× Q 翻訳訳語辞典
burn   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
いきいきと燃え上る
   
sb’s life burns again: (人の)生命は再びいきいきと燃え上る 井上靖著 横尾・ゴールドスタイン訳 『猟銃』(The Hunting Gun ) p. 50
おどす
   
burn sb rotten: (人を)こっぴどくおどす ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 376
かがやく
   
eyes burn brightly: 目がらんらんとかがやく マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 442
ともる
   
burn weakly: かぼそくともる ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 393
やきつくように
   
ache that burns and gnaws: せつない思いがやきつくように胸をかむ ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 394
やけどする
   
burn one’s tongue: 舌をやけどする トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 299
やけどを作る
   
burn one’s finger: 指先にやけどを作る ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 36

炎を上げる
   
burn brightly: 盛んに炎を上げる メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 50
炎を放っている
   
<例文なし> トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 76
煙を上げる
   
cigarettes burns in the ashtray: 灰皿で煙草が煙を上げている カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 287
火事
   
when the hills burn: 山火事なんかの場合 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 204
火傷
   
have raw burns all over one’s body: 火傷して全身が脹れている 井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 144
起る
   
whosoever hung, fire burned: 縊られるものはどちらであったにせよ、火事だけは決って起った ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 90
脅迫する
   
<例文なし> ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 412
光る
   
burn creamy yellow: ぼーっと薄黄色に光って見える ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 404
灼く
   
burn one’s eyes: 目を灼く マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 181
焼き切る
   
burn the roots of sb’s hair: (人の)毛根を焼き切る スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 174
焼けただれる
   
<例文なし> マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 119
焼けつくように痛む
   
burrrn, burn burn: ひりひりひりひり、〜が焼けつくように痛む タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 183
焼ける
   
be burned beyond recognition: 識別不可能なほどに焼けただれている スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 255
焼け焦げ
   
be marked with cigarette burns: たばこの焼け焦げがある トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 238
焼却する
   
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 317
焦げ
   
half burnt with leaves sticking out in funny isolated bunches, like hands: 半焦げで、掌みたいな変な具合に葉を茂らせてゐる 丸谷才一著 デニス・キーン訳 『横しぐれ』(Rain in the Wind ) p. 163
憧れる
   
do not especially burn with impossible dreams of great adventure across the seas: 別に根も葉もない海外雄飛の夢に憧れたりすることはない 三島由紀夫著 ウエザービー訳 『潮騒』(The Sound of Waves ) p. 19
熱くする
   
be burning with shame: 何ともいえぬ慚愧が(人の)体じゅうを熱くしている 竹山道雄著 ヒベット訳 『ビルマの竪琴』(Harp of Burma ) p. 180
燃えさかる
   
<例文なし> トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 43
燃えちまう
   
a house is burning to the ground: 家が燃えちまう トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 176
燃える
   
burn hot: カッカと燃える デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 199
燃えるように熱くなる
   
be burning: 燃えるように熱くなる トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 75
燃やされている
   
the world is burning the equivalent of 10 billion metric tons of coal per year: 世界では石炭換算で年間100億トンが燃やされている ステファン・シュミットハイニー著 BCSD訳 『チェンジング・コース』(Changing Course ) p. 8
不快の色
   
sb do a burn: (人の)顔に不快の色がうかぶ エルロイ著 二宮磬訳 『ビッグ・ノーウェア』(The Big Nowhere ) p. 35
焚かれる
   
the fires burn: 火が焚かれる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 32

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

the burning discomfort of gastritis: 胸焼け
クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 102
burning sth: 〜のほのお
宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『銀河鉄道の夜』(Night Trains to the Stars and Other Stories ) p. 78
burn with impatience: じりじりする
瀬戸内晴美著 バイチマン訳 『夏の終り』(The End of Summer ) p. 20
burn to death: 火だるまになって死ぬ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 208
burn fiercely: もえさかる
川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 195
burn down: 焼けおちる
ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 81
be burnt out: 尽きる
芥川龍之介著 ボーナス訳 『河童』(Kappa ) p. 45
be burnt out: 疲れている
芥川龍之介著 ボーナス訳 『河童』(Kappa ) p. 54
be burned to the ground: 灰になる
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 44
be burned away: 焼けて何ひとつ無い
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 109
be burned: のぼせあがる
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 197
be burned: 事前に情報洩れがある
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 298
with only the upper half of the body burned to the bone: 上半身だけ白骨になった
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 113
want sb to burn in hell: ざまあみろ、と思う
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 43
the whole of that area have been burned down: あの辺りはどこもかも焼け跡ばかりだ
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 207
the whole of London is burning: ロンドンじゅうが火の海
ウィンターソン著 岸本佐知子訳 『さくらんぼの性は』(Sexing The Cherry ) p. 213
the way that fire’s burning: あの火事の勢いなら
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 86
the fire is burning low: たき火はおとろえている
ロンドン著 白石佑光訳 『白い牙』(White Fang ) p. 48
stare straight at sb hard enough to burn a hole in the air: ギギッと音でもはじき出すようなかんじで真正面から(人の)顔を見すえる
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 181
some tears have to be cried until they are, they simply rave and burn inside: 泣いて泣いて泣きあかさないかぎりけっしてとまらぬ涙がこの世にある
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 359
one’s cheeks burn with the silent imputation of sth: 無言のうちに(物事を)非難されて顔から火の出る想いをする
O・ヘンリ著 大津栄一郎訳 『オー・ヘンリー傑作選』(41 Stories ) p. 5
it is murderously hot, the sun burning down: 猛烈な炎暑だ
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 301
hectic spots of red burn on sb’s cheeks: 頬を熱病患者のように赤くほてらせる
ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 86
have money to burn: しこたま持っている
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 277
have been in ... for three years, burning out one’s circuits day by day: (場所に)きて三年、心身をすりへらす日々だった
イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 178
half-burned candle that is standing on mantelshelf: 飾り棚に立っている燃えさしの蝋燭
ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 225
fragments of dead stick to burn: 薪にする枯れ枝
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 318
don’t burn in secret with a passion one could not express: 情熱を内に秘めて身を焦がすような人間ではありません
ウィンターソン著 岸本佐知子訳 『さくらんぼの性は』(Sexing The Cherry ) p. 87
dig out the burned remains of one’s library: 焼け残った書籍を掘り起す
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 268
burn with rage and vexation: 胸は煮えくりかえる
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 454
burn the job up before sb tumbles: (人が)がたがたいい始めるまえにカタをつける
ハメット著 小鷹信光訳 『赤い収穫』(Red Harvest ) p. 177
boat burning brightly in the darkness: 夜目にも鮮かな船火事
井上靖著 横尾・ゴールドスタイン訳 『猟銃』(The Hunting Gun ) p. 52
be burned to the ground: 灰燼に帰する
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 118
be burned to the ground: 丸焼けになる
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 261
be burned to the ground: 焼野原になる
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 482
be burned onto sb’s retina: 眼の奥にまで焼きついてしまう
安部公房著 サンダース訳 『砂の女』(The Woman in the Dunes ) p. 42
be burned alive by sb’s beauties: (人の)子分に火炙りにされる
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 250
burn one’s bridge here: 自分で付き合いを絶つ
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 168
the street lamps burn cavernously bright: 街灯がほのぐらく燃えている
ル・グィン著 小尾芙佐訳 『風の十二方位』(Wind's Twelve Quarters ) p. 150
burn brightest: かっと燃える
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 205
burn to death trying to work the clasp on his seatbelt: シートベルトのいましめから逃れようともがいているさなかに火だるまになって死ぬ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 208
no burn scars on his face, at best a conduit for second-hand dope: 顔に火傷の痕はなかった。せいぜい多少はクスリをやった経験があるというところだろう。
エルロイ著 二宮磬訳 『ビッグ・ノーウェア』(The Big Nowhere ) p. 277
burn with a constant impatience: 〜という焦燥が絶えずある
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 197
"How does Leipzig burn him precisely?" Enderby insisted: 「ライプチヒはどうやっておどしたんだ」エンダビーはなおもいった
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 376
If they just burn they may last long enough: ただ燃えるだけなら、そのときはえんえんと燃えつづける
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 297
burn the whole lot of sth: (物を)一切合財燃やしてしまう
オースター著 柴田元幸訳 『鍵のかかった部屋』(The New York Trilogy ) p. 126
quietly burn: ちろちろと燃える
井上靖著 横尾・ゴールドスタイン訳 『猟銃』(The Hunting Gun ) p. 64
raise sb without a scratch or a burn: 傷ひとつ、火傷ひとつなく大きくする
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 134
burn out in a searing flash: 閃光を発して焼け切れる
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 63
Tweet