× Q 翻訳訳語辞典
conscience   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
内心
   
pangs of conscience linger on: 呵責は内心に尾をひく 川端康成著 サイデンステッカー訳 『眠れる美女』(House of the Sleeping Beauties ) p. 68
良心
   
with a little dig from one’s conscience: 少し良心の呵責を感じながらも ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 206
sb’s conscience prick sb: (人の)良心がちくちく痛む 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 262
on sb’s conscience: (人の)良心にうったえる ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 30
It’s a black conscience that can make sb: 良心がとがめるから、(人は)〜する スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 121
have a really bad conscience about ...: 〜と思うと良心が咎めてならない ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 148
have a conscience that one can not violate: 曲げることのできない良心がそなわっている ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 574
decide to ignore the pricks of conscience: 良心を捨てることに決める 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 37
consciences are cleared: 良心の曇りが取り除かれる クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 117
come to terms with one’s own conscience: 良心に背くことがない ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 494
be one’s conscience: (人の)良心になっておるわけですよ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 140
be conscience stricken: 良心にこだわりを感じる 安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 64
be bothered by one’s conscience: 良心の咎めを感じる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 574
良心に従って
   
a matter of conscience: 良心に従ってやったこと クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 460

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

trouble sb conscience: 悔恨の念に駆られる
谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 83
rigid conscience: ゆとりのない心持
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 10
pangs of conscience: 罪の意識
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 100
in conscience: だからと言って
オブライエン著 村上春樹訳 『ニュークリア・エイジ』(The Nuclear Age ) p. 139
get a conscience: 気が咎める
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 143
a prick of conscience: やましさ
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 133
without any show of bad conscience: 澄ました顔をして
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 188
with a clear conscience: 気もはればれと
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 39
will not know a minute’s peace of mind or conscience until ...: 〜まではいっときだってじっとしてられやしない
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 7
want ... on one’s lily-livered conscience: 〜をめめしい良心の犠牲にする
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 321
suffer certain qualms of conscience concerning one’s behavior: さすが気がとがめてもいる
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 30
sb’s conscience finally respond to ...: 〜にあおられて(人も)ようよう良心に目覚める
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 251
my conscience is clear before God: 私は神様の前で恥じることはありませんよ
フランク・マコート著 土屋政雄訳 『アンジェラの灰』(Angela's Ashes ) p. 96
it is sb’s guilty conscience: (人の)気がとがめる
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 346
ignore it with a clear conscience: 自分の心に咎めなく、しらぬ顔をしている
竹山道雄著 ヒベット訳 『ビルマの竪琴』(Harp of Burma ) p. 185
I clear my conscience: わたしの任務としていっておく
スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 27
haven’t a trace of guilty conscience: 少しも自分をやましいとは思わない
太宰治著 ドナルド・キーン訳 『斜陽』(The Setting Sun ) p. 138
ease one’s guilty consciences: 罪ほろぼしをする
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 119
do not have anything on one’s conscience: なにも気がとがめることがない
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 245
appeals to conscience: 良心によびかけること
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 331
bad conscience: けがれた良心
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 274
calm the conscience: 良心をなだめる
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 502
live with a clear conscience: 良心の呵責を感じずに生きていく
オースター著 柴田元幸訳 『鍵のかかった部屋』(The New York Trilogy ) p. 77
have social conscience of sb: 社会的良心が(人)並みである
デミル著 上田公子訳 『ゴールド・コースト』(Gold Coast ) p. 39
one’s lily-livered conscience: めめしい良心
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 321
Look, that was a matter of conscience: いっとくが、あれは良心に従ってやったことだ
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 460
sb’s conscience nagging at sb: 良心がちくちくとうずくのだ
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『白い竜』(The White Dragon ) p. 469
pangs of conscience: 心の責め
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 301
have awful pangs of conscience about ...: 非常な罪の意識にとがめられる
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 100
have shed one’s Puritan conscience: 清教徒的な良心もどこかへ行ってしまった
リンドバーグ夫人著 吉田健一訳 『海からの贈物』(Gift from the Sea ) p. 29
sb’s conscience is spared: (人は)良心の呵責を感じなくて済む
オースター著 柴田元幸訳 『鍵のかかった部屋』(The New York Trilogy ) p. 48
cry one, conscience-stricken: (人が)良心の咎めを覚えて叫ぶ
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『ナイン・テイラーズ』(The Nine Tailors ) p. 49
ツイート