× Q 翻訳訳語辞典
strange   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
あたまをかかえた
   
Strange: 私は頭をかかえた ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 13
あやしいもの
   
seem strange: あやしいものに見える 川端康成著 サイデンステッカー訳 『眠れる美女』(House of the Sleeping Beauties ) p. 10
ありきたりでない
   
be a strange boredom: ありきたりの退屈さではない オブライエン著 村上春樹訳 『本当の戦争の話をしよう』(The Things They Carried ) p. 59
いぶかしく
   
there is nothing strange about ...: 〜をいぶかしく思うにはあたらない 北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 51
おかしい
   
strange one think vaguely, ...: おかしなことだ。〜だが、と〜はぼんやりいぶかった マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 357
good, strange facts: おもしろおかしい事実 プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 77
おかしなもの
   
be really strange: よく考えてみれば、おかしなものである 鈴木孝夫著 みうらあきら訳 『ことばと文化』(Words in Context ) p. 160
それが妙なの
   
'Strange,' she said: 「それが妙なの」とブラッシー トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 253
とっぴな
   
do stranger things: もっととっぴなことをやる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 228
どうにもわけのわからない
   
a strange and wicked place: どうにもわけのわからない気色が悪い街 フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 209
どこか不自然な
   
ask with a strange intense urgency: どこか不自然な、切迫した事態をにおわす緊張した声で言う バッファ著 二宮磬訳 『弁護』(The Defense ) p. 383
なじみのない
   
<例文なし> ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 264
なんだかわけのわからない奇妙な
   
be seized by a strange impulse: なんだかわけのわからない奇妙な感情にかられる 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 89
なんともいえない
   
a strange steeliness: なんともいえない冷徹な色 クック著 鴻巣友季子訳 『緋色の記憶』(The Chatham School Affair ) p. 304
ふしぎな
   
with a strange force: ふしぎな力がはたらき タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 44
へんに
   
feel a strange nostalgia for ...: 〜をへんに懐かしく恋しいような気分に囚われてゆくのを感じる 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 23
わけのわからない
   
strange dog: わけのわからない犬 カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 290
it had been the strangest assignment: あんなわけのわからない仕事を引き受けたのは初めてだ プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 31

   
fate is a strange thing: 縁は異なもの 川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 231
異郷
   
a strange hot sun: 異郷の暑い太陽 ル・グィン著 小尾芙佐訳 『風の十二方位』(Wind's Twelve Quarters ) p. 164
異質さ
   
strange life: 暮らしの異質さ クック著 鴻巣友季子訳 『緋色の記憶』(The Chatham School Affair ) p. 45
異色だ
   
it is strange to have someone as taciturn as sb: 寡黙な(人)は異色だ セーガン著 池央耿・高見浩訳 『コンタクト』(Contact ) p. 168
異様な
   
smell really strange: 異様な臭気を放つ 吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 9
have a strange echo-like effect in the stillness of afternoon: 森閑とした昼の中に異様な調子をもつ 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 16
a strange light glows in sb’s eyes: 異様な光りが(人の)目に燃えあがる バック著 五木寛之訳 『かもめのジョナサン』(Jonathan Livingston Seagull ) p. 74
<例文なし> マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 92
一種異様な
   
a strange wistful smile: 一種異様な、卑しい笑い バッファ著 二宮磬訳 『弁護』(The Defense ) p. 82
嘘のようだ
   
feel strange to do ...: 〜していることが嘘のようだ リーマン著 池央耿訳 『黒海奇襲作戦』(Torpedo Run ) p. 175
何ともいえぬ
   
the strange sense of reverence: 何ともいえぬ敬虔な気持 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 269
何とも名状し難い
   
<例文なし> メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 276
可笑しい
   
it is strange: 可笑しい 井上靖著 ピコン訳 『姨捨』(The Izu Dancer and Other Stories ) p. 17
奇怪
   
strangest of all: 奇怪中の奇怪 クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 390
奇怪な
   
<例文なし> 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 20
奇矯な
   
strange erratic bird: 奇矯な、狂おしい鳥 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 35
sb’s strange practices: (人の)奇矯な生活 有吉佐和子著 コスタント訳 『華岡青洲の妻』(The Doctor's Wife ) p. 97
奇妙
   
the expression feel strange and out of place: その反応は、場ちがいに映るほど奇妙だ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 238
pretty fucking strange: まったく奇妙 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 172
be not any more strange than ...: 〜するのも〜するのも奇妙さにおいてはそんなに変わりがない カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 229
be in one of its strangest: なかでも最高に奇妙なもの トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 238
奇妙きてれつ
   
奇妙な
   
this is the strangest goddamn part: まったく奇妙なことに トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 249
in the strange ways of woman: 女というのは奇妙なもので ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 31
have been acting so strange: あまりにも奇妙なふるまいが多い スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 249
have a strange moment: 奇妙な気分をおぼえる タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 257
feel a strange buzzing connection happening: ぶうんという奇妙な電波を感じる タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 66
a very strange turn of events: なんだかひどく奇妙な成り行き クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 527
奇妙なめぐり合わせだ
   
how strange it is that both sb do ...: (人たちが)そろいもそろって〜するとは奇妙なめぐり合わせだ アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『葬儀を終えて』(After the Funeral ) p. 326
奇妙に
   
utter a strange wild laugh: 奇妙に荒々しい笑い声をはじけさせる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 235
見たこともない
   
be adrift in a strange strange sky: 不思議な見たこともない空を漂う バック著 五木寛之訳 『かもめのジョナサン』(Jonathan Livingston Seagull ) p. 118
見も知らない
   
a strange street: 見も知らない町 ル・グィン著 小尾芙佐訳 『闇の左手』(The Left Hand of Darkness ) p. 138
見慣れない
   
the strange horse: 見慣れない馬 ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 75
見知らぬ
   
strange surroundings: 見知らぬ土地 土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 38
a strange man: 見知らぬ男 デミル著 上田公子訳 『ゴールド・コースト』(Gold Coast ) p. 29
見知らぬ土地の
   
a strange hotel room: 見知らぬ土地の木賃宿 スティーヴン・キング著 池央耿訳 『暗黒の塔 I・ガンスリンガー』(The Gunslinger ) p. 20
幻妙な
   
some strange indefinable power: 一種名状しがたい幻妙な力 マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 273
言いようのない
   
find a strange pleasure in saying thing to sb that ...: 〜をしゃべる、それがある言いようのない悦びなのだ ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 24
思いがけない
   
one of the strangest was ...: いちばん思いがけなかったのは トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 105
醜い
   
a strange shining scar: 醜く生々しい傷 スティーヴン・キング著 池央耿訳 『暗黒の塔 I・ガンスリンガー』(The Gunslinger ) p. 97
勝手の分からない
   
in strange surroundings: 勝手の分からない〜の中で 有吉佐和子著 コスタント訳 『華岡青洲の妻』(The Doctor's Wife ) p. 40
常ならぬ
   
He leaned closer to the strange intimate smell of her, to catch her whisper: もっとよく聞こうと、スターンは彼女の常ならぬ親密な香りに顔を近づけた トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 173
新しい
   
strange footstep: 新しい靴音 オー・ヘンリ著 飯島淳秀訳 『オー・ヘンリー傑作集』(41 Stories ) p. 77
a strange doctor: 新しい医者 遠藤周作著 Gallagher訳 『海と毒薬』(The Sea and Poison ) p. 9
人と違う
   
there is definitely something strange and not right about sb: (人には)どこか人と違うところ、普通ではないところがある ニコルソン著 宮脇孝雄訳 『食物連鎖』(The Food Chain ) p. 42
尋常ではない
   
it is a strange case: この事件は尋常ではない ダニング著 宮脇孝雄訳 『死の蔵書』(Booked to Die ) p. 26
全然ちがう
   
strike strange keys: 全然ちがうキイを打つ O・ヘンリ著 大久保康雄訳 『O・ヘンリ短編集』(41 Stories ) p. 74
知らない
   
go up and down blocks in strange neighborhoods: 知らない町のあちらこちらを歩く カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 171
注目に値する
   
there is a strange one: これは注目に値することだ ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 289
珍しい
   
This was more than just strange it was earthshaking: これは珍しいというよりは驚天動地の出来事だった 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『ノルウェーの森』(Norwegian Wood ) p. 91
珍奇な
   
strange figured cloths: 珍奇な模様つきの布地 ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 204
珍妙な
   
strange conspirator: 珍妙な陰謀家 ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 261
得体の知れない
   
a strange mail: 得体の知れない郵便物 ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 91
<例文なし> 三島由紀夫著 サウンダーズ、シーグル訳 『暁の寺』(The Temple of Dawn ) p. 13
得体の知れぬ
   
strange expression one had noticed in the face of the portrait: さっき見た肖像画の顔に泛ぶ得体の知れぬ表情 ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 136
a strange sense of fear for which one can not account comes over one: 自分でも説明できぬ得体の知れぬ恐怖感が襲ってくる ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 214
謎のような
   
<例文なし> アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ナイルに死す』(Death on the Nile ) p. 212
不可解
   
What a strange and tiresome country it must be: イギリスとは何と不可解にして七面倒な国ではないか メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 31
this is a strange attitude for ...: 〜がこんな態度をとるのは不可解だ ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 304
不可解な
   
it is a strange upsetting thing to have done: ずいぶん不可解な、不穏なことをしたものだ ミルハウザー著 柴田元幸訳 『イン・ザ・ペニー・アーケード』(In the Penny Arcade ) p. 156
不可思議な
   
<例文なし> 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 274
不思議
   
不思議な
   
what strange sth one have!: 不思議な代物 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 49
there were a few strange turns: 〜が不思議な展開をいくつかもたらした トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 104
laugh with a strange low sound: 声をしのばせ、不思議な音を出して笑う 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 187
it is strange how powerful habits are: 習慣とは不思議なほど抜けないもの クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 417
find oneself in the strange predicament: (人には)不思議な性格ができあがっていた 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 18
experience a strange sense of identity: 不思議な一体感を味わう 土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 88
不思議な人物
   
<例文なし> ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 150
不自然
   
so that sb would not think it strange that ...: 〜でも不自然でないように 太宰治著 ドナルド・キーン訳 『斜陽』(The Setting Sun ) p. 126
不釣り合いな
   
strange pair of boys: 不釣り合いな二人組 ダニング著 宮脇孝雄訳 『死の蔵書』(Booked to Die ) p. 62
風変わりな
   
a nice but strange old woman: 悪い人ではないみたいだが風変わりな老婦人 ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 109
別世界
   
be so strange: あまりに別世界のもののようだ ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 386
変な
   
seem very strange: すごく変な感じ タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 59
変な趣味がある
   
変に
   
begin to feel a strange kind of sorrow: 変に悲しくなる 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 37
   
pretty fucking strange: クソ妙 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 172
妙な
   
with a strange instrument: 妙なもので 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 46
a strange idea assailes one: 〜は妙なことに気づく 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 8
妙なこと
   
this may sound strange: 妙なことを言うようだが 川端康成著 月村麗子訳 『みずうみ』(The Lake ) p. 34
妙な気分
   
Not bad, exactly, but strange: けっしていやな気持ちではない。ただ、妙な気分なのだ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 289
無理もない
   
it is not strange: それだって、無理もなかったこったよ ロンドン著 白石佑光訳 『白い牙』(White Fang ) p. 112
訝しい
   
<例文なし> 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 309
Tweet