× Q 翻訳訳語辞典
through   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
〜から・・にかけて
   
through March and early April: 三月から四月のはじめにかけて ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 160
〜が終わるまで
   
through the entire film: 映画が終わるまで タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 224
〜ごしに
   
through the thickness of the blanket: 分厚い毛布ごしに プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 216
through the chain-link: 鉄条網のフェンスごしに トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 166
through the buzzer intercom: インターフォンごしに トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 166
see through the glass doors to ...: ガラス戸ごしに〜に眼をやる タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 57
look through the thick mesh: ごついネットごしに眺める プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 158
leave off to look at sb through a great pair of spectacles: 手をやすめては大きな眼鏡ごしにじっと(人を)見つめる ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 93
<例文なし> トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 11
〜によって
   
through deliberate, sadistic malice: 故意の嗜虐行為によって クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 565
〜にわたって
   
through Wednesday and Thursday: 水曜と木曜の両日にわたって レンデル著 小尾芙佐訳 『ロウフィールド館の惨劇』(A Judgement in Stone ) p. 261
〜に隠れて
   
through the trees: 樹々に隠れて 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 208
〜に分け入って
   
slide on through ...: 〜に分け入って進む マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 75
〜のあいだから
   
<例文なし> マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 203
〜のあいだをとびぬける
   
whistle through ...: キューンとうなりをあげて〜のあいだをとびぬける マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 336
〜のむこう
   
sb’s eyes probe through the swirling snow: まきあがる雪のむこうをにらむ マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 203
〜の外に
   
gaze out through ...: 〜の外に視線をこらす マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 29
〜の世話で
   
get sth through one’s old friend: 旧友の世話で、(物を)手に入れる スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 62
〜の名の下に
   
through military procurement: 軍事調達の名の下に サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 256
〜をくぐり
   
through the drifting smoke of the guns: ただよう砲煙をくぐり マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 450
〜をすかし
   
gaze out through ... at ...: 〜をすかし〜をみつめる マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 24
〜をすかしみると
   
<例文なし> マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 261
〜をついて
   
through the falling snow and intensely heavy fire: 降る雪と猛烈な砲火をついて マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 387
roll on through ...: 〜をついて疾航する マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 372
〜をやぶって
   
through the thick bank of fog: 濃い霧の帳をやぶって、 北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 76
〜を介して
   
speak to sb through an interpreter: 通訳を介して(人に)話す プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 170
〜を介する
   
<例文なし> デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 203
〜を割って
   
push one’s way through the curtains: カーテンを割ってはいる マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 35
〜を潜る
   
〜を通る
   
half-carry sb through sth: 抱きかかえるようにして〜を通る マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 203
〜を透かして
   
through the cigarette smoke: 立ちこめるたばこの煙を透かして プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 246
〜を抜ける
   
stumble through ... on to ...: よろよろと〜を抜けて、〜にあがる マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 371
〜を縫って
   
slam through the traffic on bike: 車の流れを縫って自転車で走りまわる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 196
〜を浴びて
   
tread through the path of light: 光を浴びて歩く トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 122
〜を裂いて
   
be flying through the air: 空を裂いてとぶ オローク著 芝山幹郎訳 『楽しい地獄旅行』(Holidays in Hell ) p. 149
〜越しに
   
look at sb through one’s glasses: メガネ越しに(人を)見る ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 509
<例文なし> メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 43
〜内に
   
echo through the ship: 艦内にひびきわたる マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 89

あいだ
   
weep all through ...: 〜のあいだ泣きどおしに泣く ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 417
あびながら
   
through the dust: 土埃をあびながら ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 318
かきわける
   
through the curtain: カーテンをかきわけて スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 45
から
   
go out through the back door: 勝手口から表へ出る 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 141
きちんと
   
to think things through: 物事をきちんと考える 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『ノルウェーの森』(Norwegian Wood ) p. 131
くぐりぬけ
   
be through the glass: 鏡をくぐりぬける ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 22
くぐる
   
through the door: ドアをくぐる ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 295
ごしに
   
through the rain-streaked window: 雨の伝う窓ごしに 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 94
through the curtains: カーテンごしに ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 77
through sth: 〜ごしに デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 40
じっと
   
think through: じっと考える 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『ノルウェーの森』(Norwegian Wood ) p. 227
じゅうに
   
through the house: 家じゅうに トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 99
すっかり見おわる
   
by the time we’re through: すっかり見おわるころには アシモフ著 小尾芙佐訳 『われはロボット』(I, Robot ) p. 41
つらぬく
   
a sudden spurt of electricity course through one’s body: (人は)突然ほとばしりでた電流が身体をつらぬいていくのを感じる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 230
とことん
   
talk sth through: (物事を)とことん話し合う ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 227
どこまでも
   
see things through: どこまでも自分でやる クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 456
ながらに
   
find oneself smiling through one’s tears: 気がつくと、(人は)涙ながらに微笑んでいる デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『別れのシナリオ』(Death Mask ) p. 91
のなかにつづく
   
<例文なし> ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 169
のゆえ
   
it is through certain words of one’s that ...: 〜になったのもひとえに(人の)ことばのゆえ ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 89
まで
   
get through this: 最後までちゃんと言える トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 27
もうずっと
   
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 78
をついて
   
through the fog: 霧をついて ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 286

一気に
   
do not play the music through: その楽曲を一気に演奏するわけではない マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の歌い手』(Dragonsinger ) p. 181
陰から
   
through one’s cigar smoke: 葉巻の煙の陰から サリンジャー著 野崎孝訳 『フラニーとゾーイー』(Franny and Zooey ) p. 147
越しに
   
come faintly through the voices of the bells: 鐘の声越しにかすかに聞こえてくる セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『ナイン・テイラーズ』(The Nine Tailors ) p. 59
介して
   
through Tymnet: タイムネットを介して ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 280
繰る
   
look through a binder with photographs of sth: バインダーを繰って〜の写真を眺める カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 119
効かない
   
be through with sb: もう効かない ボイル著 柳瀬尚紀訳 『ケロッグ博士』(The Road to Wellville ) p. 244
向こうに
   
through the glass: ガラスの向こうに カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 160
考える
   
think ... through: 筋道たてて考える トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 83
済む
   
through dinner: 食事が済む メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 50
使って
   
through habits of speech that are nonessential: さしたる意味もない慣用語を使って アシモフ著 小尾芙佐訳 『夜明けのロボット』(Robots of Dawn ) p. 61
次々と
   
helplessly hunt through a set of untidy bookshelves: 乱雑な本棚を次々と空しく捜し回っている セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『ナイン・テイラーズ』(The Nine Tailors ) p. 50
失格で
   
be through: 人間失格だ ミルハウザー著 柴田元幸訳 『イン・ザ・ペニー・アーケード』(In the Penny Arcade ) p. 118
吹きこむ
   
a fierce through draught: 吹きこむ強い風 マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 408
潜る
   
get through the doorway: 入口を潜る メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 77
中を
   
rummage through a drawer: 引き出しの中をごそごそとかきまわす カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 227
mash one’s way through the thick mud: 深い泥濘の中をあえいでいる ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 14
go through one’s purse: ハンドバックの中を探す カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 216
follow the winding path through the grove until ...: 植込の中を一うねりして奥へ上がると〜だ 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 70
通りぬける
   
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 175
透かして
   
through ...: 〜を透かして ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 114
濡れ
   
walk side by side through the rain: 雨に濡れ(人と)肩を並べて歩きながら ル・グィン著 小尾芙佐訳 『闇の左手』(The Left Hand of Darkness ) p. 93
病状が進んでいる
   
be pretty far through: 病状はよほど進んでいる マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 83
負う
   
largely through the sufferance of sb: (人の)寛容に負うところが大きい トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 15
縫うように
   
hand sb through the space between the tables: (人の)手を引いて席のあいだを縫うように進む マキューアン著 宮脇孝雄訳 『異邦人たちの慰め』(The Comfort of Strangers ) p. 64
無事に務める
   
get sb through the run: (人は)役を無事に務めることができる デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『そして殺人の幕が上がる』(Murder on Cue ) p. 14

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

walk through ...: (場所)を横切っていく
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 116
thumb through: パラパラとめくる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 85
through this exercise: そうするうちに
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 93
through the window: 窓越しに
through the village: 村道を
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 22
through the trees: 木の間がくれに
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 136
through the sky: 空をきって
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 26
through the night: 夜な夜な
ウィンターソン著 岸本佐知子訳 『さくらんぼの性は』(Sexing The Cherry ) p. 41
through the goats: やぎの群れをつっきるときは
オローク著 芝山幹郎訳 『楽しい地獄旅行』(Holidays in Hell ) p. 133
through sb: (人を)動かして
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 204
through one’s system: 自分流のやりかたで
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 115
through and through: いかにも
川端康成著 サイデンステッカー訳 『雪国』(Snow Country ) p. 24
through and through: 心底から
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ナイルに死す』(Death on the Nile ) p. 74
through a yawn: あくびを噛み殺しながら
マキューアン著 宮脇孝雄訳 『異邦人たちの慰め』(The Comfort of Strangers ) p. 109
through ...: 〜の向うに
ル・グィン著 小尾芙佐訳 『風の十二方位』(Wind's Twelve Quarters ) p. 76
sweep through sb: (人の)全身をつらぬく
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 168
see through sb: (人の)手の内を見ぬく
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 228
see through sb: (人を)見抜く
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 140
see through people: 人をよく見ている
キング著 山田順子訳 『スタンド・バイミー』(Different Seasons ) p. 287
see through: 行くところまで行く
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 86
see sb through: (人と)つきあう
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 269
rush through ...: あわてて雑に〜する
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 149
ride through: ひた走る
マイケル・オンダーチェ著 土屋政雄訳 『イギリス人の患者』(The English Patient ) p. 283
poke through: 顔をのぞかせる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 84
make it through: うまくやる
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 128
look through ...: のぞきこむ
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 63
I’m through: これ以上お話したくないね
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ナイルに死す』(Death on the Nile ) p. 393
halfway through fall: 秋も深まったころ
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 129
halfway through: 半ばを過ぎると
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 150
go through the door: 踏みこむ
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 98
go through: おさらいする
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 125
get through life: 世渡りをする
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 210
get through: 重態を切り抜ける
E・ブロンテ著 大和資雄訳 『嵐が丘』(Wuthering Heights ) p. 55
filter through: 網目から出てくる
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 165
drift through: ゆっくり走りぬけていく
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 181
come through almost unscathed: 息災だ
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 91
breeze through life: ごまかしながら世渡りをする
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 216
break through: 打ち破る
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 85
bills come through: 請求書がまわってくる
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 231
be worked through: 努力すればうまくいく
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 270
be very thorough: 行き届いている
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 62
be through that: そういう段階を過ぎる
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 8
be through ...: 〜を経験する
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 384
be through: お役ごめんだ
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 200
be through: けりがつく
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 197
be through: 手があく
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 71
work oneself through the crowd to do: 群がるファンをかきわけて〜する
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 175
with a view of the sky through a hole in the roof: てっぺんにあいた穴から空を見上げながら
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 231
what one have been through: どんな目に会ってきたか
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 91
walk through the gate: ゲートをくぐる
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 315
walk through the entire place: 家の中をひととおり歩く
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 417
walk right through sth as one do ...: (物)の山を踏みわけて〜する
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 60
walk all the way through ... over to ...: (場所)を突っ切って〜まで歩いて行く
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 186
wade knee-deep through ...: (人の)あいだに足をはこぶ
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 215
use one hand to make a path through the crowd to ...: 手で人込みをかきわけながら〜へにじりよっていく
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 230
trace through family trees: 家系を通じて伝わる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 147
throw a ball through the home-plate screen: 投げた球がバックネットを突き破る
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 184
through the second half of July and all of August: 七月の後半から八月の末にかけて
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 234
through the intercom system one ask who it is: インターフォンに向かって、どなた、と訊く
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 337
through the crowd of passengers: 人と人の間から
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 107
through sb, get involved in the study of religion: (人の)影響で宗教にのめり込む
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 294
through every kind of ...: さまざまな〜があった
through a stroke of fate: 偶然とはいいながら
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 84
through a handy open door: うまく開いている戸があったので
デイヴィス著 酒井邦秀訳 『青銅の翳り』(Shadows in Bronze ) p. 192
the wind sweeping through one’s fine hair: 風に吹かれてまだ細い毛がさらさら揺れる
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 149
the way sb run sb’s fingers through sb’s hair: 髪に指を走らせるしぐさ
クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 298
the deal had not gone through: その話は流れてしまった
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 122
the breeze whisks through ...: なぶるような風が、〜を通りすぎる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 156
the alcohol seems to course through sb’s veins far faster than usual: 酔いはいつもよりもずっと早く回ってきているようだ
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 223
take sb through ... briefly: 手みじかに〜をきかせる
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 274
take sb’s part right through: すっかり(人の)肩をもつ
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 171
stroke the rich fur through one’s fingers: ふんわりした毛皮を撫でさする
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 150
straight through the door: ドアごしに
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 351
sth see sb through: 〜のおかげ(人は)何とか落ち込まずに済んでいる
start to run out through one’s gate: 走るようにして門の外に出て行く
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 81
spill out through ...: 〜から洩れる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 153
speak through evident pain: 痛みをこらえながら話をしている
マキューアン著 宮脇孝雄訳 『異邦人たちの慰め』(The Comfort of Strangers ) p. 74
someone’s persistence got sb through with a question about ...: 〜かと執拗に食い下がる者がいた
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 224
slowly and in single file, one make one’s way through ...: 一列になってそろそろ〜を通り抜ける
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 220
show sb through the place: (人に)家のなかを案内する
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 112
send sth sailing through the air: ひょいと空に放り投げる
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 157
send a charge through the circuits: 回路全体に通電してやる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 370
say through one’s grin: 笑顔でいう
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 379
run a hand through one’s hair: 髪を撫でる
宮部みゆき著 アルフレッド・バーンバウム訳 『火車』(All She Was Worth ) p. 417
right through the weekend: 今週いっぱい
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 111
resolve to see the difficult period through: 嵐に耐え抜く覚悟をする
イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 252
read through all ...: 一通り読んでおく
丸谷才一著 デニス・キーン訳 『横しぐれ』(Rain in the Wind ) p. 22
quickly read ... through: 〜にちょっと眼を通す
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 256
put the ring back down after one is through: おしっこをしたあとで水洗のコックをもどす
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 154
put sth right through ...: 〜で蹴りを入れる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 90
put it through it’s cycle: サイクルをひとわたり調べる
ディック著 小尾芙佐訳 『火星のタイム・スリップ』(Martian Time-Slip ) p. 104
push one’s hand through one’s hair: 手で髪をなでる
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 84
push a pen through so many letters to get the thing done: サインひとつするのに、こんなにたくさんの文字を並べる
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 168
poke one’s head timidly in through the door: ドアの隙間から(人が)こわごわと顔をのぞかせる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 123
plough through the woods: 雑木林をかきわけて前進する
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 167
people flipping through paperbacks and magazines: 立ち読みの人々
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 19
pass through sb’s heart: 胸をゆききしている
川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 212
pace back and forth through the house: 家のなかをぐるぐると歩きまわる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 173
one’s orgasm rip through one: はげしいオルガスムスに全身をひきちぎられる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 135
one’s list of ... has a line through every item: 〜が頭のなかで整然と一覧表になっている
on the path that leads through a little wood to ...: (場所に)むかう雑木林の道で
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 11
midway through the game: 試合の中盤を過ぎたあたりで
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 289
may have to work through the night: 今晩は徹夜になりそうだ
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 83
march through A to B: Aを大股で横切り、Bに向かう
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 268
march doggedly through the rooms: 部屋から部屋をかたくなに歩きまわる
レンデル著 小尾芙佐訳 『ロウフィールド館の惨劇』(A Judgement in Stone ) p. 191
make a short mm sound through a half smile: 曖昧な笑みを浮かべ、「そうなの」と生返事をする
マキューアン著 宮脇孝雄訳 『異邦人たちの慰め』(The Comfort of Strangers ) p. 16
make a beeline through ...: 〜を横切る
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 23
look through to ...: 〜まで見通しである
川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 37
look through the glass: ガラス窓の外を見る
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 280
lines drawn through sth: 〜斜線で消されてる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 148
leave off to look at sb through a great pair of spectacles: その手を休めては大きな眼鏡の奥から(人を)眺める
ルイス・キャロル著 柳瀬尚紀訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 101
it takes a long time getting through: 話が通じるまでずいぶんかかる
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 269
it takes a deal of extra wet-towelling to pull sb through the night: むしろ徹夜をするので、例のぬれタオルの必要はいよいよ度重なる
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 248
it is indeed through sb that safety came: それがもとで、みなを救ったのは、(人)ということになる
スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 108
is this getting through ... ?: 話がちゃんとわかってるの?
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 163
if one could only make it through the night there is a chance: 今晩の夜中からあけがたにかけてが峠だ
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 202
having gone through that kind of experience: 二度の体験にこりて
丸谷才一著 デニス・キーン訳 『横しぐれ』(Rain in the Wind ) p. 94
have been through too much: あまりに多くを一挙に味わった
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 221
have been through several family deaths before: それまでにいくつかの家族の死をくぐりぬけてきた
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 532
have a struggle to make ends meet through the dole days: 失業給付を受けながら生活のやりくりをしてゆく
シリトー著 河野一郎訳 『長距離走者の孤独』(The Loneliness of the Long-Distance Runner ) p. 174
grunt through a mouthful of blood: 口から血をあふれさせながらうめく
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 322
go through with it: とことんやる
ハメット著 小鷹信光訳 『赤い収穫』(Red Harvest ) p. 81
go through the tortuous ritual: 拷問のような儀式の真っ最中
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 150
go through the same routine: おなじ経過をくりかえす
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 160
go through the crowd: 群衆のあいだを駆け抜けていく
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 233
get through life with ...: 〜があれば、生きていける
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 339
gate open for all to pass through: ばーんと門を開く
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 52
fresh breeze come to sweep through sb: 新しい風みたいなものが体内をかけめぐる
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 93
follow through on sb’s suggestion: (人の)考えに従う
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 157
fly forward in an arc through the air: 円弧を描きながら前方に飛んでいく
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 161
flit through one’s head: ふいに思い出す
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 14
flick rapidly through ...: 〜のページをあわただしくめくる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 140
fire flashes through sth: 火は〜をなめる
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 151
fire all XX bullets back through the door: ドアの内側からありったけのXX発を撃ち返す
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 40
feel the electricity whip through sb: 電流が全身をつらぬく感覚をおぼえる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 230
feel anger drilling through sb: 全身をつらぬくような怒りをおぼえる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 165
feel all the old excitement sweeping through sb: あのなつかしい昂奮が身体を駆け抜けていく
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 238
during the spring through autumn of 19XX: 19XX年の春から秋にかけて
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 429
drive through the streets of ...: 車は〜の街を抜けていく
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 134
drive the thing through ...: 〜に突っ込む
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 185
drink through the night: 飲み明かす
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 151
cry all through ...: 〜の間じゅう泣き通す
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 216
course through the rooms at a dead run: 全速力で、部屋をつぎからつぎへと駆けめぐる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 319
continue on through ...: 〜を突き破っても止まらない
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 195
communicate through little megaphones: 小さなメガホンを手にして、あれこれやりとりする
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 172
come through to sb: ちかりと(人の)脳裡にひらめく
井上靖著 横尾・ゴールドスタイン訳 『猟銃』(The Hunting Gun ) p. 55
come through the door: ドアをあけて〜に足を踏み入れる
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 256
come running wildly through the wood: すごい勢いで森をつっきってくる
ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 85
carry a thing through somehow: どうかこうかやりとげる
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『アンの青春』(Anne of Avonlea ) p. 18
can throw ... through ...: 〜より速く〜を投げられる
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 208
can get through to sb: 話があっけなく通じる
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 48
can best be refound through solitude: 〜を再び見付けるのには一人になるのが一番いい
リンドバーグ夫人著 吉田健一訳 『海からの贈物』(Gift from the Sea ) p. 42
breathe harshly through one’s mouth: ぜいぜいとあえぐ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 280
bellow through the speakers: (人の)耳をスピーカーから流れ出る声がつんざく
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 230
be through with sth: 愛想がつきる
ボイル著 柳瀬尚紀訳 『ケロッグ博士』(The Road to Wellville ) p. 564
be through with sb: (人と)別れる
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 432
be through with doing: 〜しなくてすむ
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 309
be through a lot: それなりに苦労する
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 108
be not through sb’s efforts: (人の)力ではない
川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 235
be honest through it all: 包み隠さず語る
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 212
be halfway through a roundhouse punch: 大きなフックをかまそうとする
デミル著 上田公子訳 『ゴールド・コースト』(Gold Coast ) p. 25
all through one’s public career: 公職についてこの方
デイヴィス著 酒井邦秀訳 『青銅の翳り』(Shadows in Bronze ) p. 309
all the stages have been gone through: あれこれといろんな段階をとおりすぎる
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 55
a gust of wind kicks through the air: 一陣の風が夜空を渡る
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 155
a call through from ...: 〜から電話がかかってくる
サリンジャー著 野崎孝訳 『フラニーとゾーイー』(Franny and Zooey ) p. 66
go through the 3rd degree with ...: 〜のことで拷問のような尋問責めにあう
ヴィラード、ネイグル著 高見浩訳 『ラヴ・アンド・ウォー』(Hemingway in Love and War ) p. 99
see through sb’s well-meant lie about ...: (人が)よかれと思って口にした〜云々の嘘を見抜く
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『五匹の赤い鰊』(The Five Red Herrings ) p. 169
about halfway through one’s second beer: 二杯目のビールの途中で
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 65
access sth through ...: 〜を通して手に入れる
宮部みゆき著 アルフレッド・バーンバウム訳 『火車』(All She Was Worth ) p. 33
act through sb: (人)を介して手をまわす
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 72
be advantage of handling products through a first-rate distributor: 一流代理店をとおした英国物の強みだ
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 114
feel a great wave of affection pass through one: 懐かしさを覚える
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 45
after the follow-through: フォロースルーに入ると
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 292
after a period of groping one’s way through the darkness: 暗中模索の末に
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 12
be provided through the unlikely agency of sb: あろうことか(人の)世話で確保できる
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 153
one’s only choice is to intimidate sb not through acts of aggression but through acts of endurance: せめてもの意趣返しに、腕ずくではなく、忍耐力によって、敵を震えあがらせる
ウィンズロウ著 東江一紀訳 『カリフォルニアの炎』(California Fire and Life ) p. 239
see years of agony ripple through one’s facial muscles: 積年の苦悶が(人の)顔を細かく、さざ波のようにひきつらせる
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 356
through the grace of an informal agreement: 黙認のかたちながら
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 20
walk through the humid night air: むしあつい夜を歩く
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 11
a waft of fresh air sweeps through ...: 涼しい風が吹き込む
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 94
cut through invisible airborne sediments of time: 大気の中にふくまれた目に見えぬ時の断層をすりぬける
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』(Hard-Boiled Wonderland and The End of The World ) p. 31
go through all the ...: 〜をかたっぱしから読みあさる
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 33
peer in through all the ground-floor windows in turn: 一階の窓という窓から順繰りに覗く
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『五匹の赤い鰊』(The Five Red Herrings ) p. 56
haven’t thought it all the way through: そこまでの読みはなかった
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 512
walk around in circles through innumerable little alleys: 露地を抜けたり、横町を曲がったりぐるぐる歩き回る
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 164
and go through the list: またあとを読みつづける
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 177
the lamplight struggle out through the fog, and one looks at one’s watch: 霧をとおしてかすかに洩れるランプの光を頼りに(人は)時計に眼をやる
ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 215
get through another day: また一日をしのぐ
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 70
another memory have broken through: 新たな記憶がまざまざと姿をあらわしていた
クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 317
roll on through another generation or two: 一世代か二世代にわたって引きつがれる
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 274
go through an anticlimactic wedding ceremony: 今更ながらの結婚式をあげる
ル・カレ著 村上博基訳 『リトル・ドラマー・ガール』(The Little Drummer Girl ) p. 52
learn to sleep through anything: 何事があっても目をさまさない習慣が身につく
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロシア皇帝の密約』(A Matter of Honour ) p. 249
see through outward appearances to the heart of things: (人の)目が事象の背後を透視し、その本質を見ぬく
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 168
take huge arcs through chunks of ...: 〜のあちらへとびこちらへとぶ
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 261
argue one’s way through ...: 押し問答しながら〜をくぐってはいる
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 131
shove one’s arm through sb’ to support oneself: (人の)腕に腕をからめてすがる
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 233
arrogant stride through ...: 〜で大胆にふるまっている
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 108
shoot oneself through with an arrow: われとわが身を矢で射抜く
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 139
ask sb through one’s smirk: にたにた笑いながら(人に)きく
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 241
be blown through guilt by association: 連帯した相手を見れば、にわかにうさん臭いものに変わってしまう
エルロイ著 二宮磬訳 『ビッグ・ノーウェア』(The Big Nowhere ) p. 174
plummet back through the atmosphere: 大気圏を落下
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 82
simply carry through the same attitude: 頑なな態度を一切崩さない
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 221
have been through awesome times: さまざまな境涯を潜り抜けてきた
スティーヴン・キング著 池央耿訳 『暗黒の塔 I・ガンスリンガー』(The Gunslinger ) p. 234
go back and forth through the hoop: 否定したり肯定したり煩いつづける
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 12
jump backwards through the hoop: いい返事はしない
フリーマントル著 稲葉明雄訳 『狙撃』(Run Around ) p. 15
let the warm sun bake one through: 暖かい太陽の光を真向うから浴びる
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ナイルに死す』(Death on the Nile ) p. 174
the wind soughing through bamboo forests: 竹藪を抜けて渡る風の笛
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 106
bang through the file drawers: ファイル・キャビネットの引き出しをいくつも開け閉めしてさがしまわる
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 314
barely scrape one’s way through high school: 高校だけはなんとか卒業する
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 278
be bearable only through love.: 愛によってはじめて能くこれを負うことがでる
セーガン著 池央耿・高見浩訳 『コンタクト』(Contact ) p. 351
beating rain has endured through the night: 夜中、性こりもなく強い雨がつづいた
オー・ヘンリ著 飯島淳秀訳 『オー・ヘンリー傑作集』(41 Stories ) p. 172
the more one has to go through because of sth: 〜に苦労を強いられれば強いられるほど
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 286
the perimeter line runs through the bedroom: 寝室のど真ん中を境界線を走る
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 189
I'd been through that before: そういう段階はもうとうに過ぎている
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 8
be passing through in dumb show before sb: (人の)眼前を黙劇のように通りすぎてゆく
ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 187
he ... began methodically turning through the entries until he had extracted some half dozen: ピムは・・・綴じ込みを順序よくめくり、いくつかを抜き出した
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 182
belt through ...: 〜を駆け抜けていく
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 323
do one’s best to carry one’s child through a world that ...: 子供をかかえたまま、〜の世界を、なんとかくぐり抜ける
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 356
pass bewilderedly through ...: (〜で)しばらくうろうろする
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 146
I gather through the grapevine that you are a bigshot now: 風のうわさでは、いまや偉いさんだそうじゃないか
イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 265
a tiny bit of light come through ...: 〜を通して明かりがかすかにさしこむ
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 74
through one’s bitter tears of frustration: 無念の涙をあふれさせて
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 373
blazing pain that slices through one’s chest: (人の)胸を切りさいなむ焼けるような苦痛
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 322
blow through long pipes of reed or brass: 細長い蘆笛か真鍮の笛を吹きならす
ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 198
blow through one: 体内を吹き荒れる
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 30
blow through one’s nose like a fog-horn: 霧笛のように鼻を鳴らし
スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 13
blow through luscious palm tree: 椰子の木を気だるく揺らす
ダニング著 宮脇孝雄訳 『死の蔵書』(Booked to Die ) p. 133
blow through: そっと吹きぬけていく(微風)
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 369
blunder through the corner of a legend: 伝説の世界にさまよいこむ
ル・グィン著 小尾芙佐訳 『風の十二方位』(Wind's Twelve Quarters ) p. 41
blur through sth: (物事で)頭がぼうっとなる
バック著 五木寛之訳 『かもめのジョナサン』(Jonathan Livingston Seagull ) p. 16
through the board: 板壁ごしに
E・ブロンテ著 大和資雄訳 『嵐が丘』(Wuthering Heights ) p. 85
ツイート