× Q 翻訳訳語辞典
was   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
ありき
   
there was a man: 男ありき タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 25

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

one’s ability was already identified by sb: (人の)才幹が〜によってつとに着目されていた
フリーマントル著 稲葉明雄訳 『狙撃』(Run Around ) p. 34
What was baseball going to do about it?: それに向かって野球はどう対応すべきなのだろう
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 210
that was what sth was about: それで〜が読めた
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 45
sb’s boyhood was about sth: 少年時代は〜がすべてだった
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 175
Chieko's confession was so abrupt that Hideo could find no words: 秀男は二の句がつげないほど、思いがけない
川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 146
Abruptly, the inside of the carriage was flooded with white light: にわかに、車のなかが、ぱっと白く明るくなりました
宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『銀河鉄道の夜』(Night Trains to the Stars and Other Stories ) p. 76
Abruptly I was overcome with an unbearably disagreeable sensation: ふいになにやら、たまらなく厭な気分に襲われたのだ
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 35
absentmindedly let the music wash over sb: その曲が耳に入ってくるに委せる
吉行淳之介著 ジョン・ベスター訳 『暗室』(The Dark Room ) p. 10
But for me such a revolt was absolutely impossible: それはどのみち不可能だった
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 56
It was absurd, of course, but the humiliation was unbearable: むろん、ばかばかしい言いがかりだが、この屈辱はあまりにも耐えがたい
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 273
The difference in their heights was immediately absurd: ふたりの身長差は、たちまち滑稽をきわめた
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 10
All I had to do was to regard all the past few months as absurd;: それは今までの何ケ月かをみんな出鱈目だと考えればよいのである
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 175
Much had been accomplished, but the work was still just barely begun: 収穫は多かったものの、仕事はまだほんのとば口にさしかかったばかりなのだ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 96
everyone was accounted for: 乗船者の確認が終わる
小松左京著 ギャラガー訳 『日本沈没』(Japan Sinks ) p. 19
so accustomed was one to sb’s invariable success that ...: いつも(人が)成功するのを見つづけていたから
ドイル著 大久保康雄訳 『シャーロック・ホームズの冒険』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 26
so accustomed was one to sb’s invariable success that ...: いつも(人が)成功するのを見なれていたから
so accustomed was one to sb’s invariable success that ...: (人が)いつも成功するのを見せられていたから
ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 26
this was not to be achieved so easily: 事実はそううまくは運ばなかったようである
土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 97
Tyndall was acid: ティンドルはにがりきっていた
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 67
There was always action: ショーの店に行くと、いつも何か面白いことがあった
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 207
Yet it remained a prediction, and there was no actual basis for it: しかしそれはあくまで予想であって、現実的な根拠はなかった
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 64
Actually, she was a shrink, wasn't she?: そういえば、彼女自身も心理学者だったな、そうだろ?
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 63
Actually, it was a woman: ちなみにあの晩の衛兵は女性でした
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 315
What was more, the trees actually protected it from the strong south winds: おまけに杉は、とにかく、南から来る強い風を防いでいるのでした
宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『虔十公園林』(Wild Cat and the Acorns and Other Stories ) p. 13
Actually, I was just curious: ほんとうのことをいうと、たんに好奇心がうずいたにすぎない
オローク著 芝山幹郎訳 『楽しい地獄旅行』(Holidays in Hell ) p. 11
Actually, it was foolish to ask: まったく訊くだけ野暮というものだ
アシモフ著 小尾芙佐訳 『夜明けのロボット』(Robots of Dawn ) p. 23
Actually he was a thoroughly bad lot: 何しろ亭主は道楽者でしたからね
芥川龍之介著 ボーナス訳 『河童』(Kappa ) p. 34
It was pretty fuckin' cool, actually: 正直な話、サイコーだった
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 210
was I actually doing?: 〜したのか?
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 97
his bravery was admirable: この男の度胸には感服する
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 260
He was not prepared for the claustrophobic admiration of this stranger: この知らぬ男の息苦しい崇敬をうけいれる用意はなかった
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 89
And inexpressible adoration for those trousers was born in me: いわん方ない傾倒が、その股引に対して私に起こった
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 11
He told us he was in advertising: 広告代理店をやっている、と彼は言った
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 90
The look she turned toward his was warm with a maternal affection,: そこで勲のほうへ向けた目は、母性的な慈愛に潤んで、
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 154
that’s what I was afraid you’d say: そう言われちゃおしまいだ
コネラン著 仁平和夫訳 『ディズニー7つの法則』(Inside the Magic Kingdom ) p. 33
it was only after considerable persuasion that ...: えんえんと説得された末にやっと〜
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『メディア買収の野望』(Fourth Estate ) p. 75
was devastated when she rejected him and after that rejection sb began writing like sb for the first time: 彼女に袖にされた(人は)深く傷ついたが、それをきっかけに、初めて(人)らしく書きはじめた
ヴィラード、ネイグル著 高見浩訳 『ラヴ・アンド・ウォー』(Hemingway in Love and War ) p. 449
It was after midnight.: もう真夜中を過ぎていた
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 128
After them, there was no one to call: それ以外に電話をかけるあてはなかった
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 203
it was after four when ...: 〜したときは、もう午後四時をまわっていた
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 548
one was never the same after one met sb: (人と)会ったのが運の尽きだった
フランク・マコート著 土屋政雄訳 『アンジェラの灰』(Angela's Ashes ) p. 433
life was one depressing thing after another: なさけないこと夥しい
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 162
it wasn’t long after that before ...: そして程なく〜
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 99
because, after all, it was sb: なにしろ相手が(人)だったからだ
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 209
after the date for the wedding was set: 式の日取りが決った頃
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 116
after all, what was the hurry and why wake everybody up?: いまさらいそぐ必要もなし、安眠妨害でしかない
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 166
It was afternoon when we got off the train: 列車を下りたのは十二時過ぎだった
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 85
Mother, it was only yesterday afternoon that you took the medicine: お母はん、薬飲んだんは昨日の昼下りですがな
有吉佐和子著 コスタント訳 『華岡青洲の妻』(The Doctor's Wife ) p. 162
afterwards no more was said of that: その後この件は立ち消えになってしまった
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 228
as I was afterwards told: 後になって聞いた話では
スウィフト著 中野好夫訳 『ガリヴァ旅行記』(Gulliver's Travels ) p. 17
it was afterwards widely concluded ...: 後日各方面で〜と結論された
ル・カレ著 村上博基訳 『リトル・ドラマー・ガール』(The Little Drummer Girl ) p. 16
he was struck again: またしても驚いていた
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 232
He was -- again -- reeling: 彼は--またしても--ふらついていた
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 273
Again Yamamoto was extremely taciturn: 山本はやはり極めて無口であった
阿川弘之著 ジョン・ベスター訳 『山本五十六』(The Reluctant Admiral ) p. 93
But again the mailbox was empty: 郵便受けは相変わらず空っぽだった
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 376
it was quite against my wishes that sb do: (人が)〜するというので、つよく反対したのですが
ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 116
The rest of the visit was aggravating: 面会の残りの時間は、さらに不快きわまるものだった
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 492
his stride was agile: 足はこびは軽やかだった
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 7
Signor Richetti was very voluble, very agitated: シニョール・リケッティは何だか非常に興奮していて、一人でしゃべりまくった
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ナイルに死す』(Death on the Nile ) p. 281
that was many years ago: もうずいぶんずいぶん前のこと
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 236
she was pretty enough to have been married long ago: きれいなお嬢さんでしたからねえ。もうとっくに結婚なすってらしても、不思議じゃないんですものねえ
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 333
"He was pretty bad," agreed the plumber: 「ミコには参った」とうなずく
デイヴィス著 酒井邦秀訳 『青銅の翳り』(Shadows in Bronze ) p. 167
They tried one- and two-finger points and agreed that two was better: ほかの四人は、指が一本の場合と二本の場合で、腕の伸び具合がどうなるかを試してみて、なるほどとうなずいた
コネラン著 仁平和夫訳 『ディズニー7つの法則』(Inside the Magic Kingdom ) p. 155
"I must say I was surprised too," agreed my brother-in-law: 「私も実は驚きました」と妹の夫も同感らしい言葉つきであった
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 126
was aware of the liaison and apparently had agreed to it: 万事を知っている
松本清張著 ブルム訳 『点と線』(Points and Lines ) p. 222
The area was so agreeably quiet on a weekday night: ウィークデーの夜、その界隈はいいあんばいにしずかだった
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 535
There was Keane understood, still fun ahead for someone like Stephens: スティーブンズのような楽観的なやつは、まだまだ将来に希望があるんだな、とクリフは思った
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 430
there was no mistaking the air of ...: まぎれもなく〜な空気がただよっている
クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 379
Alas, it never was: しかし、手紙は人目に触れなかった
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 242
My own beeper was an albatross: 私の場合はポケットベルが疫病神だ
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 299
All. Cigarettes was gift.: そっくりさ。煙草は土産だもの。
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 163
Naosuke's response to all this was peculiar: その問責のひとつひとつに対し、直弼は異常であった
司馬遼太郎著 カーペンター訳 『最後の将軍』(The Last Shogun ) p. 70
all this I was told: これはみんな人から聞いた話である
スウィフト著 中野好夫訳 『ガリヴァ旅行記』(Gulliver's Travels ) p. 25
It wasn't all fabrication, though, was it, Toby?: しかしトビー、全部が全部つくりごとでもなかっただろう
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 235
you must blame me, it was all my fault: 私が悪うございました
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 160
won’t have wasted one’s time coming all this way: わざわざ来た甲斐があった
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 379
where it was all those twenties went: あれだけあった二十ドル札はいったいどこへ消えたのか
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 263
when all was said and done: つまるところ
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 417
that was all sb managed to tell: そこまで語るのが(人には)やっとのことだった
池波正太郎著 フリュー訳 『梅安蟻地獄』(Bridge of Darkness ) p. 107
that’s all there was: それだけのことにしておく
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 162
static is all it was putting out: 流れてくるのはぶうんという雑音ばかり
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 169
it was all ...: ここまでは〜
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 29
I wonder what this was all about: 何事があったんだ
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 186
be all wasted upon sb: いたずらなものでしかない
ドイル著 阿部知二訳 『回想のシャーロック・ホームズ』(Memoirs of Sherlock Holmes ) p. 28
all this was amusing: なかなか洒落たことをする
コネラン著 仁平和夫訳 『ディズニー7つの法則』(Inside the Magic Kingdom ) p. 197
all sb found was ...: 〜ばかり
宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『銀河鉄道の夜』(Night Trains to the Stars and Other Stories ) p. 78
all one said was ...: ただひとこと〜といって
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 244
all I did was: 他にどうしようもないし
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 238
A could only guess at what the intent of the B was in allowing this: それをするすると通したBの真意を測りかねていた
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 398
The Kapok Kid was almost happy: カッポック・キッドは幸福そうでさえあった
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 447
I was almost bawling: わめいていたと言った方がいいだろうな
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 70
Richard Nixon was almost a saint by Harvey Metcalfe's standards: ハーヴェイ・メトカーフと比較すれば、リチャード・ニクソンは聖人といってもよいほどだ
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 245
there was almost a problem: あやうく大事件になるところだった
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 21
it was almost three when ...: 〜は、かれこれ三時だった
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 467
the day was almost over: もう夕方近くなっていた
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 17
haughtiness alone was not good enough to help him: いくら傲然としていても
芥川龍之介著 ボーナス訳 『河童』(Kappa ) p. 27
I knew I wasn't alone: 孤軍奮闘ではない
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 272active
Tweet