× Q 翻訳訳語辞典
cross   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
あいのこ
   
<例文なし> マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 105
うかぶ
   
cross one’s mind: 頭にうかぶ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 205
かすめる
   
have never crossed one’s mind: 頭をかすめもしなかった トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 155
かちあう
   
cross each other’s tracks: おたがいに取材先がかちあう ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 66
かっか
   
get cross: かっかする ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 76
こんがらかせる
   
start cross-wiring: 電線をこんがらかせてやる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 369
さす
   
a shadow crosses one’s face: 顔に影がさす クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 195
さっとうかぶ
   
a most peculiar expression crosses sb’s face: なんとも言えない妙な表情がさっとうかぶ ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 255
ちらりとよぎる
   
cross one’s mind: ちらりと頭をよぎる ル・グィン著 小尾芙佐訳 『闇の左手』(The Left Hand of Darkness ) p. 152
つっきる
   
<例文なし> デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 170
またぐ
   
cross the threshold: 敷居をまたぐ スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 70
まわりこむ
   
cross the desk: デスクをまわりこむ タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 175
むずかしい顔
   
be a little cross: むずかしい顔をして見せる ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『アンの青春』(Anne of Avonlea ) p. 40
もつれる
   
cross one’s feet: 足がもつれる トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 298
よぎる
   
cross one’s mind: 心をよぎる プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 56
cross one’s mind: 頭をよぎる トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 370
cross ...: 〜の前をよぎる プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 85
a wry smile crosses sb’s face: 苦笑が(人の)顔をよぎる プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 228
a look crosses sb’s face: (人の)顔をある表情がさっとよぎる カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 163
a little wrinkle of ... briefly cross one’s face: 〜が、一瞬、(人の)顔をよぎる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 88
a bitter look crosses sb’s face: 苦々しい表情が顔をよぎる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 106

越える
   
cross the county border: 州境を越える ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 250
横切る
   
notice a shadow cross sb’s face: 変な曇りが(人の)顔を横切る事がある 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 19
間違える
   
cross sth with ...: 〜と間違える トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 136
機嫌な声を出す
   
be cross: 機嫌な声を出す ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 252
駆け抜ける
   
cross the finish line: ゴールラインを駆け抜ける スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 239
cross the finish line: ゴール板を駆け抜ける スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 231
交える
   
cross swords with sb: 〜と一戦交える トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 23
使用される
   
cross ...: 〜で使用される ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 129
十字
   
make sign of the cross: 胸に十字を切る デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 405
出てくる
   
cross into the waiting area: 待合室に出てくる フィールディング著 吉田利子訳 『わたしのかけらを、見つけて』(Missing Pieces ) p. 57
楯突く
   
cross sb and you pay: (人に)楯突けば、そのツケがまわってくる ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 87
組みあわせる
   
cross one leg over the other: 足を組みあわせる カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 269
組む
   
one leg is crossed elegantly over the other: 優雅に脚を組む ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 91
cross one leg over the other: 脚を組む カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 69
足をすくうようなまねをする
   
cross sb: (人の)足をすくうようなまねをする クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 9
通りかかる
   
Norris looked up and smiled as Alan crossed the small bullpen area: 助手たちのデスクがひしめく大部屋を通りかかったアランの姿をみとめ、ノリスがタイプライターから顔をあげた スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 77
敵にまわす
   
cross sb: (人を)敵にまわす クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 487
渡る
   
no trains ever crossed: ついぞ渡る列車はない ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 513
突っ切る
   
cross this road: この道を突っ切る セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『五匹の赤い鰊』(The Five Red Herrings ) p. 59
飛び越える
   
cross the little brook: 小川を飛び越える ルイス・キャロル著 柳瀬尚紀訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 100
漂わせる
   
a spasm of fear crosses the face of sb: (人は)恐れを顔いっぱい漂わせる 遠藤周作著 ジョンストン訳 『沈黙』(Silence ) p. 64
浮かぶ
   
it does not cross sb’s mind to do: 〜することは念頭に浮かばない レンデル著 小尾芙佐訳 『ロウフィールド館の惨劇』(A Judgement in Stone ) p. 276
浮かべる
   
a disgusted look crosses one’s face: いかにもまずそうな表情を顔に浮かべる タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 228
歩を運ぶ
   
<例文なし> プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 369
裏切る
   
cross sb: (人を)裏切る ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 261
立てる
   
cross a leg: 片脚を立てる トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 106

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

have crossed over: 踏み越えた
ウィンターソン著 岸本佐知子訳 『さくらんぼの性は』(Sexing The Cherry ) p. 198
get cross: むっとする
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 16
even crossed up: 予想外のことだったらしく
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 231
do not cross: 立入禁止
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 344
crossing fingers: 神の加護を祈る
トゥロー著 上田公子訳 『推定無罪』(Presumed Innocent ) p. 38
cross the line: そばに近よる
クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 202
cross the line: とうとう一線を越えてしまう
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 338
cross that bridge: 腹をきめてしまう
吉行淳之介著 ジョン・ベスター訳 『暗室』(The Dark Room ) p. 193
cross paths: 顔を合わせる
オブライエン著 村上春樹訳 『ニュークリア・エイジ』(The Nuclear Age ) p. 129
cross out ...: 〜を消す
ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 41
cross out: 消す
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 233
cross one’s mind: 〜に気がつく
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 156
cross one’s luck: どじを踏む
スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 244
cross one’s heart: 十字架にかけて
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 335
cross one’s fingers: 神に祈る
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 337
cross looks: にらみあう
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 149
wouldn’t cross my mind: 滅相もない
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 117
we’ve crossed the wires a bit: 少々行き違いがあった
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 219
thoughts of that kind would never even have crossed sb’s mind: そんなことを夢にも考えはしない
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 115
the possibility of an affair has never crossed sb’s mind: 心の上でさえ、かりそめの不貞めいたものも働いたことはない
瀬戸内晴美著 バイチマン訳 『夏の終り』(The End of Summer ) p. 57
the nagging suspicion crosses one’s mind: しつこく巣くっている疑問が頭をもたげる
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 130
the idea never cross one’s mind: (人)には知る由もない
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 172
never cross one’s mind: 考えてみたこともない
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 142
it never once seemed to cross sb’s mind that ...: 〜とは露ほども思ってみなかった
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 333
it does occasionally cross sb’s mind to do: たまには〜しようと思う
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 77
it cross sb’s mind that ...: ふと〜と思う
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 86
it’s never crossed my mind: とんと無縁だ
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 42
have not crossed one’s mind to ...: 〜することなど思いもおよばない
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 38
have a cross word: 声を荒立てる
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 93
get very cross with oneself: これはしまったという顔をする
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 211
don’t cross sb’s mind: 〜なんて考えたことがない
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 188
do not dare cross sb: (人に)一目も二目もおく
池波正太郎著 フリュー訳 『殺しの四人』(Master Assassin ) p. 73
cross the finish line: ゴールにとびこむ
新井素子著 マッカンドレス訳 『ブラック・キャット』(Black Cat ) p. 135
cross paths fuzzily somewhere deep in one’s mind: ちらりと頭のむこう側ですれちがっていく
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 98
cross over to ... in a ship: 舟で〜を渡る
遠藤周作著 ジョンストン訳 『沈黙』(Silence ) p. 55
cross and recross one’s legs: 足をたがいちがいにさせる
竹山道雄著 ヒベット訳 『ビルマの竪琴』(Harp of Burma ) p. 25
be sitting on the bed, legs crossed: ベッドの上にあぐらをかいている
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 174
be really cross with sb: (人を)本気で怒る
レンデル著 小尾芙佐訳 『ロウフィールド館の惨劇』(A Judgement in Stone ) p. 39
be close to crossing the Oregon-Idaho border: もう少しで州境を超えてアイダホに入るというところまでいく
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 233
be a step from crossing the line between A and B: Aを逸脱してBをおかす寸前だ
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 228
a shadow crosses sb’s brow: (人の)眉がちょっと曇る
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 20
a momentary moue of distaste cross one’s face: (人の)顔が、一瞬、不快げにゆがむ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 137
a line of infringement sb must not cross: 侵犯してはならない一線
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 123
a flash of annoyance crosses one’s face: 一瞬、当惑の色が浮かぶ
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 463
a cross between A and B: AとBを足して二で割ったような人物
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 172
cross the finish line ahead of everyone else: 二位以下ぶっちぎりでゴールにとびこむ
新井素子著 マッカンドレス訳 『ブラック・キャット』(Black Cat ) p. 135
angrily cross-examine sb: (人に)難詰する
遠藤周作著 Gallagher訳 『海と毒薬』(The Sea and Poison ) p. 95
The ascetic sits cross-legged on a large and thick cushion: 修行僧が、大きな分厚い敷物の上に脚を組んで坐ります
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 87
sb’s cross to bear: 背負わねばならない十字架
ウィンターソン著 岸本佐知子訳 『さくらんぼの性は』(Sexing The Cherry ) p. 156
criss-cross directory: 住所別電話帳
ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 24
in cross seas: 横波に
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 170
cross-country:大陸横断
ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 35
sb well-known tabulators of cross-cultural sex practices: 各種文化圏における性行動を観察した著名な(人)
フィシャー著 吉田利子訳 『愛はなぜ終るのか』(Anatomy of Love ) p. 26
cross-cutting:分野横断的な
辞遊人辞書
cross-cutting concern:横断的関心事
辞遊人辞書
be a cross-dresser: 女装が好き
レナード著 高見浩訳 『ラム・パンチ』(Rum Punch ) p. 346
be in the mode of cross-examination: 反対尋問の形式をとっている
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 272
cross-examine:容赦なく問いつめる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 214
as the most cross-grained lopsided craft to manage: 動かすことになると、このうえなく性根の曲がった、がたぴしした船だ
スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 186
sit down cross-legged: あぐらをかく
遠藤周作著 Gallagher訳 『海と毒薬』(The Sea and Poison ) p. 99
cross-link networks: コンピュータ・ネットワークを縦横に結びつける
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 77
a cross-looking girl: 意地悪そうな顔をした女の子
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 75
be cross-parties: たがいに相手を訴えあっている
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 209
cross-reference:相互乗入れの線路を走る電車
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 110
cross-reference directory: 住所別電話帳
ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 24
the cruiser in the heavy cross-sea: はげしい横波をうける巡洋艦
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 388
cross-section:異なる分野・部門・種類などを超えたつながり
辞遊人辞書
cross-section:横断
辞遊人辞書
cross-section:横断面
辞遊人辞書
cross-sectional:横断的
辞遊人辞書
cross-sectional:断面の
辞遊人辞書
cross-sectional:分野・部門などをまたがった
辞遊人辞書
cross diagonally in front of ...: 〜の前を横切る
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 227
would not do to cross sb off the list too promptly: (人を)さっさと抹消してしまうのはまずい
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『五匹の赤い鰊』(The Five Red Herrings ) p. 86
dot every i and cross every t: 微に入り細にわたって指示は明確だ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 281
eventually cross into Sweden: 辛くもスウェーデン国境を越える
リーマン著 池央耿訳 『黒海奇襲作戦』(Torpedo Run ) p. 217
They'd fixed a cross up, fashioned it theirselves: 十字架も自分たちでなおして、体裁をつけてあった
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 381
a large metal cross well fingered but of no intrinsic value, at the bosom: 胸元にだいぶ手ずれのした、だが値打ちものではない大きな金属製の十字架が・・
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 8
fling the question at sb as though cross-examining a witness: 詰問するようにはげしく問いつめる
三島由紀夫著 ウエザービー訳 『潮騒』(The Sound of Waves ) p. 73
swiftly fly down a cross street: あっという間に南北に走る街路をすっとぶ
オー・ヘンリ著 飯島淳秀訳 『オー・ヘンリー傑作集』(41 Stories ) p. 130
swiftly fly down a cross street: 一目散に街路をよぎって走っていく
O・ヘンリ著 大津栄一郎訳 『オー・ヘンリー傑作選』(41 Stories ) p. 50
make the sign of the cross: 十字を切る
遠藤周作著 ジョンストン訳 『沈黙』(Silence ) p. 33
sit cross-legged not moving: あぐらをかき不動の姿勢である
ル・グィン著 小尾芙佐訳 『闇の左手』(The Left Hand of Darkness ) p. 83
in the instant needed to cross the threshold: その一瞬、自分の足が閾をまたぐかまたがぬかに
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 97
an ornate cross: 派手な十字架
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 494
ツイート