× Q 翻訳訳語辞典
nearly   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
〜しかける
   
nearly asphyxiate sb: (人を)窒息死させかける ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 283
〜しそうになる
   
nearly drop dead: 息が止りそうになる ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 93
(〜する)くらい
   
<例文なし> 宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『どんぐりと山猫』(Wild Cat and the Acorns and Other Stories ) p. 11

あらかた
   
<例文なし> ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロスノフスキ家の娘』(The Prodigal Daughter ) p. 306
あわや
   
nearly shoot out of one’s chair: あわや椅子から飛びだしそうになる ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 428
いいかげんに
   
Strickland, are you nearly over?: ストリックランド、いいかげんにおわらんのか ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 67
うっかり
   
a lunch sb nearly pay for: うっかり自腹を切るところだった昼食 ル・カレ著 村上博基訳 『影の巡礼者』(The Secret Pilgrim ) p. 152
かける
   
nearly stop: 立ち止まりかける クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 72
かなり
   
be nearly comforted by sth: (物事によって)かなり気が晴れる デミル著 上田公子訳 『ゴールド・コースト』(Gold Coast ) p. 166
<例文なし> デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 24
かねない
   
have so nearly defeated sb: (人を)敗北させかねない コイル著 村上博基訳 『軍事介入』(Trial by Fire ) p. 41
かれこれ
   
it’s been nearly seven months: かれこれ七か月になる クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 40
for nearly an hour: かれこれ1時間も カーヴァー著 村上春樹訳 『夜になると鮭は…』(Will You Please Be Quiet? ) p. 121
かれこれ〜近く
   
<例文なし> トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 57
けんまく
   
nearly fire on sb: (人に)向かっていまにも発砲せんばかりのけんまく ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 106
さながら
   
sb’s face is nearly a billboard: (人の)顔はさながら一枚の看板だ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 132
すんでに
   
nearly landed flat on one’s face in surprise: すんでに這いつくばるところだった クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 25
nearly do: すんでにしかける ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 76
<例文なし> ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 324
すんでのことで
   
nearly balked: すんでのことで見送るところだった O・ヘンリ著 大津栄一郎訳 『オー・ヘンリー傑作選』(41 Stories ) p. 89
すんでのことに
   
one’s hand shake so with laughing that one nearly let sth drop upon the floor: おかしくておかしくて、手がふるえて、すんでのことに(物を)おとすところだ ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 25
そろそろ
   
nearly there: そろそろだ ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 43
たいがい
   
nearly all of us: たいがい誰でも 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 50
たいてい
   
be the sort who finish number one in nearly everything: 何をやらせてもたいていトップで終える男 クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 65
ちかい
   
nearly yell: わめき声に近い ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 269
ちょっと
   
nearly go too far: ちょっとやりすぎ ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 262
どうにか
   
wear clothing that is nearly respectable: どうにか見られるものを着る クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 60
ばかりに
   
<例文なし> ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 450
ひどい
   
nearly breaks one’s heart: ひどいしょげようだ ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 409
ほとんど
   
the sun was nearly set: 日はほとんど暮れ落ちた クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 162
speak haltingly through nearly closed lips: ほとんど口を開かずにとつとつと語る グループマン著 吉田利子訳 『毎日が贈りもの』(The Measure of Our Days ) p. 60
ほぼ
   
nearly respectable side of operation: 企業活動のほぼ堅気のサイド ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 144
be nearly filled with sb: (人で)ほぼ満員だ カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 116
もうかれこれ
   
Nearly two months: もうかれこれ二ヵ月です ドイル著 阿部知二訳 『回想のシャーロック・ホームズ』(Memoirs of Sherlock Holmes ) p. 66
もうすこしで
   
I could nearly laugh about that if humour was my mood: あれにはもう少しで吹きだすところだったが、笑っているばあいじゃなかった ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 207
ようやく
   
nearly behind sb: 〜がようやく終わりかける カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 286
よほど〜と思う
   
<例文なし> デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 378
ろくに
   
be nearly speechless: ろくに口がきけない ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 273

一時は〜に見える
   
nearly put it out: 一時は成功するかに見える トゥロー著 上田公子訳 『推定無罪』(Presumed Innocent ) p. 347
危うく
   
would nearly kill sb: (人を)危うく殺しかける カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 279
a way of coping with what have very nearly been: 危うく逃れた死の反動 フィールディング著 吉田利子訳 『秘密なら、言わないで』(Tell Me No Secret ) p. 483
危うく〜しそうになる
   
<例文なし> メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 278
近い
   
be lived out over the course of nearly a century: 一世紀近い時間を経た今でも、〜がしっかりと息づいている ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 69
a nearly weightless state: 無重力に近い状態 クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 207
近く
   
nearly an hour: 一時間近く スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 202
for nearly two hours: 二時間近くがたとうとしている スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 71
今にも
   
<例文なし> カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 163
身近で
   
for anything which touches sb nearly: 身近で起きること全てに セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『ナイン・テイラーズ』(The Nine Tailors ) p. 172
大方
   
the bottle is nearly empty: ボトルを大方あける ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 118
同然だ
   
sb’s face is nearly a billboard with one word: (人の)顔は〜という一語を大書きされた看板同然だ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 132
殆ど
   
have nearly forgotten the sensation: そういう楽しみはもう殆ど忘れかけている カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 387
   
nearly half: 約半数 オローク著 芝山幹郎訳 『楽しい地獄旅行』(Holidays in Hell ) p. 177

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

very nearly ...: 〜といってもよい
クック著 鴻巣友季子訳 『緋色の記憶』(The Chatham School Affair ) p. 188
nearly killed me: 命がけだった
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 62
nearly kill sb: (人を)半殺しの目に合わせる
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 91
nearly kill sb: 半殺し
クラムリー著 小鷹信光訳 『酔いどれの誇り』(The Wrong Case ) p. 68
nearly kill: 半殺しの目にあわせる
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 21
nearly every day: 毎日のように
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 10
nearly die: 九死に一生をえる
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ケインとアベル』(Kane and Abel ) p. 150
nearly dead: 半死半生の
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 123
nearly cry: 泣きだしてしまう
ヴィラード、ネイグル著 高見浩訳 『ラヴ・アンド・ウォー』(Hemingway in Love and War ) p. 152
nearly an hour: 小一時間
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『葬儀を終えて』(After the Funeral ) p. 286
have nearly surrendered: ほとんどお手上げにひとしい
イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 281
be nearly invincible: めっぽう強い
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 392
be nearly full: まだ栓をあけたばかりだ
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ナイルに死す』(Death on the Nile ) p. 331
be nearly empty: がらすきだ
イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 26
be nearly deserted: 人影は疎らだ
吉行淳之介著 ジョン・ベスター訳 『暗室』(The Dark Room ) p. 122
very nearly go crazy over ...: もう、それは夢中になっている
ホフスタッター著 柳瀬尚紀訳 『ゲーデル、エッシャー、バッハ』(G_del, Escher, Bach ) p. 139
very nearly colliding with sb: (人と)ぶつかりそうになって
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 166
very nearly carry ... off: すんでのことに〜をそぎおとすところだ
ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『不思議の国のアリス』(Alice in Wonderland ) p. 82
the sort of set attitudes that nearly kills sb: (人を)殺しかねないそういう頑迷固陋な態度
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の歌い手』(Dragonsinger ) p. 315
softness of the dark seems nearly decadent: しっとりとした夜の空気は退廃を招く
スティーヴン・キング著 池央耿訳 『暗黒の塔 I・ガンスリンガー』(The Gunslinger ) p. 144
nearly reach the bottom of the stairs: 階段を降り切ろうとする
吉行淳之介著 ジョン・ベスター訳 『暗室』(The Dark Room ) p. 181
nearly get killed doing: 〜して死にそうな目にあう
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 39
nearly drive sb nuts to do: もう〜しているだけで頭がくらくらする
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 239
nearly burst out laughing: 思わず笑いだしそうになる
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 65
nearly burst out laughing: 吹き出したくなってしまう
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 213
nearly a castaway life: 世間から見捨てられたような生活
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 58
it takes sb nearly four hours to get it right: 意味の通る文面に仕上がるまでには四時間近くもかかる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 256
it is nearly XX o’clock: もうXX時前だ
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 314
have nearly forgotten to ask: うっかりききわすれるとこだ
ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『不思議の国のアリス』(Alice in Wonderland ) p. 90
for nearly XX years: XX年足らずのあいだ
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 91
feel such relief and wild joy that one nearly shouts aloud: 〜にわめきだしたいような安堵と狂喜をもたらせる
瀬戸内晴美著 バイチマン訳 『夏の終り』(The End of Summer ) p. 136
coo in a facetious tone which nearly makes sb choke: わざと軽く甘い声を出すので、(人は)思わず咳きこみそうになる
デイヴィス著 酒井邦秀訳 『青銅の翳り』(Shadows in Bronze ) p. 272
come down with hepatitis B and nearly die from that: B型肝炎にやられて生死の境をさまよう
ジョーンズ著 岸本佐知子訳 『拳闘士の休息』(The Pugilist at Rest ) p. 78
bid them all stand off, for one be nearly killed: 死にそうにくたびれたから皆そばに寄るなとおっしゃる
E・ブロンテ著 大和資雄訳 『嵐が丘』(Wuthering Heights ) p. 51
be reduced to nearly half it’s previous size: 以前の半分ほどの規模になる
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 41
be not nearly what ...: 〜にはおよびもつかない
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 434
be not nearly so festive: そんな花やかさはない
川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 212
be nearly a man in one’s own right: もう成人に近づいている
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 129
as nearly as possible fall off the wall in doing so: すんでのことにすってんころん落ちそうになって
ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 106
appear embattled with nearly everyone around sb: 見境なく喧嘩を売っているみたいだ
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 475
after nearly a year: 一年近くが経過しても
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 549
forget it all, or nearly: そのあらかたは忘れてしまう
カーヴァー著 村上春樹訳 『夜になると鮭は…』(Will You Please Be Quiet? ) p. 153
nearly deserted alley: ほとんど人影のない裏道
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 55
point the nose down at an angle of nearly thirty degrees: ほとんど三十度近い角度に、船首をさげる
小松左京著 ギャラガー訳 『日本沈没』(Japan Sinks ) p. 77
nearly pull one’s arms out its socket: 肩からはずれんばかりに腕をひっぱる
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 450
the goods on display beam cheerfully out at the frozen and nearly deserted streets: 飾り窓の商品が凍てついて人気の乏しい街に皓々と照り映える
北杜夫著 マッカーシー訳 『どくとるマンボウ航海記』(Doctor Manbo at Sea ) p. 123
'My plan is nearly complete,' began James: 「ぼくのプランはほぼ完成している」とジェームズが切りだした
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 312
but I nearly went too far: ただちょっとやりすぎの感はあったけどね
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 262
very nearly claim: もう少しで自分のだと届け出そうになる
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 73
nearly every day and night: ほとんど毎日のように
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 17
develop a nearly foolproof sth: ほぼ完璧な(物を)確立している
ヒーブラー著 高遠裕子訳 『ベスト・プラクティス』(Best Practices ) p. 27
the telephone alone nearly drive sb mad: 電話のベルだけで頭が変になりそうだ
ロアルド・ダール著 永井淳訳 『来訪者』(Switch Bitch ) p. 140
appear embattled with nearly every one around sb: 見境なく喧嘩を売っているみたいだ
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 475
the lights were now nearly all extinguished: 明りも、今はほとんど消燈になる
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 143
He was the sort who finished number one in nearly everything, Kelly figured: なにをやらせてもたいていトップで終える男なんだな、とケリーは察した
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 65
nearly give away sb’s endeavor: (人の)努力を危うく水泡に帰してしまうところだ
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『白い竜』(The White Dragon ) p. 118
The other two grools nearly had hysterics when we did: それを見ると、あとの二人の馬鹿娘は、ヒステリーを起こしそうになったね
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 112
nearly gum that up: 計画は頓挫しそうになる
ハメット著 小鷹信光訳 『影なき男』(The Thin Man ) p. 312
be not nearly harmonious: だいぶぎくしゃくしている
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 56
be nearly incoherent: ほとんど前後不覚だ
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ケインとアベル』(Kane and Abel ) p. 55
one’s hand shake so with laughing that one nearly let sth drop upon the floor: 笑いころげて手もとが狂い、キングを危うく床に落っことすところだ
ルイス・キャロル著 柳瀬尚紀訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 26
there was a row that nearly reached the newspapers: 悶着が起り、新聞だねになりかかった
フィッツジェラルド著 野崎孝訳 『グレート・ギャツビー』(The Great Gatsby ) p. 81
ツイート