× Q 翻訳訳語辞典
fear   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
〜ではないか
   
fear one have called at an inconvenient time: 差しつかえのあるところをお邪魔したのではないか ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『アンの青春』(Anne of Avonlea ) p. 66
〜という気持ちから
   
for fear that people will not understand: どうせ他人はわかってくれない、という気持ちから フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 82
〜はしまいかと思う
   
fear of hurting the other one’s feeling: もう一方の機嫌をそこねはしまいかと思う ルイス・キャロル著 柳瀬尚紀訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 72
〜を忘れる
   
abandon one’s fear of discovery and do: 相手に気づかれるのも忘れて〜する 遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 203

うっかり
   
fear to detach oneself lest one should hurt sb: うっかり身をひくとけがをさせるおそれもある ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 49
おぞましい
   
be mired in fear and improbability: おぞましく、また蓋然性を欠いている ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 85
おびえ
   
one’s own fears: 自分に巣くっているおびえ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 273
look at sth with fear and distrust: おびえたような、いぶかるような眼を〜に向ける スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 162
in fear: おびえて ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 289
go part and parcel with fear: おびえとは表裏一体をなす クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 181
こわい
   
fear nothing more grave than sth: 〜がいちばんこわい クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 472
do you fear them now: もうこわくはあるまい クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 369
こわさ
   
an inexplicable fear: 説明のつかないこわさ 遠藤周作著 ジョンストン訳 『沈黙』(Silence ) p. 55
なりかねない
   
fear that ...: 〜にもなりかねない トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 42

ドキッとする
   
fear at once: たちまちドキッとする トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 15

   
in spite of one’s fears: 案に相違して ヴィラード、ネイグル著 高見浩訳 『ラヴ・アンド・ウォー』(Hemingway in Love and War ) p. 275
案じる
   
it isn’t something one need to fear: (人が)案じてもしかたのないこと クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 448
<例文なし> ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 174
臆病と恐怖
   
sb’s voice is angry, but there is also fear in it: 声には憤怒と言っても、臆病と恐怖が加わっている 川端康成著 サイデンステッカー訳 『眠れる美女』(House of the Sleeping Beauties ) p. 116
気がひける
   
fear it would not be quite civil: あんまり不作法みたいで気がひける ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 166
気づかい
   
do not think there is much fear of ...: 〜する気づかいはないと思う ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 195
怯え
   
fear flickers inside sb: (人は)かすかな怯えを感じる 遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 214
<例文なし> ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 14
怯える
   
have so long feared ...: あれほど〜を怯えていた ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 13
恐れ
   
fear of what one might reveal: 自分の実体がばれるかもしれないという恐れ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 288
a nameless fear assails sb: (人の)胸に恐ろしい影がひらめく 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 270
恐れる
   
secretly fear that ...: 心のうちで暗に〜を恐れる 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 102
fear sb’s contempt far more than ...: 〜よりも(人から)見下げられるのを遙かに恐れる 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 123
恐怖
   
the fear is still all over sb now: 恐怖はまだ去らず トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 245
the fear in sb’s eyes is discernible: (人の)目に浮かぶ恐怖の色が鮮明だ ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 505
the fear and other symptoms begin to lift: 恐怖やその他の症状はだんだん治まる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 549
spend so much time feeling fear: それまでずっと恐怖を味わわされながら人生を送る ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 206
small fear: ささやかな恐怖 ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 570
sb’s heart which felt with pain and fear: 苦痛と恐怖でぐいと握り締められた(人の)心 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 260
produce fear and panic: 恐怖とパニックを引き起こす デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 178
one’s guts be a roil of fear: 心の奥で恐怖が渦まく スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 114
one’s fear leave one: 身体をつつんでいた恐怖が消える スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 286
live in mortal fear of ...: 〜に死の恐怖をいだいている トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 57
just a dash, a comma, an apostrophe of fear: ほんの少しの恐怖 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 180
hold the fear in check: 恐怖を食い止めるぐらいの役には立ってくれる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 163
have the right to die without fear and worry: 恐怖や心労なく、(人を)心静かに死なせる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 338
from the same motive: simple fear: 恐怖という感情のしわざだ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 206
feel a fear starting in sb’s limbs: 恐怖が(人の)四肢を脅かす カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 128
feel a brief and totally uncharacteristic burst of fear: その瞬間、(人は)柄にもなく恐怖の感情が吹き上げてくるのをおぼえる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 246
fear the unknown: 未知の生活への恐怖 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 278
fear plucking at one’s heart: 恐怖で心臓が縮みあがる カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 322
fear of not being accepted: 仲間として扱ってもらえないのではないかという恐怖 土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 56
even one single second of fear is a second too much: たとえ一瞬の恐怖であれ、それは償いようのない一瞬というほかない スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 162
do not just live in fear of sb: (人の)おぼえている恐怖は、たんなる恐怖にとどまらない スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 172
cower down in fear: 恐怖に打たれてちぢみあがる ロンドン著 白石佑光訳 『白い牙』(White Fang ) p. 118
always remember with fear and trembling: 今思い出してみても、思わず恐怖で総身が震えだすほどの恐ろしさだ ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 213
a genuine fear: まぎれもない正真正銘の恐怖 カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 128
恐怖があって
   
the fear of being rejected: 相手に受け容れられないのではないかという恐怖があって 土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 26
恐怖に襲われる
   
fear ...: 〜を思うと恐怖に襲われる カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 225
恐怖心
   
<例文なし> 遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 164
脅え
   
feel nightmarish fear: 深い脅えを感じる 瀬戸内晴美著 バイチマン訳 『夏の終り』(The End of Summer ) p. 42
驚愕、狼狽
   
<例文なし> ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 69
懸念
   
out of fear of ...: 〜を懸念して ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 358
<例文なし> ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 343
   
fear being unemployed: 失業するのが嫌だから サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 177
心を痛める
   
fear that ...: 心を痛める マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の歌』(Dragonsong ) p. 41
心底から
   
with a look of genuine fear: 心底から薄気味わるそうに 遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 70
心配
   
fear that one’s mind is playing tricks on one: 狂気の心配 吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 18
心配している
   
which one fear have gained no embellishment from its contact with sb’s: (人の)と触れて、飛んだ飾りをこしらえやすまいかと心配している E・ブロンテ著 大和資雄訳 『嵐が丘』(Wuthering Heights ) p. 75
心配する
   
fear for sb’s safety: (人の)身を心配する フィールディング著 吉田利子訳 『秘密なら、言わないで』(Tell Me No Secret ) p. 328
正直、〜と思う
   
he feared it would be another humiliating defeat: 正直、また惨敗だろうと思っていた ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 190
戦慄
   
one’s body shudders with fear: 戦慄に身が震えるのを覚える クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 30
But he felt the first, faint chill of fear: だが、彼が戦慄のかすかな寒気を覚えたのは、いまがはじめてだった マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 139
<例文なし> マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 190
頭にうかぶ恐ろしい考え
   
as one often fear: しばしば頭にうかぶ恐ろしい考えどおり トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 182
不安
   
motion sickness mixed with fear: 不安混じりの船酔い クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 293
a sudden fear come over sb: 急に不安をおぼえだす 北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 50
不安がうごめいている
   
see the fear in sb’s eyes: 目の奥に不安がうごめいているのが見てとれる クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 211
不安の色
   
see fear in sb’s face: (人の)顔つきに不安の色が見える ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 9
怖れ
   
fear that ... grips sb: 〜のではないかと怖れおののく 遠藤周作著 ジョンストン訳 『沈黙』(Silence ) p. 71
予想
   
<例文なし> 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 18
憚る理由
   
well-founded fear of the village’s love of gossip: 噂好きの村人を憚る尤もな理由 三島由紀夫著 ウエザービー訳 『潮騒』(The Sound of Waves ) p. 32