× Q 翻訳訳語辞典
blame   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
せいだ
   
sb is not to blame for ...: (人の)せいじゃない ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『アンの青春』(Anne of Avonlea ) p. 117
どうのこうの言う
   
I'm not saying I blame Catholics: 何も僕は、カトリックがどうのこうのと言ってんじゃない サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 176
むかっ腹を立てる
   
blame sb for ...: 〜のことで(人に)対してむかっ腹を立てる カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 385

悪く思う
   
blame sb: (人を)悪く思う ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 120
汚名を着せる
   
everything gets blamed on sb: いつも(人が)汚名を着る ライス著 小鷹信光訳 『死体は散歩する』(The Corpse Steps Out ) p. 211
原因
   
the blame lies ...: 原因は〜にある 井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 234
罪をきせる
   
blame ... on sb: (人に)罪をきせる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 267
責める
   
think that one is not entirely to blame: 満更(人)ばかり責める気になれない 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 100
first blame oneself: まず自分を責める トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 265
blame sb outright: 積極的に責める 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 137
blame sb for sth: (〜のことで人を)責める トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 186
blame oneself: 自分を責める カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 172
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 102
責任
   
shift the blame to sb: (人に)責任を押しつける ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 183
責任である
   
be to blame for ...: 〜は〜の責任である。 メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 167
責任をかぶせる
   
blame somebody else: 他の(人に)責任をかぶせる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 152
難詰する
   
<例文なし> トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 92
誹謗
   
be determined to set the blame: 誹謗に挑戦しようと固く心に決めている マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の反逆者』(The Renegades of Pern ) p. 67
非がある
   
blame ... on sb: 〜は(人に)非がある ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 182
非難する
   
A blame B; B in turn say ...: AがBを非難すれば、Bは〜だという トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 153
文句を言う
   
can’t say that one blame sb: (人に)〜について文句を言える筋合ではない ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 323

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

who to blame: だれがやったか
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 182
don’t blame sb: どうしようもない
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 183
cannot blame sb: 無理はない
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 282
blame sb: (人を)責める言いかたをする
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 157
be to blame: 〜の責任だ
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 359
be blaming oneself: 自責の念にさいなまれている
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 213
be blamed: 責任は〜にある
サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 275
be blamed: 槍玉に上げられる
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 264
you must blame me, it was all my fault: 私が悪うございました
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 160
you can not blame: 無理もない
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 167
who can blame sb?: 無理もない
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 75
the blame for the crash get laid at sb’s doorstep: 事故の責任が(人に)あったとされる
クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 353
take it on one’s shoulders, holus bolus, blame and shame: 咎めも不面目もなにもかも引き受ける
スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 253
secretly lay the blame on sb: (人の)せいだと陰口をきく
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 111
one is to blame: (人の)せいだ
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 48
lay the blame for all the unhappiness in the house on ...: このうちの重たい空気はみんな〜のせいだと思う
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 112
it’s a blame misfortune to be out of ammunition: 弾のつきが運のつきだ
ロンドン著 白石佑光訳 『白い牙』(White Fang ) p. 17
I don’t blame you at all for doing: 〜するのも無理はないね
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 68
I don’t blame you: そうでしょう
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 144
I don’t blame sb one bit: 無理もない
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 127
I don’t blame sb: わかるよ、それ
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 182
heap blamed on sb: (人に)積もる不満を抱く
ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 314
have only oneself to blame: ひとえに自業自得というものだ
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 178
feel to blame for ...: 〜で罪悪感を感じる
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 502
feel one is to blame for the hell of everything: ものごとがうまくいかなくなったのは自分のせいだと感じる
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 135
don’t blame sb for ...: 〜はまあ仕方がないと思う
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 389
don’t blame me if ...: 〜しても、ぼくは知らない
川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 11
can not find blame in one’s heart for sb: (人は)内心、(人の)せいにするのが無理なことをみとめている
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 206
can’t say I blame sb: 無理もない話だ
アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『カリブ海の秘密』(A Caribbean Mystery ) p. 56
blame sb for doing: (人が)〜するのを間違ってると思う
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 22
blame oneself for pretty much everything: なにかにつけ後悔ばかりだ
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 162
blame A on B: AをBのせいにする
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 285
blame ... on sb: 〜を(人の)罪に帰する
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 435
be not to blame for ...: 〜の原因は〜にない
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 227
be not about to blame ...: 〜の罪ではない
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 105
decide arbitrarily that sb is entirely to blame: 八つ当たりをして、すべて(人が)悪いのだと決めてしまう
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 62
blame ... and ... jointly: 〜と〜をいっしょくたに恨んでいる
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 44
the blame is narrow down to sb: 責任は(人の)上にかかる
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『アンの青春』(Anne of Avonlea ) p. 102
sb shared the inclination to first blame oneself: (人)にも、まず自分を責める傾向があったからだ
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 265
shift the blame: 罪をなすりつける
安部公房著 ソーンダーズ訳 『他人の顔』(The Face of Another ) p. 284
Still, something was easier when I could blame each mishap on the bottle: とはいうものの、不幸なできごとをいつも酒のせいにできれば、そのほうが簡単だ
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 164
switch blame: 責任をなすりつける
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の探索』(Dragonquest ) p. 63
be wrong to blame sb for sth: (人を)怨むのは筋ちがいだ
丸谷才一著 デニス・キーン訳 『女ざかり』(A Mature Woman ) p. 116
ツイート