× Q 翻訳訳語辞典
together   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
いっしょくたに
   
stuff everything together: 何もかもいっしょくたに詰めこむ デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 379
いっしょに
   
think we all might want to talk about this together: いっしょに話し合ったほうがいいんじゃないかと思う トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 79
しっかり
   
keep oneself together: 気をしっかり持つ クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 451
すべて
   
it all ties together: すべて符合する デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 237
つるんで
   
be together at ...: つるんで〜にいる ハメット著 小鷹信光訳 『赤い収穫』(Red Harvest ) p. 192
ともに
   
sb and sb run around together: (人が)(人と)行動をともにする ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 368
ならんで
   
sit down together: ならんで腰をおろす 北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 197
ひとつに
   
hold sbs all together: (人)たちをひとつに結びつける ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 394
ふたり
   
for our little weekend together: ふたり週末をたのしむつもりだ ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 467
ふたりで
   
They stole together pimped together faked reports together: ふたりで盗み、ふたりでポン引きし、ふたりで報告をでっちあげた ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 296
have a mighty good time together: ふたりでたっぷりたのしむ クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 218
enjoy some privacy together: ふたりでいささかのプライヴァシーをたのしむ ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 485
ふたり一組で
   
work it together: ふたり一組ではたらく タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 27
まとまって
   
walk close together without making much noise: 鳴りを静め距離をつめまとまって歩いてくる シリトー著 河野一郎訳 『長距離走者の孤独』(The Loneliness of the Long-Distance Runner ) p. 204
まともな
   
the together thing about us: 私たちがまともな点は 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『ノルウェーの森』(Norwegian Wood ) p. 6
みんながみんな
   
surely be not all inside together: みんながみんな中にいるはずはない ル・グィン著 浅倉久志訳 『風の十二方位・九つのいのち』(Wind's Twelve Quarters ) p. 219
もろとも
   
sink together with the transports: 船もろとも沈む 大岡昇平著 モリス訳 『野火』(Fires on the Plain ) p. 9
をそろえて
   
<例文なし> ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 168

一丸となって
   
the business of bringing everyone together: 全員が一丸となってあたる仕事 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 84
一緒に
   
drink booze and cough syrup together: 一緒に酒を飲んだり、咳止めシロップを飲んだりする仲になる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 314
一緒になって
   
<例文なし> カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 321
一度に
   
eat breakfast together: 朝食を一度に済ます 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 156
<例文なし> 宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『銀河鉄道の夜』(Night Trains to the Stars and Other Stories ) p. 78
寄添って
   
walk close together: 寄添って歩く 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 34
共謀する
   
In on it together: そのコンビが共謀して、ことに当たったということは? スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 226
手をたずさえて
   
go through the world together: 手をたずさえて世間をわたる ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 44
手を組む
   
All of them together: やつらが全員、手を組んでいるのかもしれない スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 226
相互
   
tie computers together: コンピュータの相互接続 ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 271
総じて
   
Together, they looked more like bureaucrats than spies: 総じて彼らはスパイというより、見るからに役人然としていた ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 142
同時に
   
These last two bombers came in together wing-tip to wing-tip: この最後の二機は、翼端を接して同時に襲いかかった マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 388
二人
   
side together: 二人寄せる 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 103
二人で
   
sb and sb walk out together like good friends: (人と)(人は)仲良く二人でちょいと出かけてくる カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 196
二人一緒に
   
<例文なし> カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 133
伴われて
   
together with sb: (人に)伴なわれて 遠藤周作著 ジョンストン訳 『沈黙』(Silence ) p. 34
夫婦づれで
   
go away together for a holiday: 夫婦づれで旅行をする 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 26
並んで
   
stand together: 並んで立つ ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 26
sit under the plane-tree together: スズカケの木蔭に並んで立っている ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 7
連れ立って
   
walk to ... together: (場所)へ連れ立って行く 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 234

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

work together: 力を合わせる
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 17
together with ...: 〜とつきあわせる
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 235
together with ...: と
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 152
together with ...: もろとも
三島由紀夫著 モリス訳 『金閣寺』(The Temple of the Golden Pavilion ) p. 36
those heaped together: より固まったみんな
they go together: (人は)必ず(人も)連れて行く
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 168
talk together: 話しあう
川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 227
sweep sth together: 〜の片づけ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 223
stick together: はなればなれにならないようにする
stand gathered together: 肩をよせあっている
ディック著 小尾芙佐訳 『火星のタイム・スリップ』(Martian Time-Slip ) p. 66
sit together: 腰をおろす
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 36
simply get together: あっさり元のさやにおさまる
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 382
put together: 作成する
ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 20
pulled sb together: (人を)どうにかまともな状態に立て直す
ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 306
pull yourself together: しっかりせんか
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 93
pull oneself together: 気がつく
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 263
pull oneself together: 気を取りなおす
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 222
pull oneself together: 気持ちを立て直す
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『殺人は広告する』(Murder must Advertise ) p. 74
pull oneself together: 立ちなおる
クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 132
pull oneself together: 蹶起する
ル・グィン著 小尾芙佐訳 『闇の左手』(The Left Hand of Darkness ) p. 129
pull everyone together: チームの一体感が出てくる
コネラン著 仁平和夫訳 『ディズニー7つの法則』(Inside the Magic Kingdom ) p. 131
one’s fingertips together: 指を組み合わせて
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 102
melt together: ひとつに溶けあう
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 150
laugh together softly: 声をあわせて、ひくく笑い声をもらす
瀬戸内晴美著 バイチマン訳 『夏の終り』(The End of Summer ) p. 108
join one’s hands together in prayer: 合掌する
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 121
huddle together: 肩を寄せ合う
ウィンターソン著 岸本佐知子訳 『さくらんぼの性は』(Sexing The Cherry ) p. 102
hold things together: 空中分解を食い止める
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 235
hold it together: 平静を保つ
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 313
have sth together: (物を)分かち合う
バフェット著 芝山幹郎訳 『ジョー・マーチャントはどこにいる?』(Where is Joe Merchant? ) p. 95
grow up together: 幼なじみなんです
クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 48
go well together: お似合いだ
山田詠美著 ジョンソン訳 『トラッシュ』(Trash ) p. 217
go together: どうしても切り離せない
オブライエン著 村上春樹訳 『ニュークリア・エイジ』(The Nuclear Age ) p. 161
go together: 両立する
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 162
get together: 手をたずさえて
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 198
get together: 総出で
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 16
gather together: 結成する
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 88
eyebrows draw together: 眉をひそめる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 118
come together again: ふたたび一体感をとりもどす
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 319
bring together ...: 〜を整理する
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 11
being nuts together: 共狂い
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 120
be together: 一緒に暮す
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 249
be sleeping together: 肉体関係にまで進んでいる
ヴィラード、ネイグル著 高見浩訳 『ラヴ・アンド・ウォー』(Hemingway in Love and War ) p. 449
all together: 一斉に
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 269
with their heads together: ひたいを寄せて
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 132
will find the threads that tie people together a common register: そこにあるその(人々の)雰囲気で語る
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 16
while one get one’s shit back together: (人が)態勢を立て直すまで
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 183
when sb and I first moved in together: (人と)暮らしはじめた頃
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 105
to be together again: よりをもどす
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 200
this dog and White Fang should come together: このイヌとホワイト・ファングが取り組まされる
ロンドン著 白石佑光訳 『白い牙』(White Fang ) p. 210
the whole thing held together with ...: 〜がごてごてと貼りつけてある
the whole family comes together: 一家が一堂に会する
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 246
the teeth come together emptily with a sharp click: 歯は鋭い音をたてて空をかむ
ロンドン著 白石佑光訳 『白い牙』(White Fang ) p. 197
tape together on both sides: 裏表から、テープで支えあう
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 165
such morsels of bread as might serve for patches to hold ... and ... together: 〜と〜をつなぐパン代をかせぎ出す
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 79
start going out together: 交際しはじめる
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 378
squatted in rows, squashed together: ごちゃっとひとかたまりになってうずくまっている
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 194
share occasional joke together: ときに冗談をかわす
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 93
see the pair together: いっしょにいるふたりの姿を目撃する
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 96
sb and sb yukking it up together: (人)と(人)がよ、なんだかやけにベタベタおしゃべりしてやがんの
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 141
sb’s accurate cruelty serves now to draw the others together: (人の)苛酷なまでの残忍さが、みなを団結させる要因となる
ル・グィン著 小尾芙佐訳 『風の十二方位』(Wind's Twelve Quarters ) p. 283
put together a song and dance act: 歌とダンスを演し物にする
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 114
put together a routine of one’s best sounds: 得意の音をいくつも組み合わせて聞かせる
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 401
put together a press release: 記者会見でいろいろまとめる
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 83
put together a fair idea of sth: かなり近い推測に達する
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 156
put the words together: 言葉をつなぎあわせる
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 422
put the whole thing together: 全体を仕切る
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 113
put sth all together: 〜を組み立てる
put sb together with sb: (人を)(人に)引き合わせる
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 494
put one’s life back together: (人の)人生をとりもどす
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 208
put one’s fingertips together: 両手の指先を軽くあわせる
ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 52
put little bits together here and there: いろいろつなぎあわせて推理してみる
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 290
press one’s eyelids closer together: まぶたをいっそうきつく閉じる
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 419
press one’s eyebrows together: 眉間にしわをよせる
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 250
piece together from what one remember of hushed whispers: 囁かれていた話を思い出して、それらをひとつにつなぎ合わせる
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 429
people were bound together in a true community: 町ぐるみでまだ生きた人のつながりがあった
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 59
one’s lips press together tightly: くちびるをきっと結ぶ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 269
one’s brows draw together in a frown: (人は)眉間に深いしわをよせる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 197
never get together even for a meal: 食堂に顔を合わせることがない
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 253
much too near together: 間隔が猛烈に迫っている
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 24
move together and embrace: 身を寄せ合う
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 76
move all of a piece crouch and bundled together: 丸くうずくまった格好のままくるりと動く
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『五匹の赤い鰊』(The Five Red Herrings ) p. 38
know more about sth than ... put together: 〜が束になってもかなわないほど(物事を)よく知っている
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『メディア買収の野望』(Fourth Estate ) p. 199
keep together in groups of ten or twenty: 十人二十人と隊伍を組む
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 239
have pieced enough together to know that ...: 状況は推測していたから〜だとわかった
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 213
have one’s heels together: 気をつけの姿勢をとる
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 412
have it all together: 何をやってもそつがない
have been talking together so long: さっきずうっとおしゃべりをしていた仲だ
ルイス・キャロル著 柳瀬尚紀訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 58
glue together one’s courage: 〜に反して、とうとう〜してしまった
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 276
get together with sb: (人に)会う
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 104
get the two of you together: 二人を引き会わせる
ベイカー著 岸本佐知子訳 『もしもし』(Vox ) p. 54
get one’s tools together: 土工用具をとりまとめる
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 85
get one’s thoughts together: 頭をはっきりさせようとする
ディケンズ著 村岡花子訳 『クリスマス・カロル』(A Christmas Carol ) p. 68
get one’s life together: 人生を立てなおす
宮部みゆき著 アルフレッド・バーンバウム訳 『火車』(All She Was Worth ) p. 507
gather and go together into the darkness: うちそろって暗闇に入っていく
ル・グィン著 小尾芙佐訳 『闇の左手』(The Left Hand of Darkness ) p. 61
fit ... together with ...: 〜と〜をつなぎ合わせる
ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 61
cram one’s eyelids together: まぶたをぎゅっと閉じる
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 414
continue one’s history together: 手をたずさえておなじ世界を歩む
ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 281
come together in a single instant: いまその一瞬に凝縮する
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 540
come together in a perfect marriage: もののみごとに一致する
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 441
cluster together in a knot: しっかりひとかたまりになる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 345
bushy eyebrows draw together: 二本の毛虫を思わせる眉がひとつながりになる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 118
bring one’s palms together: 両手を組み合わせる
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 178
bring one’s hands together: 手を組み合わせる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 83
blend together in an ambiguous fashion: 〜の頭のなかで〜の境が曖昧になってしまう
before pulling oneself together and blurting out the word: それから気がついて辛うじて一語をおしだす
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 250
be thoroughly mixed together: 複雑にまじり合っている
安部公房著 サンダース訳 『砂の女』(The Woman in the Dunes ) p. 14
be into something together: 何やら密談している
レナード著 高見浩訳 『ラム・パンチ』(Rum Punch ) p. 116
be holding oneself together: じっと耐えている
ロアルド・ダール著 永井淳訳 『飛行士たちの話』(Over to You ) p. 55
be brought together with sb: (人と)ひきあわされる
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 106
be all crowded together at one corner of it: かたっぽの端によりかたまっている
ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『不思議の国のアリス』(Alice in Wonderland ) p. 93
be all crowded together at one corner of it: 片隅でぎゅうぎゅう押しあうみたいになっている
ルイス・キャロル著 柳瀬尚紀訳 『不思議の国のアリス』(Alice in Wonderland ) p. 93
as long as the times hold together: 少なくとも時世が無事で続く限りは
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 136
a pair of ... which go together: 対になっている〜
ホフスタッター著 柳瀬尚紀訳 『ゲーデル、エッシャー、バッハ』(G_del, Escher, Bach ) p. 240
... and ... seem very close together: 〜と〜がばかにくっついているように見える
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『殺人は広告する』(Murder must Advertise ) p. 91
... and ... go together: 〜と〜が足なみをそろえて前に進む
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 192
get one’s act together: きちんとあるべきところに収まる
山田詠美著 ジョンソン訳 『トラッシュ』(Trash ) p. 183
add sth to what sb wish and need and stitch it together into ...: 自分の好みや都合に合わせて継ぎ接ぎして、〜に仕立てる
all by turns and all together: 次々とそうするかと思えば、何もかもいっしょにやってみたり
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 186
as to incur considerable danger of receiving one’s dismissal from it, and this life together: うっかりすれば特権からの追放はもとより、ついでにこの世からの追放という危険さえあり得る事実
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 92
endless arrangement to get together: 友達が集まるのには絶えず頭を使っていなければならない
リンドバーグ夫人著 吉田健一訳 『海からの贈物』(Gift from the Sea ) p. 23
begin our life together on terms so bad, that ...: 〜ような、理由のわからぬ気まずい生活をする
太宰治著 ドナルド・キーン訳 『斜陽』(The Setting Sun ) p. 134
You ought to get some good bedding together before it's too late: お前さんも今のうちに、いい夜具のしたくをして置いた方がいいだろう
宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『ツェねずみ』(Wild Cat and the Acorns and Other Stories ) p. 65
put the bits back together again: 調子をとりもどす
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 120
Alan caught them at it and folded them firmly together on the blotter: 手のなかに鳥をしまいこんだアランは、逮捕記録簿の上でその手をかたく組みなおした
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 118
blur together of A and B: AとBとを混同する
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 122
all tend to blur together: みんなごっちゃになってしまうのが普通だ
オースター著 柴田元幸訳 『鍵のかかった部屋』(The New York Trilogy ) p. 64
be drawn together by a gentle, brotherly feeling: 兄弟の優しい心持ちが湧いてくる
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 131
a cluster of sth is bunched together: (物)がごちゃっとひとかたまりになっている
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 70
come out together busily talking: せわしなげに話し込みながら出てくる
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『ナイン・テイラーズ』(The Nine Tailors ) p. 154
but they have been through a great deal together: なにしろ長い付き合いである
スティーヴン・キング著 池央耿訳 『暗黒の塔 I・ガンスリンガー』(The Gunslinger ) p. 207
cast one’s lot together: 行動を共にする
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 234
The tips of the two staves moved cautiously together: 2本の竹刀の剣尖先は、 ... 神経質に嗅ぎ合っていた
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 33
My chinch and Dick's are together at your client's joint,: おれのカモとディックのカモがつるんで、あんたの依頼人の家にいる
ハメット著 小鷹信光訳 『赤い収穫』(Red Harvest ) p. 192
chuckle to oneself and rub one’s long, nervous hands together: ひとりたのしそうな顔つきで、長くてほっそりした手をこすりあわせる
ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 11
clap one’s hands together: ぱたっと手を拍つ
宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『セロ弾きのゴーシュ』(Wild Cat and the Acorns and Other Stories ) p. 224
hands clasped together: 両手を固く組み合わせ
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 111
clasp one’s hands together: 両手がひしと握りあわされる
クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 154
stick together in these dirty little goddam cliques: いやったらしい仲間を作ってかたまる
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 203
be closer together: びっしり集まる
ホーキング著 林一訳 『ホーキング、宇宙を語る』(A Brief History of Time ) p. 28
become closely linked together: 連続的になる
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 167
be clumped together in sth: 〜がひしめいている
ホーキング著 林一訳 『ホーキング、宇宙を語る』(A Brief History of Time ) p. 144
be clustered together: 取り囲んでいる
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 15
My colleagues and I should probably hear it together: 仲間たちといっしょに聞いたほうがいい
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 200
try to patch the conversation back together: 話のほころびを繕いにかかる
イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 292
coop up together: 顔をつきあわせる
オブライエン著 村上春樹訳 『ニュークリア・エイジ』(The Nuclear Age ) p. 91
knees correctly press together: きちんと膝をそろえる
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 54
But mainly the courtship revolved around their cleaning chimneys together: しかし彼らの恋人時代は主として、二人で煙突掃除をすることで過ぎ去っていった
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 242
get together enough money to cover the necessary expenses: 〜の金の工面をする
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 7
be curiously crowded together: ひどくごちゃごちゃしている
フィールディング著 吉田利子訳 『秘密なら、言わないで』(Tell Me No Secret ) p. 441
deftly put this and that together: あれこれ巧みに考えあわせる
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 7
still not ready to discuss their life together: まだ、ふたりのことに触れたくない
フィールディング著 吉田利子訳 『優しすぎて、怖い』(See Jane Run ) p. 74
sb’s eyebrows draw close together: 眉毛がひそめられる
アシモフ著 小尾芙佐訳 『われはロボット』(I, Robot ) p. 109
one’s eyebrows draw close together: 眉をぎゅっと寄せる
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 96
draw oneself together: 気をとりなおす
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 105
drink together: あつまって一杯やる
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 15
dry hands rubbed together: もみ手をしている
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 70bureaucrat
ツイート