× Q 翻訳訳語辞典
bitter   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
いまいましい
   
feel bitter at sb: 〜をいまいましく思う マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 79
きつい
   
better scent: きつい匂い レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 307
ぎくしゃく
   
have a bitter relationship with sb: (人と)の関係がぎくしゃくしている ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 488
せつない
   
the bitterest kind of a heartache: どうにもならないせつない思い ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 394
つめたい
   
the bitter wind: つめたい風 マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 135
<例文なし> マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 138
にがにがしい
   
He stared out blindly into the fog, his mouth bitter: にがにがしい口元、うつろな目で、彼は霧の奥をみつめた マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 237
ひねくれた
   
a very bitter guy: とてもひねくれた奴 サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 215
まぶしい
   
be hard as the sudden bitter glare: 急に部屋を照らした電燈のまぶしさにも似て強い響きだ カポーティ著 大澤薫訳 『草の竪琴』(The Grass Harp ) p. 32
むかっ腹を立てる
   
<例文なし> マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 111

苛酷な
   
worst I fear the bitter truth: 余がもっとも怖れるのは、苛酷な真実だ ル・グィン著 小尾芙佐訳 『闇の左手』(The Left Hand of Darkness ) p. 57
寒い
   
the night is bitter: 外は寒い セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『ナイン・テイラーズ』(The Nine Tailors ) p. 60
苦々しい
   
one’s tone seems unusually bitter: (人の)口気は珍しく苦々しい 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 74
a bitter look crosses sb’s face: 苦々しい表情が顔をよぎる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 106
激しい
   
sky and hills mingled in one bitter whirl of wind and suffocating snow: 空も丘もただ激しい颶風と息づまるような雪とに一つになって掻きまぜられている E・ブロンテ著 大和資雄訳 『嵐が丘』(Wuthering Heights ) p. 21
荒みきった
   
<例文なし> マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 40
情けない
   
be bitter as hell: 本当に情けない ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 248
辛い
   
sink in bitter thought: 辛いもの思いに沈む マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 196
bitter knowledge: 辛い思い ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 117
辛酸の
   
<例文なし> マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 49
辛辣
   
Dixon's tone was bitter as he spoke of his critics and competitors: 批判者や競争者のことを話すディクソンの口調は辛辣だった トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 128
be bitter and petty: 辛辣で心がせまい トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 269
怒っている
   
be bitter: 怒っている トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 82
頭に来た
   
be bitter: 頭に来ている オブライエン著 村上春樹訳 『本当の戦争の話をしよう』(The Things They Carried ) p. 75
悲痛な
   
Johnson's voice was low, bitter: ジョンソンの声は低く、悲痛だった マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 34
腹を立てている
   
I understand this, and I'm not bitter: それは理解できるし、腹を立てているわけでもない デミル著 上田公子訳 『ゴールド・コースト』(Gold Coast ) p. 48
冷たい
   
have the bitter face: 冷たい顔をする フランク・マコート著 土屋政雄訳 『アンジェラの灰』(Angela's Ashes ) p. 260
烈しい口調の
   
the editorial is blunt and bitter: 飾りけのない、烈しい口調の社説だ ハメット著 小鷹信光訳 『赤い収穫』(Red Harvest ) p. 23

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

sound pretty bitter: 少し酷な言いかただ
キング著 山田順子訳 『スタンド・バイミー』(Different Seasons ) p. 54
feel bitter: くさくさする
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 72
can’t be bitter: 怒る気力も湧かない
ヴィラード、ネイグル著 高見浩訳 『ラヴ・アンド・ウォー』(Hemingway in Love and War ) p. 455
bitter pathetic smile: 哀れみの苦笑
ダニング著 宮脇孝雄訳 『死の蔵書』(Booked to Die ) p. 47
be terribly bitter: 激昂する
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 111
be bitter: 気にしている
デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『そして殺人の幕が上がる』(Murder on Cue ) p. 34
through one’s bitter tears of frustration: 無念の涙をあふれさせて
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 373
this formerly bitter angry man: かつてはひねこびた乱暴者にすぎなかった男
ジョーンズ著 岸本佐知子訳 『拳闘士の休息』(The Pugilist at Rest ) p. 130
the more I think of it, The bitterer my sorrow: 考えれば考えるほど痛恨にたえないことだ
竹山道雄著 ヒベット訳 『ビルマの竪琴』(Harp of Burma ) p. 189
stare down at sb with glowing bitter eyes: 憎悪の念をみなぎらせた眼差しで(人を)睨みつける
ミルハウザー著 柴田元幸訳 『イン・ザ・ペニー・アーケード』(In the Penny Arcade ) p. 98
speak in a hushed, bitter tone: 恨みがましい低い声になる
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 112
sb’s relations with sb is extremely bitter: (人)と(人)は犬猿の仲だ
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 463
live a life of bitter losses: 喪失に満ちた人生を送る
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 13
have the bitter experience of doing: どんなに〜していたか身にしみて知っている
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 302
have nothing to feel bitter about: うらみつらみは一つもなかった
バッファ著 二宮磬訳 『弁護』(The Defense ) p. 276
feel bitter toward sb: (人のことを)憎む
山田詠美著 ジョンソン訳 『トラッシュ』(Trash ) p. 182
be bitter about sb: (人の)ことをおこる
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 228
be a bitter man to be raised by: そんな親に育てられる子供はたまったもんじゃない
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 356
a bitter and ravaged woman: 見る影もなく打ちのめされ絞りとられたひとりの女
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 24
fight on to the bitter end: 撃ちてし止まん
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 8
drink the bottle of liquor to its bitter end: とことん最後まで酒を飲む
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 430
a bitter laugh of mockery breaks from the lips of younger man: 年若い男の脣から痛烈な嘲笑がほとばしりでる
ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 222
burst into bitter sobs: 号泣する
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 103
stick by you to the bitter end: とことんまでつきあう
新井素子著 マッカンドレス訳 『ブラック・キャット』(Black Cat ) p. 65
soften one’s modicum of hard and bitter bread to such extent as one could: わずかにその苦い堅パンの味を和らげることができる
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 69
a hateful heap of bitter-odored pennies: ツンとへんなにおいのする小憎らしい一セント銅貨
カポーティ著 龍口直太郎訳 『ティファニーで朝食を』(Breakfast at Tiffany's ) p. 208
occasionally it causes sb bitter pain: 苦々しく思う折もある
夏目漱石著 マシー訳 『』(Mon ) p. 30
Personally, I think she's been bitter ever since Godspell closed: 実際、彼女『ゴッドスペル』が打ち切られたのをずっと気にしてるみたい
デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『そして殺人の幕が上がる』(Murder on Cue ) p. 34
I'm bitter and petty, right?: おれは辛辣で心がせまい、そういいたいんだろ?
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 269
sounds pretty bitter: 少し酷な言いかた
キング著 山田順子訳 『スタンド・バイミー』(Different Seasons ) p. 54
vastly more bitter: くらべものにならぬほどつらい
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 312
According to Mikhel, the old man was very bitter about you: ミケルによれば、老人がきみのことをひどくおこっていたそうだ
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 228
a well-honed sense of bitter satire: 鋭い風刺の才能
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 429
Tweet