× Q 翻訳訳語辞典
certain   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
ある
   
the literature that is done in a certain period: ある時代に生まれた考え方 ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 290
ravage a certain treasured part of sb’s past: (人の)過去の日々のある大事な一部を踏みにじる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 527
certain official quarters: あるおおやけの筋 ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 11
certain of one’s parts: (人の)体のある部分 トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 189
after a certain period of time: ある期間から先は クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 297
ある種の
   
perform certain tasks: ある種の仕事をひきうける ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 17
mental concentration on certain elementary forces: ある種の基本的なパワーに向かって精神を集中させる プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 123
certain things: ある種のことがら スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 52
certain elements: ある種の分子 ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 30
An isolated man, he drew, always, a certain comfort from stillness: 孤独を好むスターンにとって、静寂はつねにある種の慰めをもたらすものだった トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 11
a certain susceptibility: ある種の弱さ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 150
<例文なし> デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 235
ある程度の
   
with a certain thoughtful deference: お互いに一目置いてある程度の距離を保っている フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 121
ある程度はっきりした
   
a certain selection and discretion must be used in ...: 〜には、ある程度はっきりした取捨選択が必要だ ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 94
あれこれ
   
certain bizarre and intriguing notions: 奇妙な謎めいた想いがあれこれ オースター著 柴田元幸訳 『鍵のかかった部屋』(The New York Trilogy ) p. 76
いくつか
   
certain household tasks: 家事のいくつか トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 148
いくつかの
   
We must answer certain questions at the threshold, Dixon: ディクソン、まずいくつかの疑問点の答えをみつけることが先決だ トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 59
certain simple propositions: いくつかの単純な信条 トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 17
いくつも
   
there are certain things that sb cannot possibly know: (人には)決して知りえないことがいくつもある オースター著 柴田元幸訳 『幽霊たち』(The New York Trilogy ) p. 8
いくらか
   
he thought it did lend a certain touch of class to Main Street: これでメイン通りがいくらか上品な感じになるだろうとは思った スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 71
いささかの
   
learn a certain belated restraint: 遅蒔きながらいささかの自制心を身につける ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 261
かなりの
   
that tale, at least, finds a certain echo: この話だけはかなりの反響を呼ぶ ル・カレ著 村上博基訳 『影の巡礼者』(The Secret Pilgrim ) p. 6
きまった
   
hold it in a certain position: きまった姿勢にする サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 244
さぞかし
   
fret about sb’s certain wrath: (人が)さぞかしお腹だちだろうと気が気ではない マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の歌い手』(Dragonsinger ) p. 227
certain complications will ensue: さぞかし厄介な問題が持ち上がることだろう セーガン著 池央耿・高見浩訳 『コンタクト』(Contact ) p. 298
さる
   
a certain Canadian Premier: さるカナダの首相 ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 201
しかと
   
not certain if ...: 〜か、しかとはわからないまま トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 47
しかるべき
   
certain silent partners: しかるべき黒幕連中 エルロイ著 二宮磬訳 『ビッグ・ノーウェア』(The Big Nowhere ) p. 146
すくなからず
   
there is a certain rueful pride: すくなからず自尊心の傷ついた出来事だ ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 148
すこし
   
make certain observations on ...: 〜について、すこししゃべる ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 307
そういうこと
   
can be, in certain cases: そういうことが起こりうるケースがないわけではない スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 147
その
   
certain person: その人 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 120
どこか
   
with a certain heedlessness: どこかうわの空のところがある ル・グィン著 小尾芙佐訳 『風の十二方位』(Wind's Twelve Quarters ) p. 167
do not quite conceal a certain grim satisfaction: どこか毒を含んだ満足感を隠しきれない バッファ著 二宮磬訳 『弁護』(The Defense ) p. 174
certain tropical climes: どこか熱帯の土地 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 172
at a certain convenient height from the ground: どこか適当な高さのところに ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 190
also observe a certain tension between the newlyweds: 新婚間もない夫妻がどこかぎくしゃくしていることも、(人は)見逃さない アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 36
a certain prairie feel to it: どこか大草原を思わせる トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 114
どこそこの
   
a certain contest: どこそこの戦闘 ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 154
どことなし
   
speak to sb with a certain shyness: (人に)どことなしはにかんで話しかける ル・グィン著 小尾芙佐訳 『風の十二方位』(Wind's Twelve Quarters ) p. 77
なにか特別な
   
a certain feeling: なにか特別な気持ち クック著 鴻巣友季子訳 『緋色の記憶』(The Chatham School Affair ) p. 150
なんとなく
   
for sb there is a certain pleasure in the anticipation of what sb is going to see: これから起ると思うと、なんとなく心のときめきをおぼえる ロアルド・ダール著 永井淳訳 『飛行士たちの話』(Over to You ) p. 44
はっきり
   
I would say that for certain: それは私がはっきり保証します カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 130
はっきりさとる
   
be certain ...: はっきり〜したことをさとる 松本清張著 ブルム訳 『点と線』(Points and Lines ) p. 224
はっきりして
   
even now, all these years later, I remain certain that ...: 長い年月を経た今でも、これだけははっきしている。〜 ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 494
はっきりわかっている
   
be certain that ...: 〜ことがはっきりわかっている トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 191
ひんぴんと
   
there have been certain robberies: ひんぴんと盗難事件がある アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ナイルに死す』(Death on the Nile ) p. 404
まぎれもない
   
feel a certain terror: まぎれもない恐怖を感じる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 511
まず
   
it is almost certain that ...: 〜と見てまず間違いはない 土居健郎著 ハービソン訳 『表と裏』(The anatomy of self ) p. 32
まちがいない
   
be certain to do ...: 〜するのはまちがいない トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 139
やや
   
can not help feeling certain pangs of ...: やや〜の念さえ抱いている 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 283
a certain abruptness in the editing: 場面転換もやや唐突 メイル著 小梨直訳 『南仏プロヴァンスの木陰から』(Toujours Provence ) p. 21
よっては
   
particular in certain matters: ものによってはこだわる セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『五匹の赤い鰊』(The Five Red Herrings ) p. 150
わかる
   
one can seldom be certain how ...: 〜なのか他人にはめったにわからない トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 40

   
take flowers to a certain grave: 或仏に花を手向けに行く 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 15
一種
   
a certain kind of admirable simplicity: 一種質朴な点 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 150
a certain blankness set in: 表情には一種うつろなものがある トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 330
一種の
   
certain primitive charm: 一種の原始的魅力 デミル著 上田公子訳 『ゴールド・コースト』(Gold Coast ) p. 135
a certain obsession with trees: 樹木に対する一種の執着 ル・グィン著 浅倉久志訳 『風の十二方位・解放の呪文』(Wind's Twelve Quarters ) p. 113
一定の
   
the gross drop below a certain figure: 売上げが一定のラインを割る ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 346
lay down certain criteria for ...: 〜に一定の基準を設ける ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 126
一部
   
certain liaison services: 一部連絡機関 ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 385
一面で
   
have a certain relevance for ...: 一面で〜を言い当てている サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 76
何かしら
   
a certain wistfulness: 何かしら幸薄い アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 57
何となく
   
a certain air of constraint have settled over sb: その場の雰囲気は何となくしっくりしないものがある アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ひらいたトランプ』(Cards on the Table ) p. 140
確実
   
one thing that do seem certain is that ...: 少なくとも〜は確実だ 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 455
確信
   
for certain: 確信をもって デミル著 上田公子訳 『ゴールド・コースト』(Gold Coast ) p. 37
be not certain about sth: 〜について確信がない デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 361
感ぜられる
   
be almost certain that ...: どうも〜らしく感ぜられる 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 27
間違いない
   
<例文なし> マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 157
疑いない
   
what is certain is that ...: 〜ことは疑いない 土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 65
決まっている
   
be as certain as anything can be that ...: 〜に決まっている セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『五匹の赤い鰊』(The Five Red Herrings ) p. 86
語気が強い
   
seem as certain as one did before: (人の)語気は前と同じように強い 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 36
考えられる
   
fairly certain that ...: 充分考えられる デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 366
思い知らされる
   
certain that she had been cozened a little: 自分がかつがれたことを思い知らされる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 66
自信ありげなようす
   
be certain of what one is doing: いかにも自分の行動に自信ありげなようすだ カポーティ著 大澤薫訳 『草の竪琴』(The Grass Harp ) p. 35
自信がある
   
be not certain that ...: 〜かどうか、自信がない トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 235
捨て難い
   
hold a certain mystique: 捨て難い魅力がある ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 34
少々
   
have certain questions: 少々ききたいことがある ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 448
少し
   
feel a certain constraint in writing: 少し書きにくい 阿川弘之著 ジョン・ベスター訳 『山本五十六』(The Reluctant Admiral ) p. 111
深く
   
live with a certain detachment from ...: 〜に深く関わらずに生きていく ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 338
   
with certain extras: 改良の跡が見られる リーマン著 池央耿訳 『黒海奇襲作戦』(Torpedo Run ) p. 28
多少の
   
not without a certain bitterness: 口調に多少の苦々しさを込めて カズオ・イシグロ著 土屋政雄訳 『日の名残り』(The Remains of the Day ) p. 193
定められた
   
live according to a certain diet: 定められた種類の食事をとる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 467
二つ三つ
   
certain things that fall from ...: 事柄が二つ三つ飛びだしてくる アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ナイルに死す』(Death on the Nile ) p. 405
不審な
   
certain things about sb: (人の)不審な点 オースター著 柴田元幸訳 『幽霊たち』(The New York Trilogy ) p. 6
癖である
   
take up certain inscrutable mannerisms: 癖である謎めいた表情をとる トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 101
別の
   
under certain lights: 別の観点からみれば ル・グィン著 小尾芙佐訳 『闇の左手』(The Left Hand of Darkness ) p. 149
妙な
   
there has always been that certain kind of guilt about doing ...: (〜するとき)決まってあの妙なうしろめたさがつきまとう ル・カレ著 村上博基訳 『影の巡礼者』(The Secret Pilgrim ) p. 7
ツイート