× Q 翻訳訳語辞典
another   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
〜のひとつ
   
Just another theory to store in the hanger: ただの仮説のひとつさ。これも格納庫におさめておくべきだな デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 161

あたらしい
   
light oneself another cigar: あたらしい葉巻に火をつける ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 148
あたらしい顔ぶれ
   
look around for another Admiral, Captain and Commander as well: 司令も艦長も副長も、あたらしい顔ぶれをさがす マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 36
あと
   
stomp around on ... another minute: 〜の上で足踏みしながら、あと一分ばかり待つ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 167
for another month: あと一か月くらい トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 34
another three months: あと三ヶ月たっていたら ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 79
another ten minutes and ...: あと十分で〜 マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 340
another hundred: あと百 カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 196
あらたな
   
another five hundred bucks: 五百ドルのあらたな出費 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 117
あらためて
   
take another look around: あらためて周囲を見回す 宮部みゆき著 アルフレッド・バーンバウム訳 『火車』(All She Was Worth ) p. 98
いまいちど
   
<例文なし> マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 131
いまひとつ
   
yet another part of sb: (人の)いまひとつべつの面 ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 392
prompt yet another unasked question: 口にできぬ疑問を呼ぶ クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 47
<例文なし> マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 131
いままた
   
<例文なし> ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 141
おかわり
   
I fix us another one: 二人分の酒のおかわりを作る カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 180
おつぎ
   
try another: おつぎは? ハメット著 小鷹信光訳 『赤い収穫』(Red Harvest ) p. 190
お代わり
   
pour oneself another cup of coffee: 自分のカップにコーヒーのお代わりをつぐ デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 224
another bowl of cereal: シリアルのお代わり トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 118
かつての
   
of another day: かつての日の マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 331
このさき
   
The ammo shed is another klick up the road: 弾薬小屋はこのさき約一キロの地点だ デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 23
この次
   
will be willing to do another time: この次来たときに〜したい ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 574
この上
   
cannot face another stilted post mortem: この上もったいぶった事後の論評など聞かされてはたまったものではない リーマン著 池央耿訳 『黒海奇襲作戦』(Torpedo Run ) p. 177
これでまた
   
Another satisfied customer has found her needful thing!: 必要なものを見つけたお客さまに、これでまた満足していただける スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 109
これ以上
   
get to feeling one can’t go it another step: これ以上こんな暮らしをつづけていくことはできないと思う カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 380
これ以上の
   
another tour: これ以上の巡視 マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の探索』(Dragonquest ) p. 234
こんども
   
there was yet another delay.: こんどもすぐに返事はなかった ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 212
さらに
   
within another half a century: さらに半世紀の後には アシモフ著 小尾芙佐訳 『神々自身』(The Gods Themselves ) p. 48
it takes another XX hours: さらにXX時間たつ ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 265
Another hour passed: さらに一時間過ぎた ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 49
Another half-hour passed: さらに三十分経過 ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 48
<例文なし> メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 77
それから
   
in another ten minutes: それから十分後 マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 115
after another hour: それから一時間 マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 169
それ以上の
   
scarcely give another thought to ...: (人に)それ以上の関心はほとんど払わない カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 281
ただの
   
just another antique shop: ただの骨董屋 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 24
another body: ただの肉 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 42
つぎ
   
smash another and another and another and then sth: べつの〜をたおし、つぎからつぎへとたおれて、〜を割る マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 157
つぎの
   
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 61
どこか他の
   
in another part of sb’s heart: 心のどこか他の部分では 井上靖著 横尾・ゴールドスタイン訳 『猟銃』(The Hunting Gun ) p. 47
ひとつ
   
another of ...: 〜のひとつ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 46
ひらの
   
just another girl: ごくひらのセールス・ガール カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 171
ふたたび
   
light up another cigarette: ふたたびたばこに火をつける タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 195
べつの
   
on another occasion: べつのおり ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 81
ほかに
   
get oneself another woman: ほかに女ができた 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 196
ほかの
   
raise another subject: ほかの話題をもちだす トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 230
ask another question: ほかの質問をしたまえ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 215
また
   
pull in to another station: また駅に停車する 吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 12
James was flustered and poured himself another drink: ジェームズはうろたえてまた酒を飲んだ ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 125
he feared it would be another humiliating defeat: 正直、また惨敗だろうと思っていた ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 190
have another meeting: また会う ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 284
get through another day: また一日をしのぐ ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 70
fish in one’s pocket for another matchstick: ポケットに手を入れてまたマッチ棒をさがす ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 377
down another wet: また酒をぐいとあおる ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 27
another sleepless night: また眠られぬ一夜 マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 133
another job was done: またひと仕事が終わった クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 14
Another 45 minutes passed in the reception room: 受付の部屋でまた四十五分が過ぎた ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 51
<例文なし> マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 284
また〜のお出ましか
   
another new sth: また新手の(物の)おでましか コネラン著 仁平和夫訳 『ディズニー7つの法則』(Inside the Magic Kingdom ) p. 29
またがらりと
   
with another volatile switch of mood: またがらりと調子をかえ ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 471
またしても
   
go another of those funny accidental ways things just happen in a life: またしてもおかしな偶然のなりゆきに身をまかせる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 187
another jerk: またしても馬鹿者がひとり プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 171
another brighter genius: またしても誰か頭のよい男が ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 285
<例文なし> トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 83
またぞろ
   
yet another: またぞろ ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 200
<例文なし> ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 381
またひとり
   
another casualty of the justice system: 司法システムの犠牲者がまたひとり フィールディング著 吉田利子訳 『秘密なら、言わないで』(Tell Me No Secret ) p. 57
またまた
   
make another ecstatic mental note: またまた欣喜雀躍しながら心に留める セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『殺人は広告する』(Murder must Advertise ) p. 89
give vent to another burst of throaty laughter: またまた腹をかかえて笑いだす ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 472
またもや
   
We collapsed on the terrace of another cafe, which overlooked the valley: 渓谷を見降ろすカフェで私たちはまたもやへたり込んだ メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 117
revel in another laugh: またもや夢中になって笑う ディケンズ著 村岡花子訳 『クリスマス・カロル』(A Christmas Carol ) p. 97
miss another signal: またもや言外の含みを悟りそこねる ル・グィン著 小尾芙佐訳 『闇の左手』(The Left Hand of Darkness ) p. 24
miss another match: 試合をまたもやスッポかす クラムリー著 小鷹信光訳 『酔いどれの誇り』(The Wrong Case ) p. 53
another butterfly lands in front of sb: またもや(人の)前に1匹のチョウが降り立つ 北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 166
また今日という
   
thank Providence that one have survived another day: また今日という日を生きながらえたことを神に感謝する クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 504
まだほかにも
   
another wrinkle ...: まだほかにも考えるべき点がある ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 227
   
years before, one has been to another ...: 何年か前にも、〜に招待された メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 255
it is another cop thing: これも警察官にはおなじみの事態だ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 199
もある
   
<例文なし> サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 46
もう
   
take another sip of one’s coffee: もうひとくちコーヒーを飲む クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 550
pour another generous tot of whisky: もう一杯ウィスキーをたっぷりつぐ ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 70
もういっぱい
   
have another drink: もういっぱいおかわりを飲む カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 190
もうひとつ
   
there was another surprise in store for sb: (人は)もうひとつ裏切られた 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 55
make another unexpected comment: もうひとつ意外なことを言う 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 197
もう一つ
   
another demonstration of one’s harmless nature: もう一つ無害人間のしるしを見せておいてやろう クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 504
もう一度
   
take another peek out the window: もう一度窓の外をのぞいてみる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 178
one seizure means sb is ready for another: 一度発作が起こったとすれば、もう一度起こったとしても不思議はない カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 254
like another chance: もう一度やりなおしたいと思う トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 21
if you want to do another sth: もう一度〜をというのなら クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 457
I folded my arms, and took another look around me: 僕は腕を組んだままもう一度ぐるりと庭を見渡した 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 111
give oneself another treatment: もう一度〜を塗る トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 271
can not resist another look around: もう一度あたりをうかがわずにいられない スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 126
もう一発
   
give one’s head another jolt with one’s fist: 拳でもう一発自分を殴る カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 210
もう一本
   
<例文なし> メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 56
もっと
   
looking for another ...: 〜がもっとないかとさがす トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 233
もはや
   
it is not another of the dreams in which ...: 今までも夢の中では、よく〜だったが、今日はもはや夢ではない ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 188
やはり
   
son-in-law of sb, another of the people’s enemies and insulter: やはり人民の敵、人民の陵辱者の一人である(人の)女婿 ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 77
Another plane went down there in 1969, seven years before: 七年前の一九六九年、やはりこのあたりに飛行機が墜ちていました プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 120
another girl who ...: やはり〜した娘 吉行淳之介著 ジョン・ベスター訳 『暗室』(The Dark Room ) p. 111
another copper: やはり刑事だ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 238
よその
   
visit another planet before it is too late: 悔いを残さぬうちによその惑星に行く ディック著 小尾芙佐訳 『火星のタイム・スリップ』(Martian Time-Slip ) p. 10
よその男
   
address another in the very same words of flattery as one have used to sb: (人に)いっていたのと同じおべっかを、よその男にいう スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 94

違う
   
grow up under another surname: 名字が違う ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 26
一方で
   
there is another part of sb that ...: (人は)一方で〜する 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 178
今度の
   
another game: 今度の試合 ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 213
   
another embargo on the export of gold: 金輸出再禁止 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 169
似たような(物)
   
Another lay in the doorway to the kitchen: 似たような小包は、キッチンに通じる扉のそばにもごろんところがっている スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 313
次の
   
in another moment sb will do ...: 次の瞬間にも(人は)〜することだろう ミルハウザー著 柴田元幸訳 『イン・ザ・ペニー・アーケード』(In the Penny Arcade ) p. 157
get another one out of sb’s mouth: 次の言葉を口にする トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 88
be framing another question: 次の質問をしかける マキューアン著 宮脇孝雄訳 『異邦人たちの慰め』(The Comfort of Strangers ) p. 94
重ねて
   
send another message: 重ねて連絡をよこす ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 25
新しい
   
shall we bring you another cup: 新しいコーヒーをお持ちしましょうか ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『メディア買収の野望』(Fourth Estate ) p. 16
need another sth: 新しい(物)がいる カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 86
look for another job: 新しい職を探す カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 78
companion of another woman: 新しい女性の相手 トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 132
<例文なし> 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 20
新たな
   
pass into another stage of being: 生涯の新たな段階に足を踏み出す フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 113
another memory have broken through: 新たな記憶がまざまざと姿をあらわしていた クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 317
新たに
   
suggest another disastrous possibility: 新たに惨事の種を指摘する メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 269
新らしい
   
light another stick of incense: また新らしい線香を立てる 夏目漱石著 マシー訳 『』(Mon ) p. 192
前の
   
with one’s legs hooked over the back of an another chair: 前の椅子の背もたれに足をかけている カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 153
相も変わらぬ
   
another Irish drunk: 相も変わらぬアイリッシュの飲んだくれ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 261
相手の
   
<例文なし> メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 10
他の
   
postpone the granting of sb’s wish to another day: 他日を約する 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 147
be married and live in another province: 他国へ嫁ぐ 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 59
代りの
   
order in another glass: 代りのグラスを取寄せる ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 148
代理の
   
need another parent: 代理の親を必要とする フィシャー著 吉田利子訳 『愛はなぜ終るのか』(Anatomy of Love ) p. 94
同士
   
<例文なし> 有吉佐和子著 コスタント訳 『華岡青洲の妻』(The Doctor's Wife ) p. 170
二の舞
   
don’t be another Denison: デニソンの二の舞はおやめなさい アシモフ著 小尾芙佐訳 『神々自身』(The Gods Themselves ) p. 58
do another ...: 〜の二の舞をやる マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 401
二人めの
   
have another kid: 二人めの子供が生まれる カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 242
二度と
   
never have another infestation: 二度とこういう被害に遭わずに済む メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 243
   
another world: 別世界 タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 128
別な
   
there is another truer reason for why ...: 〜するにはもっと別の、もっと切実な理由がある ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 417
別の
   
try another approach: 別の手を使う クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 488
that’s another matter entirely: それはまた別問題だ 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 82
sth is another matter: 〜は別の話だが トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 125
remove oneself to another room: 別室にしりぞく ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 212
just another particular aspect of one’s vanity: (人の)見栄坊な心の別のあらわれ 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 41
another optional plan: 別のプラン クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 246
another name: 別名 ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 478
変える
   
one would like another room: 部屋を変えてもらいたい メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 190
予備の(物)
   
If you could just get me another: 予備のキーカードを貸してもらえるとありがたいんだが トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 95
隣りの
   
move to another car: 隣りの車輛に移る 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 96

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

without another word: それだけ言って
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 172
there’s another woman: 彼、つきあってる女の人、いるらしいの
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 55
that’s another story: そのことはとりあえずここではいい
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 88
scrutinize one another: さぐるようにみつめあう
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 127
roll in another: 新しい紙を入れる
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 408
one after another: とっかえひっかえ
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 179
one after another: ばたばた
有吉佐和子著 コスタント訳 『華岡青洲の妻』(The Doctor's Wife ) p. 81
one after another: ひとつまたひとつと
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 86
one after another: 次々と
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 18
just another tool of the trade: 常套手段
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 232
just another man: その辺にころがっている男
ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 385
just another ...: 〜は毎度のことだ
リーマン著 池央耿訳 『黒海奇襲作戦』(Torpedo Run ) p. 54
in one way or another: 何かしら
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 89
in another name: 偽名で
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 76
in another moment: アッという間に
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 284
in another minute: しばらくすると
ダニング著 宮脇孝雄訳 『死の蔵書』(Booked to Die ) p. 106
in another life: 人生のめぐりあわせしだいでは
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 356
in another ...: 〜もある
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 92
have another shock: もう一度絶句する
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 190
for another week: その週の
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 13
fix another drink: もう一杯飲む
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 177
be another man: 人が変る
ボイル著 柳瀬尚紀訳 『ケロッグ博士』(The Road to Wellville ) p. 59
be another guy: 遊び相手
ライス著 小鷹信光訳 『死体は散歩する』(The Corpse Steps Out ) p. 177
be another child: 子どものひとりだ
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 44
another year: 来年
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 289
another time ...: 〜こともあった
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 161
another time: また日を改めて
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 83
another thing: これまた
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 94
another thing: それからまた
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 187
another sb: (人)のような〜
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 82
another person’s sth: 人の〜
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 284
another person: だれか
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 361
another man’s wife: 他人の女房
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 133
another kid: 仲間の誰か
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 231
another crazy: 物好きがまたひとり
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 182
yell different things to one another: たがいにまったく噛み合わないことをわめきあう
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 254
would not stay another day: もう一日だっているものか
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 227
with one thing and another: なんだかんだで
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 253
whisper to one another that ...: 口々に〜と言う
丸谷才一著 デニス・キーン訳 『横しぐれ』(Rain in the Wind ) p. 16
what with one thing and another: それやこれやで
谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 32
walk to ... with another boy: 歩いて(場所)に行く。(人には)連れがいる
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 121
trouble come from another front: 思わぬ方向からじゃまが入る
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 29
to put it another way: 簡単に言ってしまえば〜ということになる
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 59
to describe it another way: それは別の形でいえば
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 26
time to knock on another door: 見切りをつける
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 41
there is not another word out of sb: (人は)あとは黙りこんでいる
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』(Hard-Boiled Wonderland and The End of The World ) p. 33
there is another thing: それだけではない
ライス著 小鷹信光訳 『時計は三時に止まる』(8 Faces at 3 ) p. 24
tell yet another lie: 嘘の上塗りをする
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 220
tears are shed as freely as blood at another time: ついさっきまで無造作に流されていた血と同じように、今度は涙が手放しで流され
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 185
take another smaller step forward: 歩幅をせばめて、さらに前進する
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 156
take another step forward: もう一歩、前に進み出る
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 156
take another look at ...: 〜を見なおす
宮部みゆき著 アルフレッド・バーンバウム訳 『火車』(All She Was Worth ) p. 152
take another look at ...: ふたたび〜に眼をやる
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 145
take another good hard look at sb’s face: (人の)顔を改めてまじまじと眺める
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 255
strike one against another: 互いに触れあう
遠藤周作著 Gallagher訳 『海と毒薬』(The Sea and Poison ) p. 56
stare at one another: じっとみつめあう
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 48
smoke one cigarette after another: 一本また一本とたて続けに煙草を吸う
オースター著 柴田元幸訳 『鍵のかかった部屋』(The New York Trilogy ) p. 57
smile at one another: 顔を見合わせて微笑する
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 166
should have chosen another career: 最初から進む道を誤った
イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 215
sheer blessing of another human being’s embrace: 天啓ともいうべき異性の抱擁のありがたさ
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 183
see that they understand one another: これは話が通じたな、と思う
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 31
sb is another ...: (人)も・・・
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 62
sb and sb promise to be better to one another: (人と)(人が)これからはもっとおたがいに優しくしようと誓いあう
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 433
roll over one another: 上になり下になりして転げまわる
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『五匹の赤い鰊』(The Five Red Herrings ) p. 165
roll on through another generation or two: 一世代か二世代にわたって引きつがれる
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 274
put off thinking about ... until another day: 〜については考えを保留して置く
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 32
prevent another such occurrence: 癖にならないようにする
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 122
pile things on top of one another: 押しつけ積み上げる
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 165
or to put it another way: 言い方を変えれば
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 229
one way or another: いかなるかたちにおいても
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 95
one way or another: かといって
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 241
one way or another: どう転んでも結局
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 192
one way or another: なんらかの形で
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 293
one way or another: 大なり小なり
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 34
one thing led to another: 話はつぎからつぎへとはずむ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 367
one thing leads to another: これがきっかけで話が進む
one thing leads to another: 自然の成行きというやつだ
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロシア皇帝の密約』(A Matter of Honour ) p. 210
one sth or another: いろいろな(物)
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 39
one sth after another: あとからあとから・・・
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 123
one sth after another: つづけざまに〜する
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 290
one seaman to another: 船乗りのよしみってもんだ
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 376
one sacrilege on top of another: 不敬に不敬を上塗りするのもかまわず
フランク・マコート著 土屋政雄訳 『アンジェラの灰』(Angela's Ashes ) p. 18
one right after another like the street lamps coming on: まるで街燈がいつせいにともるやうにしてだしぬけに
丸谷才一著 デニス・キーン訳 『横しぐれ』(Rain in the Wind ) p. 139
one report after another concluded that ...: 〜と結論する報告書が次から次へと発表された
ステファン・シュミットハイニー著 BCSD訳 『チェンジング・コース』(Changing Course ) p. 8
one pilot to another: これはパイロットのよしみでいうんだが
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 415
one piece of bad luck follows another: 不運があとあとまでたたる
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 133
one’s wife left one for another man: 女房に男が出来て逃げられた
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 87
one’s eyes jerking brightly from one spot to another: 油断なく眼をあちこちに走らせる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 179
not say another word: だれにもなにもしゃべるな
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 251
never have to buy another drink: みんなから酒をおごられる
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 219
must on no account lose another instant: 一刻もぐずぐずできない
ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 142
move from one hiding place to another: 隠れ家を転々とする
ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 231
make yet another grand departure: 今日もお出ましだ
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 107
make small suggestions to one another: 互いにちょっとした意見を出し合う
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 116
looking at things another way: 逆に考えれば
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『ノルウェーの森』(Norwegian Wood ) p. 103
look upon one another with suspicion: お互いに疑惑の目を向け合っている
look as if they are having trouble keeping their hands off one another: 一刻も離れていられないように手を取り合う
フィールディング著 吉田利子訳 『優しすぎて、怖い』(See Jane Run ) p. 73
live to be another man from what I was: 今までとは生れかわった人間として暮す
ディケンズ著 村岡花子訳 『クリスマス・カロル』(A Christmas Carol ) p. 109
life was one depressing thing after another: なさけないこと夥しい
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 162
jump from one thing to another: 次から次へと仕事に追いまくられる
ヴィラード、ネイグル著 高見浩訳 『ラヴ・アンド・ウォー』(Hemingway in Love and War ) p. 289
it is pretty much one feverish relationship after another: 次から次へといろんな女性と場当たり的な関係を持ち続ける
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 548
it is only another instant before ...: 一秒もかからぬうちに〜となる
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 317
it’s not just another ball game: ただの試合とは違う
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 202
is this about another man?: これって人ちがいじゃありません?
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 109
is there another woman in the world like sb: この世に(人の)ような女性がふたりといるだろうか
ライス著 小鷹信光訳 『死体は散歩する』(The Corpse Steps Out ) p. 51
in one way or another: とにもかくにも
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 7
in one way or another: 何らかの形で
in one room or another: どこかの部屋で
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 42
in another age one would have been ...: 世が世なら、さしずめ〜というところだろう
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 102
I know another place so cheap you won’t believe it: わたしの知っているところにいけばおどろくほど安い
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 64
hector sb on one thing or another: (人に)どうでもいいようなことで怒鳴りちらす
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 146
have another taste of one’s drink: 酒をすする
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 393
have another drink concerning that leg of ...: 酒をおかわりする
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 390
get sb to stay another quarter hour past midnight: (人を)夜半すぎまで残業させる
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 230
get from one place to another: あることをなしとげる
get another look at sb: (人の)顔をあらためて見直す
ハメット著 小鷹信光訳 『赤い収穫』(Red Harvest ) p. 292
gather the courage to invade the privacy of another man’s life: 他人の私生活に踏み込む勇気を出す
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 98
for one reason or another: いくつかの理由があって
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 582
feel that one cannot wait another day: 一日ものばす気になれない
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 408
do not mix socially with one another: 近所づきあいはしない
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 158
do not have another card to play: それ以外に手はない
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 231
do ... for another start: 〜し、つぎのレースにそなえさせる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 240
dink one ball after another: つづけざまにドロップショットを打つ
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 160
deliberate another long moment: また思案の間をおく
イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 161
decide to come back another time: 出なおすことにする
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 288
debate whether to have another cup of coffee: コーヒーをもう一杯お代わりしようかと考える
フィールディング著 吉田利子訳 『わたしのかけらを、見つけて』(Missing Pieces ) p. 22
death is but another step away: 最後の一撃が来る
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 129
constantly write one letter after another to sb: (人に)せっせと恋文を書いて差上げる
井上靖著 横尾・ゴールドスタイン訳 『猟銃』(The Hunting Gun ) p. 34
consider it from another point of view, then: そうでなくっても
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 144
come back another time: また出なおしてくる
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 348
carried by another current: 一つ間違えば
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 185
can not lose another minute: もはや一刻も猶予はできない
クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 303
can always make sb another: またいくらでも作れる
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 106
call out to one another: 口々に何かいう
有吉佐和子著 タハラ訳 『紀ノ川』(The River Ki ) p. 20
bum another one, and another one, and another one: 次から次へと乗りつぐ
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 308
before sb is another long passage: 前方にはまたしても長い抜け穴がある
ルイス・キャロル著 柳瀬尚紀訳 『不思議の国のアリス』(Alice in Wonderland ) p. 15
become just another expatient: 青白い一退院患者となる
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 188
bear away the body to another place: 死骸を移す
ワイルド著 福田恆存訳 『サロメ』(Salome ) p. 44
be simply another way of saying ...: 言いかえれば〜ということだ
ロアルド・ダール著 永井淳訳 『来訪者』(Switch Bitch ) p. 56
be read by another’s eyes: 人目に触れる
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 242
be overdue for another price jump: この先、いつまた値段が跳ね上がってもおかしくない
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 155
be just another of those neighborhoods that have sprung up: このような〜の場所が、雨後の筍のように生まれる
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 561
be just another obscure printshop: どこにでもある印刷屋の1軒にすぎない
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 41
ask for another glass of cognac: お代りを注文する
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 331
as much as one can, one do, under one ruse or another: 知恵をしぼってできるかぎり〜する
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 58
as if this was just another day: いつもとちっとも変わらぬ様子だ
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 413
arrange another continuance or two: 罪状認否の延期をあと一、二回申し立てる
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 329
another voice rises up in response: 〜に応じてやまびこのように返ってくる声もある
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 263
another stab to the heart: また胸のまんなかが痛くなった
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 126
another side of oneself, a separate self altogether: 半面の(人)でありもう1人の(人)
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 273
another of sb’s important job responsibilities is ...: 同時に〜という重要な任務も負っている
コネラン著 仁平和夫訳 『ディズニー7つの法則』(Inside the Magic Kingdom ) p. 85
another example of sth, obviously: 〜精神がここにも息づいている
コネラン著 仁平和夫訳 『ディズニー7つの法則』(Inside the Magic Kingdom ) p. 70
agree with one person or another: 誰かに同調する
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 118
about one thing or another: 何かのことで
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 93
a machine from another century: 前世紀の遺物のような機械
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 96
... is one thing, ... is another: 〜と、〜とは、別個に考えなくてはだめだ
ル・カレ著 村上博基訳 『影の巡礼者』(The Secret Pilgrim ) p. 101
Sandy absently tells Kemp to list another motion for production: それを聞くとスターンは、心ここにあらずという様子で、ケンプにその提出を求める申請を指示する
トゥロー著 上田公子訳 『推定無罪』(Presumed Innocent ) p. 270
make absolutely sure that one never has another child: もう二度と妊娠しないように用心する
ニコルソン著 宮脇孝雄訳 『食物連鎖』(The Food Chain ) p. 121
vie with one another in abusing: 悪ざまに罵りそしっている
竹山道雄著 ヒベット訳 『ビルマの竪琴』(Harp of Burma ) p. 126
accept another drink: おかわりを注文する
フリーマントル著 稲葉明雄訳 『狙撃』(Run Around ) p. 305
but fear is accompanied by another instinct: ところで、恐怖にはもう一つの本能がつきものである
ロンドン著 白石佑光訳 『白い牙』(White Fang ) p. 85
make sb and sb acquainted with one another: (人と人を)引き合わせる
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『ナイン・テイラーズ』(The Nine Tailors ) p. 141
as they adapt to one another: 互いに気心が知れてくるにつれて
レナード著 高見浩訳 『プロント』(Pronto ) p. 245
one another’s paranoias to be mild enough to admit of ...: いわば〜ともいえる軽度のパラノイア
ル・グィン著 小尾芙佐訳 『風の十二方位』(Wind's Twelve Quarters ) p. 280
think of one excuse after another: 色々の弁護を自分の胸で拵える
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 251
pick them up one after another: いちいち手にとる
太宰治著 ドナルド・キーン訳 『斜陽』(The Setting Sun ) p. 115
the sheets again had the feel of another century: 本文の用紙にも古錆びた風格があった
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 477
decide against another drink: もう一杯飲むのはやめにする
ライス著 小鷹信光訳 『時計は三時に止まる』(8 Faces at 3 ) p. 94
face from another age: ひとむかし以上も前の顔
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 46
I don’t remember another that I can at all compare with ...: 〜にかりそめにも比べられるような経験はまだなかったと思う
E・ブロンテ著 大和資雄訳 『嵐が丘』(Wuthering Heights ) p. 32
make another of one’s almost imperceptible movement, this time with one’s head: 動いたか動かないかわからぬほどわずか顔を向ける
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 436
leave sb another alternative: もう一つの道を用意する
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロシア皇帝の密約』(A Matter of Honour ) p. 470
I suppose that in one form or another it always was like that,: 大なり少なり、前からそうだったといっていい
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 381
say in another queer snap of anger: また妙にいらだちを見せてつっけんどんにいう
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 97
be too angry to say another word to sb: 腹が立って、二の句が継げない
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 341
another meaning one has not anticipated: 意識しなかった別の意味
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 181
turn to another aspects: 他の要素に注意を向ける
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『五匹の赤い鰊』(The Five Red Herrings ) p. 169
another particular aspect of one’s vanity: (人の)見栄坊な心の別のあらわれ
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 41
attend to business of one sort or another: こまごまとした用事を済ませる
オースター著 柴田元幸訳 『幽霊たち』(The New York Trilogy ) p. 64
animal attraction to another human being: この人間どうしの誘引力
フィシャー著 吉田利子訳 『愛はなぜ終るのか』(Anatomy of Love ) p. 32
local teams battling one another: あちこちのチームがやってきて熱戦をくりひろげる
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 37
before sb is another long passage: 目のまえにはまた長い通路がある
ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『不思議の国のアリス』(Alice in Wonderland ) p. 18
cover sb with another blanket: (人に)もう一枚毛布をかける
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 319
stumble over one another and block each other’s exit: 互いが先を争ってぶつかりあう
フィールディング著 吉田利子訳 『優しすぎて、怖い』(See Jane Run ) p. 66
strike another blow: もうひとついく
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 75
have another bout of deafness: まただんまりをきめこむ
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 243
curse the purpose that bring one have to eat another man’s bread: 目的のためとは言いながら他人の飯を食べねばならない仕儀を呪う
ル・グィン著 小尾芙佐訳 『闇の左手』(The Left Hand of Darkness ) p. 107
another voice breaks in: もうひとつの声が割り込む
ルイス・キャロル著 柳瀬尚紀訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 151
there’s another bunch getting ready to hatch: もう一組、孵りかけているのがいますよ
フィールディング著 吉田利子訳 『わたしのかけらを、見つけて』(Missing Pieces ) p. 60
busy at another table: 別のテーブルで仕事しながら
ル・グィン著 浅倉久志訳 『風の十二方位・九つのいのち』(Wind's Twelve Quarters ) p. 230
But there was another part of me that trusted Ojosan absolutely: それでいて私は、一方に御嬢さんを固く信じて疑わなかったのです
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 178
but ..., one way or another: だが、〜ということわざもあるではないか
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 151
be on another call: ほかの電話に出ている
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 184
steal another car: 別の車をぱくる
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 251
Not exactly fair, but I didn't have another card to play: フェアな展開ではないが、それ以外に手はなかった
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 231
do cast a careful eye over one another’s garbage: おたがいゴミの中身には神経質なものだ
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 158
Lena grabbed a yellow pad out of another carrel and wrote it down: リナがほかのテーブルの上からメモ用紙をサッととって、これを書きとめた
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 77
there is another current of impression that never ceased to run: もう一つ、憑きもののように離れなかった幻想がある
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 26
rack up Infomode charges in another name: インフォモードを偽名で呼び出す
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 76
chat about one thing and another: あれこれとおしゃべりをはじめる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 276
as though one is moving a checker to another square: まるで将棋の駒でも動かすように
フィッツジェラルド著 野崎孝訳 『グレート・ギャツビー』(The Great Gatsby ) p. 19
another line converges to form a circle: めぐりめぐってつながっている
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 89
be jammed close to one another grubby and low-roofed: ごみごみと薄汚れた、軒の低い家並だ
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 306
ツイート