× Q 翻訳訳語辞典
struck   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
こだわっている
   
remain struck by ...: 〜にまだこだわっている トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 199

唖然と
   
look quietly dumb struck: 唖然として口もきけないみたいだ ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 141
目をひく
   
struck sb: (人の)目をひく トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 60

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

the hour struck: 長針が十二を指す
that’s how it struck sb: (人)もそう思った
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 46
Abruptly a hard, pinched voice struck my ear: 固いおし殺した声が、いきなり耳をうつ
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 82
he was struck again: またしても驚いていた
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 232
have always struck me as a perfect symbol of the times: 〜くらい時間を完璧に象徴するものがあるだろうか
フィールディング著 吉田利子訳 『わたしのかけらを、見つけて』(Missing Pieces ) p. 39
The amber luster of the judges' bench struck his eyes: 飴いろの法檀の光沢が目を射た
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 377
As the clock struck two, there came a knocking on the door: 時計が十二時の鐘を打ち終えた直後に、ドアにノックの音がした
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 146
be struck by an awful thought: 嫌な予感がする
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 43
a bargain be struck in the name of ...: 話し合い、〜を試みることで歩み寄る
beginning to be struck by sb’s manner: 初めて(人の)態度に気がついたものか
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 150
a bell that had been struck: 撞かれた鐘
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 19
a blow is struck upon the door: 誰か扉をたたく者がある
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 194
struck out on three called strikes: 三球とも見逃しの三振
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 319
be struck by the complete disparity between ... and ...: 〜と〜とのあまりの違いにびっくりする
デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『そして殺人の幕が上がる』(Murder on Cue ) p. 147
as if sb had been struck dead: まるで電撃でも受けたかのように
スウィフト著 中野好夫訳 『ガリヴァ旅行記』(Gulliver's Travels ) p. 39
struck deeply by the strangeness of sth: 妙に心に沁みる感懐だ
瀬戸内晴美著 バイチマン訳 『夏の終り』(The End of Summer ) p. 109
it’s grim to see an intelligent man so drastically struck down: 切れ者がこれほど変わり果てるとは、見るも無残だ
デイヴィス著 酒井邦秀訳 『青銅の翳り』(Shadows in Bronze ) p. 436
be struck dumb: 唖然とする
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 332
people who’ve struck our fancy: なんとなしに心ひかれたひとたち
カポーティ著 龍口直太郎訳 『ティファニーで朝食を』(Breakfast at Tiffany's ) p. 213
be by no means the first time that I had been struck by ...: 〜に馴れている
大岡昇平著 モリス訳 『野火』(Fires on the Plain ) p. 14
But it just struck me at some point that Kent fits: でも、ケント大佐があやしいって、ある時点でピンときたのよ
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 340
get the one that has struck home: 急所をついたことばに思いあたる
キング著 山田順子訳 『スタンド・バイミー』(Different Seasons ) p. 133
The clock struck a lazy nine o'clock: 時計がのんびりと九時を打った
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 143
Life struck us as being a strangely volatile thing: 人生というものがふしぎに身軽なものにわれわれには思われた
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 98
And listening, be struck with terror: その音に耳をすましているうちに、愕然とする
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 98
have gone from sounding like ... to sounding like a love-struck teen: 今度は〜じゃなくて、恋患いをした十代の娘のような言いぐさだ
フィールディング著 吉田利子訳 『わたしのかけらを、見つけて』(Missing Pieces ) p. 27
get the one that has struck home: 急所をゆいたことばに思いあたる
キング著 山田順子訳 『スタンド・バイミー』(Different Seasons ) p. 133
Her right foot struck Wilma's outstretched left foot and she fell forward: その右足が、ウィルマの投げ出した左脚につまずき、ネッティは前のめりに倒れた
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 322
quickly-struck deals: じんそくなけいやく
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 90
it is as rare as if a meteor has struck: 隕石が頭上に落ちてくるくらい、めったにないこと
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 279
be struck with the realization: はっと思い当たる
デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『そして殺人の幕が上がる』(Murder on Cue ) p. 186
stand struck by ...: 〜に打たれて立ちつくす
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 332
be struck by the smell: 臭いが鼻をつく
デミル著 上田公子訳 『ゴールド・コースト』(Gold Coast ) p. 117
She reached for it and her hand struck the edge of the table instead: 押さえようとのばしたポリーの手がテーブルの角にはげしく当たった
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 85
be struck as ...: 〜という印象をうける
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 300
it struck one that ...: 〜と急に気づいた
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 109
be struck by the sounds of laughter: 笑い声が耳を打つ
デミル著 上田公子訳 『ゴールド・コースト』(Gold Coast ) p. 117
stumble from bench and struck for ...: 転げるようにベンチを離れ、〜の方へ歩いていく
ミルハウザー著 柴田元幸訳 『イン・ザ・ペニー・アーケード』(In the Penny Arcade ) p. 191
what struck sb is ...: (人が)気をとられたのは〜だ
ホフスタッター著 柳瀬尚紀訳 『ゲーデル、エッシャー、バッハ』(G_del, Escher, Bach ) p. 167
what struck one: ショックだったのは
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 174
the thought struck one that ...: 〜と思った
小松左京著 ギャラガー訳 『日本沈没』(Japan Sinks ) p. 9
so struck was sb that ...: あまりのことに〜する
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 176
naturally struck by the disagreeable word: この不愉快な言葉は、当然(人の)胸にグッときた
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 122
be theatre-struck: 芝居狂
ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 160
be struck with terror: 愕然とする
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 98
be struck with admiration for sb: (人に)ほとほと敬服している
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 433
be struck out on three pitches: 三球三振に討ち取られる
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 291
be struck dumb by ...: 〜にあきれる
デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『そして殺人の幕が上がる』(Murder on Cue ) p. 80
be struck by those words: (人が〜と)言ったのが心に残る
吉本ばなな著 シャリーフ訳 『N・P』(N. P. ) p. 33
be struck by the impossibility of working up to this request: 用件を伝えることはできないと気がつく
デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『別れのシナリオ』(Death Mask ) p. 83
be struck by sth: 〜に感じ入る
ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 404
be struck by sth: 〜に肝をつぶす
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 75
be struck by ...: 〜に気をとられる
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 100
be struck by ...: 〜に強い興味を感じる
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ナイルに死す』(Death on the Nile ) p. 79
This example of Meiji grandeur now struck Honda's eye as somewhat tasteless: 今ではこういう明治風の「偉大」は、雅致を欠いているように眺められるのもやむをえない
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 280
be struck uncannily by a sudden understanding of ...: われながら愕然とするほどだしぬけに〜を理解する
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 100
be so struck by this uncanny happening: このふしぎな感応に搏たれる
三島由紀夫著 ウエザービー訳 『潮騒』(The Sound of Waves ) p. 120
It struck him as very unmanly, but he loved doing this: 男に似合わぬ仕事だと思ったが、やってみると楽しかった
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 147
ツイート