× Q 翻訳訳語辞典
word   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
いい草
   
they are sb’s words: これは(人の)いい草だ ハメット著 小鷹信光訳 『影なき男』(The Thin Man ) p. 243
いっていること
   
don’t catch all the words: いっていることがみなまではききとれない クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 482
いろいろな情報
   
word filters back word=from'>from ...: 〜からそれとなくいろいろな情報が伝わってくる ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 216
うわさ
   
word is word=that'>that ...: 〜といううわさだぞ トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 168
the word was out word=now'>now: もう全艦にうわさは流れていた クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 232
no word on the word=street'>street: 街にうわさもない クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 325
<例文なし> ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 270
お達し
   
the word come down from on word=high'>high: 上からのお達しがある ボイル著 柳瀬尚紀訳 『ケロッグ博士』(The Road to Wellville ) p. 298
こと
   
truer word was never word=spoken'>spoken: こんなに正直なことを言ったのはたえて久しくなかった サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 198
don’t let that word get word=out'>out: そういうことは、噂にならんようにしろ クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 502
ことば
   
draw out the word ...: 〜ということばを使う ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 20
but sb think they are nice grand words to word=say'>say: ともかくもったいぶったことばを口にしてみたい ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『不思議の国のアリス』(Alice in Wonderland ) p. 17
せりふ
   
always get the last word: 捨てぜりふは相手に吐かせるな スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 171
ひとこと
   
repeat a word: ひとことでも漏らす ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 288
have not had a word with sb word=since'>since ...: 〜以来(人とは)ひとことも交わしていない トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 302
from the first word: 最初のひとことで トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 100
ほんと
   
that’s the word: ほんとなんだ クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 7
もの
   
the words sb had written before killing word=oneself'>oneself: (人の)死ぬ前に書き残して行ったもの 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 274

ニュース
   
the word gets out word=about'>about ...: 〜がニュースになって伝わる プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 284

悪態
   
say the word: 悪態を吐く メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 111
一句
   
hang on sb’s words: 一句一句にききいる ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 276
一語
   
manage to belt out the word word=%E2%80%98%E2%80%99'>‘...’: 息もたえだえに「〜」という一語を喉の奥から絞り出す タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 130
before pulling oneself together and blurting out the word: それから気がついて辛うじて一語をおしだす 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 250
一度
   
did not so much as utter a word word=about'>about ...: 〜は一度も口に出されませんでした 遠藤周作著 ジョンストン訳 『沈黙』(Silence ) p. 17
   
word gets word=around'>around: 噂は速い フィールディング著 吉田利子訳 『秘密なら、言わないで』(Tell Me No Secret ) p. 109
the word is out word=that'>that ...: 〜という噂を広めている プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 45
音沙汰
   
not a word in two word=weeks'>weeks: 二週間も音沙汰なしで クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 126
歌詞
   
with words that smacked of pinewoods or word=prairie'>prairie: 松林とか大草原を思わせるような歌詞を持つ カポーティ著 龍口直太郎訳 『ティファニーで朝食を』(Breakfast at Tiffany's ) p. 25
at last she could even make out words: しまいには歌詞までききとれるようになる ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 178
会話
   
do not miss a word: 会話はちゃんと耳に入っている トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 50
   
be too angry to say another word word=to'>to sb: 腹が立って、二の句が継げない ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 341
決定
   
final word: 最終決定 デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 124
言う
   
recall sb’s exact words: (人が)何と言ったか一言ひとこと正確に思い出す カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 141
in other words: 言い換えれば ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 33
言うこと
   
take sb’s word: (人の)言うことを信じる サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 260
言葉
   
words of high word=purpose'>purpose: 高邁な目標を語る言葉 ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 348
word word=reaches'>reaches sb: (人に)言葉が通じる 川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 138
word gets back to sb, sb get word word=to'>to sb: 言葉が(人の)耳に届いて、(人は)(人に)はっきりと釘をさす ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 369
twist the tails of one’s words: 言葉の語尾を妙な具合にひねって発音する スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 117
try to control one’s words: 言葉に気をつける クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 442
think they are nice grand words to word=say'>say: なんとなく立派そうな言葉を口にしてみる ルイス・キャロル著 柳瀬尚紀訳 『不思議の国のアリス』(Alice in Wonderland ) p. 13
there is just minimum exchange of words: 手短に言葉を交わす カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 120
there are no words: 言葉はなにひとつしるされていない スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 140
the words one have just uttered so word=thoughtlessly'>thoughtlessly: 今の不用意な言葉 川端康成著 月村麗子訳 『みずうみ』(The Lake ) p. 35
the words word=hit'>hit sb: 言葉、(人に)ぐさりと突き刺さる タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 134
the words are right word=there'>there: 言葉がするする出てくる カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 133
the word is out of one’s word=mouth'>mouth: その言葉は(人の)口をついて出る スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 283
the word holds a new word=meaning'>meaning: 言葉に新しい意義を盛る 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 273
the sort of words used on TV word=shows'>shows: テレビ・ドラマみたいな言葉 カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 155
the right words: いうべき言葉 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 296
the only words that come word=out'>out: 唯一出てくる言葉 カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 155
the lips are making words: 唇が何かの言葉を形作る カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 143
the concept embodied in the word word=amae'>amae: 甘えという言葉に盛られた概念 土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 12
the antiquated word: 古い不要な言葉 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 273
spiteful words: 軽蔑の言葉 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 93
speak one’s final words: 末期の言葉を口にする ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 49
search for the right words: 言葉を選ぶ 吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 63
sb’s words reverberate in sb’s word=head'>head: (人の)言葉が(人の)頭の中でしっかりと響く ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 409
sb’s last words: (人の)別れの言葉 ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 514
say, as forcibly as one can muster the words: 必死の力で、言葉に凄みを出そうとする ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 343
say a few words of word=farewell'>farewell: ちょっと暇乞いの言葉を述べる 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 89
put words to the word=page'>page: 言葉を並べる プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 76
put words to word=paper'>paper: 言葉を紙の上に並べる プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 55
put the words word=together'>together: 言葉をつなぎあわせる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 422
put one’s feelings into words: 自分の感情を言葉にあらわす ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 394
one’s words are word=harsh'>harsh: (人の)言葉が手ひどい 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 45
one’s own words ring strangely word=to'>to one: 自分の耳に自分の言葉が他人のもののようにひびく ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 202
one’s mouth makes several motions before one can form words: 言葉がなかなか出てこない ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 306
not able to find the words for a word=reply'>reply: 答えの言葉に窮する デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 411
not a word passes between the two word=men'>men: ふたりはまったく言葉をかわさない スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 223
never waste words: 一言もむだな言葉はつかっていない ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『アンの青春』(Anne of Avonlea ) p. 125
make sb eat those words: その言葉を(人に)撤回させる ヴィラード、ネイグル著 高見浩訳 『ラヴ・アンド・ウォー』(Hemingway in Love and War ) p. 239
make out the words: 言葉を聞き取る カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 218
love fattens on smooth words: 絹の言葉が愛をやしなう ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 115
look for any nuances behind sb’s words: (人の)言葉の裏に細かいニュアンスが隠されていないか思い巡らす カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 141
look for any hint of something behind sb’s words: (人の)言葉の裏に仄めかしらしきものが隠されていないかと思い巡らす カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 141
listen to sb’s words go stumbling word=on'>on: しどろもどろにしゃべり続ける(人の)言葉を聞く トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 317
hear many discouraging words: 聞かされるのはありがたくない言葉ばかり トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 13
grope for words: 言葉を探す 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 66
fouled words: 汚れた言葉 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 152
feel the truth of sb’s words: (人の)言葉が真実を語っていると感じる グループマン著 吉田利子訳 『毎日が贈りもの』(The Measure of Our Days ) p. 51
favor sb with a look or word: 目を向けたり、やさしい言葉を一言かけたりする ロンドン著 白石佑光訳 『白い牙』(White Fang ) p. 279
exchange a few words word=with'>with sb: (人と)一口二口言葉を交わす 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 260
eradicate the effect on sb of one’s harsh words: さっきの強い言葉を打ち消す 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 46
draw breath between one’s words: 息さえ言葉のひまひまに吸う ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 500
don’t want to hear the word word=%E2%80%9Cinfancy%E2%80%9D'>“infancy”: 「幼年期」この言葉は耳にいたい 北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 144
do not take sb’s word word=for'>for ...: (人の)言葉を鵜呑みにはできかねる セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『五匹の赤い鰊』(The Five Red Herrings ) p. 72
cannot find words to say them word=in'>in: 言葉になって出てこない ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 376
cannot find the right words: かける言葉が見つからない クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 215
can read sb’s thought without words at word=all'>all: 言葉に出さなくたって考えてることが読みとれる ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 207
can find no words to express word=oneself'>oneself: うまく言葉にして言いあらわすことはできない 安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 198
can feel sb’s words on one’s word=breast'>breast: 言葉が胸の上にふりかかるのを肌で感じる クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 40
by one’s way with words: 言葉のあやによって 宇野千代著 フィリス・バーンバウム訳 『色ざんげ』(Confessions of Love ) p. 57
brave words: けなげな言葉 ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 39
bite back one’s words: 言葉を噛み殺す トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 325
beneath those words sb’s heart is cracking as sb word=speak'>speak: それらの言葉の裏で、(人の)心が千々に乱れている ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 359
behave as though words are too precious a commodity to word=squander'>squander: 言葉を惜しがる人のように 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 231
be willing to take one’s word for word=it'>it: その言葉をすっかり真に受ける スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 153
be shocked beyond words: 言葉も出ないくらいびっくりする ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 400
be out of words: どんな言葉も出てこない クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 517
be not the word word=for'>for ...: 〜を形容するのに、〜という言葉はふさわしくない トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 30
be as good as one’s word: (人の)言葉にまちがいはない ハメット著 小鷹信光訳 『赤い収穫』(Red Harvest ) p. 186
bad words: 汚い言葉 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 233
as soon as the words are out of one’s word=mouth'>mouth: その言葉を口にした瞬間 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 292
a foreign buzz word: 異国のちんぷんかんぷん言葉 プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 202
... might be good words to word=describe'>describe sth: 〜という言葉がぴったりかもしれない デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 151
言葉の十字砲火
   
fire the words word=at'>at sb: たたみかけるように言葉の十字砲火を(人に)浴びせる タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 136
   
pick one’s word with measured word=care'>care: 慎重に語をえらびえらびいう ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 257
develop a wheezy little breath that punctuates every word: 一語ごとにゼイゼイと息をつく トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 138
an everyday word: 日常語 土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 25
語彙
   
口にする
   
sb’s word is sb’s word=bond'>bond: (人が)口にしたことは必ず守る ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 293
口に出す
   
never say a word after the word=first'>first: 最初一度ねだったきり口に出しては言わない ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 288
口ぶり
   
know from sb’s word word=that'>that ...: (人の)口ぶりから〜だと肝に銘ずる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 276
口数
   
stingy with words: 口数も少ない トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 16
沙汰
   
not have word word=of'>of sth: 〜の沙汰がない 司馬遼太郎著 カーペンター訳 『最後の将軍』(The Last Shogun ) p. 25
   
exactly word for word: 一字一句かわらぬ ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 391
   
at these words: この時 遠藤周作著 ジョンストン訳 『沈黙』(Silence ) p. 16
釈明
   
it is sb’s word word=against'>against sb’s: (人の)釈明が(人の)証言と食いちがっているという事実 クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 311
術語
   
they have a word word=for'>for ...: 〜をあらわす術語がある トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 52
述懐
   
<例文なし> 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 272
消息
   
there is no word word=of'>of sb: (人の)消息はわからない 遠藤周作著 ジョンストン訳 『沈黙』(Silence ) p. 54
情報
   
the word was word=in'>in: 情報がはいった フリーマントル著 稲葉明雄訳 『亡命者はモスクワをめざす』(Charlie Muffin and Russian Rose ) p. 12
get the word out word=that'>that ...: 〜と情報を流す ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 168
声明
   
keep one’s word: 声明を守る E・ブロンテ著 大和資雄訳 『嵐が丘』(Wuthering Heights ) p. 44
誓い
   
pass one’s word: 誓いをたてる スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 253
<例文なし> デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 279
切り出す
   
word one’s word=proposition'>proposition: 問題を切り出す 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 246
大事
   
respectable was the word: 品、これが大事だ クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 354
断る
   
leave without any word at word=all'>all: 断らないで走る 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 141
断言
   
you have my word on word=that'>that: それだけは断言しておく クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 54
知らせ
   
receive word: 知らせを受け取る ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 58
伝言
   
leave word: 伝言を残す トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 186
発言
   
read sb’s words: 発言に接する フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 262
later feel one have forfeited control over one’s own words: あとになってあんな発言をしなければよかったと後悔する ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 542
筆舌
   
be simply too much for words: 筆舌につくしがたいとはまさに〜のことだ カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 271
評判
   
bad word: 悪い評判 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 171
文句
   
sharp words: 鋭い文句 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 149
have heard the tune before, sb had sung the words: おなじ文句を前にいわれたことがある トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 269
文字
   
can still read the words: 文字は十分に判読可能だ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 312
as the word word=suggests'>suggests: 文字通り 土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 65
文字と言葉
   
word word=game'>game: 文字と言葉のゲーム トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 39
文面
   
the mystifying words: どこか意味ありげな文面 井上靖著 横尾・ゴールドスタイン訳 『猟銃』(The Hunting Gun ) p. 67
返事
   
not a word one could word=quote'>quote: はっきりした返事はなかった トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 18
no words: 返事はない キング著 山田順子訳 『スタンド・バイミー』(Different Seasons ) p. 43
   
certainly have that word on the outlook word=for'>for sth: (物を)用心して名づけただけの代物だ O・ヘンリ著 大津栄一郎訳 『オー・ヘンリー傑作選』(41 Stories ) p. 6
名前
   
don’t say the word out word=loud'>loud: その名前を口にするのが何となくはばかれる カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 26
約束
   
sb’s word hold word=true'>true: 約束が守られる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 71
have sb’s word word=that'>that ...: (何かについてだれかに)約束してもらう デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 78
give one’s word word=to'>to sb: (だれかに)約束する デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 78
be as good as one’s word: (人は)約束通りすぐくる アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『葬儀を終えて』(After the Funeral ) p. 166
連絡
   
have not heard word one word=from'>from ...: 〜からなんの連絡もない トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 53
   
the word haven’t quite gotten out word=yet'>yet: まだこういう話は知られていない クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 252
say a few words: ふたことみこと話をする カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 185
get the word word=to'>to sb: (人へ)話が伝わるようにする ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 117
ツイート