard to rank: 身分の高下にかかわらず
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 344
regard the aid sb render one as a natural thing: (人が)救いの手をさしのべたことも当然のことと考える
O・ヘンリ著 大津栄一郎訳 『オー・ヘンリー傑作選』(41 Stories ) p. 59
without regard to its sincerity: 誠意の有無にはおかまいなく
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 214
But sometimes I was inclined to regard his reserve unfavorably: 時によると、またそれを悪くも取った
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 34
regard sb with sympathy: (人に)憐憫のまなざしさえ向ける
ベイカー著 岸本佐知子訳 『中二階』(The Mezzanine ) p. 140
tender regard: やさしさ
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 372
the thinking with regard to Mount Obasute: 姨捨山考証
井上靖著 ピコン訳 『姨捨』(The Izu Dancer and Other Stories ) p. 10
without coming to some understanding with regard to sth: 〜に就いて一口の掛合もせずに
夏目漱石著 マシー訳 『』(Mon ) p. 46
with urgent regard for ...: 〜を親身になって考える
クック著 鴻巣友季子訳 『緋色の記憶』(The Chatham School Affair ) p. 197
regard sb wistfully: 物思わしそうに(人を)見つめる
ロンドン著 白石佑光訳 『白い牙』(White Fang ) p. 295
ツイート