× Q 翻訳訳語辞典
leave   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
〜から移り住む
   
<例文なし> トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 153
〜がとれる
   
the weariness that never leaves sb: 瞬時もとれぬ疲労 マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 28
〜しておく
   
there won’t be anybody left alive to do: 〜するやつなんか、ひとりも生かしちゃおきませんよ クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 253
〜のあと
   
sth leave one feeling shattered: 〜のあと、体じゅうがばらばらになった感じだ トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 114
〜の許を去る
   
leave sb: (人の)許を去る スウィフト著 中野好夫訳 『ガリヴァ旅行記』(Gulliver's Travels ) p. 13
〜まかせにする
   
leave nothing to chance: ぜったいになりゆきまかせにはしない トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 156
〜まかせになる
   
something is always left to chance: 必ず何か運まかせになるのだ クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 254
〜をあとにする
   
He shakes his head and leaves: テッド、かぶりをふりながら部屋をあとにする タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 50
〜を辞する
   
<例文なし> 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 237

あける
   
find it almost impossible to leave home: なかなか家をあけようとしない 丸谷才一著 デニス・キーン訳 『横しぐれ』(Rain in the Wind ) p. 10
あたえる
   
leave the clear impression: 強い印象をあたえる ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 39
あとにする
   
leave the room: 部屋をあとにする タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 94
leave the dirty plates: 食べちらした食卓をあとにする カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 391
before sb leave the track: 競馬場をあとにするとき スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 231
become the first child in X generations of one’s lineage to leave ...: X世代続いた家系の中で、(場所)をあとにする最初の反逆児になる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 93
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 354
あとに残す
   
can’t leave sb behind: (人を)あとに残してはいけない ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 398
いない
   
leave this world: この世にいない 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 140
いなくなる
   
when he left, sb felt forlorn: 彼がいなくなると(人は)もの哀しい気持ちになった ミルハウザー著 柴田元幸訳 『イン・ザ・ペニー・アーケード』(In the Penny Arcade ) p. 144
leave ... quietly: こっそり(場所)からいなくなる 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 274
いまのままにしておく
   
leave sth where it is: いまのままにしておきたまえ トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 126
おいてく
   
don’t leave me: おれをおいてかないでくれ タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 137
おきっぱなしにする
   
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 180
おさらばする
   
have left the game: 野球になどおさらばしてしまう プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 255
おひきとりいただく
   
I‘m afraid I’ll have to ask sb to leave: おひきとりいただくしかないようだな スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 136
お引き取り
   
I require you to leave: さあただちにお引き取り願おう トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 54
お別れ
   
you‘ll be leaving in the morning, won’t you?: 明日はもうお別れね 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 71
we’ll leaving any minute now: いよいよお別れだ 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 86
かまわない
   
leave sb alone: (人に)かまわない ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 278
かわる
   
leave ... ...: 〜して〜は〜にかわる マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 211
ここを出ていく
   
<例文なし> 谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 13
させる
   
leave sb with sb’s favorite pastime: (人の)思い通りにさせる 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 125
しか
   
be no doubt left to think that ...: 〜としか思えない 川端康成著 サイデンステッカー訳 『雪国』(Snow Country ) p. 14
して置く
   
at least leave sb free to find escape in death: 死の道だけを(人の)ために開けて置く 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 272
そこを離れる
   
be slow to leave: 容易にそこを離れない 川端康成著 サイデンステッカー訳 『伊豆の踊り子』(The Izu Dancer ) p. 83
その場を立ち去る
   
Then I left: その場を立ち去りました 丸谷才一著 デニス・キーン訳 『横しぐれ』(Rain in the Wind ) p. 163
それる
   
leave the main road: 本通りをそれる フリーマントル著 稲葉明雄訳 『亡命者はモスクワをめざす』(Charlie Muffin and Russian Rose ) p. 157
つけておく
   
leave sb with them: (人も)そちらにつけておくことにする ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 148
とびだしていく
   
look real upset when sb leave: 血相を変えてとびだしていく クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 330
なげうつ
   
leave one’s freshman class at Harvard: ハーヴァード大学一年生の籍をなげうつ ヴィラード、ネイグル著 高見浩訳 『ラヴ・アンド・ウォー』(Hemingway in Love and War ) p. 16
のこす
   
take cream off sth and leave sb with the curds: 〜のいいところだけ取って、(人に)滓だけ残す ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 254
have left till last sth: 最後にのこしたとっておきが〜だ ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 102
のこりの人間がいる
   
leave rather a large field: それでも残りの人間が相当いる アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ナイルに死す』(Death on the Nile ) p. 238
はずす
   
leave sth out of one’s calculations: (物を)計算からはずす デミル著 上田公子訳 『ゴールド・コースト』(Gold Coast ) p. 44
leave sb out of one’s will: 遺言から(人の)名をはずす フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 209
はづす
   
leave the feast: 席をおはづしになる ワイルド著 福田恆存訳 『サロメ』(Salome ) p. 23
はなれる
   
would not leave sth: はなれることを拒んだ フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 54
はぶく
   
mustn’t leave out so many things: そんなにやたら話をはぶくんじゃない ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 172
ひきあげる
   
long after everyone else has left: みんながとうにひきあげてからも プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 197
leave ...: (場所から)ひきあげる プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 149
It was demoralizing, and that day I decided to leave with suspicion: すっかり気がくじけてしまって、その日はまあ、黙ってひきあげることにしました 安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 74
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 238
ひきかえす
   
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 142
ひきはなす
   
leave sb clear out of sight in sth: 〜では(人を)比べものにならないくらいひきはなす ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 221
ほったらかしとく
   
don’t you leave ...: 〜をほったらかしといちゃ駄目よ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 133
まかせ
   
something is always left to chance: 必ず何事かは運まかせになる クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 504
leave sth to sb: (物事を)(人)まかせにする ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 134
やめる
   
leave baseball: 野球をやめる プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 399
ゆだねる
   
leave sb to sb’s fate: (人を)運命の手にゆだねる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 513
leave AA to BB: AAをBBにゆだねる ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 231

委せちゃう
   
leave everything up to sb: みんな委せちゃう 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 120
委せる
   
leaving sb to entangle himself in a heavy swing door: (人は)重いスイングドアと格闘するに委される セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『殺人は広告する』(Murder must Advertise ) p. 34
椅子から立ち上る
   
<例文なし> 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 359
遺す
   
leave some money to sb: (人に)なにがしかの金を遺す ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 493
引きあげる
   
realize this is one’s chance to leave: そろそろ引きあげどきだと判断する ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 60
引き上げる
   
leave the resort: 避暑地を引き上げる 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 13
引き渡す
   
leave the streets mainly to ...: 通りを主として〜に引き渡す クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 504
引き揚げる
   
The Menicuccis were the first to leave: メニクーシが真っ先に引き揚げた メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 286
leave almost immediately: 早々に引き揚げる クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 174
After the others left she was really wired: みんなが引き揚げたあと、えらくぴりぴりしてたからな クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 291
引上げる
   
it certainly is a good time to leave: たしかにもう引上げるほうがいい時分だ 丸谷才一著 デニス・キーン訳 『横しぐれ』(Rain in the Wind ) p. 140
遠のく
   
be more or less leaving the current-day reality of sbs behind one: しばらくのあいだ、(人の)動向から遠のいてしまう ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 524
下校する
   
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 124
下駄をあずける
   
as far as talking to ... one is leaving that to ...: 〜という問題に差しかかると〜に下駄をあずける言い方になる プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 208
家出する
   
Eileen had left while Carlyle was still filling out his grade reports: アイリーンはカーライルが通信簿作りをしている間に、家出してしまったのだ カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 286
過ごす
   
leave things up in the air: 大事なことをはっきりさせないまま過ごす デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 127
解放する
   
leave the computer: コンピュータを解放する ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 20
外に出る
   
leave the state: 州の外に出る ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 395
<例文なし> 安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 53
外へ出る
   
I thanked her and left: 私は会釈して外へ出た 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 15
顔を出さなくなる
   
<例文なし> 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 52
帰っていく
   
leave a little hastily: そそくさと帰っていく ライス著 小鷹信光訳 『時計は三時に止まる』(8 Faces at 3 ) p. 101
帰って行く
   
<例文なし> ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 346
帰って来る
   
leave with a promise to do: 〜しますと云って帰って来る 井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 240
帰る
   
you can’t leave yet: まだ帰っちゃだめよ トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 104
wanna leave: 帰りたい タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 215
take one’s leave: 帰って行く ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 486
Maybe we can just speak to the adjutant and leave: ねえ、副官だけに会って、帰っちゃいましょうよ デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 130
make ready to leave: 帰り支度をする カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 226
before leaving: 帰り際に ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 484
be just fixing to leave: 今お帰りになるところだ カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 198
<例文なし> ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 114
休暇
   
leave or sick days: 休暇や病気欠勤 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 239
get out on leave: 休暇かなにかもらって出てくる プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 259
administrative leave: 特別休暇 デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 133
a thirty-day administrative leave: 三十日間の行政休暇 デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 294
去って行く
   
leave sb: 去って行く ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 398
去る
   
leave the room: 室外へ去る 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 283
leave the land: 立ち去る ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 46
leave one by one: 順に去る ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 518
Elvis has left the building: 大スターは去りぬ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 124
許可
   
go absent without leave: 無許可外出する ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 93
現職を退く
   
be going to be leaving soon: まもなく現職を退く クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 429
枯れ葉
   
there is ... under a pile of leaves: 枯れ葉の山に〜が一人潜り込んでいる フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 88
後にする
   
leave the children, the house, the job, and all the obligations of daily life: 子供や、家や、勤めその他、日常生活の束縛を凡て後にする リンドバーグ夫人著 吉田健一訳 『海からの贈物』(Gift from the Sea ) p. 65
好いようにする
   
leave sb do as he pleased: (人の)都合の好いようにする 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 103
行く
   
leave for ...: ( 場所) に行く 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 208
don’t want to leave: 行きたくなくてぐずぐずする ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 309
after one have left the room: (人が)行ってしまったあと カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 394
降りる
   
leave the stage: 舞台を降りる デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『別れのシナリオ』(Death Mask ) p. 52
leave the mound: マウンドを降りる プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 255
残されて
   
have little left: (人には)もうほとんど何も残されていない トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 319
残される
   
be left behind alone, helpless as a lost child: 後に茫然として取り残される 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 148
残していく
   
can’t leave sb: (人を)残してはいけない カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 155
残す
   
leave word: 伝言を残す トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 186
leave several telltale clues: いくつかのうかつな手ががかりを残す ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 303
leave messages behind: メッセージを残す トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 77
残る
   
there are a few isolated white patches leave: 白い部分は離れ小島のようにぽつりぽつりと残っている スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 132
make one’s own meal from what is left over: 残り物を集めて一人で食事をする ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 246
kill whatever hope has been left for sb: (人に)まだいくらか残っていた希望を無残に打ち砕く ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 125
don’t have that kind of supposing left in one: (人には)そんな風に思える力が残っていない カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 71
残高が出る
   
there’s going to be millions left over: かなりの額の残高が出る トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 153
姿を消す
   
... leave sb’s studio: 〜は(人の)アトリエから姿を消す ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 172
辞する
   
leave sb’s house: (人の)家を辞する 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 89
辞める
   
leave the service: 軍を辞める クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 341
辞去する
   
Bandar left after four hours: 四時間後、バンダルは辞去した ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 241
almost the moment sb left: (人が)〜を辞去した直後 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 144
手を引く
   
now is the time to leave: 手を引くなら今だ ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 134
出かける
   
shortly after sb leave for work: (人が)仕事に出かけてまもなく スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 176
She had to leave: ネッティは出かけなければならなかった スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 178
leave the house very early in the morning: 朝出かけるのが実に早い 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 9
出ていく
   
When you told her she'd better leave she upped and left without a word?: 君が出ていった方がいいって言ったら、黙って出ていったんだね? 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 151
leave the kitchen: キッチンを出ていく カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 176
leave on business: 仕事があるからと言って旅に出ていく ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 165
get up and leave: 立ち上がって外に出ていく ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 529
出てゆく
   
leave the room: 部屋を出てゆく ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 88
出て行く
   
leave ...: 〜を出て行く マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 47
<例文なし> ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 417
出る
   
leave the house: そとへ出る 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 60
leave the goddamn place: そこを出る カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 181
leave one’s room: 表へ出る 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 27
leave immediately for Tokyo: いっそ早く東京へ出る 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 114
leave home: 田舎を出る 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 115
be hardly able to leave home at night: 夜などめったに出られない 川端康成著 月村麗子訳 『みずうみ』(The Lake ) p. 99
<例文なし> 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 15
出立する
   
leave at daybreak from the windswept loading-yards: 風の吹きすさぶ積荷場を未明に出立する ル・グィン著 小尾芙佐訳 『闇の左手』(The Left Hand of Darkness ) p. 68
書く
   
leave sb a caustic memo to this effect: それをいまいましく思い、(人は人に)苦情のメモを書く デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『別れのシナリオ』(Death Mask ) p. 72
勝手におきわすれていく
   
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 244
招く
   
leave an ache in sb’s heart: (人の)心に鋭い痛みを招く 瀬戸内晴美著 バイチマン訳 『夏の終り』(The End of Summer ) p. 65
消える
   
numbness is leaving one’s hands by then: しびれはもう消えている スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 132
状態である
   
leave ... deserted: (場所が)真空状態である 遠藤周作著 Gallagher訳 『海と毒薬』(The Sea and Poison ) p. 33
譲る
   
keep intact the property left one by one’s ancestors: 先祖から譲られた遺産を大事に守って行く 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 151
席をたつ
   
don’t think of leaving: 席を立とうとは思わない カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 168
切り上げる
   
leave the work unfinished: 仕事を途中で切り上げる フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 161
leave for an appointment: 約束を理由に切り上げる クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 312
leave as soon as one can do without seeming rude: よい加減なところで話を切り上げる 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 184
走る
   
leave without any word at all: 断らないで走る 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 141
足を洗う
   
leave the circus: サーカス稼業から足を洗う ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 103
打ちきる
   
<例文なし> トゥロー著 上田公子訳 『推定無罪』(Presumed Innocent ) p. 117
退く
   
leave government: 公務を退く ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 30
退官する
   
leave in disgrace: 恥をさらしたままで退官する ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 207
退散する
   
It seemed like an appropriate moment to leave: これを潮に私たちは退散した メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 20
<例文なし> サリンジャー著 野崎孝訳 『フラニーとゾーイー』(Franny and Zooey ) p. 106
宅にいない
   
have already left: もう宅にいない 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 43
脱ぎ棄てる
   
leave one’s things in ...: (場所)へ一切を脱ぎ棄てる 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 9
置いておく
   
<例文なし> ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 218
置いて参る
   
secretly leave sth on the desk: 机の上に(物を)そっと置いて参る 井上靖著 横尾・ゴールドスタイン訳 『猟銃』(The Hunting Gun ) p. 34
置いて出かける
   
leave the baby: 赤ちゃんを置いて出かける トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 40
置きっ放し
   
leave sth: (物は)置きっ放し 三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 51
置き去りにする
   
leave sb on a desert island: (人を)離れ小島に置き去りにする プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 162
置き忘れる
   
leave sth: (物を)置き忘れる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 318
置く
   
leave sth on ...: (物を)〜に置く トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 11
can bear anything but the uncertainty sb leave one in: こんな生殺しの気持で置かれるくらいなら、どんなお話だってだいじょうぶ ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 44
漬けとく
   
leave sth on ice: 氷に漬けとく タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 157
停めっぱなしにする
   
leave a car: 停めっぱなしにする ダニング著 宮脇孝雄訳 『死の蔵書』(Booked to Die ) p. 109
店を畳む
   
a barber leave to go into ...: 床屋は店を畳んで、〜の仕事に鞍替えする フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 120
任せ
   
trustingly leave everything under sb’s management: 全てを(人)任せにして平気でいる 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 161
任せておく
   
leave that to sb: (人に)任せておく フィールディング著 吉田利子訳 『秘密なら、言わないで』(Tell Me No Secret ) p. 358
leave sth to sb: (物は)(人に)任せておく ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 138
任せる
   
抜けおちる
   
never leave one’s place: 抜けおちもせず トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 81
抜け出す
   
leave ...: (場所を)抜け出す プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 370
抜け出る
   
leave the Roman trappings: ローマ・カトリックの虚飾から抜け出る アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 237
飛び出す
   
leave sb’s house: (人の)家を飛び出す 遠藤周作著 Gallagher訳 『海と毒薬』(The Sea and Poison ) p. 86
飛ぶ
   
leave immediately for ...: さっそく〜に飛ぶ ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 238
放置する
   
leave ... unprotected: 〜を無防備に放置する ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 247
放っておく
   
leave sb in ...: 〜に(人を)放っておく ボイル著 柳瀬尚紀訳 『ケロッグ博士』(The Road to Wellville ) p. 72
分かれる
   
leave sb: (人と)分かれる トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 156
分ける
   
leave some of the happiness you bring: 幸運を分けてくださいな スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 130
別れる
   
sb’s failure to leave sb: (人と)別れなかったこと ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 358
resolve to leave: 別れると決める 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 81
leave them in the passage: 廊下でみんなと別れる ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 143
leave sb in a day: 明日は別れる 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 77
leave sb doing: 別れるとき(人が)〜している カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 202
leave sb: (人と)別れる プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 215
<例文なし> デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 372
別れを告げる
   
leave Shangri-La: 桃源郷に別れを告げる プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 255
as though wash out the thought of leaving ...: まるで〜に別れを告げるのだという考えを消し去ろうとでもいうように アシモフ著 小尾芙佐訳 『夜明けのロボット』(Robots of Dawn ) p. 51
保つ
   
the distance he leave her: 男が女とのあいだに保とうとする距離 マイケル・オンダーチェ著 土屋政雄訳 『イギリス人の患者』(The English Patient ) p. 127
忘れる
   
leave aside sth: 〜を忘れる トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 17
I shall not leave its lesson, trust me: 私が学んだ教えは決して忘れません ディケンズ著 村岡花子訳 『クリスマス・カロル』(A Christmas Carol ) p. 124
木の葉
   
old Mother Nature put the leaves: 母なる自然は木の葉を散らせる フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 115
問題じゃない
   
leave ...: 〜かは問題じゃない ライス著 小鷹信光訳 『死体は散歩する』(The Corpse Steps Out ) p. 232
余る
   
count the number of days that are left to one: 二、三、四と指を折って余る時日を勘定する 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 66
預ける
   
leave ... with a friend: 知人に預ける 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 182
用意しておく
   
leave oneself with at least one route of escape: 少なくとも一つの退路を用意しておく クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 170
   
a tree without leaves: 葉の落ちた木 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 63
頼む
   
leave a wake-up call for 0530 hours: ○五三○時のモーニング・コールを頼む デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 210
落ち葉
   
sb’s fingers pick at leaves: (人の)手が落ち葉をかきむしる カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 267
落とす
   
leave behind: 落とす タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 173
落葉
   
have leaves: 落葉が溜まっている フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 158
離す
   
sb’s eyes never left ...: 目を一度も〜から離さない トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 173
say, one’s eyes never leaving the TV: テレビの画面から眼を離さずに答える スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 308
be never going to leave one’s sight: このさき片時も目を離さないつもりだ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 335
離れる
   
will not ever quite leave sb: 一生(人)から離れないだろう トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 210
one’s hands never left sth: 手は吸いついたように〜を離れない スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 187
officer leaving the vehicle: 本官ハ車ヲ離レマス スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 166
leave the footpath: 道から離れる メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 219
leave sb’s fingertips: 手を離れる プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 228
leave ...: (場所)を離れる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 311
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 110
立ち去る
   
be turning to leave: 帰ろうかなと立ち去りかける 吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 30
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 63
立つ
   
leave Tokyo: 東京を立つ 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 58
leave the room: 席を立つ 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 112
leave one’s seat: 席を立つ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 93
abruptly leave the room: わざと席を立つ 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 129
立去る
   
In leaving it, I shall not leave its lesson, trust me: ここを立去っても、私が学んだ教えは決して忘れません ディケンズ著 村岡花子訳 『クリスマス・カロル』(A Christmas Carol ) p. 124
留守だ
   
leave early in the evening: 夕方から留守だ 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 12
漏れる
   
<例文なし> デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 116
ツイート