× 翻訳訳語辞典
personal   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
お抱え
   
sb’s personal bodyguard: (人の)お抱えボディガード エルロイ著 二宮磬訳 『ビッグ・ノーウェア』(The Big Nowhere ) p. 54
かかりつけの
   
personal doctor: かかりつけの医者 トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 215
one’s own personal chiropodist: (人の)かかりつけの足治療医 フリーマントル著 稲葉明雄訳 『暗殺者を愛した女』(Charlie Muffin-San ) p. 81
じかに
   
in personal contact: じかに接するとき マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 273
じきじきに
   
give sb a personal briefing: (人に)じきじきに事情説明をする フリーマントル著 稲葉明雄訳 『狙撃』(Run Around ) p. 153
じきじきの
   
sb’s personal approach: (人)じきじきのアプローチ ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『メディア買収の野望』(Fourth Estate ) p. 21
personal delivery: じきじきのお届け デイヴィス著 酒井邦秀訳 『青銅の翳り』(Shadows in Bronze ) p. 234
ひそかな
   
engage in a personal sport in which ...: (〜するのを)ひそかな楽しみにしている トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 158
ひとり
   
conduct a personal very intense ritual: ひとり真剣に厳かに、何か儀式を行う メイル著 小梨直訳 『南仏プロヴァンスの木陰から』(Toujours Provence ) p. 214
ふたりきりで
   
personal conversation: ふたりきりで話をする ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 153
めいめいの
   
personal glory: めいめいの栄誉 ダニング著 宮脇孝雄訳 『死の蔵書』(Booked to Die ) p. 168
わたし個人の
   
personal statement of belief: わたし個人の生活信条 フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 15

一身上の
   
personal reason: 一身上の都合 ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 61
個人
   
personal particulars of sb: (人の)個人資料 ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 201
personal check: 個人小切手 トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 119
個人的
   
personal hatred: 個人的怨恨 土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 159
be brought home to one through one’s own personal experience: 自分の個人的体験から思い至る 土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 66
個人的な
   
very private personal needs: きわめて個人的な欲求 フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 82
this is kind of personal: ちょっと個人的な話 フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 57
develop personal relationship: 個人的な関係を深める ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 65
cultivate personal relationships with sb: (人と)個人的なつながりを育てる ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 237
個人的な事情
   
get a little personal: 個人的な事情が入り込んでしまう タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 21
個人的な情感のある
   
be very personal and touching: 個人的な情感に溢れ、人の心を打つ オブライエン著 村上春樹訳 『本当の戦争の話をしよう』(The Things They Carried ) p. 112
個人的に
   
there are personal considerations: 個人的に思うところがある ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 59
三行広告
   
the personals: 三行広告 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 62
自己流の
   
<例文なし> アシモフ著 小尾芙佐訳 『神々自身』(The Gods Themselves ) p. 27
自主
   
begin one’s own personal exercise regime: 自主トレーニングを開始する クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 117
自分の
   
Ms Mind Your Own Personal Business: ミズ詮索好きめ、自分のことだけかまってろ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 201
自分の感情をまじえる
   
keep ... not too personal: なるたけ自分の感情をまじえない タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 19
自分勝手
   
be too personal: あまりにも自分勝手 プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 312
手ずからの
   
be capped off with one’s personal elimination of sb: そのとどめが手ずからの〜抹殺だ クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 422
趣味としての
   
personal robberies: 趣味としての泥棒 マイケル・オンダーチェ著 土屋政雄訳 『イギリス人の患者』(The English Patient ) p. 50
   
personal safety: 身の安全 デミル著 上田公子訳 『ゴールド・コースト』(Gold Coast ) p. 25
身辺の
   
can become involved in no personal danger: 万々一にも身辺の危険などあるはずはない ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 110
anything pretty personal: 身辺のこと サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 5
性格的
   
one’s personal instability: (人の)性格的不安定さ ル・グィン著 小尾芙佐訳 『風の十二方位』(Wind's Twelve Quarters ) p. 282
専用の
   
personal sandbox: 専用の砂場 ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 42
他意あっての
   
be nothing personal: なにも他意あってのことじゃない ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 136
他人の
   
have quickened sb’s appreciation of the personal appearance of other people: 他人の容貌風姿にたいする(人の)鑑識眼はだいぶ肥えた ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 112
内密な
   
the most personal stuff: どんなに内密なことでも サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 228
立ち入った
   
become increasingly complicated and personal: 立ち入った事まで聞く 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 226

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

take it real personal: 気にする
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 281
sizzling personal section: 熱っぽい三行広告
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 60
personal world: 人間くさい世界
バーンバウム著 土屋京子訳 『EQ〜こころの知能指数』(Emotional Intelligence ) p. 76
personal signature: 自筆
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 224
personal information: 消息
サリンジャー著 野崎孝訳 『大工よ、屋根の梁を高く上げよ』(Raise High The Roof Beam, Carpenters ) p. 12
personal histories: 生い立ちや経歴
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 202
one’s personal preference: 自分の好きでやること
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 291
nothing personal: あんたに恨みはない
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 167
it wasn’t personal: 別にお前に恨みがあるわけじゃない
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 366
be personal: 〜は特別だ
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『メディア買収の野望』(Fourth Estate ) p. 244
a personal affront: 嫌がらせ
フィールディング著 吉田利子訳 『秘密なら、言わないで』(Tell Me No Secret ) p. 99
you should learn not to make personal remarks: ひとのあら探しはしちゃいけない
ルイス・キャロル著 柳瀬尚紀訳 『不思議の国のアリス』(Alice in Wonderland ) p. 94
you should learn not to make personal remarks: ひとのことをとやかくいうもんじゃない
ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『不思議の国のアリス』(Alice in Wonderland ) p. 94
tremble with no little personal apprehension: すこしも様子がわからないので体をふるわせる
O・ヘンリ著 大久保康雄訳 『O・ヘンリ短編集』(41 Stories ) p. 195
some strange personal reason: 他人にはうかがい知れない何らかの理由
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 156
some rudimentary personal security of one’s own: 自分の基本的な安寧
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 500
some form of personal ID: 身元を証明するもの
宮部みゆき著 アルフレッド・バーンバウム訳 『火車』(All She Was Worth ) p. 92
some factor in sb’s own personal make-up: 性格上のある要素
ディック著 小尾芙佐訳 『火星のタイム・スリップ』(Martian Time-Slip ) p. 87
some deeply personal joke: 自分たちにしかわからない冗談
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 106
send sb a personal secret message: (人に)秘密親書を送る
ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 91
secretly pull one’s personal self back: 徐々にうちに引き籠っていく
マイケル・オンダーチェ著 土屋政雄訳 『イギリス人の患者』(The English Patient ) p. 175
let one’s personal life dominate one’s actions: 私生活を優先させる
ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 265
it is the personal touch that means so much: そんな気配を身体から発散している
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 141
involvement of one’s personal life: 私生活のごたごた
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 315
I’m not sure if sb will take a personal check: 小切手だと駄目だっていわれるかもしれないでしょ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 129
have some personal grudge against ...: 〜に悪意を抱く
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 55
have slowly won one’s assurance out of personal endurance and distress: (人)自身苦難と懊悩の中から、徐々として確信をつかみ出してきた
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 38
have a personal application: 特定の誰かを指す
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『ナイン・テイラーズ』(The Nine Tailors ) p. 197
get a little too personal: 個人的な問題に入りすぎる
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 228
find one’s own personal answer to ...: 〜に(人)なりの解答を見つける
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 12
extremely correct personal man: 極端なまでに礼儀正しい従僕
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『五匹の赤い鰊』(The Five Red Herrings ) p. 71
examine one’s personal histories carefully: (人の)裏面に入り込む
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 155
conduct a personal inspection of flight operations: 航空作戦の現場視察
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 290
be from personal experience: 自分の目で見てきた話だ
オブライエン著 村上春樹訳 『本当の戦争の話をしよう』(The Things They Carried ) p. 178
be clean in one’s personal habits: 身のまわりが清潔だ
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 491
a personal signature to distinguish one from sb: 自分を(人と)区別する特色のひとつ
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 368
sb’s malign interference in sb’s personal affairs: (人の)プライヴェートな問題によけいな、そして悪意に満ちた口出しをする
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 99
general’s personal aide: 将軍付き補佐官
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 129
inspire a more personal anger: 誰かから個人的な恨みを買う
アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 229
totally indifferent to one’s personal appearance: 辺幅を飾らない
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 169
have a basic appreciation for personal hygiene: 最低限の衛生観念は備えている
ウィンズロウ著 東江一紀訳 『カリフォルニアの炎』(California Fire and Life ) p. 304
give one’s personal attention: 目をかけてやる
ボイル著 柳瀬尚紀訳 『ケロッグ博士』(The Road to Wellville ) p. 387
pray away of one’s personal board: (人の)食べものがなくなるように祈る
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 99
be still in the backwater of one’s personal defeat: まだ個人的な敗北に沈みこんでいる
シリトー著 河野一郎訳 『長距離走者の孤独』(The Loneliness of the Long-Distance Runner ) p. 160
You remember I said before that Ackley was a slob in his personal habits?: さっき、僕は、アクリーのことを、だらしのない野郎だって言ったのを覚えてるだろ?
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 45
Lacon bellowed suddenly, in what seemed to be declaration of personal faith: だしぬけにレイコンが、個人的信念を公言するつもりか、大声をはりあげた
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 68
Tommy's personal life is a cipher: 彼の私生活は謎である
トゥロー著 上田公子訳 『推定無罪』(Presumed Innocent ) p. 229
be unable to state one’s personal opinions clearly: ばかに歯切れの悪い意見ばかり吐く
有吉佐和子著 タハラ訳 『恍惚の人』(The Twilight Years ) p. 104
personal concern: 利害
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 383
do not look the sort people confide their personal troubles to: 身上話に興味を持つ人のようには見えない
吉行淳之介著 ジョン・ベスター訳 『暗室』(The Dark Room ) p. 150
the dire consequences, personal and social, of love: 恋や愛が個人および社会にもたらす恐ろしい害悪
ウィンターソン著 岸本佐知子訳 『さくらんぼの性は』(Sexing The Cherry ) p. 109
personal considerations: 個人的な観測
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 237
heartstopping personal experience convince me that ...: 心臓が縮みあがりそうになった経験からいくと〜
メイル著 小梨直訳 『南仏プロヴァンスの木陰から』(Toujours Provence ) p. 221
be so crumby in one’s personal habits: だらしがない
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 74
'For God's sake, it's nothing personal man!' Guillam cried: 「おいおい、なにも他意あってのことじゃないんだぞ」ギラムは思わず声を大きくした
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 136
one’s condition is dampening this personal triumph: 体調の悪さが己れの勝利感に水をさす
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『白い竜』(The White Dragon ) p. 295
I am thinking about the deep, very private personal needs of people: 今わたしは人間の心の奥底に秘められた、きわめて個人的な欲求のことを考えているところだ
be rather excruciatingly personal: やりきれないくらいに個人的な身辺の記録
サリンジャー著 野崎孝訳 『フラニーとゾーイー』(Franny and Zooey ) p. 56
It wasn't personal at all, he said huffily, now surer of his ground: 私用じゃないんだ、とこんどは立場の強味をきかせて、おこったようにいった
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 135
heartstopping personal experience: 心臓が縮みあがりそうになった経験
メイル著 小梨直訳 『南仏プロヴァンスの木陰から』(Toujours Provence ) p. 221
personal history: 略歴
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 55
personal hygiene: 個人衛生観念
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 159
He wanted a personal conversation immediately: ふたりきりで大至急話がしたいという
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 153
use one’s personal influence so wisely that ...: 個人的信望を非常に賢く利用したと見え〜だ
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 160
personal initiative: 自発的に何かする
サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 140
personal integrity: 人格
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 23
interfere in sb’s personal life: (人の)私生活にくちばしを入れる
レンデル著 小尾芙佐訳 『ロウフィールド館の惨劇』(A Judgement in Stone ) p. 156
personal-injury lawyer: 傷害専門弁護士
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 136
Tweet