× Q 翻訳訳語辞典
it’s   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

人は自分の持っている才能を出来るだけ働かせなくては嘘だ: it’s a crime not to make the best use of whatever ability one has
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 132
どうしたって無理ですわ: it’s absolutely impossible
夏目漱石著 マシー訳 『』(Mon ) p. 54
(人)には絶対に金輪際〜できるものじゃあない: it’s absolutely impossible for sb to do
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 262
空論だ: it’s all academic
ホフスタッター著 柳瀬尚紀訳 『ゲーデル、エッシャー、バッハ』(G_del, Escher, Bach ) p. 241
〜するのは、うっかり手違いした時だけだ: when ... it’s entirely by accident
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ひらいたトランプ』(Cards on the Table ) p. 29
あの女にはそれがいいところだ: it’s all she can afford to be
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 167
お帰りなさいませ: it’s very nice to see you back again
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 98
(人が)生き返って来た: it’s sb alive again
ディケンズ著 村岡花子訳 『クリスマス・カロル』(A Christmas Carol ) p. 53
しばらく会わなかったね: it’s ages since we met isn’t it?
芥川龍之介著 ボーナス訳 『河童』(Kappa ) p. 43
なにもかもが青天の霹靂だ: it’s all a total shock
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 54
要は抽象化だね: it’s all a matter of abstraction
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 171
多いとは言えませんが: it’s not all that frequent, but ...
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 171
胡散臭い: it’s all very suspect
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 8
いけないか: it’s all right
池波正太郎著 フリュー訳 『殺しの四人』(Master Assassin ) p. 81
大丈夫: it’s all right
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 36
とにかく、これじゃあ順番が違う: it’s all out of sequence
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 435
その話で持ちきりだ: it’s all anyone has been talking about
バッファ著 二宮磬訳 『弁護』(The Defense ) p. 302
こいつはどうも(人)らしくない荒っぽさだ: it’s all a bit rough for sb
池波正太郎著 フリュー訳 『梅安蟻地獄』(Bridge of Darkness ) p. 110
別にいやらしくは思わない: don’t think it’s all that horrid
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 50
さしつかえなければ: if it’s all right with you
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 10
もうかれこれ十一時ですよ: it’s almost eleven
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 80
もう秋も近い: it’s almost fall
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 34
なんだか、大山鳴動って感じだな: it’s almost as if it had never happened
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 239
〜していると見れば見られないこともない: it’s almost as if ...
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 19
〜したときにはすでに終わっているだろう: 〜until it’s already over
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 82
もとより眼前のことなのだ: it’s already here
セーガン著 池央耿・高見浩訳 『コンタクト』(Contact ) p. 353
たいていこういうことになる: it’s always like this
バッファ著 二宮磬訳 『弁護』(The Defense ) p. 212
オトコの人生というのはやはりいろいろときびしいものだ: it’s not always easy being a man
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 260
〜だってありうる: it’s always possible ...
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 76
(人は)〜に気づいてせつないおどろきをおぼえる: it’s always kind of a sad surprise to sb
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 198
素人演芸会だ: it’s amateur hour
イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 271
寒い上に、〜: it’s cold, and ...
川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 213
まずかった: it’s very annoying
ドイル著 阿部知二訳 『回想のシャーロック・ホームズ』(Memoirs of Sherlock Holmes ) p. 49
ただの試合とは違う: it’s not just another ball game
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 202
とにかく私の勝ちは勝ちだ: it’s my race, anyhow
ドイル著 阿部知二訳 『回想のシャーロック・ホームズ』(Memoirs of Sherlock Holmes ) p. 39
いまはもう一九五五年じゃないんだ: it’s not 1955 anymore
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 153
面白い建築法だ: architecturally, it’s rather interesting
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 235
家は索漠としたものだ: it’s so empty around here
ディック著 小尾芙佐訳 『火星のタイム・スリップ』(Martian Time-Slip ) p. 8
これ以上はビタ一文まからない: it’s as low as one can go
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 137
いくら正常に見えたとしても: even when it’s as normal as ninety-eight-point six
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 198
ほんまにあつかましいお願いどすけど: it’s rather brazen of me to ask
川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 235
ちょっとした見物だ: it’s rather an attraction
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 150
もうすっかり秋だ: it’s quite late in autumn
宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『銀河鉄道の夜』(Night Trains to the Stars and Other Stories ) p. 74
気持ちがわるいんです: it’s awful
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 291
われながら空恐ろしい: one thinks it’s awful of one
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ナイルに死す』(Death on the Nile ) p. 262
見るも無惨な光景: it’s an awful sight
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の探索』(Dragonquest ) p. 90
ああ、思っただけでも怖ろしい事である: it’s awful to think about ...
井上靖著 横尾・ゴールドスタイン訳 『猟銃』(The Hunting Gun ) p. 27
いやあ、お目にかかれてとてもうれしい: it’s awfully good to see you
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 323
保存状態はすばらしいんです: it’s in awfully good condition
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 168
すばらしい品物: it’s awfully good
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 143
きみらにまかせるよ: it’s your baby
ル・グィン著 浅倉久志訳 『風の十二方位・九つのいのち』(Wind's Twelve Quarters ) p. 211
簡単に返せない額なんだ: it’s gone too far to just put the money back
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 242
(人の)生れ代りだ: it’s sb come back to life
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 287
辛さはわかるわ: I know it’s bad
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 61
〜じゃ、かなわない: it’s too bad if ...
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 139
そうすてたものでもない: it’s not too bad
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 268
どうもめんどうなことになった: it’s a baddish business
ドイル著 阿部知二訳 『回想のシャーロック・ホームズ』(Memoirs of Sherlock Holmes ) p. 167
ファウルボールってのは、真下に行きやすい: it’s very easy to foul a ball straight down
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 278
かれこれ七か月になる: it’s been nearly seven months
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 40
〜のせいもある: part of it’s because ...
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 367
今のうち: before it’s too late
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 135
今のうちに: before it’s too late
宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『ツェねずみ』(Wild Cat and the Acorns and Other Stories ) p. 65
いよいよ〜というその直前に: before it’s time to do
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 196
ただし(人の)見るところ〜: though it’s one’s belief ...
デイヴィス著 酒井邦秀訳 『青銅の翳り』(Shadows in Bronze ) p. 54
〜なんて、ちょっと信じがたい: it’s hard to believe ...
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 399
〜するよりはマシだ: it’s the next best thing to do
ヴィラード、ネイグル著 高見浩訳 『ラヴ・アンド・ウォー』(Hemingway in Love and War ) p. 319
とりわけ素晴しい: at it’s best
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 147
〜と関係あるんだろう: I bet that it’s something to do with ...
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 14
食われるのは客のほうだ: it’s a sucker bet
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 230
月曜になっても痛みがひかない: it’s not better by Monday
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 144
〜よりは、このほうがマシじゃないか: it’s better than ...
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 153
もしおまえが(人を)殺すようなことがあったら、今度はただじゃすまさない: if you kill sb, then it’s between you and me
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 369
大丈夫だよ: it’s no big deal
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 162
弾のつきが運のつきだ: it’s a blame misfortune to be out of ammunition
ロンドン著 白石佑光訳 『白い牙』(White Fang ) p. 17
(人)には、どっちにしたって同じようなもんだ: it’s about the blessed same to sb
スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 207
奴らが何と言おうと、そんな人生ってあるものか: it’s not the way to go on at all, though they swear blind that it is
シリトー著 河野一郎訳 『長距離走者の孤独』(The Loneliness of the Long-Distance Runner ) p. 57
これも血筋かしらねえ: don’t tell me it’s in the blood
宮部みゆき著 アルフレッド・バーンバウム訳 『火車』(All She Was Worth ) p. 234
不思議なこともあるもんじゃないか: don’t you think it’s pretty bloody odd
ル・カレ著 村上博基訳 『影の巡礼者』(The Secret Pilgrim ) p. 122
ここは寒いのなんの: it’s brass monkeys
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 133
そんなへらへらマシンは通用しない: it’s time to turn off the bubble machine
イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 216
まったくコレだからいやになるんだ: man, it’s stuff like this that really bugs me
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 229
冗談じゃない: it’s bullshit
グループマン著 吉田利子訳 『毎日が贈りもの』(The Measure of Our Days ) p. 11
馬鹿らしくて口もきけん: it’s a bunch of crap
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 119
〜という俗説がある: it’s bunk to say that ...
ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 292
なんだろうと、あんなものがあそこにあるべきいわれはない: well, it’s got no business there, at any rate
ルイス・キャロル著 高橋康也・迪訳 『不思議の国のアリス』(Alice in Wonderland ) p. 20
ふん、どっちみちそんなものは要らん: well, it’s got no business there, at any rate
ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『不思議の国のアリス』(Alice in Wonderland ) p. 56
さしつかえなければ聞いてもいいかな?: like what? I know that it’s none of my business
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 34
〜に意見を述べるなんて、わたしには僭越なことだ: it’s not my business to give my opinion about sth
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『死が最後にやってくる』(Death Comes as the End ) p. 139
(人の)知ったこっちゃねえ: it’s none of sb’s business
キース著 小尾芙佐訳 『アルジャーノンに花束を』(Flowers for Algernon ) p. 107
他人が気に病むことはない: it’s nobody’s business
竹山道雄著 ヒベット訳 『ビルマの竪琴』(Harp of Burma ) p. 102
ありゃ邪魔なだけだ: it’s got no business there
ルイス・キャロル著 柳瀬尚紀訳 『不思議の国のアリス』(Alice in Wonderland ) p. 54
おれがもらった: It’s my ball
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 428
良心がとがめるから、(人は)〜する: It’s a black conscience that can make sb
スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 121
Tweet