× 翻訳訳語辞典
through   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
〜から・・にかけて
   
through March and early April: 三月から四月のはじめにかけて ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 160
〜が終わるまで
   
through the entire film: 映画が終わるまで タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 224
〜ごしに
   
through the thickness of the blanket: 分厚い毛布ごしに プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 216
through the chain-link: 鉄条網のフェンスごしに トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 166
through the buzzer intercom: インターフォンごしに トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 166
see through the glass doors to ...: ガラス戸ごしに〜に眼をやる タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 57
look through the thick mesh: ごついネットごしに眺める プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 158
leave off to look at sb through a great pair of spectacles: 手をやすめては大きな眼鏡ごしにじっと(人を)見つめる ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 93
<例文なし> トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 11
〜によって
   
through deliberate, sadistic malice: 故意の嗜虐行為によって クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 565
〜にわたって
   
through Wednesday and Thursday: 水曜と木曜の両日にわたって レンデル著 小尾芙佐訳 『ロウフィールド館の惨劇』(A Judgement in Stone ) p. 261
〜に隠れて
   
through the trees: 樹々に隠れて 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 208
〜に分け入って
   
slide on through ...: 〜に分け入って進む マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 75
〜のあいだから
   
<例文なし> マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 203
〜のあいだをとびぬける
   
whistle through ...: キューンとうなりをあげて〜のあいだをとびぬける マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 336
〜のむこう
   
sb’s eyes probe through the swirling snow: まきあがる雪のむこうをにらむ マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 203
〜の外に
   
gaze out through ...: 〜の外に視線をこらす マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 29
〜の世話で
   
get sth through one’s old friend: 旧友の世話で、(物を)手に入れる スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 62
〜の名の下に
   
through military procurement: 軍事調達の名の下に サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 256
〜をくぐり
   
through the drifting smoke of the guns: ただよう砲煙をくぐり マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 450
〜をすかし
   
gaze out through ... at ...: 〜をすかし〜をみつめる マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 24
〜をすかしみると
   
<例文なし> マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 261
〜をついて
   
through the falling snow and intensely heavy fire: 降る雪と猛烈な砲火をついて マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 387
roll on through ...: 〜をついて疾航する マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 372
〜をやぶって
   
through the thick bank of fog: 濃い霧の帳をやぶって、 北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 76
〜を介して
   
speak to sb through an interpreter: 通訳を介して(人に)話す プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 170
〜を介する
   
<例文なし> デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 203
〜を割って
   
push one’s way through the curtains: カーテンを割ってはいる マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 35
〜を潜る
   
〜を通る
   
half-carry sb through sth: 抱きかかえるようにして〜を通る マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 203
〜を透かして
   
through the cigarette smoke: 立ちこめるたばこの煙を透かして プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 246
〜を抜ける
   
stumble through ... on to ...: よろよろと〜を抜けて、〜にあがる マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 371
〜を縫って
   
slam through the traffic on bike: 車の流れを縫って自転車で走りまわる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 196
〜を浴びて
   
tread through the path of light: 光を浴びて歩く トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 122
〜を裂いて
   
be flying through the air: 空を裂いてとぶ オローク著 芝山幹郎訳 『楽しい地獄旅行』(Holidays in Hell ) p. 149
〜越しに
   
look at sb through one’s glasses: メガネ越しに(人を)見る ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 509
<例文なし> メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 43
〜内に
   
echo through the ship: 艦内にひびきわたる マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 89

あいだ
   
weep all through ...: 〜のあいだ泣きどおしに泣く ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 417
あびながら
   
through the dust: 土埃をあびながら ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 318
かきわける
   
through the curtain: カーテンをかきわけて スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 45
から
   
go out through the back door: 勝手口から表へ出る 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 141
きちんと
   
to think things through: 物事をきちんと考える 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『ノルウェーの森』(Norwegian Wood ) p. 131
くぐりぬけ
   
be through the glass: 鏡をくぐりぬける ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 22
くぐる
   
through the door: ドアをくぐる ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 295
ごしに
   
through the rain-streaked window: 雨の伝う窓ごしに 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 94
through the curtains: カーテンごしに ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 77
through sth: 〜ごしに デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 40
じっと
   
think through: じっと考える 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『ノルウェーの森』(Norwegian Wood ) p. 227
じゅうに
   
through the house: 家じゅうに トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 99
すっかり見おわる
   
by the time we’re through: すっかり見おわるころには アシモフ著 小尾芙佐訳 『われはロボット』(I, Robot ) p. 41
つらぬく
   
a sudden spurt of electricity course through one’s body: (人は)突然ほとばしりでた電流が身体をつらぬいていくのを感じる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 230
とことん
   
talk sth through: (物事を)とことん話し合う ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 227
どこまでも
   
see things through: どこまでも自分でやる クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 456
ながらに
   
find oneself smiling through one’s tears: 気がつくと、(人は)涙ながらに微笑んでいる デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『別れのシナリオ』(Death Mask ) p. 91
のなかにつづく
   
<例文なし> ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 169
のゆえ
   
it is through certain words of one’s that ...: 〜になったのもひとえに(人の)ことばのゆえ ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 89
まで
   
get through this: 最後までちゃんと言える トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 27
もうずっと
   
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 78
をついて
   
through the fog: 霧をついて ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 286

  一気に
   
do not play the music through: その楽曲を一気に演奏するわけではない マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の歌い手』(Dragonsinger ) p. 181
陰から
   
through one’s cigar smoke: 葉巻の煙の陰から サリンジャー著 野崎孝訳 『フラニーとゾーイー』(Franny and Zooey ) p. 147
越しに
   
come faintly through the voices of the bells: 鐘の声越しにかすかに聞こえてくる セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『ナイン・テイラーズ』(The Nine Tailors ) p. 59
介して
   
through Tymnet: タイムネットを介して ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 280
繰る
   
look through a binder with photographs of sth: バインダーを繰って〜の写真を眺める カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 119
効かない
   
be through with sb: もう効かない ボイル著 柳瀬尚紀訳 『ケロッグ博士』(The Road to Wellville ) p. 244
向こうに
   
through the glass: ガラスの向こうに カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 160
考える
   
think ... through: 筋道たてて考える トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 83
済む
   
through dinner: 食事が済む メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 50
使って
   
through habits of speech that are nonessential: さしたる意味もない慣用語を使って アシモフ著 小尾芙佐訳 『夜明けのロボット』(Robots of Dawn ) p. 61
次々と
   
helplessly hunt through a set of untidy bookshelves: 乱雑な本棚を次々と空しく捜し回っている セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『ナイン・テイラーズ』(The Nine Tailors ) p. 50
失格で
   
be through: 人間失格だ ミルハウザー著 柴田元幸訳 『イン・ザ・ペニー・アーケード』(In the Penny Arcade ) p. 118
吹きこむ
   
a fierce through draught: 吹きこむ強い風 マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 408
潜る
   
get through the doorway: 入口を潜る メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 77
中を
   
rummage through a drawer: 引き出しの中をごそごそとかきまわす カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 227
mash one’s way through the thick mud: 深い泥濘の中をあえいでいる ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 14
go through one’s purse: ハンドバックの中を探す カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 216
follow the winding path through the grove until ...: 植込の中を一うねりして奥へ上がると〜だ 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 70
通りぬける
   
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 175
透かして
   
through ...: 〜を透かして ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 114
濡れ
   
walk side by side through the rain: 雨に濡れ(人と)肩を並べて歩きながら ル・グィン著 小尾芙佐訳 『闇の左手』(The Left Hand of Darkness ) p. 93
病状が進んでいる
   
be pretty far through: 病状はよほど進んでいる マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 83
負う
   
largely through the sufferance of sb: (人の)寛容に負うところが大きい トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 15
縫うように
   
hand sb through the space between the tables: (人の)手を引いて席のあいだを縫うように進む マキューアン著 宮脇孝雄訳 『異邦人たちの慰め』(The Comfort of Strangers ) p. 64
無事に務める
   
get sb through the run: (人は)役を無事に務めることができる デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『そして殺人の幕が上がる』(Murder on Cue ) p. 14
Tweet