× Q 翻訳訳語辞典
low   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
あざとい
   
No trick was too low for Dixon: どんなあざとい手口でも平然と使うディクソンは、 トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 261
あまり気乗りのしない
   
one’s manner is low and unruffled: あまり気乗りのしない、どちらかといえば冷淡な態度 プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 159
かすかな
   
embed the glow of low lights: それ自体かすかな光を放つ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 324
こそこそと
   
speak low: こそこそと話す ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 387
どっぷり
   
sink low in the water: 水の中にどっぷりつかる バック著 五木寛之訳 『かもめのジョナサン』(Jonathan Livingston Seagull ) p. 19
ひくい
   
speak quickly in a low voice: 早口のひくい声で喋りはじめる 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 45
mumble in an irritatingly slow, low voice: のったりしていらだたしくなるほどひくい声で言う 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 59

安い
   
be pitifully low: 気の毒になるくらい安い 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 164
暗い
   
in low light: 暗い光の中で トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 99
押殺したような低い
   
the voice, low but penetrating: 押殺したような低い声だが、強くひびく 吉行淳之介著 ジョン・ベスター訳 『暗室』(The Dark Room ) p. 50
下っ端の
   
the lowliest worker: 一番下っ端の部下 ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 412
傾く
   
until the sun is low in the west: そのうち日も西に傾く ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 85
小さな
   
add in a low voice, as if to oneself: ひとりごとぐらいの小さな声で言う 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 16
深々と
   
bow low: 深々とお辞儀する ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『メディア買収の野望』(Fourth Estate ) p. 95
沈む
   
feel low: 沈んでいる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 71
低い
   
speak in the low comfortable tones: 耳に心地よい低い声で(人は)ささやくようにひとりごちる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 248
go on in the same low confidential tone: さっきと変わらぬ自信に満ちた低い声で(人は)つづける スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 241
低く
   
whisper in a low voice: 低く言う 遠藤周作著 ジョンストン訳 『沈黙』(Silence ) p. 45
say in a low voice: 低くつぶやく スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 226
低空
   
stay low: 低空を維持する クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 12
低目
   
ask sb whether sb want the ball high or low: (人に)高目がいいか低目がいいかをたずねる プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 302
田舎の野暮な
   
a low habit: 田舎の野暮な流儀 メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 144
二重に
   
bend low over the shoemaking: 腰を二重におって靴つくりをしている ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 70
二束三文の
   
quote sb a derisorily low buyback price: 人の足元を見たような二束三文の下取り価格を提示する べーカー著 岸本佐知子訳 『フェルマータ』(The Fermata ) p. 138
貧弱な
   
the stores is so low: 食糧の貯蔵がひどく貧弱だ スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 159
平べったい
   
a broad, low space: 平べったい空間 吉行淳之介著 ジョン・ベスター訳 『暗室』(The Dark Room ) p. 49
抑えた
   
sb’s low voice warns: (人が)抑えた声で叫ぶ デイヴィス著 酒井邦秀訳 『青銅の翳り』(Shadows in Bronze ) p. 300
落とす
   
when one speak, it is in a low voice: それから声を落として語りだす ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 577
愕然とする
   
at the low point: 愕然とする瞬間に ル・カレ著 村上博基訳 『影の巡礼者』(The Secret Pilgrim ) p. 142

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

that’s mighty low: それはひどすぎる
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 439
low heels: かかとの低い靴
川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 82
lie low: 表立った行動もとらない
ダニング著 宮脇孝雄訳 『死の蔵書』(Booked to Die ) p. 28
lay low: おとなしく身を伏せる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 370
lay low: ほとんど目立った動きを見せない
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 160
lay low: 身を隠す
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 92
in low temperatures: 寒冷時には
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 209
in a low voice: 小声で
川端康成著 月村麗子訳 『みずうみ』(The Lake ) p. 55
in a low voice: 小声に
芥川龍之介著 ボーナス訳 『河童』(Kappa ) p. 37
have sunk pretty low: 堕落した
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 73
get lows: どん底まで落ち込む
for the remarkably low cost: 超安値で
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 141
dive in low: 身を低くして飛び込む
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 469
dart in low: 途端に火となって突撃する
ロンドン著 白石佑光訳 『白い牙』(White Fang ) p. 57
crouch low: 背をまるめてうずくまる
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 317
bow low to the floor: 手をつく
川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 29
bow low: ふかぶかとおじぎをする
ルイス・キャロル著 柳瀬尚紀訳 『不思議の国のアリス』(Alice in Wonderland ) p. 78
begin lying low: 沙汰やみとなる
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 23
be roaring low: 轟然たる低空飛行にはいっている
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 9
be laid low: 打ちのめされる
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 93
would never stoop so low as to do: 〜するほど落ちぶれたくない
フランク・マコート著 土屋政雄訳 『アンジェラの灰』(Angela's Ashes ) p. 140
wonder if the car is low on gas: 車のガソリンはちゃんと入っているだろうか
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 22
time in the low eighties by ...: 〜計時で一二〇キロそこそこ
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 306
throw sth low and inside: (物を)内角低めに投げる
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 180
things never stay low for long: 道は必ずひらける
ヴィラード、ネイグル著 高見浩訳 『ラヴ・アンド・ウォー』(Hemingway in Love and War ) p. 269
the sun is low and heavy: 太陽はまさに沈まんとしている
カーヴァー著 村上春樹訳 『夜になると鮭は…』(Will You Please Be Quiet? ) p. 132
the lowest level switch: 末端レベルのスイッチ
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 273
the lowest earned-run average: 一番いい防御率
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 118
the fire is burning low: たき火はおとろえている
ロンドン著 白石佑光訳 『白い牙』(White Fang ) p. 48
the cold nips one’s cheeks low down: 寒気が頬をくぼませる
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 517
the altercation is conducted in a low tone of voice: この口論はひどく低声で行なわれている
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 295
take charge of the lower regions: 台所のほうはひっかまえてやる
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 178
speak in a low angry growl sb will not recognize: (人が)聞いたら耳を疑うような怒りにみちたうめき声
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 357
reach a real low: 最悪の事態に陥る
ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 219
play it low key: おさえてやる
クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 70
one’s voice becomes gentle and low: 声を和らげて言う
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 336
mutter in a low voice: つぶやくような声で言う
吉本ばなな著 シャリーフ訳 『N・P』(N. P. ) p. 33
move faster at low level than anything ever made: かつてどんな機も飛んだことのない低空を増速疾駆する
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 11
mostly sb just lay low: じっと身を伏せておくことに越したことはない
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 370
make low sound of appreciation: 感嘆のどよめきを洩らす
オブライエン著 村上春樹訳 『本当の戦争の話をしよう』(The Things They Carried ) p. 233
lowest ... of all: あらゆる〜の最下位
ホフスタッター著 柳瀬尚紀訳 『ゲーデル、エッシャー、バッハ』(G_del, Escher, Bach ) p. 129
lie low for a day or two: 一日二日ゆっくり体を休める
オブライエン著 村上春樹訳 『本当の戦争の話をしよう』(The Things They Carried ) p. 78
laugh with a strange low sound: 声をしのばせ、不思議な音を出して笑う
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 187
it’s as low as one can go: これ以上はビタ一文まからない
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 137
it’s as low as I can possibly go: こっちはぎりぎりまで譲っている
バッファ著 二宮磬訳 『弁護』(The Defense ) p. 322
in the lower part of one’s head: (人の)頭の、ちょうど首のうしろあたりで
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 12
in low or high places: 一般庶民であると国家の指導的立場にいる人間であるとを問わず
in a low voice: 声をひそめて
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 42
in a low voice: 声を忍んで
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 137
go on in a low voice: ぼそぼそいっている
ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 174
get a little low on dough: 手持ちの金が少なくなる
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 183
dark oak of a low temperature: ひんやりした肌触りの黒ずんだオーク材
O・ヘンリ著 大津栄一郎訳 『オー・ヘンリー傑作選』(41 Stories ) p. 193
consider sth a low priority: 〜など二の次三の次だと考えている
フィールディング著 吉田利子訳 『秘密なら、言わないで』(Tell Me No Secret ) p. 298
confer in low tones: 低い声でぼそぼそと何事か相談する
べーカー著 岸本佐知子訳 『フェルマータ』(The Fermata ) p. 287
come at sb fast and low: 手のとどきそうなところをぐんぐん迫ってくる
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 178
carry one’s own low temperature always about with one: 行くところはどこにでもこの冷たさがつきまとう
ディケンズ著 村岡花子訳 『クリスマス・カロル』(A Christmas Carol ) p. 9
can not be lower: どん底に落ちる
ハルバースタム著 浅野輔訳 『ベスト&ブライテスト』(The Best and The Brightest ) p. 75
bow low and apologize: 手をついてあやまる
川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 62
begin, in a low timid voice: かぼそい声でおずおずという
ルイス・キャロル著 柳瀬尚紀訳 『不思議の国のアリス』(Alice in Wonderland ) p. 25
be unaware how low a salary sb is getting: (人の)薄給のことなど知らない
丸谷才一著 デニス・キーン訳 『横しぐれ』(Rain in the Wind ) p. 16
be lowest in the academic hierarchy: 学術の世界では底辺の階層である
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 209
be looking high and low for ...: 必死でさがしてる
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 290
at a low ebb: 下げ相場にかかる
ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 307
ask sb in a low voice: 声をひそめてたずねる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 141
ask in a low voice: そっとたずねる
宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『銀河鉄道の夜』(Night Trains to the Stars and Other Stories ) p. 108
an intern working at the lower levels: 下積みの研究員
遠藤周作著 Gallagher訳 『海と毒薬』(The Sea and Poison ) p. 32
a voice which is low: 低くささやくような声
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 164
a T-shirt scooped low at the neck: 襟ぐりの大きいTシャツ
オブライエン著 村上春樹訳 『ニュークリア・エイジ』(The Nuclear Age ) p. 138
a low delicate table: 華奢な小卓
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 7
ツイート