× Q 翻訳訳語辞典
because   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
〜して
   
<例文なし> メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 240
〜だから
   
choose to become ... because one likes ...: (人は)〜が好きだから〜になる 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 17
〜て
   
because ...: て トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 389
〜であることがわかると
   
The suspicions about Brown quickly eased because he was a formidable hitter: まもなくブラウンがあなどりがたい強打者であることがわかると、周囲の見る目も違ってきた ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 62
〜とばかり
   
because there is safety in their hurried numbers: みんなでいそげばこわくないとばかり クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 269
〜と言って
   
would have to be careful not to comprise oneself just because ...: 〜だ〜と言っていたずらに卑屈にならない 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 120
〜なばっかりに
   
<例文なし> メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 83
〜のせい
   
<例文なし> トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 178
〜のは〜が原因だ
   
<例文なし> サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 108
〜ば
   
only possible, only thinkable, because one have known that ...: それもこれも〜と知っていればこそできたことで、さもなければ考えられもせぬことだった クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 532

おかげで
   
Because this was the rainy season, the river flowed uninterrupted to the sea: 梅雨のおかげで、流れは川床に吸い込まれることもなく、ずっと海まで続いていた 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 146
から
   
because I was so upset: 夢中だったから 川端康成著 月村麗子訳 『みずうみ』(The Lake ) p. 65
からだ
   
partly because ...: 半ばは、〜からだ 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 39
せい
   
perhaps because of distraction: 気が散っていたせいか トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 175
<例文なし> 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 134
せいか
   
<例文なし> アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 248
そうすれば
   
<例文なし> オブライエン著 村上春樹訳 『ニュークリア・エイジ』(The Nuclear Age ) p. 21
その証拠に
   
<例文なし> プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 38
そもそも〜だから
   
<例文なし> アシモフ著 小尾芙佐訳 『神々自身』(The Gods Themselves ) p. 25
それが〜だからである
   
because that is the way things are: それが不文律だからである クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 348
それが証拠に
   
<例文なし> ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 142
ために
   
because of sb’s stubbornness: (人の)強情を折り曲げるために 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 195
だから
   
it is not because ... but: 〜というよりも〜だからである 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 7
だって
   
Because you won't report me: だって、機関長はおれのことを届け出はしませんからね マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 415
Because you had your own fish to fry: だってあのときはおまえ、ほかにもっとたいせつな仕事をかかえてたんだものな スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 75
Because grief is too real: だって、悲嘆っていうのはあまりにも生々しいからな スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 197
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 146
だって〜じゃありませんか
   
Because it'd be chaos if stations didn't have names: だって駅に名前がなきゃ困るじゃありませんか 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 240
つまり
   
because one is self-employed: つまり(人は)自営業者だ ディック著 小尾芙佐訳 『火星のタイム・スリップ』(Martian Time-Slip ) p. 40
   
because I thought I might ask you to come by my house: うちへ寄っていただこうと思って 川端康成著 サイデンステッカー訳 『雪国』(Snow Country ) p. 42
   
because the problem of choosing is a weighty one and it is heavy on sb’s mind: どの女を選ぶかという大問題が気がかりで ロアルド・ダール著 永井淳訳 『飛行士たちの話』(Over to You ) p. 122
   
because one suspect that ...: 〜ではなかろうかと 川端康成著 月村麗子訳 『みずうみ』(The Lake ) p. 68
というのは〜からである
   
<例文なし> マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 134
なぜって
   
Because one day we shall defeat them: なぜって、いつかおれたちはやつらをたたきつぶすんだから ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 170
なぜといって
   
<例文なし> 谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 94
なにしろ
   
because after all, it was sb: なにしろ相手が(人)だったからだ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 209
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 182
なにしろ〜ので
   
<例文なし> アシモフ著 小尾芙佐訳 『神々自身』(The Gods Themselves ) p. 195
なのだ
   
because ...: 〜なのだ クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 24
なんてったって
   
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 47
のだ
   
<例文なし> クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 582
ひっきょう
   
it is because ... that ...: ひっきょう〜だから〜だ 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 87

以上
   
<例文なし> アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 17
因果
   
because of one’s education: 教育を受けた因果で 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 112
結果
   
because ..., one do: 〜の結果(人が)〜する 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 36
原因
   
partly because ...: 〜が一つの原因だ 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 85
理由
   
partly because ...: 理由はいくつかある。ひとつは〜 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 198
go because ...: 出向く理由は〜 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 209

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

simply because ...: それというのも〜だからだ
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 367
simply because: たかが(〜した)ぐらいで
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 39
precisely because of ...: 〜こそ
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 431
precisely because of ...: 〜ゆえに
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 53
precisely because ...: 〜からこそ
サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 63
perhaps because ...: 〜のせいか
川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 216
perhaps because ...: さすがに〜なのか
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 202
perhaps because: 〜せいか
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 121
merely because ...: 〜したばっかりに
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 457
mainly because: なんといっても
デイヴィス著 酒井邦秀訳 『青銅の翳り』(Shadows in Bronze ) p. 313
just because ...: 〜だけで
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 11
just because ...: いくら〜だからといって
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 154
just because: どうしてもそうなんだ
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 93
because of that: したがって
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 396
because of sth: 〜に足を引っ張られ
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 158
because of sth: (何かの)せいで
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 84
because of sb: (人)のせいで
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 137
because of one’s job: 職務柄
イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 94
because of ...: 〜しなかったばかりに
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 269
because of ...: 〜に敬意を表して
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 265
because of ...: 〜のせい
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 55
because of ...: 〜のためにかえって
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 81
because of ...: 〜のは〜ゆえである
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 55
because of ...: 〜の関係で
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ナイルに死す』(Death on the Nile ) p. 382
because of ...: 〜は〜のせいだ
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 113
because of ...: 〜はどうなるのだ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 210
because of ...: 〜ゆえに
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 114
because of ...: 〜を買われて
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロスノフスキ家の娘』(The Prodigal Daughter ) p. 71
because of ...: 原因は〜
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 288
because clearly ...: 〜のだ
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 252
because ...: 〜したおかげで
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 509
because ...: 〜していた
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 399
because ...: 〜なところをみると
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 241
because ...: だって〜だものな
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 194
all because: そもそも
ルイス・キャロル著 柳瀬尚紀訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 19
..., because ...: 〜だ、なにせ〜
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 228
they are lost only because one think they are: 無くなったように思われるだけなのだ
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 132
the more one has to go through because of sth: 〜に苦労を強いられれば強いられるほど
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 286
perhaps because of this: そのためかどうか
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 108
perhaps because of ...: 〜のせいか
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 28
perhaps because ..., ...: 〜したものかどうか、〜
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 30
partly because of ...: 〜もあって
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 80
part of it’s because ...: 〜のせいもある
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 367
not so much becausethat ...: 〜というより〜のためだ
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 181
not just because ...: それはなにも〜のためではない
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 219
not even because it is ...: 〜が〜だからでもない
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 162
lie simply because the concept of telling the truth is utterly alien to sb: ほんとうのことを話すという意識など初手からなくて嘘をつく
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 194
largely because of ...: 〜が物をいって
in part, that’s because ...: 〜が理由のひとつだ
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 286
in part, because ...: ひとつには、それはすなわち〜だからだ
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 324
in part because ...: ひとつには〜だからだ
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 276
I say so because ...: 何故といって
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 145
cling to life because of the things one hopes will happen: 将来起こって欲しいと願っていることを心の支えにして人生にしがみつく
ロアルド・ダール著 永井淳訳 『飛行士たちの話』(Over to You ) p. 17
can not tell you if that is because ...: 〜だからか、理由はさだかではない
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 20
can’t hear sb because of ...: 〜が邪魔になって聞こえない
谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 88
because that is a political decision: 政治的決定なんて、まあそんなものだ
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 71
because sb is absolved of any responsibility for the messages: もう(人が)伝言を受けなくていい気楽さに
アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 198
because sb asked for ...: 〜は(人が)蒔いた種だ
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 232
because one guess ...: どうやら、〜らしい
because of what happened to one, one does: 過去の因果で〜する
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 83
because of the various circumstances: いろいろな事情があって
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 375
because of the difficulties one have encountered: よっぽど辛い目に遭ったればこそ
谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 75
because of one’s own seriousness: (人は)真面目なだけに
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 67
because of one’s father and mother: 親の七光で
ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 149
because I say so: どうしても駄目なんだ
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 49
be sure of it, because ...: その証拠には〜だ
宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『鹿踊りのはじまり』(Wild Cat and the Acorns and Other Stories ) p. 111
be precisely because ...: 〜ればこそ
司馬遼太郎著 カーペンター訳 『最後の将軍』(The Last Shogun ) p. 245
... in large part because ...: 〜だ。それというのも〜
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 246
... because I didn’t really feel like doing: 〜したくなくて〜
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 9
perhaps because his mother was always accusing him of rudeness,: そう思ったのは、あなたは行儀がわるいわね、と母にしょっちゅう叱られていたせいかもしれない
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 37
and a million dollars richer because of our stupidity: ただしわれわれが間抜けだったおかげで百万ドル分だけ前より金持になったんだ
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 139
punish sb because sb have been angry with ...: (人が)〜のことでごねているんで、仕返しをする
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 422
Possibly because of the blow, Hideo's face became animated: 秀男の顔は、なぐられてか、生き生きしてきた
川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 62
be annoyed because sb thinks that sb has guards out there: 護衛たちは何をしているのかといぶかる
ウィンズロウ著 東江一紀訳 『カリフォルニアの炎』(California Fire and Life ) p. 515
difficulties arise because that ...: 〜ことが困るのである
土居健郎著 ハービソン訳 『表と裏』(The anatomy of self ) p. 33
ask ... simply because ...: 〜だから聞いてみただけの事だ
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 203
because of one’s background: 家庭の事情で
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 109
being spiteful because of any barmy principle one have got: ろくでもないことにこだわって意地わるをしてやったこと
シリトー著 河野一郎訳 『長距離走者の孤独』(The Loneliness of the Long-Distance Runner ) p. 47
behave as one does because one knows sb’s mood: わざと(人を)そんな風に取り扱う
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 171
I believe this because ...: というのも、〜だ
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 374
because of one’s belittling out of jealousy and competitiveness: (人が)嫉妬と競争心から、(人を)軽くみようとしたからだ
ディック著 小尾芙佐訳 『火星のタイム・スリップ』(Martian Time-Slip ) p. 77
largely because young men boasts: これは若い男性が吹聴したがるからというのがおもな理由だ
フィシャー著 吉田利子訳 『愛はなぜ終るのか』(Anatomy of Love ) p. 70
'That's because you're only half-living,' she said briskly: 「それはあなたが自分自身の半分でしか生きていないからよ」と彼女はあっさりと言った
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 70
perhaps it is because the new decor is cheap: 安直な造作のせいか
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 82
because of the circumstances of ...: 〜という事態に遭遇したため
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 117
desperation in one’s voice must have convinced one because one ...: せっぱつまった声を出すと、(人は)しかたなく〜する
フィールディング著 吉田利子訳 『優しすぎて、怖い』(See Jane Run ) p. 19
do because one would not take a dare: 負けるのがいやなもんで〜する
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 235
because of various deadlines: 締切りがいくつか重なっていたので
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 6
because I’m surrounded by deadwood: わたしひとりが周囲のでくのぼうのために
クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 132
suffer because one can’t decide: 煩悶する
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 143
This had rather disappointed Wilma, because it had been a boring spring: 退屈な春を迎えていたせいもあって、ウィルマはむしろものたりない思いだった
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 160
because of its dizzyingly frequent modulations: 目のまわるくらい頻繁に転調があるからだ
ホフスタッター著 柳瀬尚紀訳 『ゲーデル、エッシャー、バッハ』(G_del, Escher, Bach ) p. 135
no doubt because ...: なぜかというと
ル・グィン著 小尾芙佐訳 『闇の左手』(The Left Hand of Darkness ) p. 18
He worked the night shift because his house was especially empty at night: 彼はもっぱら夜勤だが、それはがらんとして寂しい家が、夜間は格別寂しいからだった
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 97
Everybody was all dressed up, because it was Sunday, and that made it worse: 日曜日だというんで、どいつもこいつもめかしこんでるもんだから、なおいけない
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 180
It was a big hit and was exciting because it introduced sb to the movies: その映画は当たった。そして特筆すべきは、(人が)この作品で映画デビューをかざったことだ
ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 319
with one’s eyes half-closed because of the dust: 目を半眼に閉じて埃を避けながら
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 80
Even spying on them made him feel good, because he felt he was a part of it: 盗み見しているだけで自分もその一部になったような感覚に襲われ、彼は気分がよくなったそうだ
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 56
feel a slight revulsion because of ...: 〜に小憎らしさを覚える
井上靖著 横尾・ゴールドスタイン訳 『猟銃』(The Hunting Gun ) p. 66
be a most forcible thing because it gives people the impression that ...: 〜という印象を与えるために、説得力は絶大だ
ロアルド・ダール著 永井淳訳 『飛行士たちの話』(Over to You ) p. 119
not because of its frequency: たびたび見られるからではない
フィシャー著 吉田利子訳 『愛はなぜ終るのか』(Anatomy of Love ) p. 63
be furious because ...: 〜といってカンカンになっている
フィッツジェラルド著 野崎孝訳 『グレート・ギャツビー』(The Great Gatsby ) p. 102
because you say I’ve got to: そうしろときみが言ったからだ
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 128
because sb’s knowledge of machines is so great, sb cannnot: 機械に対する知識が豊富なので〜できない
ディック著 小尾芙佐訳 『火星のタイム・スリップ』(Martian Time-Slip ) p. 87
I guess it was because I was feeling so damn depressed: たぶん、すごく気が滅入ってたからじゃないかと思うんだな
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 237
do it because one is in the habit of it: 習慣だからする
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 247
half-guilty because ...: 〜というなかばうしろめたいという気持
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『白い竜』(The White Dragon ) p. 67
Maybe because he was still half-shot: もしかすると、さっきの酔いがまださめきっていないせいかもしれない
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 94
because one worked so hard to do: (人が)頑張ってくれたおかげで
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 23
because of sb’s health problems: 健康が優れないために
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 469
don’t get hurt because ...: 〜からといって気を悪くしないでね
アシモフ著 小尾芙佐訳 『神々自身』(The Gods Themselves ) p. 371
be because of an immorality: 不義のためだ
三島由紀夫著 ウエザービー訳 『潮騒』(The Sound of Waves ) p. 97
incredibly, because ..., ...: 〜だから信じがたいことだったが、〜のだ
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 166
perhaps because sb thought it was a good joke: おそらく気晴らしのためだろうが
ロアルド・ダール著 永井淳訳 『飛行士たちの話』(Over to You ) p. 162
just because ...: なまじ(〜である)ばかりに
安部公房著 ソーンダーズ訳 『他人の顔』(The Face of Another ) p. 12
I know because of the thrill: ぞくぞくとしたからまちがいない
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 33
largely because ... but also because ...: 一つには〜からであり、また〜からでもある
アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 263
It was because I loathed the place: 学校が死ぬほど嫌いだったからよ
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『ノルウェーの森』(Norwegian Wood ) p. 113
just because of a mistake over sth: (物)のことでちょっと間違いをしただけなのに
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ナイルに死す』(Death on the Nile ) p. 338
not so much because ... but ...: 〜からというよりも〜からである
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 151care
Because I was at the Dolphin Hotel, he figured I'd find my way up here,: 鼠は僕がいるかホテルにいることで、いずれここにやってくることは予測できたはずだし、
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 165
Because of that, I knew that something up: これはなにかあるな、そうわたしはぴんときた
クック著 鴻巣友季子訳 『緋色の記憶』(The Chatham School Affair ) p. 14
ツイート