× Q 翻訳訳語辞典
well   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
〜って感じ
   
attractive but, well a little overdone: 美人だけど、ちょっとケバい、って感じ レナード著 高見浩訳 『ラム・パンチ』(Rum Punch ) p. 412

   
<例文なし> 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 212
あ、そう
   
Well, I'm very glad to hear that,: あ、そう。うれしいね プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 341
ああ、あのことですね
   
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 189
あざやかな
   
ride a horse well: あざやかな手綱さばき アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『フランクフルトへの乗客』(Passenger to Frankfurt ) p. 177
あらそう
   
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 141
いい
   
the pieces fit well: 各部分のバランスがいい トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 75
it pays well: 稼ぎはいい クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 550
do well for ...: 〜としてはいい トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 260
いいか
   
<例文なし> ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 24
いいですか
   
"Well," Gaunt said: 「いいですか」ゴーントは口をひらいた スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 240
いいですね
   
Well?: いいですね スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 169
いいもの
   
can learn to write well: いいものが書ける ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 365
いえ
   
<例文なし> トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 91
いや
   
Well, maybe it had, but Wilma hadn't noticed it if so: いや、鳴いていたのかもしれないが、その声はすくなくともウィルマの耳には入らなかった スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 160
Well, I'm off at nine, but technically, until I turn in my car--: いや、勤務は九時で明けるんですけど、規則の上ではこのパトカーを返すまでは勤務中ということになっていて…… スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 169
Well, I'm delighted that you came over: いや、きていただけてほんとにうれしい スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 57
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 73
いや、そういわれると
   
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 338
いや、つまり
   
<例文なし> プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 217
いやあ
   
Well, I'm not a baseball follower,: いやあ、俺、野球にはくわしくないんだけどね プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 373
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 169
いやいや
   
<例文なし> プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 226
いやはや
   
<例文なし> トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 302
いやまあ
   
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 168
う、うん
   
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 101
うーん
   
<例文なし> プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 323
うーん、すると
   
<例文なし> プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 322
うまい
   
all go on well: 万事うまいぐあい ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 32
うまく
   
things are going pretty well: すべてはうまくいっている トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 259
be nicked and fit well in ...: 〜のなかにすっぽりとうまく隠された トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 177
all well and good: すべてはうまくいっていた トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 240
うむ
   
Well, the beneficial effect of the azka is cumulative: うむ、アズカの効き目は、つけつづけていればいるど蓄積されていくんです スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 329
'Well,' Alan said evenly: 「うむ」抑揚をおさえた声でアランは答えた スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 82
うん
   
Well, Portland's out of the way for another two or three weeks: うん、ポートランドのほうなら、あと二、三週間は足を向けなくてすみそうだ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 77
Well, it's been an interesting day: うん。おもしろい一日だったわよ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 139
Well, if you want to know the truth, I watched them go: うん、真実をいうとだね、わたしはふたりが走っていくのを見ていたんだ プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 392
Well, he gave me one of those sayings the other day: うん、こないだ、例の謎々みたいな科白をいってた プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 155
well I suppose I did: うん。そうだな、そうかもしれない ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 519
"Well, maybe we'll never know," Jay said: 「うん、とにかく知るすべはない」ホーウィッツが受けた プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 239
うん、そうさな
   
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 92
うんと
   
be well in the lead, and can’t do anything else but stay there: うんとリードを保ち、この分では負ける気づかいはありません シリトー著 河野一郎訳 『長距離走者の孤独』(The Loneliness of the Long-Distance Runner ) p. 65
うんまあ
   
Well, he was pretty smart: うんまあ、たしかに利口にはちがいない クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 257
ええ
   
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 63
ええ、そうなの
   
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 81
ええ、そりゃ
   
Well--: ええ、そりゃ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 79
ええと
   
<例文なし> プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 298
えっと
   
<例文なし> タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 236
おい
   
well young man: おい、きみきみ 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 210
おやおや
   
Well, that is excellent news: おやおや、それはありがたい話ですな ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 276
かなりの距離を
   
be well past now: すでにかなりの距離を進んでいる リーマン著 池央耿訳 『黒海奇襲作戦』(Torpedo Run ) p. 105
かれこれ
   
for well over six months: かれこれ半年を超える ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 12
きちんと
   
be well made: きちんと整えられていた カズオ・イシグロ著 土屋政雄訳 『日の名残り』(The Remains of the Day ) p. 38
きちんとした
   
A memo well taken: きちんとしたメモだった 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 228
くだらん
   
Well, lip-service is bushwah!: くだらん! 口先だけでそんなことをいっても、どうしようもない スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 97
ぐっすり
   
sleep well: ぐっすり眠る タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 184
ぐっすりと
   
sleep well: ぐっすりと眠る スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 297
けだし
   
well it is true: けだし、名言じゃないか クック著 鴻巣友季子訳 『緋色の記憶』(The Chatham School Affair ) p. 168
こうしましょう
   
Well, if you get a phone call ...: こうしましょう。もし電話がかかってきて... プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 333
こしたことはない
   
it is well to be careful: 用心するにこしたことはない アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『フランクフルトへの乗客』(Passenger to Frankfurt ) p. 175
   
"Well, that's over," Aunt Evvie had said in her cigarette-raspy voice: 「さ、これでおしまい」たばこで荒れた喉からエヴィ伯母さんはしゃがれ声を出した スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 260
しかし
   
Well, at least you're seeing a bit of France: しかし、君たち、少なくともフランスのある一面を見られたわけだろう メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 126
しっかり
   
be well protected: しっかり着込んでいる セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『ナイン・テイラーズ』(The Nine Tailors ) p. 64
しっくり
   
be not going that well: あまりしっくり行っていない ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 107
しゃれた
   
be well dressed: しゃれた身なりをしている ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 411
じつは
   
'Well, I'll tell you something,' he said: 「じつは耳よりな話がありましてね」ゴーントがいった スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 67
じゃ
   
'Well,' she said, 'good night.': 「じゃ」とシンシアが言った。「おやすみなさい」 デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 210
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 68
じゃあ
   
<例文なし> 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 241
すっかり
   
well used to ghostly company: すっかり幽霊の相手を務めるのになれた ディケンズ著 村岡花子訳 『クリスマス・カロル』(A Christmas Carol ) p. 109
be well under way: すっかり軌道に乗っている トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 133
ずいぶんはかどる
   
all is well: 仕事はずいぶんはかどった フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 30
ずっと
   
stand well back from ...: (場所)からずっとさがる ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 318
Blacks were well below the Italians: そして黒人は、イタリア人よりさらにずっと下だった ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 311
そういうことならば
   
<例文なし> ボイル著 柳瀬尚紀訳 『ケロッグ博士』(The Road to Wellville ) p. 344
そうか
   
Well, we'll hope for the best,: そうか。とにかく最善の事態を望むしかないか プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 333
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 143
そうだ
   
<例文なし> 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 149
そうだな
   
Age and appearance, well kind of like you: 年格好は、そうだな、君に似ているな 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 63
<例文なし> プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 342
そうだなあ
   
Well, it doesn't: そうだなあ、しないですよ プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 229
そうですか
   
<例文なし> プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 78
そうですね
   
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 109
そうは言っても
   
'Well,'says he, 'I might be wrong.': 「そうは言っても」と彼は答えた。「おれは間違ってるかもしれないからな」 フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 75
そのう
   
<例文なし> プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 190
そりゃまあ
   
Well, I like talking and I like meeting people: そりゃまあ、俺はしゃべるのは好きだし、人に会うのは好きだよ プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 372
Well, I guess as far as the ears go,: そりゃあまあ、たしかに耳はね 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 51
それがどうだと言うんです
   
Linnet said sharply, "Well?": リネットはすばやく口をはさんだ。「それがどうだと言うんですの? 」 アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ナイルに死す』(Death on the Nile ) p. 94
それだったら
   
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 107
それはともかく
   
Well, Ordell has something going: それはともかく、オーディルのやつ、また何か企んでるんだけどさ レナード著 高見浩訳 『ラム・パンチ』(Rum Punch ) p. 213
well: ま、それはともかく ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 19
そんなら
   
Well, then, how about giving a verdict like this?: そんなら、こう言いわたしたらいいでしょう 宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『どんぐりと山猫』(Wild Cat and the Acorns and Other Stories ) p. 20
たいそう
   
love sb well: (人を)たいそう引立てる ワイルド著 福田恆存訳 『サロメ』(Salome ) p. 68
たくさん
   
well-lit: 電灯のたくさんついた 宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『銀河鉄道の夜』(Night Trains to the Stars and Other Stories ) p. 57
たしかに
   
Well, we have no read on her,: たしかにわれわれは、彼女についたなにもつかんでいない プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 157
たっぷり
   
be well in time for sth: 〜までたっぷり時間がある ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 109
だから、その
   
<例文なし> タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 48
だったら
   
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 65
だって
   
Well, didn't you just tell me your shell was green?: だって自分で緑だといったばかりじゃないか ホフスタッター著 柳瀬尚紀訳 『ゲーデル、エッシャー、バッハ』(G_del, Escher, Bach ) p. 190
could as well have done: 〜だってできる 川端康成著 サイデンステッカー訳 『雪国』(Snow Country ) p. 8
<例文なし> プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 320
ちゃんと
   
be well established: ちゃんと自立する フィールディング著 吉田利子訳 『秘密なら、言わないで』(Tell Me No Secret ) p. 161
<例文なし> べーカー著 岸本佐知子訳 『フェルマータ』(The Fermata ) p. 47
つまり
   
Well, one thing led to another, Father: つまり、自然の成行きというやつです、神父様 ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロシア皇帝の密約』(A Matter of Honour ) p. 210
This gentleman, well startles her: つまりおばさんは、あの青年を見て腰を抜かしちまったんです プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 72
<例文なし> デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 366
できるだけ
   
be well out of ...: 〜からできるだけ遠くまで離れて ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 325
では
   
Well, that seems to be all: では、だいたいこんなところでしょう ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 76
Well, I'll wish you a very good day, Mr.Gaunt--: ではここで失礼します、ゴーントさん スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 63
well here we go: では、行きます 小松左京著 ギャラガー訳 『日本沈没』(Japan Sinks ) p. 72
では説明します
   
<例文なし> プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 88
でも
   
Well, I can look at it, can't I? Brian thought: でも見るだけならかまわないな。ブライアンは考えなおした スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 44
not only AA but BB as well: AAはもとよりBBでも 土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 135
でもね
   
Well, luck is for fools: でもね、運なんてあてにするのは馬鹿のやることだよ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 262
<例文なし> 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 169
とうに
   
It was well past midnight: 夜半をとうにすぎていた 北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 211
ところが
   
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 142
とっくに
   
well after midnight: 真夜中をとっくに回る ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 476
とにかく
   
Well, no one came to the base of the stairs, so Cynthia had to go down: とにかく、だれも階段の下にあらわれなかったので、シンシアはおりていかざるをえない デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 58
Hallam said, hopelessly, 'Well, give me the stuff.': ハラムはとほうにくれたように言った。「とにかくそいつを返してくれたまえ」 アシモフ著 小尾芙佐訳 『神々自身』(The Gods Themselves ) p. 19
<例文なし> デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 37
とにかくいちど
   
<例文なし> マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 289
どうした
   
Well, don't you agree?: どうした、そう思わんのか マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 242
どうだ
   
'Well?' Vallery's voice was edged with impatience: 「どうだ」ヴァレリーの声に、かすかにもどかしさがまじった マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 345
どこもわるくはなく
   
alive and well: どこもわるくはなく、ちゃんと生きている トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 175
なに
   
<例文なし> クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 147
なにしろ
   
Well, I suppose it's the slow season for news: なにしろ、ニュースのほうも、夏枯れですからね 小松左京著 ギャラガー訳 『日本沈没』(Japan Sinks ) p. 16
<例文なし> 小松左京著 ギャラガー訳 『日本沈没』(Japan Sinks ) p. 17
なにぶん
   
<例文なし> ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 76
なら
   
<例文なし> デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 196
なるほど
   
Well, that was honest at least,: なるほど、正直にはちがいない ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 88
well ...: なるほど デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 61
<例文なし> ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 243
なんと
   
<例文なし> フランク・マコート著 土屋政雄訳 『アンジェラの灰』(Angela's Ashes ) p. 78
なんといいましょうか
   
Well, we're sort of worried about this development: なんといいましょうか、われわれはなりゆきを案じているんです プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 97
なんというか
   
<例文なし> 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 39
にじみでてくる
   
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 89
ねえどうです
   
<例文なし> 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 61
はっきり
   
understand ... well: はっきりわかる 川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 63
ふーん
   
"Well, I'll be butched!" Cora cried in tones of anger and real distress: 「ふーん、やってくれるわね」怒りと失望のいりまじった口調でコーラは嘆息した スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 187
ふうん
   
<例文なし> オブライエン著 村上春樹訳 『ニュークリア・エイジ』(The Nuclear Age ) p. 163
ふん
   
well it’s got no business there, at any rate: ふん、どっちみちそんなものは要らん ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『不思議の国のアリス』(Alice in Wonderland ) p. 56
Well, fry my ass: ふん、わたしのお尻を電気椅子にかければいいじゃない プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 216
ほほう
   
well well upon my soul: ほほう、これはこれは マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 105
   
Well, it can't hurt: ま、害はないでしょう スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 274
ま、
   
<例文なし> マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 46
まあ
   
well no matter: まあいいさ 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 88
まあしかし
   
"Well," the potato patch owner growled, nodding his gray-flecked head: 「まあしかし……」と、農家の主は太くてひくいしわがれた声を出した 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 20
まあなんにしても
   
<例文なし> ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 18
まあまあ
   
"Well, don't get sore about it," I said: 「まあまあ、そう腹を立てなさんな」と、僕は言ったよ サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 129
まいったな
   
Well, doesn't that beat all?: まいったな、こりゃ驚きだ プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 375
<例文なし> プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 375
まったく
   
Well, I hope nothing like that guy ever comes down the pike again: まったく、あんな男がまたやってきてボールでぐっさり、なんてことはもう願い下げにしていただきたい プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 201
みるみる
   
tear well: (人の)両眼にみるみる涙が盛り上がる タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 194
むろん
   
Well, even this speculation was vicious: むろん、こういう推論自体、邪悪だと言える トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 244
be well aware of all that: そうしたことをむろんわきまえている 池波正太郎著 フリュー訳 『梅安蟻地獄』(Bridge of Darkness ) p. 17
ものの見事に
   
hit well: ものの見事にボールをとらえる ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 443
やれやれ
   
Well, I think we shall put a spoke in their wheel: やれやれ、どうやら阻止できそうだよ レンデル著 小尾芙佐訳 『ロウフィールド館の惨劇』(A Judgement in Stone ) p. 154
<例文なし> ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 572
よう
   
well partner, ...: よう、兄弟、〜 ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 419
よく
   
go well with sth: 〜ともよく釣り合う クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 158
do well: よくがんばる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 66
do not know ... quite as well as one think one do: 〜のことを自分で思っているほどにはよく知らない スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 171
be well aware that ...: (人に)〜がよく知れている 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 245
be extremely modest but well maintained: つつましいながらもよく手入れされている 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 14
よしよし
   
Well, Malloy, I thought, you are going to like this one: よしよし、マロイ、とわたしは思った、うまくやったぞ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 181
わく
   
the anger wells in sb: 怒りがわきがってくる カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 164

オーケイ
   
<例文なし> ジョーンズ著 岸本佐知子訳 『拳闘士の休息』(The Pugilist at Rest ) p. 110

安全
   
all is well: すべては安全である 遠藤周作著 ジョンストン訳 『沈黙』(Silence ) p. 44
井戸
   
well bucket: 井戸つるべ 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』(Hard-Boiled Wonderland and The End of The World ) p. 11
the well behind the house: 井戸のある裏手の方 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 97
shallow well of one’s resolve: 決意という名の浅い井戸 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 106
in the well: 井戸の底で カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 237
be at the bottom of the well: 井戸に落っこちる カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 237
a well curb: 井戸の井桁 ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 40
a dry well: かれ井戸 カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 237
溢れる
   
sb’s eyes well with tears: (人の)目に涙が溢れる カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 267
何度でも
   
rub it well in about ...: 〜を何度でもひきあいに出す ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 189
家柄の良い
   
the well--born: 家柄の良い人間 アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ナイルに死す』(Death on the Nile ) p. 28
快く
   
<例文なし> デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 80
快調に
   
be flying well: 快調に飛んでいる ロアルド・ダール著 永井淳訳 『飛行士たちの話』(Over to You ) p. 209
楽に
   
it doesn’t matter how well sb handle sth: いくら〜を楽にあつかっていても、そんなものはあてにならない スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 194
can breathe well: 呼吸はだいぶ楽になる ジョーンズ著 岸本佐知子訳 『拳闘士の休息』(The Pugilist at Rest ) p. 231
完全に
   
the secret is well kept: 秘密は完全に保たれる ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 28
完備された
   
be documented better: より完備された記録が残っている ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 35
気前がいい
   
tip well: チップに関しては気前がいい タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 58
驚異的な
   
how well sth function: (物が)驚異的な性能を発揮する バフェット著 芝山幹郎訳 『ジョー・マーチャントはどこにいる?』(Where is Joe Merchant? ) p. 79
見事だ
   
go very well: 実に見事だ クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 89
厳重に
   
be well guarded: 厳重に守衛がついている ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 108
好都合
   
just as well: かえって好都合 ボイル著 柳瀬尚紀訳 『ケロッグ博士』(The Road to Wellville ) p. 318
巧みに
   
expect sb covered sb’s tracks too well: (人は)よっぽど巧みに足跡をくらましてしまったらしい アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『カリブ海の秘密』(A Caribbean Mystery ) p. 19
幸い
   
it is well that ...: 〜で幸いだ ロンドン著 白石佑光訳 『白い牙』(White Fang ) p. 186
広く
   
be well known: 広く知られている トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 188
行き届いている
   
be well maintained: 維持管理が行き届いている サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 147
高く
   
fare very well: 非常に高く評価される デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『そして殺人の幕が上がる』(Murder on Cue ) p. 67
今度は
   
<例文なし> 小松左京著 ギャラガー訳 『日本沈没』(Japan Sinks ) p. 53
最適
   
would have done well for ...: 〜に使ったら最適だろう トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 127
参ったな
   
Well, C, you didn't lie: 参ったな、チャーリー。お前ってやつは、まったく正直だよ ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 163
持病はない
   
be perfectly well: 何にも持病はない 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 32
実は
   
'Well, not quite,' said Cal, mincing as ever: 「実はそうじゃないんだ」相変わらず几帳面にキャルは言った トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 90
実はね
   
Well, you don't know me, but I'm a friend of Eddie Birdsell's: 実はね、あんたのご存じない者でね、エディ・バードセルの友達なんですよ サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 102
実際のところ
   
<例文なし> バッファ著 二宮磬訳 『弁護』(The Defense ) p. 67
手際がよい
   
sb be expressing things very well: (人の)説明はたいそう手際がよい アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『フランクフルトへの乗客』(Passenger to Frankfurt ) p. 134
手際よく
   
admire a job well and quickly done: 仕事はなんでも迅速かつ手際よくなされることをよろこぶ クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 14
充分
   
be well aware of one’s failing: 充分自分の我を認める 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 145
十分
   
keep well clear of sb: 〜から十分離れて歩く クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 538
重々
   
be well aware that ...: 〜は重々承知している 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 449
出っぱり
   
wheel wells: 車輪の出っぱり トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 238
詳しく
   
be well versed in the progress of the war: 戦局に詳しく通じている 井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 313
心から
   
love sb well: 心から愛している ル・グィン著 小尾芙佐訳 『闇の左手』(The Left Hand of Darkness ) p. 99
深い
   
know sb well enough: 深い付き合いがある ダニング著 宮脇孝雄訳 『死の蔵書』(Booked to Die ) p. 126
人に
   
be well liked: 人に好かれている ダニング著 宮脇孝雄訳 『死の蔵書』(Booked to Die ) p. 151
鮮明に
   
remember well what it was like to do: 〜したときのことを鮮明に記憶している ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 46
相当の
   
sb’s family is well off.: (人の)宅に相当の財産がある 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 148
大きく
   
circle well to the west: 西に大きく旋回する マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 349
大分
   
be well along: 大分進む ロンドン著 白石佑光訳 『白い牙』(White Fang ) p. 150
調和
   
miraculously make all things well: 奇蹟によって、すべてを調和させる 遠藤周作著 ジョンストン訳 『沈黙』(Silence ) p. 23
当然
   
Satsuma's mounting agitation was well known to him: 当然薩の動揺を見透かしていた 司馬遼太郎著 カーペンター訳 『最後の将軍』(The Last Shogun ) p. 161
判事席の前のあたり
   
well of the still court: しんと静まりかえった法廷の、判事席の前のあたり フリーマントル著 稲葉明雄訳 『亡命者はモスクワをめざす』(Charlie Muffin and Russian Rose ) p. 7
肥えている
   
the earth did pretty well: 地球は土地が肥えていた フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 115
噴きあげる
   
well with dark smoke: 黒煙を噴きあげる マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 372
噴き出る
   
<例文なし> 北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 87
無難に
   
handle a question well: 質問を無難に捌く ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『メディア買収の野望』(Fourth Estate ) p. 249
優に
   
<例文なし> ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロスノフスキ家の娘』(The Prodigal Daughter ) p. 171
有効に
   
use oneself well: 自分自身を有効に使う トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 75
be better applied: より有効に活用される ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 263
湧きおこる
   
the enormous welling crowd noise muttering: 湧きおこるものすごい歓声 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 285
要するに
   
But Ed--well, Ed had never bothered with that stuff, he wanted you to know: しかし、エドは--要するにエドは、そんなのはどうでもいいことだといいたいのさ ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 162
理想的な
   
chose sth well: 理想的な(物を)選ぶ ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 89
良い
   
things haven’t started off well: どうも幸先が良くない クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 507
腕のたつ
   
do it well: 腕のたつ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 79
ツイート