× Q 翻訳訳語辞典
grim   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
いかつい
   
grim ruin: いかつい廃墟 安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 266
きっぱりした
   
The soft Devon voice was grim and gentle at the same time: デヴォンシャー人の低い声は、きっぱりしたなかに優しさがこもっていた マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 277
きびしい
   
Tim, his face grim and set, gave a curt nod: ティムはきびしい、決然とした顔つきで、簡単にうなずいてみせた アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ナイルに死す』(Death on the Nile ) p. 411
quite grim really: きびしいといってもいいくらい プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 135
こわい顔をして
   
say with grim impatience: もうたまらないといったように、こわい顔をして言う ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 309
しぶい
   
with one grim nod to sb: しぶい顔で(人に)顎をしゃくる スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 247
ぶすっとした
   
some grim sour-face matron: ぶすっとした無愛想な中年女性 ヴィラード、ネイグル著 高見浩訳 『ラヴ・アンド・ウォー』(Hemingway in Love and War ) p. 19
むっつりした
   
Grim and adolescent before, he now seemed almost childish: 以前はむっつりした青年のようだったが、いまはまるで子供のよう トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 290
a grim sort of fellow: むっつりした男 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 278

陰惨な
   
the suspicion that ... foretell something grim: 〜が予言する陰惨な未来 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 274
気味が悪い
   
it is almost grim to watch: 見ていて気味が悪いくらい クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 235
恐ろしい人相の
   
be grim rough, swart: 真っ黒な顔をした、恐ろしい人相の荒くれ男 ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 81
苦虫をかんだような顔をして
   
could not every day sit so grim and taciturn: まさか毎日こんなに苦虫をかんだような顔をして黙りこくって食卓についているはずはあるまい E・ブロンテ著 大和資雄訳 『嵐が丘』(Wuthering Heights ) p. 18
決然たる
   
with grim purpose: 決然たる意図をもって アシモフ著 小尾芙佐訳 『われはロボット』(I, Robot ) p. 71
厳しい
   
be not so much grim as wondering, incredulous: 厳しいというよりは、まさか信じられないという〜 レンデル著 小尾芙佐訳 『引き攣る肉』(Live Flesh ) p. 150
厳しく
   
exercise grim will: 厳しく自ら戒める スティーヴン・キング著 池央耿訳 『暗黒の塔 I・ガンスリンガー』(The Gunslinger ) p. 173
厳粛きわまりない
   
be full of grim unforgiving faces: (場所)は非寛容で峻厳きわまりない顔でいっぱいだ ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 585
硬い
   
smile in a grim embarrassed manner: 照れくさそうに硬い笑いを浮かべる 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 400
笑い
   
an affecting grim: 愛想笑い ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 259
凄惨な
   
grim mark of sb’s decline: 凄惨な衰亡のしるし 川端康成著 サイデンステッカー訳 『眠れる美女』(House of the Sleeping Beauties ) p. 45
毒を含んだ
   
do not quite conceal a certain grim satisfaction: どこか毒を含んだ満足感を隠しきれない バッファ著 二宮磬訳 『弁護』(The Defense ) p. 174
鈍い
   
grim curiosity: 鈍い好奇心 ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 230
無残
   
it’s grim to see an intelligent man so drastically struck down: 切れ者がこれほど変わり果てるとは、見るも無残だ デイヴィス著 酒井邦秀訳 『青銅の翳り』(Shadows in Bronze ) p. 436
黙りこくって
   
Singh and Gerber, across from me, were grim: 向かい側に座っているガーバーとシンは黙りこくっていた ジョーンズ著 岸本佐知子訳 『拳闘士の休息』(The Pugilist at Rest ) p. 48
容赦のない
   
grim pursuing hand: 容赦のない追っ手 クック著 鴻巣友季子訳 『緋色の記憶』(The Chatham School Affair ) p. 235
落ちこむ
   
in one’s grimmest moments: 極度に落ちこんだとき トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 182

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

one’s grim tautness: こわばった心
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 154
grim fantasy: 病的な妄想
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 428
the next introduces farce in grim disguise: 次の瞬間には、とんだ悲喜劇が私を待ちかまえている
カポーティ著 龍口直太郎訳 『ティファニーで朝食を』(Breakfast at Tiffany's ) p. 113
let out a short, grim laugh: 顔をゆがめてフッと笑う
デイヴィス著 酒井邦秀訳 『青銅の翳り』(Shadows in Bronze ) p. 520
can see sb’s face looking a little grim: (人の)表情がいくらかきびしくなるのが見える
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 29
be surrounded by none of the grim and strange features: 異様に不気味な奇怪さはない
ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 26
be not much more than grim rumors: 所詮は噂話以上のものではない
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 429
an expression of grim determination: 思いつめたような陰鬱な表情
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 267
a grimmer possibility, ...: もっと悪い想像をするなら
宮部みゆき著 アルフレッド・バーンバウム訳 『火車』(All She Was Worth ) p. 94
"Enough!" said Defarge, with grim impatience: 「もうわかった、わかった」ドファルジュが、もうたまらないといったように、こわい顔をして言った
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 309
Tyndall sat grim-faced and silent as Bentley read out the signal to him: ベントリーが読みあげるあいだ、ティンドルはむっつり顔で黙ってすわっていた
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 172
grim-faced:厳めしい顔をした
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 10
smile one’s grim iron smile: 残忍な薄笑いをうかべる
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 257
ツイート