× Q 翻訳訳語辞典
known   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
りっぱな
   
be an exception to every known rule: どんなりっぱな規則にもあてはまらない ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『アンの青春』(Anne of Avonlea ) p. 145

既成の
   
known physics: 既成の物理法則 ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 37
現在知られている
   
the known universe: 現在知られている宇宙 フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 171
知られているかぎり
   
be not one of sb’s known allies or liaisons: 知られているかぎり、(人の)交際仲間ではない トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 205
得体が知れている
   
a known bastard: このいやな相手は得体が知れている クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 408

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

well known: おなじみの
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 367
only known surviving passion: のこる最後の情熱
ル・カレ著 村上博基訳 『影の巡礼者』(The Secret Pilgrim ) p. 58
every corny platitude known to man: ありとあらゆる陳腐な称賛
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 193
volunteer an account of the hardship one have known: 問わず語りに自分の生い立ちの貧しさを語る
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 40
the well-known adventuress: 名うてのいかさま女
ドイル著 大久保康雄訳 『シャーロック・ホームズの冒険』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 20
the well-known adventuress: したたかな女
the well-known adventuress: 艶名かくれなき女性
ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 20
well known as an aficionado of ...: 〜好きといふ評判の高い
丸谷才一著 デニス・キーン訳 『横しぐれ』(Rain in the Wind ) p. 19
have not known if sb is alive or dead: (人は)生死不明だ
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 248
not all the things which happen in ... is known to sb: (人が)〜で起こったすべてのできごとを知りつくしているとはかぎらない
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 206
they have all known that ...: 〜だとだれにもわかっている
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 441
feel that one have known them all: ひとり残らず知っているような気がする
ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 211
be not known at all in the outside world: 一向外部へ通じていない
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 188
be known in all the neighboring villages for one’s filial piety: 近隣に聞えた孝行者だ
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 244
have known all along that ...: 〜を万々承知している
川端康成著 サイデンステッカー訳 『眠れる美女』(House of the Sleeping Beauties ) p. 23
also known as ...: 〜と申し上げればおわかりになるでしょうか
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 143
as one have always known: 前からわかっていたことだが
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 257
have never known anything about ...: 〜なんてまったくの初耳だ
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 397
Anyway, she wouldn't have known what to say: 第一、何と言えばいいのか見当もつかなかった
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 115
be known around the office: 所内に知れわたっている
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 162
be known in the East as ..., and ..., and ...: 東洋では〜とか〜とか〜といった名で知られている
ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 204
have known there were such things as ...: 〜というものがこの世に存在することは噂に聞いていた
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 229
be known as ...: 「〜」のあだ名で知られている
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 19
only possible, only thinkable, because one have known that ...: それもこれも〜と知っていればこそできたことで、さもなければ考えられもせぬことだった
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 532
have more or less known that ... from the beginning: 〜と初手から信じている
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 139
one of the oldest and best-known luxury shops in ...: 〜でも名高い老舗
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 26
should have known better: あさはかだった
バッファ著 二宮磬訳 『弁護』(The Defense ) p. 178
better known as ...: 別名、〜
レナード著 高見浩訳 『ラム・パンチ』(Rum Punch ) p. 5
have known sb for only a brief span of hours: 知り合ってまだ何時間とたっていない
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 38
Maybe not your Dostoyevsky, but a known second-rate novelist: ドストエフスキーとまではいかなくても、きっとそこそこの二流にはなれたよ
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 121
cease to know or be known: 完全に消息を絶つ
a certain well-known university gives sb a chair: ある有名大学の教授になる
吉行淳之介著 ジョン・ベスター訳 『暗室』(The Dark Room ) p. 51
sth one had known all the way back to childhood: 子供時代からずっとおなじみだった〜
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 191
come back the real life that we had known: 馴染深い現実の生活がふたたびうかびあがってくる
ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 195
want a known commodity: 手づるをつくっておきたい
ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 50
... be known directly to the furthest confines of the crowd: 〜はほとんど一瞬のうちに、群集のすみずみにまで伝わる
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 75
confirm what sb have known all along: (人が)はじめから知っていたことを裏書きする
オースター著 柴田元幸訳 『鍵のかかった部屋』(The New York Trilogy ) p. 53
Consequently your wife couldn't have known her: それで、君の奥さんは彼女を知らなかったというわけさ、
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 182
continue, as sb had known one would: 予想どおり、言いつのる
フィールディング著 吉田利子訳 『わたしのかけらを、見つけて』(Missing Pieces ) p. 26
could not have known that: そんなことは知る術もない
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 126
be made known to the whole country: 全国津々浦々に知れわたる
レンデル著 小尾芙佐訳 『ロウフィールド館の惨劇』(A Judgement in Stone ) p. 5
sb well-known tabulators of cross-cultural sex practices: 各種文化圏における性行動を観察した著名な(人)
フィシャー著 吉田利子訳 『愛はなぜ終るのか』(Anatomy of Love ) p. 26
have known sb for decades now: 長年(人を)知っている
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 293
sb was known as a decent person, an honest man, an all-round good guy: (人は)実直で真面目な好人物で通っていた
ジョーンズ著 岸本佐知子訳 『拳闘士の休息』(The Pugilist at Rest ) p. 162
make one’s desires known: 自分の欲望を態度でしめす
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 49
a sensation of desolation more intense than anything I have previously known: これまで味わった事のない悽愴の思い
太宰治著 ドナルド・キーン訳 『斜陽』(The Setting Sun ) p. 103
Stern, even so young, had known that Argentina was not his destiny: スターンは、その若さですでに、アルゼンチンが彼の定住の地ではないことを知っていた
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 153
What, in fact, would it do to major league baseball as it is known today?: ありていにいって、現在ただいま大リーグとして世間に知られるこのスポーツには、いったいどんな影響が及ぼされるのだろうか
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 209
a well-known local doctor: 地元ではよく知られた医者
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 327
as if we’d known each other for ten years or more: まるで十年の知己みたいだ
丸谷才一著 デニス・キーン訳 『横しぐれ』(Rain in the Wind ) p. 31
move with the ease of a military manoeuvre known by heart: 心にそらんじている軍隊の演習のように、よどみない動きを示す
アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『フランクフルトへの乗客』(Passenger to Frankfurt ) p. 170
you’ve known me long enough: 昨日今日の仲でなし
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 413
even one is known in ... as ...: (人)だって、〜では〜で通っている
アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 211
fairly well known: だれでもよく知っている
アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『フランクフルトへの乗客』(Passenger to Frankfurt ) p. 140
well known as a man of fashion and taste: 洒落者で趣味人でもあるはずの
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 117
swapping favorite haunted-theaters-I-have-known yarns: 劇場にまつわるとっておきの幽霊話を披露しはじめる
デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『別れのシナリオ』(Death Mask ) p. 114
feel unlike sb have never known: 〜は(人が)経験したことのないものだ
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 137
have known sb forever: (人と)古い知り合いだ
吉本ばなな著 シャリーフ訳 『N・P』(N. P. ) p. 80
We're known for dirty tricks, but we're fundamentally a news organization: CIAは悪辣な手段を弄して秘密工作をする組織だと一般には思われていますが、そもそもCIAは地味な情報機関でしてね
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 147
be generally known: 世間じゃみんな知っている
レンデル著 小尾芙佐訳 『ロウフィールド館の惨劇』(A Judgement in Stone ) p. 131
for reasons known only to God: 神ならぬ身の知る由もない理由によって
have never known how quickly sb could move until tonight: (人が)こんなにすばやく動けるということは、いまのいままで知らなかった
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 203
be well known for the length of time one can hold a note: ひと息で音をずうっと出していられることで知られている
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 150
have known humbug: いかさまはちゃんと見抜いていた
アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『フランクフルトへの乗客』(Passenger to Frankfurt ) p. 191
if truth were known: きっと
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 142
be known for one’s Unix implementation: UNIXの原点とされている
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 70
be the kindest man sb has ever known: 世にも珍しい、親切の権化のような男だ
クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 369
when Tokyo is still known as Yedo: まだ江戸といった時分の
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 33
have been known to wager: わるい遊びをおぼえちまってね
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 237
have known sb for XX years: XX年来の顔見知りである(人)
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 390
have known everything and everyone for what they really are: どんな物事や人間も真の姿を見通していた
アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『フランクフルトへの乗客』(Passenger to Frankfurt ) p. 191
if one have never known ... yet: 仮に今まではまだ悟らなかったにせよ
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 72
have known for some time that ...: 〜な事をとうから自覚する
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 120
all one’s life one have known about boats: 幼いころから船に親しんできた
バフェット著 芝山幹郎訳 『ジョー・マーチャントはどこにいる?』(Where is Joe Merchant? ) p. 126
have been known to do: 〜していることは近所中が知っている
ツイート