× Q 翻訳訳語辞典
extent   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
せいぜい
   
be the extent of sb’s concern: (人に)関心が持てる相手はせいぜい〜くらいだ カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 272
それだけ
   
that was the extent of their conversation: ふたりのやりとりはそれだけだった クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 20

限度
   
to the fullest extent possible: 可能な限度ぎりぎりまで デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 283
大きく
   
open one’s mouth to the fullest extent: 口を精一杯大きくあける ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『アンの青春』(Anne of Avonlea ) p. 86
   
extent of one’s interest: (人の)関心度 トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 159

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

to some small extent: いくらか
サリンジャー著 野崎孝訳 『フラニーとゾーイー』(Franny and Zooey ) p. 24
to some extent: 〜という見方もできる
サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 63
to some extent: 大なり小なり
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 282
to an almost ridiculous extent: 底ぬけに
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 101
to a certain extent: 少しは
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 52
to a certain extent: 多少
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 230
precisely to the extent that ...: 〜だけに
土居健郎著 ハービソン訳 『表と裏』(The anatomy of self ) p. 60
even to the extent of doing: 〜しても
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 82
to the extent that ...: 〜する範囲において
サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 196
to a lesser extent: 〜ほどではないにしても
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 179
to a large extent sb be one’s own creation: (人と)いう人間の大半はこの自分の手にかかる創造物なのだ
ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 89
this is the extent of ...: 〜はそこまでおよんでいる
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 75
the extent and speed of the change is incredible: この変わりようと変わりかたの激烈さは、信じられぬものがある
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 212
that is about the extent of one’s knowledge: 知っているのは、これだけだ
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 191
soften one’s modicum of hard and bitter bread to such extent as one could: わずかにその苦い堅パンの味を和らげることができる
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 69
shudder open to one’s fullest extent: がたぴしといっぱいにひらく
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 252
raise one’s minute frame to its largest extent: 大きからぬ身体をせい一杯のばす
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 41
be permissible to a certain extent: 少しは許すべきものだ
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 52
be drugged to some extent: だいぶ麻薬が効いている
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 543
... to an extent sufficient to do: 〜してついには〜するに至る
アシモフ著 小尾芙佐訳 『神々自身』(The Gods Themselves ) p. 87
one’s habitually slack mouth hanging open to twice its normal extent: もともとしまりのわるい口を二倍の広さにあけ
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 317
make oneself see the extent of the tragedy: 目の前に広げられた悲劇的な光景を(人は)勇を鼓して見る
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の反逆者』(The Renegades of Pern ) p. 63
to the extent that sb observe ...: 〜を守る限り
土居健郎著 ハービソン訳 『表と裏』(The anatomy of self ) p. 30
I suppose the sea is permissible to a certain extent: 海は少しは許すべきものだよ
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 52
Usually, the extent of Dixon's interest was less amusing: セックスへのディクソンの関心度は、ふだんはスターンにとって愉快なものではない
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 159
Tweet