× Q 翻訳訳語辞典
man   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
おいおい
   
Man, that hurts me: おいおい、泣けてくるぜ、まったく レナード著 高見浩訳 『ラム・パンチ』(Rum Punch ) p. 321
おじさん
   
Come on, man she's lying: ちょっと、おじさん・・・彼女が嘘をついてるってこと、わかんないんですか? タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 135
おっさん
   
Don't fuck around, men: ざけんじゃねえよ、おっさん トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 180
おやじ
   
Hey, man what the hell were you doing just now?: ヘイ、おやじ、さっきは何してたんだよ? トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 272
お客さん
   
<例文なし> タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 122
さあ
   
<例文なし> オブライエン著 村上春樹訳 『ニュークリア・エイジ』(The Nuclear Age ) p. 188
つく
   
man the tubes: 発射管につく マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 314
なあ
   
Just BE, man: ただこうやっていりゃあ、それでいいんだよ、なあ。 フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 74
<例文なし> レナード著 高見浩訳 『ラム・パンチ』(Rum Punch ) p. 9
なんですって
   
Man, you hear yourself?: なんですって、正気で言ってるんですかい? レナード著 高見浩訳 『ラム・パンチ』(Rum Punch ) p. 385
にいちゃん
   
Hey man: よう、にいちゃん プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 331
ほう
   
senior man: 年配のほう クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 391
まったく
   
man it’s stuff like this that really bugs me: まったくコレだからいやになるんだ 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 229
もの
   
any man worth one’s salt: 役に立つもの 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 111
やつ
   
huge man: すっごく大きなやつ プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 368
good man: できるやつ クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 385
やばいな
   
Man, he won’t like that: やばいな、あいつはぶんムクれるぜ レナード著 高見浩訳 『ラム・パンチ』(Rum Punch ) p. 24
れっきとしたおとなの男
   
comport oneself like a man: れっきとしたおとなの男のようにふるまう キング著 山田順子訳 『スタンド・バイミー』(Different Seasons ) p. 301

オトコ
   
it’s not always easy being a man: オトコの人生というのはやはりいろいろときびしいものだ 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 260
ボーイさん
   
get to work, man: ボーイさん、仕事にかかって タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 66

御方
   
notable man: 別段の御方 司馬遼太郎著 カーペンター訳 『最後の将軍』(The Last Shogun ) p. 24
   
man of honour and integrity: 名誉と高潔の士 デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 325
a man of importance and reputation: 著名の士 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 132
子孫
   
all men from Adam on: アダムの子孫すべて ハメット著 小鷹信光訳 『赤い収穫』(Red Harvest ) p. 205
子分
   
sb’s man: (人の)子分 ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 266
持ち主
   
man of generous proportions: 恵まれた一物の持ち主 トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 107
囚人
   
troubled or hostile men: 問題のある囚人や反抗的な囚人 ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 425
実力者
   
a real man: 本物の実力者 ハルバースタム著 浅野輔訳 『ベスト&ブライテスト』(The Best and The Brightest ) p. 4
   
powerful man: 有力者 デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 226
be the child of a powerful man: 有力者の子供という境遇 デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 182
a fairly bright man: 切れ者 クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 102
主人
   
職人
   
keep a special man: 特別の職人を抱える プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 78
身体
   
be not a very busy man: そんな忙しい身体でもない 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 130
   
world where all men are each other’s enemies: 万人が万人にとって敵である世 土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 97
world of men: 人界 土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 88
tiresome man: しつこい人 ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 127
there are many men who ...: よく〜する人がいる 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 65
the man who lives there: そこの人 ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 562
the man that I am telling you about is after all adj. sort of man: 私の今話しているのは〜の人の事だ 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 64
the man of the hour: 時の人 デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 343
murder innocent men in rage against ...: 〜に腹を立て腹いせに罪もない人々の命を奪う ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 14
men of old: 古代人 土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 92
just see the first man who would make one wish for a different father: こんな人がお父さんだったらいいだろうなと、生まれて初めて真剣に思う ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 63
is this about another man: これって人ちがいじゃありません? タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 109
I can’t get you more men: 人を増やすことはできない クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 39
feel very strongly the unreliableness of men: 人の頼みにならない事をつくづくと感じる 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 266
even more than the average man: 人一倍 土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 26
be never the same man after ... happened: 〜によってすっかり人が変わってしまう ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 43
all men have their uses: 人にはそれぞれ役回りがあるのだ クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 110
a man who is at the mercy of amae: 甘えに引きずられる人 土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 12
a man who is ...: 〜という人 ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 501
a man of some refinement: 枯淡の人 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 203
a man of commitments: 多忙な人 ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 297
a man capable of love: 人間を愛し得る人 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 19
a group of men wearing cowls: 修道服を着た一群の人々 カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 399
a good man: よくできた人 ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 48
人の身
   
worse thing can happen to a man: 人の身にはもっとずっとひどいことが起こりうる カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 228
人員
   
men: 人員 マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 415
人間
   
the telephone man: 電話工事の人間 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 177
the man who is going to die: 死刑を目の前にした人間 ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 516
no man before one and no man after one until sb, XX years later, did: その前にもあとにもXX年後に(人が)登場するまで〜した人間はいなかった ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 48
man with sense: もののわかる人間 ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 68
intense man: 仕事一途な人間 ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 94
have made a real man of you: (〜で)いっぱしのまともな人間になれた 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 61
end up the violent man one become: 暴力的な人間になる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 87
end up as a man who spend one’s life preparing to do: 〜するためだけのために生涯を送る人間に育つ ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 196
be seemingly a compassionate man: 感じよい心優しい人間になる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 468
be becoming a new man: 人間が変わりつつある トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 106
be at bottom a man: 根は一個の人間である クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 305
be a nice man: 気持のいい人間だ ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 74
be a difficult man to handle in incarceration: じっとおとなしく監禁されているような人間ではない ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 423
alienation of man: 人間疎外 土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 180
affirm ties with the brotherhood of men: 人間同士の絆を確かめ合う 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 17
a righteous man: 曲がったことの嫌いな人間 クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 407
a restless man: ふらふらと落ち着かない人間 ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 117
a man in a corner: 追いつめられた人間 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 245
人間の男
   
men also, employ courting tactics similar to ...: 人間の男も、〜と似たような求愛戦術を駆使する フィシャー著 吉田利子訳 『愛はなぜ終るのか』(Anatomy of Love ) p. 13
人物
   
the best man in ...: 〜にうってつけの人物 ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 60
remarkable man: 人にすぐれた人物 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 298
have been an often unreasonable and violent man: 往々にして理屈のつかない暴力的な人物である ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 354
great man’s rise: 大人物の立志伝 ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 155
great man: 大した人物 ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 274
don’t prove a man of significant means: 生活力がある人物とはとても言えない ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 122
dangerous man: 危険きわまりない人物 ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 449
be quite a mystery man: なかなか謎の人物だ ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 148
be an alluring man: (人が)魅力的な人物だ ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 38
an amazing man: 驚異的な人物 タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 26
a smart man: 才能のある人物 ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 274
a man with a remarkable imagination and vision: 見事なイマジネーションとヴィジョンを持ち合わせた人物 ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 34
<例文なし> ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 23
壮丁
   
three hundred thousand men: 三十万人の壮丁 ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 162
相手
   
He may court a man for years, fattening him for the pass: 相手を何年もつけねらい、最後の突きの瞬間まで泳がせておく ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 448
a dangerous man to play games of that sort with: そんな芝居を打つのには悪い相手 ドイル著 阿部知二訳 『回想のシャーロック・ホームズ』(Memoirs of Sherlock Holmes ) p. 190
大人
   
be more of a man now: それで少しは大人になれた クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 450
誰か
   
knock a man across a room easily: 誰かを半殺しの目にあわせるくらい朝飯前だ ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 111
   
this circle no man could enter: その輪の中に男は絶対に入りこめない トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 196
they are men, not unlike us: 彼らは我々とさして変わらぬ男たちです クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 38
there was a man: 男ありき タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 25
the milling crowd of men and women: 男や女で、芋を洗うみたいにごったがえす カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 78
the man who has first enjoyed sb’s favors: (人の)最初の男 カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 379
The Man from Rio: 『リオからきた男』 タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 235
that’s men for you: 男ってそんなものよ 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 120
stake a simple man’s pride on sth: 単純な男の矜りを〜に賭ける 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 71
speak with the frustration of a man doing: 〜する男のいらだちをこめてしゃべる クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 450
sound out a man’s inner thoughts: 男が女から気を引いて見られる 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 183
skillful man: 技量卓絶した男 クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 311
simply could not think of him as a man: とても「男」という気にはなれない クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 381
one of the better compliments a man can give a woman: 男が女に返す何よりの賛辞 クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 496
one’s wife left one for another man: 女房に男が出来て逃げられた 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 87
one’s man: 腹心の男 ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 266
neither man wants to admit openly: どちらの男も口に出して認めたくはない クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 47
narrow-shouldered man: 撫で肩の男 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 130
move quickly for a man of his size: その図体の男にしては(人の)動きはすばやい クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 120
men who come near me: 私に寄ってくる男 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 119
man with too little justice in him to be admired: 尊敬に足るほどの正義感を持ち合わせていない男 トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 225
little man: 小男 ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 154
less careful men: 不注意な男たち クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 25
just another man: その辺にころがっている男 ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 385
he knew that he couldn’t be one of those men: その手の男になりさがるわけにはいかない クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 77
have lived one’s whole life thinking of oneself as the only real man: 自分だけは男だ、と思って生きてきたんです 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 38
hatchet man: 首切り男 ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 28
handsome young men: 若くていい男 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 52
grow up to look like one’s old man: 大きくなって父親ゆずりの男前になる カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 48
good man: 惜しい男だ ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 70
give oneself freely to men: 男に放埒に身をまかせる ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 478
get oneself a man: 男をつくる 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 460
do everything a man can do: ひとりの男がやれるかぎりのことをやる クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 97
devour the man with one’s eyes: むさぼるように男を見つめる 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 88
cannot envision one’s wife with another man: 自分の妻が他の男と寝ている図は想像もできない トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 248
can still smell the sweat of the man: 今も男の汗の臭いは鼻先を去らない 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 28
be the mark of such men: こうした男たちの本領である クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 8
be not the sort of man to burden one financially: (人に)経済的な迷惑なんかをかける男ではない 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 72
be a little too enthusiastic in one’s assault on the man: この男を痛めつけるのに、少し熱を入れすぎる クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 449
be a kind and good man: (人は)親切でまっとうな男だ ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 385
be a difficult man to shock: たやすく驚く男ではない クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 211
ask a man: 男を誘う デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 196
an older man with a thick neck: 猪首の年配の男 カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 119
a woman in a man’s world: 男の世界にまぎれこんだ女 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 265
a well-dressed man: 身なりのいい男 ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 100
a very grumpy-looking man: 見るからに気むずかしげな一人の男 フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 142
a stocky, balding, well-dressed man: 身なりのいい、頭の禿げた太った男 ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 246
a small-framed man of average height: 中背で痩せぎすの男 ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 94
a small, dapper man: 小柄できびきびした感じの男 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 117
a serious family man: 家庭をひどく大切にする男 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 161
a man who doesn’t like to waste time: そうと決めたらぐずぐずしたりしない男 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 153
a man of love: 愛に生きる男 タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 139
a man of few words: 無口な男 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 226
a man of about fifty: 五十前後の男 小松左京著 ギャラガー訳 『日本沈没』(Japan Sinks ) p. 45
a man at the end of middle age: すでに老年に近い中年男 ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 332
a hardened man: 筋金入りの男 ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 216
a handsome, gray-bearded man about fifty-two: ハンサムな五十二歳ぐらいの男で、白くなった顎鬚を伸ばしている ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 308
a fated man: 一人の哀れな男 ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 85
a devoted family man: 家庭を大切にする男 デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 270
a burly, balding man: がっちりとした禿げ頭の男 ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 222
a big homely man: 大柄な醜男 ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 160
a bad man: 無能な男 クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 102
男の
   
man talk: 男の言葉 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 105
男の方
   
can’t tell men’s ages: 男の方のお年はわかりませんわ 川端康成著 月村麗子訳 『みずうみ』(The Lake ) p. 11
男手
   
there’s a man: 男手もある 川端康成著 サイデンステッカー訳 『眠れる美女』(House of the Sleeping Beauties ) p. 115
男性
   
be unsuccessful in one’s relations with men: 男性との仲はいつも実らない トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 365
亭主
   
her man: あいつの亭主 カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 68
<例文なし> メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 110
   
a man like that: そんな奴 ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 565
配下
   
one’s men: (人の)配下 ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 507
犯人
   
coldly rational men: 冷徹なまでに理性的な犯人 クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 230
番をする
   
man ...: 〜の番をする ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 356
部下
   
a conscientious leader mindful of one’s men’s needs: 部下の気持ちを常に汲んでやる良心的なリーダー クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 407
<例文なし> ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 440
野郎
   
a really unscrupulous man: 腹の底から恥知らずな野郎 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 298
連中
   
they are good men to steer clear of: やつらは三舎を避けて通るほうがよい連中だ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 248
Tweet