× Q 翻訳訳語辞典
fear   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
〜ではないか
   
fear one have called at an inconvenient time: 差しつかえのあるところをお邪魔したのではないか ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『アンの青春』(Anne of Avonlea ) p. 66
〜という気持ちから
   
for fear that people will not understand: どうせ他人はわかってくれない、という気持ちから フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 82
〜はしまいかと思う
   
fear of hurting the other one’s feeling: もう一方の機嫌をそこねはしまいかと思う ルイス・キャロル著 柳瀬尚紀訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 72
〜を忘れる
   
abandon one’s fear of discovery and do: 相手に気づかれるのも忘れて〜する 遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 203

うっかり
   
fear to detach oneself lest one should hurt sb: うっかり身をひくとけがをさせるおそれもある ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 49
おぞましい
   
be mired in fear and improbability: おぞましく、また蓋然性を欠いている ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 85
おびえ
   
one’s own fears: 自分に巣くっているおびえ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 273
look at sth with fear and distrust: おびえたような、いぶかるような眼を〜に向ける スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 162
in fear: おびえて ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 289
go part and parcel with fear: おびえとは表裏一体をなす クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 181
こわい
   
fear nothing more grave than sth: 〜がいちばんこわい クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 472
do you fear them now: もうこわくはあるまい クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 369
こわさ
   
an inexplicable fear: 説明のつかないこわさ 遠藤周作著 ジョンストン訳 『沈黙』(Silence ) p. 55
なりかねない
   
fear that ...: 〜にもなりかねない トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 42

ドキッとする
   
fear at once: たちまちドキッとする トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 15

   
in spite of one’s fears: 案に相違して ヴィラード、ネイグル著 高見浩訳 『ラヴ・アンド・ウォー』(Hemingway in Love and War ) p. 275
案じる
   
it isn’t something one need to fear: (人が)案じてもしかたのないこと クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 448
<例文なし> ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 174
臆病と恐怖
   
sb’s voice is angry, but there is also fear in it: 声には憤怒と言っても、臆病と恐怖が加わっている 川端康成著 サイデンステッカー訳 『眠れる美女』(House of the Sleeping Beauties ) p. 116
気がひける
   
fear it would not be quite civil: あんまり不作法みたいで気がひける ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 166
気づかい
   
do not think there is much fear of ...: 〜する気づかいはないと思う ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 195
怯え
   
fear flickers inside sb: (人は)かすかな怯えを感じる 遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 214
<例文なし> ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 14
怯える
   
have so long feared ...: あれほど〜を怯えていた ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 13
恐れ
   
fear of what one might reveal: 自分の実体がばれるかもしれないという恐れ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 288
a nameless fear assails sb: (人の)胸に恐ろしい影がひらめく 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 270
恐れる
   
secretly fear that ...: 心のうちで暗に〜を恐れる 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 102
fear sb’s contempt far more than ...: 〜よりも(人から)見下げられるのを遙かに恐れる 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 123
恐怖
   
the fear is still all over sb now: 恐怖はまだ去らず トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 245
the fear in sb’s eyes is discernible: (人の)目に浮かぶ恐怖の色が鮮明だ ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 505
the fear and other symptoms begin to lift: 恐怖やその他の症状はだんだん治まる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 549
spend so much time feeling fear: それまでずっと恐怖を味わわされながら人生を送る ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 206
small fear: ささやかな恐怖 ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 570
sb’s heart which felt with pain and fear: 苦痛と恐怖でぐいと握り締められた(人の)心 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 260
produce fear and panic: 恐怖とパニックを引き起こす デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 178
one’s guts be a roil of fear: 心の奥で恐怖が渦まく スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 114
one’s fear leave one: 身体をつつんでいた恐怖が消える スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 286
live in mortal fear of ...: 〜に死の恐怖をいだいている トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 57
just a dash, a comma, an apostrophe of fear: ほんの少しの恐怖 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 180
hold the fear in check: 恐怖を食い止めるぐらいの役には立ってくれる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 163
have the right to die without fear and worry: 恐怖や心労なく、(人を)心静かに死なせる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 338
from the same motive: simple fear: 恐怖という感情のしわざだ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 206
feel a fear starting in sb’s limbs: 恐怖が(人の)四肢を脅かす カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 128
feel a brief and totally uncharacteristic burst of fear: その瞬間、(人は)柄にもなく恐怖の感情が吹き上げてくるのをおぼえる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 246
fear the unknown: 未知の生活への恐怖 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 278
fear plucking at one’s heart: 恐怖で心臓が縮みあがる カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 322
fear of not being accepted: 仲間として扱ってもらえないのではないかという恐怖 土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 56
even one single second of fear is a second too much: たとえ一瞬の恐怖であれ、それは償いようのない一瞬というほかない スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 162
do not just live in fear of sb: (人の)おぼえている恐怖は、たんなる恐怖にとどまらない スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 172
cower down in fear: 恐怖に打たれてちぢみあがる ロンドン著 白石佑光訳 『白い牙』(White Fang ) p. 118
always remember with fear and trembling: 今思い出してみても、思わず恐怖で総身が震えだすほどの恐ろしさだ ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 213
a genuine fear: まぎれもない正真正銘の恐怖 カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 128
恐怖があって
   
the fear of being rejected: 相手に受け容れられないのではないかという恐怖があって 土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 26
恐怖に襲われる
   
fear ...: 〜を思うと恐怖に襲われる カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 225
恐怖心
   
<例文なし> 遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 164
脅え
   
feel nightmarish fear: 深い脅えを感じる 瀬戸内晴美著 バイチマン訳 『夏の終り』(The End of Summer ) p. 42
驚愕、狼狽
   
<例文なし> ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 69
懸念
   
out of fear of ...: 〜を懸念して ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 358
<例文なし> ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 343
   
fear being unemployed: 失業するのが嫌だから サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 177
心を痛める
   
fear that ...: 心を痛める マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の歌』(Dragonsong ) p. 41
心底から
   
with a look of genuine fear: 心底から薄気味わるそうに 遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 70
心配
   
fear that one’s mind is playing tricks on one: 狂気の心配 吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 18
心配している
   
which one fear have gained no embellishment from its contact with sb’s: (人の)と触れて、飛んだ飾りをこしらえやすまいかと心配している E・ブロンテ著 大和資雄訳 『嵐が丘』(Wuthering Heights ) p. 75
心配する
   
fear for sb’s safety: (人の)身を心配する フィールディング著 吉田利子訳 『秘密なら、言わないで』(Tell Me No Secret ) p. 328
正直、〜と思う
   
he feared it would be another humiliating defeat: 正直、また惨敗だろうと思っていた ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 190
戦慄
   
one’s body shudders with fear: 戦慄に身が震えるのを覚える クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 30
But he felt the first, faint chill of fear: だが、彼が戦慄のかすかな寒気を覚えたのは、いまがはじめてだった マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 139
<例文なし> マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 190
頭にうかぶ恐ろしい考え
   
as one often fear: しばしば頭にうかぶ恐ろしい考えどおり トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 182
不安
   
motion sickness mixed with fear: 不安混じりの船酔い クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 293
a sudden fear come over sb: 急に不安をおぼえだす 北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 50
不安がうごめいている
   
see the fear in sb’s eyes: 目の奥に不安がうごめいているのが見てとれる クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 211
不安の色
   
see fear in sb’s face: (人の)顔つきに不安の色が見える ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 9
怖れ
   
fear that ... grips sb: 〜のではないかと怖れおののく 遠藤周作著 ジョンストン訳 『沈黙』(Silence ) p. 71
予想
   
<例文なし> 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 18
憚る理由
   
well-founded fear of the village’s love of gossip: 噂好きの村人を憚る尤もな理由 三島由紀夫著 ウエザービー訳 『潮騒』(The Sound of Waves ) p. 32

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

secretly fear: 懸念する
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 12
in fear: びくびくして
三島由紀夫著 サイデンスティッカー訳 『天人五衰』(The Decay of the Angel ) p. 28
I fear ...: 申しあげにくいのですが
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『メディア買収の野望』(Fourth Estate ) p. 62
feel fear: 動転する
池波正太郎著 フリュー訳 『梅安蟻地獄』(Bridge of Darkness ) p. 51
fear that ...: 〜という懸念はある
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 51
fear of ...: 〜を憚る
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 372
be feared: 危ぶまれる
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 349
as one feared: 案の定
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 108
without fear or favour: 正々堂々と
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 38
with the fear of death upon one: 命からがらで
スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 160
with no fear of death: 死をかえりみず
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 195
watch in fear and trembling: 吉凶として恐れおののく
unswayed by irrational fantasies or unconscious fears: 夢や錯覚ではない
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 36
speak one’s mind without fear or favor: 遠慮えしゃくなしに思ったことをずけずけ言う
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 94
simply tremble with fear and be of no use whatsoever: ぶるぶる震えてものの役に立たない
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 248
senseless look of utter fear: おびえきった、呆けた顔つき
ハメット著 小鷹信光訳 『赤い収穫』(Red Harvest ) p. 270
put sb out of Fear: (人を)安心させてやる
スウィフト著 中野好夫訳 『ガリヴァ旅行記』(Gulliver's Travels ) p. 31
in great fear lest sb should do ...: 〜かもしれないので、それはもうびくびくだ
ルイス・キャロル著 柳瀬尚紀訳 『不思議の国のアリス』(Alice in Wonderland ) p. 48
in great fear lest sb should do ...: 〜じゃないかと、ビクビクしています
ルイス・キャロル著 高橋康也・迪訳 『不思議の国のアリス』(Alice in Wonderland ) p. 57
in great fear lest sb should do ...: 〜たらたいへんと思って、気が気じゃない
ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『不思議の国のアリス』(Alice in Wonderland ) p. 51
I fear that I bore you with these details, but ...: ながったらしい説明でうんざりしたかもしれないが
ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 29
I fear that I bore you with these details: 説明が長くなって、きみは退屈したかもしれないが
ドイル著 大久保康雄訳 『シャーロック・ホームズの冒険』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 28
I fear that I bore you with these details: 長たらしい説明で、きみは退屈したかもしれないが
huddle together in fear: 肩を寄せあって震えている
ウィンターソン著 岸本佐知子訳 『さくらんぼの性は』(Sexing The Cherry ) p. 148
have a pathological fear that ...: 病的に〜を怖れている
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 184
for fear that ...: 〜するのはうんざりだ
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 132
for fear of hurting sb’s feelings: (人の)気持ちを傷付けてはわるいしね
ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 82
for fear of hurting sb’s feelings: (人の)気分を傷つけては悪い
ルイス・キャロル著 柳瀬尚紀訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 88
fearing one might do: 〜したらまずいと思ったので
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 13
fear to change one’s position: 身動きもひかえている
ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 85
fear that sb is some kind of bounder: (人を)信用していない
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 85
fear that ... might ...: 〜してはならぬ、と思いなおす
スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 138
fear neither man nor beast: 向かうところ、この世に敵なしさ
ジョーンズ著 岸本佐知子訳 『拳闘士の休息』(The Pugilist at Rest ) p. 255
fear it is an honor one could never aspire to: あんまり大それた願いだと思う
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 263
fear cake is beyond one: お菓子はとうていできそうもない
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『アンの青春』(Anne of Avonlea ) p. 67
do not show any fear: あまり顔色を変えない
池波正太郎著 フリュー訳 『梅安蟻地獄』(Bridge of Darkness ) p. 281
do not like to drop the jar for fear killing somebody underneath: うっかり捨てて、下にいるひとにあたって死んだりされてはこまる
ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『不思議の国のアリス』(Alice in Wonderland ) p. 16
do not like to drop the jar for fear killing somebody underneath: びんをなげすてようとして、思いなおしました。もしかして下にいるだれかにぶつかって人殺しになるといけませんからね
ルイス・キャロル著 高橋康也・迪訳 『不思議の国のアリス』(Alice in Wonderland ) p. 13
do not like to drop the jar for fear killing somebody underneath: 瓶を落っことして、下にいる誰かを死なせてしまってはたいへん
ルイス・キャロル著 柳瀬尚紀訳 『不思議の国のアリス』(Alice in Wonderland ) p. 13
decamp in mortal fear of some such invitation: そんなところに招かれたらたいへんだとおじけをふるって逃げだす
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 388
caution against such fears: その種の恐怖に金縛りにされることに対しては、わたしは断固反対する
セーガン著 池央耿・高見浩訳 『コンタクト』(Contact ) p. 315
can return to the world with nothing to fear: 大手を振って世間に出られる
丸谷才一著 デニス・キーン訳 『たった一人の反乱』(Singular Rebellion ) p. 300
be seized with a terrible fear: ぞっとする
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 143
as some had feared: 一部で噂されていたような
a tense spasm of fear: 怕いような緊張感
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 171
And yet I had an abnormally strong fear of death: そのくせ、死の恐怖は人一倍つよかった
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 24
but fear is accompanied by another instinct: ところで、恐怖にはもう一つの本能がつきものである
ロンドン著 白石佑光訳 『白い牙』(White Fang ) p. 85
the fear to which sb is accustomed: (人の)常套手段である恐怖
フリーマントル著 稲葉明雄訳 『狙撃』(Run Around ) p. 73
have not uttered one word of surprise, complaint, fear or even acquiescence: 一度も、驚きや不平や恐怖の言葉を口にせず、それどころか仕様がない、とすらいわない
スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 148
acquire the fear lest ...: 〜という不安を自分のものにする
O・ヘンリ著 大津栄一郎訳 『オー・ヘンリー傑作選』(41 Stories ) p. 197
awake in an agony of fear: 逃げ場のない恐怖に呻吟しつつ目をさます
クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 10
fear that seems to one at times to be almost to great to be borne: 時にはそれ以上とても耐えられぬ烈しい恐怖
ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 205
feel an amorphous fear: 得体の知れぬ不安に襲われる
スティーヴン・キング著 池央耿訳 『暗黒の塔 I・ガンスリンガー』(The Gunslinger ) p. 191
fear that one’s legs are going to give way beneath one: 自分がその場に坐りこんでしまうのではないかと思う
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 211
worst I fear the bitter truth: 余がもっとも怖れるのは、苛酷な真実だ
ル・グィン著 小尾芙佐訳 『闇の左手』(The Left Hand of Darkness ) p. 57
fear of blushing: 面目を失う恐怖
オブライエン著 村上春樹訳 『本当の戦争の話をしよう』(The Things They Carried ) p. 38
But I fear time is now against us: ただ心配なのは時間がないことだ
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロシア皇帝の密約』(A Matter of Honour ) p. 10
a nasty little chill of fear: ぞっと背筋が冷たくなるような恐怖
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 354
a fear sends chills down sb’s spine: 恐怖が(人の)背をかすめる
瀬戸内晴美著 バイチマン訳 『夏の終り』(The End of Summer ) p. 39
a strange sense of fear for which one can not account comes over one: 自分でも説明できぬ得体の知れぬ恐怖感が襲ってくる
ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 214
sb’s fear of being overheard is contagious: 盗み聞きを恐れる(人の)異様な緊張感にのまれる
メイル著 小梨直訳 『南仏プロヴァンスの木陰から』(Toujours Provence ) p. 70
be proud that one’s fear is under control: 自分が恐怖心に打ち勝っていることを誇らしく感じる
バック著 五木寛之訳 『かもめのジョナサン』(Jonathan Livingston Seagull ) p. 26
a spasm of fear crosses the face of sb: (人は)恐れを顔いっぱい漂わせる
遠藤周作著 ジョンストン訳 『沈黙』(Silence ) p. 64
fear the damnation: 業罰を恐れる
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 40
one fear to detach oneself lest one should hurt sb: うっかり身をひくとけがをさせるおそれもある
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 49
Distress in his eyes, perhaps but no fear: 彼の目にあるのは、苦悩の色だったかもしれないが、恐怖ではなかった
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 314
elusive fear: とらえどころのない恐怖
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 142
for fear of getting embroiled: 掛かり合いになるのを恐れて
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 129
John noticed and exulted in the midst of his fear: ジョンはそれに気づいて、恐怖のさなかにありながら心が躍った
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 300
see fear in sb’s face: 顔つきに不安の色が見える
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 9
fall into a pit of such deep fear and pain: 深い、恐怖と苦痛の穴の中にはまり込む
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 436
speak one’s mind without fear or favor: 遠慮えしゃくしに思ったことをずけずけ言う
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 94
fear-maddened:恐怖に気も狂う
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 183
feed on fear: 恐怖を醸成する
ル・グィン著 小尾芙佐訳 『闇の左手』(The Left Hand of Darkness ) p. 127
what you fear you find: 怖いものほどよく見える
ウィンターソン著 岸本佐知子訳 『さくらんぼの性は』(Sexing The Cherry ) p. 35
feel the first, faint chill of fear: 戦慄のかすかな寒気を覚えたのは、いまがはじめてである
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 139
be overcome with a flesh-tingling fear: ぞっとするような恐怖をおぼえる
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 98
feel a peculiar fluttering about one’s heart, whether of fear or joy or both one doesn’t know: 怖いような嬉しいような気分が心を擽る
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 38
But friends I fear greatly: いちばんこわいのは味方だ
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 161
all the fear and the loneliness and the longing go out of sb: もろもろの不安と孤独と渇望が霧散する
ロアルド・ダール著 永井淳訳 『飛行士たちの話』(Over to You ) p. 233
a great fear: ひどい恐怖
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 470
feel only a great loneliness and a great fear: ただ底知れぬ孤独と不安を感じているだけだ
ロアルド・ダール著 永井淳訳 『飛行士たちの話』(Over to You ) p. 232
sb’s fear grow: 恐怖がふくれあがる
ロアルド・ダール著 永井淳訳 『飛行士たちの話』(Over to You ) p. 201
hide one’s fear under the guise of playing the game: 恐怖を遊戯にしてとりつくろう
三島由紀夫著 ウエザービー訳 『潮騒』(The Sound of Waves ) p. 97
ツイート