× Q 翻訳訳語辞典
children   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
姉弟
   
<例文なし> 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 137
子女
   
well-bred children: 良家の子女 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 453
若者たち
   
And who's in charge of sucking up to these children this way?: そして、若者たちへのこうしたおべっか使いの担当者はだれだと思う? トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 74
小さい
   
when sb is children: (人が)小さいうちは 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 131
息子
   
erring children: 極道息子 ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 261
幼児的な部分
   
the children inside sb are permitted to come out: 自分のなかの幼児的な部分をなにはばかることなく露出できる セーガン著 池央耿・高見浩訳 『コンタクト』(Contact ) p. 251

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

the scar that means one have borne children: 妊娠線
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 10
sb’s wife or children: 家族
little children: 幼児たち
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 62
you and the children: あなたがた御一家
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 327
neither sb’s doctor nor sb’s children is able to reason with sb in any way at all: 医者や子供たちがなにを言ってもまったく無駄だ
ロアルド・ダール著 永井淳訳 『来訪者』(Switch Bitch ) p. 133
keep an admonitory eye on the school children: 学童たちに眼を光らせる
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『ナイン・テイラーズ』(The Nine Tailors ) p. 152
always spot some isolated children: ひとりでさまよっている子供の姿がきっと見つかる
ディック著 小尾芙佐訳 『火星のタイム・スリップ』(Martian Time-Slip ) p. 29
It was amazing, for my wife had had no children: 女房には子供がなかったんで、珍しかったんですな
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 72
there are no children anywhere to be seen: 人っ子ひとり見えない
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 86
You’ve been awfully kind to my children: いつも子供がお世話になります
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 11
be with one’s children: 子供たちと会う
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 96
beautiful children: 可愛い子供たち
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 312
put the children to bed: 子供たちを寝かしつける
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 290
in the best interest of both children: 双方の子供の今後のことを考えて
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 51
cannot take care of yourselves and your children: 自分のことも、子どものことも見てやれない
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 198
parents and children: 親子
土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 33
native children: 土人子たち
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 18
the children of pioneer stock: 開拓者の子供たち
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 70
steal children: 子供をさらう
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 58
in the company of sb’s children: 子供たちの世話をする
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 293
be unable to stay true to one’s own children: 子供に対する責任もろくにとれない
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 117
be poor with several children: 貧乏人の子だくさんだ
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 120
an untrained woman with several children: 何人も子供を抱えた職業訓練を受けていない女性
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 360
when one is the oldest daughter of thirteen children: 十三人きょうだいの長女とあれば
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 155
other children of one’s achievement group: 同級生たち
ディック著 小尾芙佐訳 『火星のタイム・スリップ』(Martian Time-Slip ) p. 87
one’s children: 自分の娘や息子
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 197
have two children: 二児を儲ける
井上靖著 ピコン訳 『姨捨』(The Izu Dancer and Other Stories ) p. 18
sb close to one’s children’s ages: 自分の娘や息子とたいして年の変わらぬ(人)
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 197
Close-knit, Stern's children appeared to take strength from each other: スターンの子供たちは固く結びついていて、おたがいに力を吸収しあっているように見えた
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 38
a bunch of children cluster round the lych gate: 屋根門の周りにたかる子供の集団
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『ナイン・テイラーズ』(The Nine Tailors ) p. 116
clutching children out of its way: ひきずるようにして子どもたちを避けさせる
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 197
sound of children’s voices comes shrill and loud to one’s ears: 子供たちの声がきんきん聞こえてくる
ディック著 小尾芙佐訳 『火星のタイム・スリップ』(Martian Time-Slip ) p. 52
obsessively commit to children’s innocent expressions: 子供たちのあどけなさをくどいほど強調する
アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 193
His companions consisted of a crowd of school-children and three nuns: 相客は小学生の一団と三人の尼僧だった
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 294
compare to most of the local children: このあたりには珍しい
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 148
the crowd is composed mostly of children: 観客の大半は子供である
ミルハウザー著 柴田元幸訳 『イン・ザ・ペニー・アーケード』(In the Penny Arcade ) p. 21
one is counting your children: (人が)考えていたのは子孫のことだ
フィシャー著 吉田利子訳 『愛はなぜ終るのか』(Anatomy of Love ) p. 53
a couple of children: 子どもが二、三人
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 400
the eight children crowding the supper table: 八人の子供でごったがえす食事
吉行淳之介著 ジョン・ベスター訳 『暗室』(The Dark Room ) p. 50
a crowd of small children: 子供たち
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 189
children develop these love maps between ages five to eight: 五歳から八歳ごろの子供時代に愛の鋳型ができあがる
フィシャー著 吉田利子訳 『愛はなぜ終るのか』(Anatomy of Love ) p. 40
sb’s tolerant disposition toward one’s children: 実に我慢強く子供たちの相手をしてくれる
アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 239
dress the children: 子供たちの着物の世話をしてやる
E・ブロンテ著 大和資雄訳 『嵐が丘』(Wuthering Heights ) p. 63
have one’s children educated: 子供に学問させる
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 112
essentially the children escaped scot-free: 子どもたちはまずはぶじのがれた
ル・カレ著 村上博基訳 『リトル・ドラマー・ガール』(The Little Drummer Girl ) p. 14
even in children: 子供の場合でも
安部公房著 サンダース訳 『砂の女』(The Woman in the Dunes ) p. 6
have found someone to stay with one’s children overnight: 子供は、知人に一晩預かってもらうことになった
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 472
Leaderless, the soldiers fled like terrified women and children: 指揮者のいない士卒は婦女子のように逃げ惑うばかりである
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 89
a good fifty children: 子供らが五十人も
宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『虔十公園林』(Wild Cat and the Acorns and Other Stories ) p. 12
have one’s children near at hand: 子供たちがそばにいる
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 82
be children in your hand: 君にかかっては子供みたいだ
ドイル著 阿部知二訳 『回想のシャーロック・ホームズ』(Memoirs of Sherlock Holmes ) p. 109
have children: 子供をもうける
フィシャー著 吉田利子訳 『愛はなぜ終るのか』(Anatomy of Love ) p. 88
be one of those anomalous children you hear but never see: 噂には聞くが見たことはないあの異常児なのだ
ディック著 小尾芙佐訳 『火星のタイム・スリップ』(Martian Time-Slip ) p. 71
weep heedlessly like little children: あたりかまわず幼児のように泣く
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 184
place children high in one’s priorities: 子ども本位に生きる
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 259
be the very image of average Japanese children: まぎれもない日本人の顔をしている
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 225
children are indifferently being watched by parents: 子供たちは親たちにいい加減に見守られている
ミルハウザー著 柴田元幸訳 『イン・ザ・ペニー・アーケード』(In the Penny Arcade ) p. 172
the children irritate me: 子供たちは鬱陶しい
ジョーンズ著 岸本佐知子訳 『拳闘士の休息』(The Pugilist at Rest ) p. 120
I joined a crowd of small children watching a picture-story show: 子供たちにまじって紙芝居をながめていると
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 189
it is so big it would have taken four children at least to link arms around it: 子供が4人くらい手をつながなければ廻れないような老樹なのだ
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 207
leave the children the house, the job, and all the obligations of daily life: 子供や、家や、勤めその他、日常生活の束縛を凡て後にする
リンドバーグ夫人著 吉田健一訳 『海からの贈物』(Gift from the Sea ) p. 65
take on these pudding-y, plump, vapid, low-class children: うすのろでぶくぶくの育ちの悪いこの娘たちの面倒を見る
ディック著 小尾芙佐訳 『火星のタイム・スリップ』(Martian Time-Slip ) p. 69
children or young men: 小さな子供や多感な青年
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 87
never met sb’s wife or children: 家族と顔を合わせたこともない
my children: うちの子ども
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 165
The noise is the children gnashing their teeth: この騒ぎは、子供たちの歯ぎしりです
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 225
children of the Roper party: ローパー・ファミリーの子どもたち
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 242
places where children can run around freely: 子供たちが自由に遊べる広場や空地といったもの
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 35
be typical of the children of prominent families: 毛並みすぐれた一家の子弟の典型だ
イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 210
ツイート