× Q 翻訳訳語辞典
laugh   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
おかしそうに笑う
   
<例文なし> ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 320
お笑いだと思う
   
laugh at doing: 〜するなんてお笑いだと思う カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 209
からからと笑う
   
Gay laughed at the other end: 受話器のむこうでタリーズがからからと笑った プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 336
くつくつと笑う
   
laugh until one is utterly exhausted: くつくつと飽きるまで笑う 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 248
げらげらと笑う
   
Pretty soon we were all laughing even Ondine: やがてみんなげらげらと笑い出した。オンディーンまでが笑っていた ジョーンズ著 岸本佐知子訳 『拳闘士の休息』(The Pugilist at Rest ) p. 47
げらげら笑いころげる
   
<例文なし> ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 26
げらげら笑う
   
laugh as if the story is very funny: さもおかしいというようにげらげら笑いだす ル・グィン著 小尾芙佐訳 『闇の左手』(The Left Hand of Darkness ) p. 81
わらう
   
laugh in an intimate voice: 肉親じみた声でわらう 川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 155
cry with a merry laugh: けたけた笑いながらいう ルイス・キャロル著 柳瀬尚紀訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 206
can not help laughing at this: これには思わずわらってしまう ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 91

一笑に付す
   
laugh at the idea: 一笑に付す トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 178
可笑しい
   
cannot help laughing: なぜか可笑しくなってしまう 遠藤周作著 ジョンストン訳 『沈黙』(Silence ) p. 25
苦笑
   
can hardly laugh ... off: ただ苦笑している訳にもいかない 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 200
苦笑する
   
say, laughing: 苦笑しながら答える スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 142
高笑いする
   
He'd laugh as he made these subverted displays: こうした盗品を並べて見せながら、おやじは高笑いする トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 177
can get sb to laugh pretty hard: 高笑いする(人の)声を聞くことができる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 154
失笑する
   
laugh at one’s own stinginess: 我ながらケチくさい考えに失笑する 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 78
手をたたいて喜ぶ
   
<例文なし> ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 278
笑い
   
say, half-laughing and half-exasperated: 笑いと怒りのまじった声でいう スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 109
produce a small hollow laugh: うつろな笑いを小さくひびかせる プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 85
oblige with a rich laugh of appreciation: さもおかしそうにげらげら笑う ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 371
have a huge laugh: 大笑いする ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 197
give a rich laugh: おかしそうに笑う ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 308
give a quick, smug, frightening little laugh: 背筋がぞっとするような含み笑いを漏らす トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 217
begin to laugh weakly: 力つきたような笑いを洩らす スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 202
笑いかける
   
laugh gently at sb: おだやかな顔で(人に)笑いかける 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 110
笑いころげる
   
one’s hand shake so with laughing that one nearly let sth drop upon the floor: 笑いころげて手もとが狂い、キングを危うく床に落っことすところだ ルイス・キャロル著 柳瀬尚紀訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 26
be achieved by laughing: 笑いころげたあげくに〜してしまう タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 44
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 231
笑いとばす
   
she laughed openly at any comments made about his popularity: 誰かが彼の人気について話すたびに遠慮なく笑いとばした ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロスノフスキ家の娘』(The Prodigal Daughter ) p. 157
pooh-pooh and laugh: 鼻であしらって笑いとばす ロンドン著 白石佑光訳 『白い牙』(White Fang ) p. 302
laugh aloud: 大声で笑いとばす カポーティ著 大澤薫訳 『草の竪琴』(The Grass Harp ) p. 44
笑い声
   
utter a strange, wild laugh: 奇妙に荒々しい笑い声をはじけさせる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 235
sb’s sweet laugh: (人の)明るい笑い声 カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 294
a lazy, good-natured laugh: ものうげな、邪気のない笑い声 ハメット著 小鷹信光訳 『赤い収穫』(Red Harvest ) p. 55
笑い声がはじける
   
笑い声をあげる
   
manage to laugh: 無理に笑い声をあげる ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 196
laugh with all the pleasure of triumph: いかにも楽しそうに、得意げな笑い声をあげる バッファ著 二宮磬訳 『弁護』(The Defense ) p. 179
laugh wildly: 気狂いじみた笑い声をあげる ライス著 小鷹信光訳 『時計は三時に止まる』(8 Faces at 3 ) p. 83
laugh sickly: 病的にヒステリックな笑い声をあげる タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 42
laugh nervously: ぎごちない笑い声をあげる イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 62
laugh hideously: 耳をふさぎたくなるような笑い声をあげる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 292
laugh grimly: 苦い顔で笑い声をあげる バッファ著 二宮磬訳 『弁護』(The Defense ) p. 265
He lit up childishly and laughed: トーゥツは子供のように顔を輝かせ、笑い声をあげた トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 144
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 195
笑い声をたてる
   
She laughed again: 彼女はまた笑い声をたてた デミル著 上田公子訳 『ゴールド・コースト』(Gold Coast ) p. 155
laugh quite merrily: きわめて陽気な笑い声をたてる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 215
<例文なし> トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 202
笑い声を立てる
   
He laughed and slipped a sunflower seed between his lips: 笑い声を立てたスタットルマイヤーが、くちびるの間にひまわりの種をするりと滑り込ませる プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 227
<例文なし> デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 47
笑い飛ばす
   
always laugh when sb said it: 〜を口にしては笑い飛ばしていた フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 102
笑い方
   
with a disparaging laugh: 馬鹿にした笑い方をする 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 50
笑う
   
stop laughing: 笑わなくなる 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 130
laughing well: 笑いころげる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 111
laugh with a strange low sound: 声をしのばせ、不思議な音を出して笑う 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 187
laugh wildly: けたたましく笑う スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 111
laugh to oneself: 思わず苦笑する ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 35
laugh softly: ふっと笑う フィールディング著 吉田利子訳 『秘密なら、言わないで』(Tell Me No Secret ) p. 381
laugh softly: 軽く笑う スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 337
laugh so much: あまり大声で笑う ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 424
laugh so hard that ...: 笑いこけて〜 サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 62
laugh so hard one is crying: 笑って笑って涙を流す フランク・マコート著 土屋政雄訳 『アンジェラの灰』(Angela's Ashes ) p. 202
laugh so hard one almost wet one’s pants: 笑いすぎておしっこを洩らしそうになる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 287
laugh slightly: うすく笑う 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 190
laugh sharply at odd moments: 調子っぱずれに甲高い大声で笑ってみせる プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 213
laugh rather loudly: 高く笑う 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 26
laugh outright: 大きな笑い声を出す ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 322
laugh out loud: 笑いとばす トゥロー著 上田公子訳 『推定無罪』(Presumed Innocent ) p. 27
laugh out loud: 声をたてて笑う トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 83
laugh one’s infuriating laugh: 癪にさわる笑いかたをする ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 201
laugh one’s brown rich laugh: あの豊かな声で呵々大笑する ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 82
laugh one’s big laugh: 例の大きな笑い声だ カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 396
laugh one’s ass off: 腹をかかえて笑いころげる サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 216
laugh loudly for a brief spell: ひとしきり笑ってみせる 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 229
laugh loud and heartily: 腹の底から大声で笑う スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 81
laugh in sb’s face: とんでもないという風に笑う ウィンターソン著 岸本佐知子訳 『さくらんぼの性は』(Sexing The Cherry ) p. 200
laugh in a whisper: 小声に笑う 川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 176
laugh in a polite but firm way: 不躾ではないが、有無を言わせぬ笑いだ ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 332
laugh heartily for some minutes: しばらくは心の底から笑う ドイル著 大久保康雄訳 『シャーロック・ホームズの冒険』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 26
laugh heartily for some minutes: しばらくは心ゆくまで笑う ドイル著 阿部知二訳 『シャーロック・ホームズの冒険』(Adventure of Sherlock Holmes ) p. 25
laugh hard: ひいひいと笑いころげる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 287
laugh and refuse to take sb seriously: 笑って(人に)取り合わない 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 273
laugh and don’t listen to sb: 笑って(人に)応じない 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 60
laugh along with sb: (人に)調子を合わせて笑う カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 44
laugh along with sb: 声を合わせて笑う 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 182
laugh about ...: 〜を笑いとばす カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 253
laugh a pleasureless laugh: おかしくもなさそうに笑う ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 399
laugh a lot: よく笑う 川端康成著 月村麗子訳 『みずうみ』(The Lake ) p. 96
laugh a lot: 笑いたいだけ笑う フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 144
laugh a little: 軽く声をあげて笑う スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 147
laugh ... off: 〜を笑いとばす オブライエン著 村上春樹訳 『ニュークリア・エイジ』(The Nuclear Age ) p. 109
just laugh in your face: 鼻で笑ってあっかんべえをする ジョーンズ著 岸本佐知子訳 『拳闘士の休息』(The Pugilist at Rest ) p. 188
just laugh and say: 笑いとばす ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 458
I’ll have the last laugh: 最後に笑う者はおれだ トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 128
have got to laugh now: 今話すと思わず笑ってしまう ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 248
have a good laugh at the story: 話を聞いて大笑いする ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 167
go on laughing: 笑いだしてやまない ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 176
get a laugh out of sb: (人を)笑わせる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 136
don’t bother to cover one’s mouth demurely when one laugh: 笑うと歯ぐきが見える 吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 33
do not want to laugh: 笑う気にはなれない クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 147
do not know whether to laugh or cry: 笑ったものやら、泣いたものやら、思案に暮れる フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 237
dance and laugh until one is giddy and tired with the silliness of it all: 疲れてふらふらになってしまうまで馬鹿騒ぎして、踊ったり笑ったりする ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 74
consider ..., then burst out laughing: 〜を一瞬考えこんだ(人が)大口をあけて笑う スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 199
burst out laughing: げらげら笑いだす ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 464
burst out laughing: 思わず大声で笑いだす ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 450
break out laughing: げらげら笑いだす ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 140
allow oneself a good laugh: おかしそうに笑う クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 354
笑っている
   
laugh heartily for some minutes: しばらくのあいだ腹の底から笑っている ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 26
心ゆくまで嘲笑する
   
come by to gloat and laugh: (人の)醜態をながめ、心ゆくまで嘲笑しようとして、もどってくる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 318
吹きだす
   
try not to laugh: 吹きだしかけるのをぐっと我慢する クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 134
I could nearly laugh about that if humour was my mood: あれにはもう少しで吹きだすところだったが、笑っているばあいじゃなかった ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 207
吹き出す
   
stifle a laugh: 吹き出すのをこらえる デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 334
despite oneself, one laugh: 思わず(人は)吹き出す デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『別れのシナリオ』(Death Mask ) p. 119
声に出して笑う
   
Rosalie laughed and blushed a little: ロザリーは声に出して笑い、すこしばかり顔を赤らめた スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 106
Phoebe laughed: フィービーは声に出して笑った ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 311
'None,' Polly said, laughing: 「ゼロです」声に出して笑いながらポリーが答える スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 61
声をあげて笑う
   
Sidd laughed: シドは声をあげて笑った プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 171
She seemed to realise her own absurdity and laughed: いってから自分でもおかしいと思ったのか、声をあげて笑った ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 399
laugh at ...: 〜に声をあげて笑う タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 167
actually laugh: 声をあげて笑ったりする スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 142
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 169
声をたててわらいだす
   
look at sb in wonder, and laugh: けげんそうに(人を)見ていたが、声をたててわらいだす ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 131
声をたてて笑う
   
laugh and toss one’s head: 首をのけぞらせ、声をたてて笑う ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 117
laugh a little: 軽く声をたてて笑う スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 247
<例文なし> トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 182
大笑いする
   
We both laughed when she poked her fist through the hole in her panty hose: ブラッシーがパンティストッキングの裂け目に拳をつっこんで見せ、ふたりとも大笑いした トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 266
laugh at ...: 〜に大笑いする トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 195
大笑いをする
   
laugh all over oneself, from one’s shoes to one’s organ of benevolence: 足の爪先から頭のてっぺんにまで拡がるような大笑いをする ディケンズ著 村岡花子訳 『クリスマス・カロル』(A Christmas Carol ) p. 54
大声で笑う
   
Danforth laughed: ダンフォースが大声で笑った スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 113
<例文なし> プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 396
談笑する
   
a glittering multitude of laughing ladies and fine lords: 輝くばかりに談笑する貴婦人や貴族たちの群れ ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 315
微笑
   
laugh on and on: 微笑がいつまでもとまらない 川端康成著 サイデンステッカー訳 『伊豆の踊り子』(The Izu Dancer ) p. 70
明るく笑いとばす
   
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 185
嘲笑する
   
laugh at the futility of life and the effort: 生命のむなしさと生命の努力を嘲笑する ロンドン著 白石佑光訳 『白い牙』(White Fang ) p. 9
laugh at sb behind one’s hands: 口元を両手で蔽いながら(人を)嘲笑する セーガン著 池央耿・高見浩訳 『コンタクト』(Contact ) p. 348
laugh at sb: (人を)嘲笑する ル・グィン著 小尾芙佐訳 『闇の左手』(The Left Hand of Darkness ) p. 126

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

laugh uproariously: 爆笑する
サリンジャー著 野崎孝訳 『フラニーとゾーイー』(Franny and Zooey ) p. 71
laugh together softly: 声をあわせて、ひくく笑い声をもらす
瀬戸内晴美著 バイチマン訳 『夏の終り』(The End of Summer ) p. 108
laugh to oneself: われながらおかしくなる
コネラン著 仁平和夫訳 『ディズニー7つの法則』(Inside the Magic Kingdom ) p. 10
laugh to oneself: 思い出し笑いをする
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 334
laugh to oneself: 思い出し笑いを前置きにする
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 118
laugh sth off: 笑ってとりあわない
ジョーンズ著 岸本佐知子訳 『拳闘士の休息』(The Pugilist at Rest ) p. 221
laugh over sth: ははは、と(物を)眺める
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 98
laugh oneself sick: 笑いころげる
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 133
laugh loud: 思わずふきだす
ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 82
laugh loud: 思わず笑い出す
ルイス・キャロル著 柳瀬尚紀訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 88
laugh heartily: 笑いころげる
ディケンズ著 村岡花子訳 『クリスマス・カロル』(A Christmas Carol ) p. 64
laugh heartily: 大笑いをする
ディケンズ著 村岡花子訳 『クリスマス・カロル』(A Christmas Carol ) p. 74
laugh at ...: 〜に笑いで応える
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 199
laugh and laugh: 呵々大笑する
keep laughing: 笑い出すととめどがなくなる
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 128
just for laughs: ただの冗談
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 182
everyone laughed: 座がどっとわいた
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 82
everyone laugh: どっと哄笑がわく
イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 182
burst out laughing: 思わず吹きだす
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 275
burst out laughing: 吹き出す
フィールディング著 吉田利子訳 『秘密なら、言わないで』(Tell Me No Secret ) p. 388
burst out laughing: 大きく吹きだす
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 196
be laughed at: からかわれる
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 278
be laughed at: 笑いものにされる
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 223
audience laugh: 笑いが起こる
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 9
with a light nervous laugh: ひくりと笑って
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 49
this pleasantry was received with a general laugh: この冗談に一同はどっと笑った
ディケンズ著 村岡花子訳 『クリスマス・カロル』(A Christmas Carol ) p. 111
that is a laugh: それはとんだお笑いぐさだ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 234
survey sb with laughing eyes: にこにこしながら見おろす
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 257
suppressing the urge to laugh: 笑いをおさえながら
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 14
split with a laugh: お腹の皮をよじらせて笑う
ディケンズ著 村岡花子訳 『クリスマス・カロル』(A Christmas Carol ) p. 141
sb like a laugh: (人には)おどけの一手だ
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 252
revel in another laugh: またもや夢中になって笑う
ディケンズ著 村岡花子訳 『クリスマス・カロル』(A Christmas Carol ) p. 97
people who’d say shocking things and make sb laugh: びっくりさせられたり、大笑いしたり
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 99
one’s hand shake so with laughing that one nearly let sth drop upon the floor: おかしくておかしくて、手がふるえて、すんでのことに(物を)おとすところだ
ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 25
one’s eyes are laughing: 目が、自分の趣向を面白がって踊っている
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 11
nearly burst out laughing: 吹き出したくなってしまう
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 213
look at sb as if one hardly keep from laughing: おかしくてたまらないといった表情で(人を)見ている
村上龍著 アンドルー訳 『限りなく透明に近いブルー』(Almost Transparent Blue ) p. 103
let out a shrill laugh: けらけらと笑う
レンデル著 小尾芙佐訳 『ロウフィールド館の惨劇』(A Judgement in Stone ) p. 161
let out a short, grim laugh: 顔をゆがめてフッと笑う
デイヴィス著 酒井邦秀訳 『青銅の翳り』(Shadows in Bronze ) p. 520
laugh vigorously to share in the joke: げらげら笑ってジョークに付き合う
イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 61
laugh tremendously at the idea of ...: 〜と言って笑いころげる
ディケンズ著 村岡花子訳 『クリスマス・カロル』(A Christmas Carol ) p. 89
laugh the proposal off: 笑って取り合わない
三島由紀夫著 サイデンスティッカー訳 『天人五衰』(The Decay of the Angel ) p. 160
laugh so hard tears run down one’s cheeks: あまりに大笑いしたためか、(人は)頬に涙を伝わらせている
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 231
laugh quietly to oneself: 思いだし笑いをする
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 249
laugh out loud at oneself: 思わず高笑いを発する
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 183
laugh out loud at ... part: 〜なんて言われて噴き出す
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 147
laugh one’s head off: 大笑いに笑う
芥川龍之介著 ボーナス訳 『河童』(Kappa ) p. 30
laugh at oneself in scorn: 一人で自分を嘲笑する
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 178
laugh as sb laughs: (人の)笑顔に答える
ディケンズ著 村岡花子訳 『クリスマス・カロル』(A Christmas Carol ) p. 66
hear one’s inner voice laugh: 内心苦笑する
フィールディング著 吉田利子訳 『秘密なら、言わないで』(Tell Me No Secret ) p. 34
have a good laugh with sb: (人と)大笑いする
フランク・マコート著 土屋政雄訳 『アンジェラの灰』(Angela's Ashes ) p. 215
have a good laugh with sb: (人を)からかって、大笑いする
フランク・マコート著 土屋政雄訳 『アンジェラの灰』(Angela's Ashes ) p. 346
groan and laugh at the same time: うなり声と笑い声とを同時に放つ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 170
get a laugh or two up one’s sleeve: うまく人を出し抜けるかどうかやってみて、ひとりでほくそ笑む
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 178
find it difficult not to laugh: 吹き出したくなるのを押える
有吉佐和子著 タハラ訳 『恍惚の人』(The Twilight Years ) p. 134
do not laugh at all: 眉一つ動かさない
chatter and drink and laugh: 酒を飲んだり笑いさざめいたりする
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 125
can just laugh off: 笑ってすませられる
アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『カリブ海の秘密』(A Caribbean Mystery ) p. 182
can hardly help laughing: 笑いをこらえるのがやっとこさだ
ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 105
can be laughed to scorn: 笑止なものだ
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 367
burst into the most raucous laugh: 腹をかかえて笑い出す
芥川龍之介著 ボーナス訳 『河童』(Kappa ) p. 15
be trying hard not to laugh: 笑いを噛み殺す
バッファ著 二宮磬訳 『弁護』(The Defense ) p. 98
allow oneself a laugh: けらけら笑う
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 306
add with a laugh: 大声で笑いながらつけくわえる
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 227
a bitter laugh of mockery breaks from the lips of younger man: 年若い男の脣から痛烈な嘲笑がほとばしりでる
ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 222
... make sb laugh: (人の)顔がほころぶ
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 210
laugh at one’s own absurdity: 自分で自分の埒のなさを笑う
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 34
actually laugh: つい笑ってしまう
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 428
actually laugh: 声をたてて笑う
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 232
laugh with unexpected affability: 案外人なつこく笑う
遠藤周作著 Gallagher訳 『海と毒薬』(The Sea and Poison ) p. 14
as sb read sb begin to laugh afresh: 読み進むにつれて新たな笑いがこみあげてくる
ロアルド・ダール著 永井淳訳 『飛行士たちの話』(Over to You ) p. 64
Suddenly, a giant, booming laugh is heard, alarmingly close to them: 突然、耳をつんざかんばかりの大きな笑い声が、驚いたことにすぐそばで聞こえる
ホフスタッター著 柳瀬尚紀訳 『ゲーデル、エッシャー、バッハ』(G_del, Escher, Bach ) p. 138
laugh at all of sb’s jokes: 冗談のひとつひとつに笑う
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 336
almost bawdy laugh: 淫らといってもいいほどの笑い
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 47
laugh aloud: 声をたてて笑う
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 185
laugh aloud: 呵々と笑う
ル・グィン著 小尾芙佐訳 『風の十二方位』(Wind's Twelve Quarters ) p. 76
laugh anyway as if one know: 知っているかのようにちょうしを合わせて笑う
フィールディング著 吉田利子訳 『秘密なら、言わないで』(Tell Me No Secret ) p. 445
As soon as Sensei appeared he began to laugh: 先生は座敷に出るや否や笑い出した
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 22
laugh with practiced artistry, trying to buff sb off: 慣れた様子で笑い、(人を)いなそうとする
デイヴィス著 酒井邦秀訳 『青銅の翳り』(Shadows in Bronze ) p. 477
The Lieutenant attempted a carefree laugh: 中尉は強いて磊落に笑った
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 133
begin to laugh: 笑い声をたてる
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 12
the booming gargle that is sb’s laugh: (人の)哄笑
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の探索』(Dragonquest ) p. 197
laugh indulgently at sb’s breach of good manners: (人の)無礼を大声で笑いだす
ル・カレ著 村上博基訳 『影の巡礼者』(The Secret Pilgrim ) p. 170
break into an easy laugh: くつろいだ笑い声が漏れる
デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『別れのシナリオ』(Death Mask ) p. 25
one’s unique, breathy hyeh-hyeh laugh: 「ひゅひゅひゅ」という(人)特有の息を吸い込むような笑い声
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 65
give a brief laugh: ふっと笑う
池澤夏樹著 デニス・キーン訳 『スティル・ライフ』(Still Lives ) p. 76
burst into one of sb’s juicy laugh: 例の豪快な笑いをほとばしらせる
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『殺人は広告する』(Murder must Advertise ) p. 100
how can you laugh: こんなときによく笑えるわね
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 241
Then she added, censoriously: "But he does laugh": それから、文句がましく、「でも、ゲラゲラ笑うのよ」
カポーティ著 龍口直太郎訳 『ティファニーで朝食を』(Breakfast at Tiffany's ) p. 66
laugh cheerfully: さわやかに笑う
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 402
choke back a mad desire to laugh: 笑いだしたくてたまらないが一生懸命がまんする
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『アンの青春』(Anne of Avonlea ) p. 117
choke back a wild desire to laugh: 大声で笑いだしたいのをようやくこらえる
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『アンの青春』(Anne of Avonlea ) p. 53
choke back a laugh: 笑いを噛み殺す
デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『そして殺人の幕が上がる』(Murder on Cue ) p. 181
choose to laugh jovially at ...: 〜を笑いとばす
ル・グィン著 小尾芙佐訳 『闇の左手』(The Left Hand of Darkness ) p. 147
laugh comfortably over ...: 〜に気をよくして笑う
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 228
give a complacent little laugh: 「ふふ」と鼻の先で笑う
谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 56
give a contemptuous laugh: こばかにした笑い声をあげる
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 210
look so solemn about it that sb do not dare to laugh: 事は重大といった顔つきでナイトがいうものだから、(人は)笑い出すわけにはいかない
ルイス・キャロル著 柳瀬尚紀訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 162
laugh in delight: おかしそうに笑いだす
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 186
laugh in delight: 声高らかに笑う
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 89
laugh delightedly: おかしそうに笑う
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 14
laugh delightedly: げらげら笑う
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 185
laugh derisively: 軽蔑したような笑い方をする
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 20
choke back a mad desire to laugh: 笑いだしたくてたまらない一生懸命がまんする
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『アンの青春』(Anne of Avonlea ) p. 117
laugh despite oneself: 思わず笑ってしまう
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 12
laugh a diffident laugh: はにかみ笑いをする
川端康成著 サイデンステッカー訳 『眠れる美女』(House of the Sleeping Beauties ) p. 66
dismissive laugh: 傍若無人な笑い
フリーマントル著 稲葉明雄訳 『亡命者はモスクワをめざす』(Charlie Muffin and Russian Rose ) p. 243
snort a dismissive laugh: 鼻でせせら笑ってみせる
フリーマントル著 稲葉明雄訳 『狙撃』(Run Around ) p. 311
laugh dutifully: お義理で笑う
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 163
laugh easily: 別に気にもしないでにこりと笑う
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『葬儀を終えて』(After the Funeral ) p. 253
give an eccentric little laugh: 何ともいえず面妖な声を立てて笑う
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 141
laugh with real enjoyment: さもおもしろそうに笑う
ル・グィン著 小尾芙佐訳 『闇の左手』(The Left Hand of Darkness ) p. 150
a fine bass laugh: よくひびく低い笑い声
ル・グィン著 小尾芙佐訳 『風の十二方位』(Wind's Twelve Quarters ) p. 76
force a laugh: むりに笑い声をたてる
デミル著 上田公子訳 『ゴールド・コースト』(Gold Coast ) p. 66
laugh at sb’s frame-up: (人が)でっちあげた濡れ衣を笑いとばす
ハメット著 小鷹信光訳 『ガラスの鍵』(The Glass Key ) p. 67
laugh with sudden freshness: 急にけらけら笑いだす
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 370
laugh gaily: うれしそう笑う
アシモフ著 小尾芙佐訳 『われはロボット』(I, Robot ) p. 23
gentle laugh: 上品な笑い
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 106
ツイート