× Q 翻訳訳語辞典
another   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
〜のひとつ
   
Just another theory to store in the hanger: ただの仮説のひとつさ。これも格納庫におさめておくべきだな デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 161

あたらしい
   
light oneself another cigar: あたらしい葉巻に火をつける ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 148
あたらしい顔ぶれ
   
look around for another Admiral, Captain and Commander as well: 司令も艦長も副長も、あたらしい顔ぶれをさがす マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 36
あと
   
stomp around on ... another minute: 〜の上で足踏みしながら、あと一分ばかり待つ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 167
for another month: あと一か月くらい トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 34
another three months: あと三ヶ月たっていたら ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 79
another ten minutes and ...: あと十分で〜 マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 340
another hundred: あと百 カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 196
あらたな
   
another five hundred bucks: 五百ドルのあらたな出費 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 117
あらためて
   
take another look around: あらためて周囲を見回す 宮部みゆき著 アルフレッド・バーンバウム訳 『火車』(All She Was Worth ) p. 98
いまいちど
   
<例文なし> マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 131
いまひとつ
   
yet another part of sb: (人の)いまひとつべつの面 ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 392
prompt yet another unasked question: 口にできぬ疑問を呼ぶ クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 47
<例文なし> マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 131
いままた
   
<例文なし> ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 141
おかわり
   
I fix us another one: 二人分の酒のおかわりを作る カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 180
おつぎ
   
try another: おつぎは? ハメット著 小鷹信光訳 『赤い収穫』(Red Harvest ) p. 190
お代わり
   
pour oneself another cup of coffee: 自分のカップにコーヒーのお代わりをつぐ デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 224
another bowl of cereal: シリアルのお代わり トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 118
かつての
   
of another day: かつての日の マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 331
このさき
   
The ammo shed is another klick up the road: 弾薬小屋はこのさき約一キロの地点だ デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 23
この次
   
will be willing to do another time: この次来たときに〜したい ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 574
この上
   
cannot face another stilted post mortem: この上もったいぶった事後の論評など聞かされてはたまったものではない リーマン著 池央耿訳 『黒海奇襲作戦』(Torpedo Run ) p. 177
これでまた
   
Another satisfied customer has found her needful thing!: 必要なものを見つけたお客さまに、これでまた満足していただける スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 109
これ以上
   
get to feeling one can’t go it another step: これ以上こんな暮らしをつづけていくことはできないと思う カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 380
これ以上の
   
another tour: これ以上の巡視 マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の探索』(Dragonquest ) p. 234
こんども
   
there was yet another delay.: こんどもすぐに返事はなかった ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 212
さらに
   
within another half a century: さらに半世紀の後には アシモフ著 小尾芙佐訳 『神々自身』(The Gods Themselves ) p. 48
it takes another XX hours: さらにXX時間たつ ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 265
Another hour passed: さらに一時間過ぎた ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 49
Another half-hour passed: さらに三十分経過 ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 48
<例文なし> メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 77
それから
   
in another ten minutes: それから十分後 マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 115
after another hour: それから一時間 マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 169
それ以上の
   
scarcely give another thought to ...: (人に)それ以上の関心はほとんど払わない カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 281
ただの
   
just another antique shop: ただの骨董屋 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 24
another body: ただの肉 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 42
つぎ
   
smash another and another and another and then sth: べつの〜をたおし、つぎからつぎへとたおれて、〜を割る マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 157
つぎの
   
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 61
どこか他の
   
in another part of sb’s heart: 心のどこか他の部分では 井上靖著 横尾・ゴールドスタイン訳 『猟銃』(The Hunting Gun ) p. 47
ひとつ
   
another of ...: 〜のひとつ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 46
ひらの
   
just another girl: ごくひらのセールス・ガール カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 171
ふたたび
   
light up another cigarette: ふたたびたばこに火をつける タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 195
べつの
   
on another occasion: べつのおり ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 81
ほかに
   
get oneself another woman: ほかに女ができた 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 196
ほかの
   
raise another subject: ほかの話題をもちだす トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 230
ask another question: ほかの質問をしたまえ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 215
また
   
pull in to another station: また駅に停車する 吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 12
James was flustered and poured himself another drink: ジェームズはうろたえてまた酒を飲んだ ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 125
he feared it would be another humiliating defeat: 正直、また惨敗だろうと思っていた ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 190
have another meeting: また会う ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 284
get through another day: また一日をしのぐ ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 70
fish in one’s pocket for another matchstick: ポケットに手を入れてまたマッチ棒をさがす ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 377
down another wet: また酒をぐいとあおる ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 27
another sleepless night: また眠られぬ一夜 マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 133
another job was done: またひと仕事が終わった クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 14
Another 45 minutes passed in the reception room: 受付の部屋でまた四十五分が過ぎた ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 51
<例文なし> マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 284
また〜のお出ましか
   
another new sth: また新手の(物の)おでましか コネラン著 仁平和夫訳 『ディズニー7つの法則』(Inside the Magic Kingdom ) p. 29
またがらりと
   
with another volatile switch of mood: またがらりと調子をかえ ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 471
またしても
   
go another of those funny accidental ways things just happen in a life: またしてもおかしな偶然のなりゆきに身をまかせる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 187
another jerk: またしても馬鹿者がひとり プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 171
another brighter genius: またしても誰か頭のよい男が ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 285
<例文なし> トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 83
またぞろ
   
yet another: またぞろ ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 200
<例文なし> ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 381
またひとり
   
another casualty of the justice system: 司法システムの犠牲者がまたひとり フィールディング著 吉田利子訳 『秘密なら、言わないで』(Tell Me No Secret ) p. 57
またまた
   
make another ecstatic mental note: またまた欣喜雀躍しながら心に留める セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『殺人は広告する』(Murder must Advertise ) p. 89
give vent to another burst of throaty laughter: またまた腹をかかえて笑いだす ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 472
またもや
   
We collapsed on the terrace of another cafe, which overlooked the valley: 渓谷を見降ろすカフェで私たちはまたもやへたり込んだ メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 117
revel in another laugh: またもや夢中になって笑う ディケンズ著 村岡花子訳 『クリスマス・カロル』(A Christmas Carol ) p. 97
miss another signal: またもや言外の含みを悟りそこねる ル・グィン著 小尾芙佐訳 『闇の左手』(The Left Hand of Darkness ) p. 24
miss another match: 試合をまたもやスッポかす クラムリー著 小鷹信光訳 『酔いどれの誇り』(The Wrong Case ) p. 53
another butterfly lands in front of sb: またもや(人の)前に1匹のチョウが降り立つ 北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 166
また今日という
   
thank Providence that one have survived another day: また今日という日を生きながらえたことを神に感謝する クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 504
まだほかにも
   
another wrinkle ...: まだほかにも考えるべき点がある ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 227
   
years before, one has been to another ...: 何年か前にも、〜に招待された メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 255
it is another cop thing: これも警察官にはおなじみの事態だ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 199
もある
   
<例文なし> サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 46
もう
   
take another sip of one’s coffee: もうひとくちコーヒーを飲む クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 550
pour another generous tot of whisky: もう一杯ウィスキーをたっぷりつぐ ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 70
もういっぱい
   
have another drink: もういっぱいおかわりを飲む カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 190
もうひとつ
   
there was another surprise in store for sb: (人は)もうひとつ裏切られた 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 55
make another unexpected comment: もうひとつ意外なことを言う 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 197
もう一つ
   
another demonstration of one’s harmless nature: もう一つ無害人間のしるしを見せておいてやろう クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 504
もう一度
   
take another peek out the window: もう一度窓の外をのぞいてみる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 178
one seizure means sb is ready for another: 一度発作が起こったとすれば、もう一度起こったとしても不思議はない カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 254
like another chance: もう一度やりなおしたいと思う トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 21
if you want to do another sth: もう一度〜をというのなら クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 457
I folded my arms, and took another look around me: 僕は腕を組んだままもう一度ぐるりと庭を見渡した 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 111
give oneself another treatment: もう一度〜を塗る トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 271
can not resist another look around: もう一度あたりをうかがわずにいられない スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 126
もう一発
   
give one’s head another jolt with one’s fist: 拳でもう一発自分を殴る カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 210
もう一本
   
<例文なし> メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 56
もっと
   
looking for another ...: 〜がもっとないかとさがす トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 233
もはや
   
it is not another of the dreams in which ...: 今までも夢の中では、よく〜だったが、今日はもはや夢ではない ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 188
やはり
   
son-in-law of sb, another of the people’s enemies and insulter: やはり人民の敵、人民の陵辱者の一人である(人の)女婿 ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 77
Another plane went down there in 1969, seven years before: 七年前の一九六九年、やはりこのあたりに飛行機が墜ちていました プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 120
another girl who ...: やはり〜した娘 吉行淳之介著 ジョン・ベスター訳 『暗室』(The Dark Room ) p. 111
another copper: やはり刑事だ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 238
よその
   
visit another planet before it is too late: 悔いを残さぬうちによその惑星に行く ディック著 小尾芙佐訳 『火星のタイム・スリップ』(Martian Time-Slip ) p. 10
よその男
   
address another in the very same words of flattery as one have used to sb: (人に)いっていたのと同じおべっかを、よその男にいう スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 94

  違う
   
grow up under another surname: 名字が違う ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 26
一方で
   
there is another part of sb that ...: (人は)一方で〜する 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 178
今度の
   
another game: 今度の試合 ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 213
   
another embargo on the export of gold: 金輸出再禁止 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 169
似たような(物)
   
Another lay in the doorway to the kitchen: 似たような小包は、キッチンに通じる扉のそばにもごろんところがっている スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 313
次の
   
in another moment sb will do ...: 次の瞬間にも(人は)〜することだろう ミルハウザー著 柴田元幸訳 『イン・ザ・ペニー・アーケード』(In the Penny Arcade ) p. 157
get another one out of sb’s mouth: 次の言葉を口にする トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 88
be framing another question: 次の質問をしかける マキューアン著 宮脇孝雄訳 『異邦人たちの慰め』(The Comfort of Strangers ) p. 94
重ねて
   
send another message: 重ねて連絡をよこす ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 25
新しい
   
shall we bring you another cup: 新しいコーヒーをお持ちしましょうか ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『メディア買収の野望』(Fourth Estate ) p. 16
need another sth: 新しい(物)がいる カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 86
look for another job: 新しい職を探す カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 78
companion of another woman: 新しい女性の相手 トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 132
<例文なし> 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 20
新たな
   
pass into another stage of being: 生涯の新たな段階に足を踏み出す フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 113
another memory have broken through: 新たな記憶がまざまざと姿をあらわしていた クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 317
新たに
   
suggest another disastrous possibility: 新たに惨事の種を指摘する メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 269
新らしい
   
light another stick of incense: また新らしい線香を立てる 夏目漱石著 マシー訳 『』(Mon ) p. 192
前の
   
with one’s legs hooked over the back of an another chair: 前の椅子の背もたれに足をかけている カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 153
相も変わらぬ
   
another Irish drunk: 相も変わらぬアイリッシュの飲んだくれ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 261
相手の
   
<例文なし> メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 10
他の
   
postpone the granting of sb’s wish to another day: 他日を約する 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 147
be married and live in another province: 他国へ嫁ぐ 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 59
代りの
   
order in another glass: 代りのグラスを取寄せる ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 148
代理の
   
need another parent: 代理の親を必要とする フィシャー著 吉田利子訳 『愛はなぜ終るのか』(Anatomy of Love ) p. 94
同士
   
<例文なし> 有吉佐和子著 コスタント訳 『華岡青洲の妻』(The Doctor's Wife ) p. 170
二の舞
   
don’t be another Denison: デニソンの二の舞はおやめなさい アシモフ著 小尾芙佐訳 『神々自身』(The Gods Themselves ) p. 58
do another ...: 〜の二の舞をやる マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 401
二人めの
   
have another kid: 二人めの子供が生まれる カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 242
二度と
   
never have another infestation: 二度とこういう被害に遭わずに済む メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 243
   
another world: 別世界 タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 128
別な
   
there is another truer reason for why ...: 〜するにはもっと別の、もっと切実な理由がある ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 417
別の
   
try another approach: 別の手を使う クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 488
that’s another matter entirely: それはまた別問題だ 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 82
sth is another matter: 〜は別の話だが トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 125
remove oneself to another room: 別室にしりぞく ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 212
just another particular aspect of one’s vanity: (人の)見栄坊な心の別のあらわれ 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 41
another optional plan: 別のプラン クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 246
another name: 別名 ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 478
変える
   
one would like another room: 部屋を変えてもらいたい メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 190
予備の(物)
   
If you could just get me another: 予備のキーカードを貸してもらえるとありがたいんだが トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 95
隣りの
   
move to another car: 隣りの車輛に移る 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 96
Tweet