× Q 翻訳訳語辞典
sensation   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
どよめき
   
produce the only real sensation of the day: この日唯一、本当の意味でのどよめきをもたらす セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『ナイン・テイラーズ』(The Nine Tailors ) p. 134

印象
   
the queer sensation: 奇妙な印象 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 8
快感
   
<例文なし> トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 280
楽しみ
   
have nearly forgotten the sensation: そういう楽しみはもう殆ど忘れかけている カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 387
感覚
   
private pools of sensation: おのおのの感覚 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 77
new sensation: たえてない感覚 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 28
familiar sensations that have returned: 戻ってきた昔なじみの感覚 クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 381
extraordinary sensation: 常ならぬ感覚 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 281
be a new sensation: たえてない感覚だ 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 28
感触
   
strange, tickling sensation: ちょろちょろと違和感のある感触 吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 25
sensation of the ice bag: 氷嚢の感触 北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 58
incredible sensation of encountering a life force: 息づく生命体のような感触 吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 22
have the pleasant sensation of ...: 〜する心地の良い感触が感じられる カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 214
eerie sensation: 不気味な感触 デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『別れのシナリオ』(Death Mask ) p. 127
<例文なし> 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 176
気持ち
   
dense miserable sensations: 極度にみじめな気持ち トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 138
気配
   
pick up some sensation of ...: 〜の気配がわかる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 237
気分
   
unbearably disagreeable sensation: たまらなく厭な気分 安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 35
And, besides--it produces an odd sensation when it's held: それにもうひとつ、この木ぎれは手にとってみると、ふしぎな気分にしてくれる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 41
思い
   
a sensation of desolation more intense than anything I have previously known: これまで味わった事のない悽愴の思い 太宰治著 ドナルド・キーン訳 『斜陽』(The Setting Sun ) p. 103
重苦しさ
   
with a sinking sensation in the pit of one’s stomach: みぞおちにずしりとくる重苦しさをおぼえ バッファ著 二宮磬訳 『弁護』(The Defense ) p. 358
少なからぬ衝撃
   
<例文なし> デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 132

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

human-emitted electromagnetic sensation: 人間の発する電磁波
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 271
feeling and sensation: 感覚
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 192
a wonderful sensation: じつにありがたいこと
ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 291
a sensation of helplessness: 心細さ
太宰治著 ドナルド・キーン訳 『斜陽』(The Setting Sun ) p. 56
the picture produces an immense sensation in the little crowd: 聞くと、とたんに村民たちの群れは、大きく揺れ動く
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 206
react to the sensations of a female touch: 女性の感触に反応する
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 140
one’s first sensation is the dusty smell of the carpet: 埃っぽいカーペットの臭いがまず鼻をつく
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 255
have this groping sensation: 焦れったくなる
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 14
have the giddying sensation of ...: 〜ようなめくるめく感覚におそわれる
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 69
feel a queer little sensation of dismayed surprise: 妙にがっかりする
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 410
feel a prickly, confused, and sad sensation: びりびりとすこし痛痒いような気がする
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 25
feel a nervous clutching sensation: きゅっと掴まれるようないやな感じがする
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 45
extract the least sensation of warmth: 暖かさのまねごとを引出す
ディケンズ著 村岡花子訳 『クリスマス・カロル』(A Christmas Carol ) p. 25
central sensation of infatuation: 恋愛感情の核
フィシャー著 吉田利子訳 『愛はなぜ終るのか』(Anatomy of Love ) p. 34
be quick with sensation: 敏感になっている
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 114
be hardly an overnight sensation: すぐに注目を集めたわけではない
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 157
a very curious sensation: 何とも言えず妙な気分
メイル著 小梨直訳 『南仏プロヴァンスの木陰から』(Toujours Provence ) p. 95
Abruptly I was overcome with an unbearably disagreeable sensation: ふいになにやら、たまらなく厭な気分に襲われたのだ
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 35
sensation grow acute: この感を強くする
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 339
a sensation of complete artificiality: 一から十まで造り物の感じ
太宰治著 ドナルド・キーン訳 『人間失格』(No Longer Human ) p. 6
create a sensation: センセイションを巻き起こす
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ナイルに死す』(Death on the Nile ) p. 319
some extraordinary sensation of discovery take hold of one: 何か重大なものを発見した常ならぬ感覚にとらわれる
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 281
feel a sensation of dislocation: 方向感覚の喪失に襲われる
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 147
have a momentary sensation of dizziness: 一瞬めまいがする
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 316
a dreary sensation: けだるい感覚
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 309
a sensation impinges on sb: 感覚が(人を)貫く
デイヴィス著 酒井邦秀訳 『青銅の翳り』(Shadows in Bronze ) p. 230
lost in the novelty of the sensation: その新しい感覚に酔いしれているうちに
アシモフ著 小尾芙佐訳 『夜明けのロボット』(Robots of Dawn ) p. 80
main sensation is ...: 〜の衝撃が第一に来る
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 442
odd sensation: ふしぎな気分
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 41
overwhelming sensation: 胸おどらせるような興奮
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 18
produce the only real sensation of the day: この日唯一、本当の意味でどよめきをもたらす
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『ナイン・テイラーズ』(The Nine Tailors ) p. 134
a throbbing sensation: 疼くような感覚
遠藤周作著 ジョンストン訳 『沈黙』(Silence ) p. 26
the tickling sensation: こそばゆい触感
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 28
grasp a vivid sensation of ...: 〜の感覚をまざまざと握る
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 59
ツイート