× Q 翻訳訳語辞典
sake   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
ため
   
vengeance for sb’s sake: (人の)ための復讐 トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 274
for the sake of sth: 〜のため トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 194
for the sake of consistency: 混乱を避けるために ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 175
be ready to die happily for her sake: この女のためなら死んでもいいような気がする 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 77
つぎ穂
   
be just one of those little things which people say to each other for the sake of conversation: 話のつぎ穂にだれでも口にする、たわいない思いつきの一つだ ロアルド・ダール著 永井淳訳 『飛行士たちの話』(Over to You ) p. 185
ねがう
   
the sake of defeating sb: (人を)うち負かそうとねがう ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 403

   
sake makes rounds: 酒がまわる 川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 128
don’t touch sake: 酒を止める 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 266
borrow some nerve from the sake: 少し酒のいきおいを借りる 川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 233
barely touch one’s cup of sake: 酒はほとんど飲めない 吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 33

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

Oh, for Christ’s sake: おいおい
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 109
For shit’s sake: 考えただけでゲェッよ
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 180
for sb’s sake: (人に)免じて
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 158
for pity’s sake: 後生だから
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 212
for one’s sake: (人の)手前
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 237
for heaven’s sake: いいか
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 176
for god’s sake: でもいったい
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 7
for God’s sake: えーっ
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 375
for God’s sake: これはもう
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 131
for God’s sake: なにしろ
カーヴァー著 村上春樹訳 『夜になると鮭は…』(Will You Please Be Quiet? ) p. 91
for God’s sake: むろん
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 87
for form’s sake: 形式的に
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 61
for christ sake: たのむから
ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 53
for Christ sake: ばかばかしい
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 189
for Christ’s sake: いやしくも
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 276
for Christ’s sake: おいおい
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 524
for Christ’s sake: たまらないぜ
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 229
for Christ’s sake: コンチキショウ
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 305
for Christ’s sake: 頼むから
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 218
drink sake: 呑む
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 25
will you think, for Christ’s sake: 頭を働かせろ
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 453
sth for business’s sake: (物で)金を儲ける
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 48
sb’s impression about work for work’s sake: 仕事は仕事とわりきっている(人の)風情
フリーマントル著 稲葉明雄訳 『狙撃』(Run Around ) p. 413
say merely for the sake of repetition: 意味もなく繰り返す
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 176
oh, for God’s sake: ああ、いやだいやだ
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 488
oh, for fuck sake: なんですか
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 138
oh, for Christ’s sake: もう、よしてくださいよ
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 416
just for curiosity’s sake ...: ものはためしだから〜
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 135
it is entirely for your own sake that I am speaking: ぼくの話だって、きみを思えばこそなのだ
ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 217
have to do it for sb’s sake: (人の)身を思うとこうしないわけにはいかない
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 64
from Seattle, Washington, for God’s sake: ワシントン州のシアトルくんだりから
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 120
forgive ... for the sake of ability: 有能なら、〜を許す
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 148
for the sake of ...: 〜のよしみで
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 154
for the sake of ...: 〜をケチケチして
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 199
for old times’ sake: 昔を懐かしんで
宮部みゆき著 アルフレッド・バーンバウム訳 『火車』(All She Was Worth ) p. 238
for heaven’s sake don’t fight sb: 間違っても(人を)敵にまわさないこと
イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 59
for God’s sake don’t ...: 間違っても〜しないでくれ
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 246
drink toasts with spiced sake: 屠蘇を祝う
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 110
can not see ... for God’s sake: さっぱりわからない
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 213
came to the meetings for sb’s sake: (人の)お供でたまたま集会に出席していた
レンデル著 小尾芙佐訳 『ロウフィールド館の惨劇』(A Judgement in Stone ) p. 181
be very pleased for our sake: 喜んでくれる
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 206
be really for sb’s sake: (人の)ため役にたつ
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 13
be only talking for its own sake: 云ってみるだけのことだ
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 61
at least for sb’s sake: (人に)かぎって
川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 227
go along with sth for Mother’s sake: 母のためにがまんして(物事に)参加する
吉本ばなな著 シャリーフ訳 『N・P』(N. P. ) p. 13
for appearance’s sake: 恰好をつけるために
太宰治著 ドナルド・キーン訳 『斜陽』(The Setting Sun ) p. 126
for the sake of argument: たとえ
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 188
He's an athlete, for Christ's sake: あれはスポーツマンだぞ、ばかばかしい
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 189
"For Christ's sake be reasonable" Tom begged: 「いいから、そうつっぱるな」トムがとりなした
ハメット著 小鷹信光訳 『マルタの鷹』(The Maltese Falcon ) p. 35
I don't want the whole plan to collapse for the sake of a ten-penny battery: 十ペンスのバッテリーをケチケチして、計画全体をぶちこわされちゃかなわんからね
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 199
'For God's sake it's nothing personal, man!' Guillam cried: 「おいおい、なにも他意あってのことじゃないんだぞ」ギラムは思わず声を大きくした
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 136
pour the sake into the tiny cup: 酒を小さな猪口につぐ
宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『なめとこ山の熊』(Wild Cat and the Acorns and Other Stories ) p. 298
forever exchange empty sake cups: 空の盃で献酬する
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 45
fill sb’s cup with sake: (人に)酌をする
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 214
sit dejectedly sipping at one’s sake: しょんぼり杯のふちを舐めている
谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 56
relax at home with one’s first drink of sake in a long time: 久しぶりの我が家でのむ酒に酔う
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 87
enjoy drinking sake: 行ける口だ
谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 109
for God’s sake: 要は
ル・カレ著 村上博基訳 『影の巡礼者』(The Secret Pilgrim ) p. 176
be ready to die happily for sb’s sake: (人のためなら)死んでもいいような心地がする
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 77
put aside travel for the sake of perfection: 完全なるものを求めるがゆえに移動することなど気にかけない
バック著 五木寛之訳 『かもめのジョナサン』(Jonathan Livingston Seagull ) p. 73
sake is served along with ...: 〜を肴に酒をのませる
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 66
"For Christ's sake" Oreza snarled, easing the wheel to starboard a little: 「おいおい」オレサは舵輪をすこし右にまわしながら、大きな声でどなった
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 524
what for God’s sake have sb wanted in ~ing: いったいどういうつもりで(人は)〜するのだろう
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 191
ツイート