× Q 翻訳訳語辞典
bridge   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
かけはしとなる
   
gap of time bridged by our lightspeed ships: わが光速船がかけはしとなっている時のはざま ル・グィン著 小尾芙佐訳 『風の十二方位』(Wind's Twelve Quarters ) p. 16
またぐ
   
bridge the gaps: 板のないところをまたぐ ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 324

移行する
   
<例文なし> サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 128
間をもたせる
   
to bridge it: 間をもたせるために ロアルド・ダール著 永井淳訳 『来訪者』(Switch Bitch ) p. 79
救う
   
to bridge an awkward pause: 気まずい沈黙を救う アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ナイルに死す』(Death on the Nile ) p. 79
   
turn right off the bridge: 橋を渡って右折する 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 96
the bridge spans the river on stone piers: 橋が石の脚柱にのって川をまたぐ ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 513
橋をわたす
   
be bridged by ...: 〜によって橋をわたす マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 487
橋梁
   
take down a bridge: 橋梁破壊 クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 232

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

the bridge of sb’s nose: 鼻梁
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 241
cross that bridge: 腹をきめてしまう
吉行淳之介著 ジョン・ベスター訳 『暗室』(The Dark Room ) p. 193
across the bridge: 河向こうの
ル・グィン著 小尾芙佐訳 『闇の左手』(The Left Hand of Darkness ) p. 138
walk to the bridge: 橋のたもとまで歩いていく
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 516
the last tenuous bridge between sb and sb: (人)と(人)のあいだに架かっていた最後のもろい橋
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 253
sb’s eyes crease toward the bridge of sb’s nose: 眉間に皺をよせる
フィールディング著 吉田利子訳 『わたしのかけらを、見つけて』(Missing Pieces ) p. 45
make a bridge to sb: (人に)気をかよわせる
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 16
burn one’s bridge here: 自分で付き合いを絶つ
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 168
be flushed around the bridge of one’s nose: 鼻のつけねあたりがうっすらと赤くなっている
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 45
The barred beam shone eerily across the darkening bridge: 筋目のはいった光線は、闇をます艦橋をよぎって、薄気味わるくその先を照らしていた
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 391
the after end of the bridge: 艦橋最後部
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 245
behind the bridge: 橋のむこうに
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 513
blackened and punctured bridge: 弾痕も生々しく、焼けただれたブリッジ
リーマン著 池央耿訳 『黒海奇襲作戦』(Torpedo Run ) p. 308
block the bridge to traffic: 橋の車両進入をふせぐ
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 508
bottom of the bridge: 橋のたもと
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 138
canted bridge: かしいだ艦橋
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 345
Jammed in the corner of the bridge by the gate, Turner watched him: 艦橋の片隅、ゲートのそばにくぎづけにされて、ターナーはラルストンを見まもった
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 472
The shattered bridge was curiously empty now, the men felt strangely alone: むざんに破壊された艦橋は、いまは妙にがらんとして、男たちは妙に孤独な感じをいだいた
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 255
dangerous-looking suspension bridge: あやうい釣り橋
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 171
the darkening bridge: 闇をます艦橋
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 391
In the deep shadow cast by the side of the bridge he seemed disembodied: 艦橋の側壁がなげる濃い影のなかで、提督は魂のぬけがらのように見えた
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 304
end of the bridge: 橋のたもと
宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『銀河鉄道の夜』(Night Trains to the Stars and Other Stories ) p. 132
the entire bridge island structure: 艦橋構造物全体
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 180
a bridge fiend: ブリッジ気違い
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 60
get to the bottom of the bridge: 橋のたもとにさしかかる
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 138
the bridge island: 艦橋構造物
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 309
no bridge reads to it: そちらへ渡る橋はない
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『ナイン・テイラーズ』(The Nine Tailors ) p. 19
man the bridge: 艦橋に立つ
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 158
Methodically, Turner searched the bridge-deck for further casualties: 順を追って手ぎわよく、ターナーは艦橋にさらに犠牲者をさがした
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 391
near the bridge of sb’s nose: 鼻梁のわき
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 241
He had nervously walked out to check the bridge when she slipped in: 彼がやきもきしながらボックスを出て、橋を偵察しているあいだに、その婦人に占領されてしまったのだ
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロシア皇帝の密約』(A Matter of Honour ) p. 458
Just walk to the bridge and wait, it's normal: 橋のたもとまで歩いてきて待つ。なんの変哲もない
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 516
with a high nose bridge: すっと通った高い鼻筋
べーカー著 岸本佐知子訳 『フェルマータ』(The Fermata ) p. 157
offer sb the whole span of the bridge: (人が)橋の全長を見渡せる
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 512
shattered bridge: 大破した艦橋
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 457
He gazed sightlessly at the wrecked shambles of his bridge: 彼はめちゃめちゃにこわされた自分の艦橋を、呆然とながめやった
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 252
tower almost to bridge height: 艦橋の高さほどもある
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 167
'Trouble on the bridge sir,' Hastings jerked out breathlessly: 「艦橋でもめています」ヘイスティングスは息せききってこたえた
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 136
He turned abruptly and left the bridge: 彼はくるりと背を向けると、艦橋を出て行った
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 47
Unsteadily, the Kapok Kid crossed over the bridge: よろけながら、カポック・キッドは艦橋をよこぎった
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 390
be water under the bridge now: もう(〜のことは)水に流すことにする
エルロイ著 二宮磬訳 『ビッグ・ノーウェア』(The Big Nowhere ) p. 305
pitching through the head seas on her new course of 350゜, when the gate of the bridge crashed open and: 新針路三五〇を進みはじめたときだった。艦橋ゲートがいきおいよくあいて、
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 406
on the other side of the Tin Bridge: ティン・ブリッジを渡った先の
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 178
ツイート