× Q 翻訳訳語辞典
charm   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
ご機嫌とり
   
be unmoved by charm: ご機嫌とりも通じない ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『メディア買収の野望』(Fourth Estate ) p. 222

愛すべき
   
a man of great charm: 実に愛すべき好人物 メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 74
艶かさ
   
graceful charm: 楚々とした艶かさ 宇野千代著 フィリス・バーンバウム訳 『色ざんげ』(Confessions of Love ) p. 49
気を引く
   
charm sb: (人の)気を引く 山田詠美著 ジョンソン訳 『トラッシュ』(Trash ) p. 256
   
hope for a peek at sb’s charms: (人の)胸をのぞこうとする タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 56
自由に操る
   
charm or feign to charm a great hooded snakes and horrible horned adders: 大きな頭巾のような鎌首のある蛇や角をもった怖しい蝮を自由に操っている--いや、操っているごとくよそおうのだ ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 198
呪文をかける
   
charm sb: (人に)呪文をかける ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 279
色香
   
<例文なし> 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 220
相手をする
   
charm the kids: 子どもの相手をする ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 361
   
a certain unplanned charm: 意外性の美 メイル著 小梨直訳 『南仏プロヴァンスの木陰から』(Toujours Provence ) p. 58
美しさ
   
An age when the charm of every diverting foolishness quickly faded: どんな愚かしさからも急速に美しさの薄れてゆく年齢 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 10
美学
   
what a weakness boys have for the charms of revolt: 叛逆という美学に少年たちがいかに弱いか 三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 46
魔除け
   
be great charm: いい魔除けになる マイケル・オンダーチェ著 土屋政雄訳 『イギリス人の患者』(The English Patient ) p. 32
魔力
   
these whispered scandals only increase sb’s strange and dangerous charm: これほどひとが囁きあう悪評もかえって(人の)不思議な魔力をいやがうえにも増すばかりだった ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 208
魅了する
   
charm sb with extravagant accounts of one’s upbringing: (人を)波乱に満ちた身の上話で魅了する ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 222
魅力
   
sb’s raffish charm: (人の)くずれた魅力 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 74
rogue charm: 悪党じみた魅力 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 141
one’s formidable charm: 抗しがたい魅力 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 85
have the sort of charm meant to reflect breeding: 育ちのよさを思わせる一種の魅力の持ち主 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 78
all one’s charm flood back into one’s face: (人の)顔には抗しがたい魅力があふれかえる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 138
魅力的
   
have real charm: 申し分なく魅力的だ ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 71
魅力的な
   
a charm of manner: 魅力的な物腰 アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『フランクフルトへの乗客』(Passenger to Frankfurt ) p. 199

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

not-too-charming helmet: あまりぞっとしないヘルメット
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 135
have more charm: 愛嬌のある
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 115
be charmed: いい気分になる
ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 280
a fascinating charm: なまめかしさ
川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 203
work like a charm: ちゃんと作動する
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 215
turn on the charm: 懐柔にかかる
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 119
third time’s the charm: 三度目の正直
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 246
the naked charms of ...: むせかえるような(人たちの)裸身
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 76
such innocence really charms me: その無心さが本当に可愛らしい
太宰治著 ドナルド・キーン訳 『斜陽』(The Setting Sun ) p. 7
really stretch one’s charm: せいいっぱい愛想のいい顔をする
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 220
practice one’s charm on AA: AAに愛想をふりまく
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 195
one’s sandpaper charm returns: (人の)本来のしたたかさがよみがえる
バフェット著 芝山幹郎訳 『ジョー・マーチャントはどこにいる?』(Where is Joe Merchant? ) p. 62
how much charm it has lent to otherwise brutal and miserable lives: どれほど殺伐とした人生に潤いがもたらされているか
土居健郎著 ハービソン訳 『表と裏』(The anatomy of self ) p. 106
have a certain innocent charm: ごく単純な微笑ましい
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 308
charm sb off the tree: 口車にのせてひっぱりだす
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 144
charm and lovableness of ...: 〜の可愛らしさ
谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 47
can charm sb with the slightest gestures: ちょっとしたしぐさに、(人の)気持をくすぐるものを持っている
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 206
be pleasantly charmed by the strength and swirls of the letters one produced: 堂々と力強い筆跡に一安心する
フィールディング著 吉田利子訳 『優しすぎて、怖い』(See Jane Run ) p. 27
be charmed by sb: (人を)買いかぶる
ル・カレ著 村上博基訳 『影の巡礼者』(The Secret Pilgrim ) p. 82
be charmed by ...: 〜が大いに気に入る
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 71
a man of great charm: 決して人を逸らすことのない
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 249
accidental charm of sb’s graceful, though to sb only half-serious, fopperies: (人)自身にしてみればちょっとしたおしゃれにすぎないのだがその趣味のよさが偶然醸しだす魅力
ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 192
all southern charm: 南部式魅力の権化
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 113
use all one’s charm in doing ...: (人)一流の魅力をもって〜する
ハルバースタム著 浅野輔訳 『ベスト&ブライテスト』(The Best and The Brightest ) p. 23
certain primitive charm: 一種の原始的魅力
デミル著 上田公子訳 『ゴールド・コースト』(Gold Coast ) p. 135
the irony and charm of Stevenson’s election-night concessions: 敗北の弁を語るスティーブンソンの渋さと魅力
ハルバースタム著 浅野輔訳 『ベスト&ブライテスト』(The Best and The Brightest ) p. 19
lack charm: 魅力にとぼしい
オローク著 芝山幹郎訳 『楽しい地獄旅行』(Holidays in Hell ) p. 62
The lady's face had all the charm of a snowshovel: 女の顔は、まるで雪かきシャベルだった
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 69
old charm: 往年の魅力
ヴィラード、ネイグル著 高見浩訳 『ラヴ・アンド・ウォー』(Hemingway in Love and War ) p. 77
ooze charm: 愛想良く相手になっている
ダニング著 宮脇孝雄訳 『死の蔵書』(Booked to Die ) p. 86
be the one unfailing talisman and charm: 〜こそは護符であり呪文である
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 193
tweedy charm: 自由闊達な魅力
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 162
work like a charm: 魔法のような効果を発揮する
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 245
ツイート