× Q 翻訳訳語辞典
surprise   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
あきれる
   
seem surprised and almost wounded at their ignorance: あきれ顔で、一同の無知さ加減に気を悪くせんばかりだ ライス著 小鷹信光訳 『時計は三時に止まる』(8 Faces at 3 ) p. 99
raise one’s eyebrows in surprise: あきれたように眉をつり上げる ミルハウザー著 柴田元幸訳 『イン・ザ・ペニー・アーケード』(In the Penny Arcade ) p. 111
あっけにとらせる
   
surprise sb: (人を)あっけにとらせる クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 431
あっといわせるような行動
   
hold no more surprises for sb: (人を)あっといわせるような行動に出るわけがない スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 154
おどろいた様子
   
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 93
おどろき
   
it’s always kind of a sad surprise to sb: (人は)〜に気づいてせつないおどろきをおぼえる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 198
おどろきの色
   
show the least surprise at ...: 〜にいささかもおどろきの色を見せない ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 476
おどろく
   
somewhat surprise: 多少おどろく 吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 68
not surprise sb much: おどろくにあたらない スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 323
no real surprise: さしておどろかない スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 121
isn’t entirely surprised: さほどおどろかない スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 340
is not entirely surprised: さほどおどろかない スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 131
honestly surprise: 心底おどろいて スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 197
be taken by surprise: ちょっとおどろく 小松左京著 ギャラガー訳 『日本沈没』(Japan Sinks ) p. 16
おやと思う
   
surprise sb: おやと思う 三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 136
おやと思わせる
   
be surprised: おやと思う O・ヘンリ著 大津栄一郎訳 『オー・ヘンリー傑作選』(41 Stories ) p. 54
たじろぐ
   
surprise at the precocity of the employee: めきめき頭角をあらわしはじめた雇い人の成長ぶりにたじろぐ べーカー著 岸本佐知子訳 『フェルマータ』(The Fermata ) p. 225
たまげる
   
look surprised: たまげた顔の(人) タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 176
だしぬけ
   
almost come as a surprise: まるでだしぬけに近い クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 217
とっさに感じた
   
be the uncomfortable result of sb’s surprise: とっさに感じた間のわるさからだ ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『アンの青春』(Anne of Avonlea ) p. 29
とっておきのお楽しみ
   
keep ... a surprise: 〜をとっておきのお楽しみにする ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 181
はっとさせる
   
what surprised one most of all: なによりも(人を)はっとさせたのは クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 20
はっとする
   
the delicate sound catches sb by surprise: 細やかな音色にはっとする フィールディング著 吉田利子訳 『優しすぎて、怖い』(See Jane Run ) p. 97
ばあ
   
"Surprise," she would say: 「ばあ」と彼女は言う べーカー著 岸本佐知子訳 『フェルマータ』(The Fermata ) p. 261

唖然と
   
catch sb by surprise: 唖然とする クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 521
案外
   
to sb’s surprise ...: 案外なもので〜だ 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 172
意外
   
to one’s surprise: 意外にも トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 338
say in some surprise: やや意外そうに言う クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 432
must have taken sb by surprise: 意外だったことだろう トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 280
意外だ
   
surprise sb: (人には)意外だ クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 423
surprise all of them: 誰にも意外だ クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 115
sth surprise sb: 〜は意外だ ボイル著 柳瀬尚紀訳 『ケロッグ博士』(The Road to Wellville ) p. 208
意外な事の成行き
   
it takes sb by surprise: 意外な事の成行きにしばし考えこむ ロアルド・ダール著 永井淳訳 『飛行士たちの話』(Over to You ) p. 119
意外な反応を示す
   
However, for once Miss Tredgold surprised her: ところが、その日にかぎってミス・トレッドゴールドが意外な反応を示した ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロスノフスキ家の娘』(The Prodigal Daughter ) p. 85
意外に思う
   
look at sb in surprise: 意外に思いながら(人を)見る デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『別れのシナリオ』(Death Mask ) p. 77
<例文なし> ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 92
意外性
   
be not suited to surprise: 意外性は苦手 トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 91
意表をつく
   
one surprise after another: いちいち意表をついている 丸谷才一著 デニス・キーン訳 『女ざかり』(A Mature Woman ) p. 318
楽しみ
   
spoil the surprise: せっかくの楽しみがなくなる ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 286
奇襲
   
surprise: 奇襲 ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 357
虚をつかれる
   
a little surprised: いささか虚をつかれる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 141
胸を衝く
   
one’s vehemence surprised sb: 〜の語気の荒さに、(人は)胸を衝かれる マキューアン著 宮脇孝雄訳 『異邦人たちの慰め』(The Comfort of Strangers ) p. 116
驚いたこと
   
to one’s warm surprise: なんとも驚いたことに タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 38
to my considerable surprise: われながら驚いたことに トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 325
驚いた顔つき
   
in considerable surprise: だいぶ驚いた顔つきになる クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 533
驚き
   
what a surprise: そいつあ驚きだ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 254
take sb by surprise: (人を)驚かせる ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 319
express surprise at sth: 〜に驚きをあらわにする ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 302
do not attempt to hide one’s surprise: 正直に驚きを表わす バッファ著 二宮磬訳 『弁護』(The Defense ) p. 235
be quite surprised: これは驚きだ トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 324
驚きである
   
be still rather surprised to find that ...: 〜ということは(人に)とってちょっとした驚きである 土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 16
驚く
   
with considerable surprise: 少なからず驚いて クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 330
why should that surprise anybody?: そんなこと聞いて、いまさらだれが驚く? タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 224
to sb’s great surprise and pleasure, ...: (人が)驚きかつ喜んだことには、〜 ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 393
realize with surprise and pleasure that ...: 〜を知って、驚きもしかつ嬉しく思う 土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 14
not at all surprising: 驚くにはあたらないことだが プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 10
no surprise either: 驚くにもあたらない トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 85
come as a bit of a surprise to sb that ...: 〜にいささか驚く ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 553
be surprised how far sb can go: 驚くほどとおくに行くことがきる 吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 17
be surprised at one’s own boldness: 余裕のある言い方に(自分)でも驚く 吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 12
驚愕
   
initial surprise: 最初に感じた驚愕 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 113
驚愕の色
   
express surprise: 驚愕の色を顔に浮かべる スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 201
掘出物
   
Almost all - especially when there may be surprises: ほとんど全部です--とくに掘出物がありそうな時にはね ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 165
思いがけない
   
What a surprise: 思いがけんとこで・・・ 川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 69
思いがけない番狂わせ
   
<例文なし> キング著 山田順子訳 『スタンド・バイミー』(Different Seasons ) p. 58
当てが外れる
   
with all its disappointments and surprises: そのように落胆したり、当てが外れたりすることはあっても リンドバーグ夫人著 吉田健一訳 『海からの贈物』(Gift from the Sea ) p. 112
抜き打ち
   
surprise sweep: 抜き打ち捜索 コイル著 村上博基訳 『軍事介入』(Trial by Fire ) p. 42
眉を寄せて
   
turn back, surprised: 眉を寄せてふり返る スティーヴン・キング著 池央耿訳 『暗黒の塔 I・ガンスリンガー』(The Gunslinger ) p. 219
不意打ち
   
take sb by surprise: 不意打ちにあったも同じだ 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 229
不意打ちをかける
   
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 115
不意打ちを食らわすこと
   
<例文なし> ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 38
不思議
   
to one’s surprise: 不思議なことに ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 543
不審に思う
   
<例文なし> ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 78
呆れた様子
   
show no surprise: 別に呆れた様子もない 夏目漱石著 マシー訳 『』(Mon ) p. 6
呆れる
   
surprised aren’t you?: 呆れるじゃありませんか 安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 73
呆気にとられる
   
continue to look a little surprised: あいかわらず呆気にとられた顔をしている べーカー著 岸本佐知子訳 『フェルマータ』(The Fermata ) p. 229
予想外の
   
surprise announcement: 予想外の決定 ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 35
予想外のこと
   
It wasn't a surprise but the end of hope never comes easily to anyone: 予想外のことではなかったが、しかし望みが断たれることはだれにとっても辛い クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 212
裏をかく
   
surprise sb: (人の)裏をかく ボイル著 柳瀬尚紀訳 『ケロッグ博士』(The Road to Wellville ) p. 635
be properly surprised: まんまと裏をかかれる アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 70
愕然とする
   
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 258
茫然自失
   
a perfect statue of surprise and disappointment: 「茫然自失・失望落胆」の像 スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 214
騙し打ち
   
take sb by surprise: (人を)騙し打ちにする 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 240

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

you’d be surprised: あけてびっくり玉手箱
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 351
with surprise: 目を丸くして
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 107
what surprised one: それよりも気になったのは
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 343
to sb’s surprise: 〜は呆気にとられ
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ナイルに死す』(Death on the Nile ) p. 158
to one’s surprise: 〜を裏切って
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 229
to one’s surprise: ふしぎでならない
池波正太郎著 フリュー訳 『梅安蟻地獄』(Bridge of Darkness ) p. 92
to one’s surprise: 思いがけず
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロシア皇帝の密約』(A Matter of Honour ) p. 423
the first moment of surprise: 機先
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 190
that surprised sb: これには〜も意表をつかれた
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 19
take sb by surprise: まごつく
志賀直哉著 マクレラン訳 『暗夜行路』(A Dark Night's Passing ) p. 30
surprise sb’s secret: (人の)秘密をかぎつける
ドイル著 阿部知二訳 『回想のシャーロック・ホームズ』(Memoirs of Sherlock Holmes ) p. 122
surprise sb: (人が)はっとする
コネラン著 仁平和夫訳 『ディズニー7つの法則』(Inside the Magic Kingdom ) p. 172
surprise sb: (人が)案外に思う
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 97
surprise sb: 釈然としない
ル・カレ著 村上博基訳 『影の巡礼者』(The Secret Pilgrim ) p. 168
surprise even oneself: 自分でもびっくりするほど
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 196
surprise ending: 最後のどんでん返し
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 52
stupidly surprised: ばかみたいなあきれ顔で
キング著 山田順子訳 『スタンド・バイミー』(Different Seasons ) p. 105
look surprised: きょとんとした顔になる
ル・グィン著 浅倉久志訳 『風の十二方位・九つのいのち』(Wind's Twelve Quarters ) p. 213
look surprised: ぎょっとした顔つきになる
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 27
look surprised: 気色ばんでいる
リーマン著 池央耿訳 『黒海奇襲作戦』(Torpedo Run ) p. 202
in surprise: はっとしたように
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 188
in surprise: ふいに
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 16
I’m surprised: おどろきですね
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 67
I’m not surprised: そうでしょうね
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 71
I’m not surprised: そりゃあそうだよ
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 150
express surprise: 目をむく
セーガン著 池央耿・高見浩訳 『コンタクト』(Contact ) p. 14
by surprise: とつぜん
ル・グィン著 小尾芙佐訳 『風の十二方位』(Wind's Twelve Quarters ) p. 292
be surprised ...: 〜とあきれる
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 47
be surprised ...: 〜なんて、感動ものだ
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 277
be surprised: はっとする
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 39
be surprised: 意外そうな顔をする
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 303
be surprised: 狼狽する
フィッツジェラルド著 野崎孝訳 『グレート・ギャツビー』(The Great Gatsby ) p. 15
be secretly surprised: 内心おどろく
川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 100
be really surprised: 腰をぬかす
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 55
be not surprising: 異とするには当たらない
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 192
be not surprised: なるほどとうなずく
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 80
be not surprised: 何も感じない
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 61
be not surprised: 冷静である
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 223
be mildly surprised: 軽いおどろきをおぼえる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 212
be in for another surprise: 仰天する
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 105
always surprise sb: 見るたびにぎょっとする
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 102
a surprise: 着いてのお楽しみ
ボイル著 柳瀬尚紀訳 『ケロッグ博士』(The Road to Wellville ) p. 279
you are never safe from being surprised till you are dead: 人間なんて死ぬまでわからないものだ
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『アンの青春』(Anne of Avonlea ) p. 83
would not have surprised sb to do: 〜しても驚くにあたらなかった
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 60
with a strangely calm feeling that surprises even me: 自分でも愕く程冷静な気持で
井上靖著 横尾・ゴールドスタイン訳 『猟銃』(The Hunting Gun ) p. 28
with a little ‘Oh!’ of surprise: 「まあ!」と小さな驚きの声をあげると
ルイス・キャロル著 柳瀬尚紀訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 24
with a little ‘Oh!’ of surprise: 思わずあっといって
ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 23
why ain’t I surprised ...: 〜と聞いても、おれはぜんぜん驚かんね
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 250
when to stage the attack for maximum surprise: いつ襲撃するのがいちばん衝撃が大きいか
イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 197
when surprised or curious: 何かおどろいたり面白い話をきいたりした時
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 15
what sb surprises with: (人の)不意うち
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 100
want to surprise sb: 切り札に使う
レナード著 高見浩訳 『ラム・パンチ』(Rum Punch ) p. 185
turned around with an expression of almost no surprise: ふりむいたが、とりわけその表情を動かしはしない
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 235
took me by complete surprise: 私は意表をつかれた
吉本ばなな著 シャリーフ訳 『N・P』(N. P. ) p. 66
to sb great surprise: するとどうだろう、〜ではないか
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 328
to sb’s surprise see ...: 〜を見てわが目を疑う
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 151
to one’s surprise ...: 意外にも、〜
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 131
to one’s own surprise: われにもあらず
ディック著 小尾芙佐訳 『火星のタイム・スリップ』(Martian Time-Slip ) p. 53
there was surprise in one’s voice: (人は)びっくりして声をだした
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 256
there was another surprise in store for sb: (人は)もうひとつ裏切られた
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 55
there is no call for this new surprise: いまさらぎょっとすることはない
川端康成著 サイデンステッカー訳 『眠れる美女』(House of the Sleeping Beauties ) p. 18
the element of surprise: 不意をつく
フィールディング著 吉田利子訳 『秘密なら、言わないで』(Tell Me No Secret ) p. 265
that wouldn’t surprise me: だろうなあ
池波正太郎著 フリュー訳 『殺しの四人』(Master Assassin ) p. 70
take sb by surprise: (人に)とっさには思いがけない
川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 197
take sb by surprise: (人にとって)寝耳に水の出来事である
オースター著 柴田元幸訳 『鍵のかかった部屋』(The New York Trilogy ) p. 112
take sb by surprise: (人には)不意打ちである
川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 162
take sb by surprise: (人の)虚をつく
川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 104
surprised sb can do: よく〜できるね
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 284
surprise sb1 by saying sb2 is familiar with ...: 思いがけず(人2)も〜を知っている
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 102
surprise sb with one’s ...: (人の)〜に舌を巻く
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 245
stare in shocked surprise at the sight of ...: 〜にわが目を疑う
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 94
stare at sb in surprise: きょとんと見返す
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 16
something of a surprise: 軽い違和感
べーカー著 岸本佐知子訳 『フェルマータ』(The Fermata ) p. 76
show some disorder and surprise: 何かに驚いたような様子を見せる
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 122
should not be too surprised at ...: 〜をわらうことはできない
松本清張著 ブルム訳 『点と線』(Points and Lines ) p. 219
sb’s face and bearing are taut with surprise: 怯えたように顔をひきつらせている
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『白い竜』(The White Dragon ) p. 54
rather to one’s surprise: (人に)とっていささか意外だったのは
ヴィラード、ネイグル著 高見浩訳 『ラヴ・アンド・ウォー』(Hemingway in Love and War ) p. 83
one’s terrible grades have not surprised sb: 勉強の成績は思ったとおりで悪かった
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 33
not come as a surprise: 当然と言えば当然だ
サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 140
not be surprised if ...: (〜でも)おかしくない
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 112
no surprise at all: まるであたりまえのように
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 96
need all the surprise time sb can do ...: 一挙に虚を衝いてやるしかない
フリーマントル著 稲葉明雄訳 『暗殺者を愛した女』(Charlie Muffin-San ) p. 168
nearly landed flat on one’s face in surprise: すんでに這いつくばるところだった
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 25
minimize surprises for everyone: 万全の構えをとる
ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 102
might be surprised by ...: 案外〜なのかもしれない
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 37
look up in surprise: はっと顔をあげる
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 207
look at sb with amused surprise: 不思議な感慨とともに(人を)眺める
べーカー著 岸本佐知子訳 『フェルマータ』(The Fermata ) p. 225
longing take sb as a walloping surprise: 熱い想いがふいに湧きおこる
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 271
lift one’s head in surprise: びっくりしたように顔を上げる
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 96
it wouldn’t surprise me if ...: 〜しても、まあ無理ない
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 183
it was a much greater surprise to sb to recognise ...: もっと驚いたことには〜
ディケンズ著 村岡花子訳 『クリスマス・カロル』(A Christmas Carol ) p. 94
is it any surprise ...?: 無理からぬことだ
サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 116
I was certainly surprised to find you there: あんなところできみに会うなんて、思ってもみなかったよ
ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 166
I must admit I’ve surprised even myself: われながら呆れている
池波正太郎著 フリュー訳 『梅安蟻地獄』(Bridge of Darkness ) p. 258
I know sb be surprised at my talking to sb like this: ぼくが(人に)たいしてこんな話しかたをするのに(人は)度肝を抜かれているだろう
ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 165
I can‘t say I’m surprised: どうせそうよ
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 177
I am even surprised we were able to do: よく〜できたと思ったくらいだ
松本清張著 ブルム訳 『点と線』(Points and Lines ) p. 226
I’m not that surprised: そうだろうとも
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『メディア買収の野望』(Fourth Estate ) p. 327
have a big surprise for sb: ご褒美をあげる
フランク・マコート著 土屋政雄訳 『アンジェラの灰』(Angela's Ashes ) p. 52
glance with some apparent surprise at ...: はっきりおどろきの表情を見せる
ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 18
give sb a second surprise: (人を)いささか面食らわせる
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『白い竜』(The White Dragon ) p. 317
get surprise of sb’s life: びっくり仰天する
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 319
feigning surprise and excitement: はっとした顔でときめきをよそおう
コイル著 村上博基訳 『軍事介入』(Trial by Fire ) p. 28
feel a queer little sensation of dismayed surprise: 妙にがっかりする
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 410
don’t surprise one to hear sb ...: 〜はいつもそうだ
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 143
do not seem surprised by ...: ちらとも顔色を変えない
レナード著 高見浩訳 『ラム・パンチ』(Rum Punch ) p. 123
come as no surprise to anyone: いつ〜してもおかしくない
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 182
cease to be surprised by sth: (物事には)慣れっこだからなんとも思わない
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 295
caught utterly by surprise: 驚愕のあまり
アシモフ著 小尾芙佐訳 『夜明けのロボット』(Robots of Dawn ) p. 149
catch sb by surprise: 不意打ちだ
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 242
cannot conceal one’s troubled surprise: ふいの困惑をかせない
クック著 鴻巣友季子訳 『緋色の記憶』(The Chatham School Affair ) p. 278
can not be taken by surprise: 不意討ちをくらうおそれがない
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロシア皇帝の密約』(A Matter of Honour ) p. 459
be taken by surprise and made nervous: 不意を打たれて、ふるえ上る
ディケンズ著 村岡花子訳 『クリスマス・カロル』(A Christmas Carol ) p. 68
be taken by surprise: 不意うちを食う
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『メディア買収の野望』(Fourth Estate ) p. 15
be surprised to find that ...: 思いがけなくも〜だ
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 114
be surprised that ...: 〜に意外の感をいだく
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 388
be surprised how at ease sb seem: 驚いたことに、(人は)じつに心穏やかな様子でいる
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 281
be surprised by sth: (物は)予想外だ
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 178
be surprised by ...: 〜に意表をつかれる
コイル著 村上博基訳 『軍事介入』(Trial by Fire ) p. 33
be surprised at ...: 〜がこれほどだとは知らなかった
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 217
be nothing to be surprised at: 無理はない
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 314
be not at all surprised: 眉ひとつ動かしもせず
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 43
be caught by surprise: あっ気にとられる
竹山道雄著 ヒベット訳 『ビルマの竪琴』(Harp of Burma ) p. 40
be a tiny bit surprised that ...: 〜とはいささか心外だ
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 23
be a little surprised to ...: 〜していささか狼狽する
ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 201
ask in a surprised way: 唐突に訊く
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の探索』(Dragonquest ) p. 91
a feigned surprise at ...: 〜に呆れてみせる
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の探索』(Dragonquest ) p. 374
have not uttered one word of surprise complaint, fear, or even acquiescence: 一度も、驚きや不平や恐怖の言葉を口にせず、それどころか仕様がない、とすらいわない
スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 148
hammer home one’s advantage of surprise: 奇襲の利を存分にもちいる
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 357
affect surprise and confusion: 狼狽の色を隠せない
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『白い竜』(The White Dragon ) p. 178
with an air of large surprise: 大仰におどろいて見せる
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 64
complete surprise and bewilderment: こんなにびっくりして、何がなんだかわからなくなったこと
カーヴァー著 村上春樹訳 『夜になると鮭は…』(Will You Please Be Quiet? ) p. 108
can not conceal one’s surprise: さすがにおどろく
司馬遼太郎著 カーペンター訳 『最後の将軍』(The Last Shogun ) p. 194
catch sb in the first moment of surprise: 〜の機先を制する
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 190
the expression of certainly, of surprise or chagrin: 確信、驚き、苦悩とあらゆる表情
still caught by surprise and dismay at one’s temerity: 驚きがさめやらず、自分のあつかましさに当惑しながら
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の歌い手』(Dragonsinger ) p. 77
Even Tanomogi held his tongue in surprise: さすがの頼木も、びっくりしたように口をつぐんでしまう
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 25
exclaim in surprise: 驚きの声をあげる
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 153
try, but fail to keep surprise out of one’s face: 驚きを表情にあらわすまいとしたが、むりだった
フィールディング著 吉田利子訳 『優しすぎて、怖い』(See Jane Run ) p. 83
gasp in surprise: あえぐような驚きの声をあげる
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 62
sb’s surprise may be genuine: かけねなしに驚いたように見える
ハメット著 小鷹信光訳 『影なき男』(The Thin Man ) p. 74
to sb’s great surprise: するとどうだろう、〜ではないか
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 328
hate that kind of ridiculous adult surprise: こういう莫迦らしい大人の愕きがしんからきらいだ
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 132
a hell of a big surprise: 大いなる番狂わせ
キング著 山田順子訳 『スタンド・バイミー』(Different Seasons ) p. 58
could not hide one’s surprise: さすがに(人)も驚いた
池波正太郎著 フリュー訳 『秋風二人旅』(Master Assassin ) p. 126
surprise illuminates the girl’s face: 女の顔に驚きの色が走る
ハメット著 小鷹信光訳 『マルタの鷹』(The Maltese Falcon ) p. 106
peer intently at sb in surprise: 愕いて(人を)じっと見つめる
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『白い竜』(The White Dragon ) p. 553
look at sb in kindly surprise: 心のこもった驚きの表情をうかべる
アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『カリブ海の秘密』(A Caribbean Mystery ) p. 105
let out an exclamation of surprise: 驚きの叫びをあげる
デミル著 上田公子訳 『ゴールド・コースト』(Gold Coast ) p. 31
be a nice surprise: 喜ばしい意外事だ
アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『フランクフルトへの乗客』(Passenger to Frankfurt ) p. 34
Hugh observed this with no surprise at all: それがまるであたりまえのように、ヒューはながめていた
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 96
one’s original feeling of surprise: はじめの驚き
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 98
tactical surprise probably: 奇襲戦法だったのだろうか
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 187
promptly do in one’s surprise: びっくりした拍子に〜する
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 206
be yet proof against slight surprise: まだどうもちょっとしたことにも驚く癖が残っている
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 182
ツイート