× Q 翻訳訳語辞典
world   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
〜の住む世界
   
world of the dead: 死者たちの住む世界 遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 30

おもて
   
この世
   
sth is about the best thing in the world: 〜ほどありがたいものはこの世にまたとない スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 126
makes you wonder what the world’s coming to: まったくこの世も末だ レンデル著 小尾芙佐訳 『ロウフィールド館の惨劇』(A Judgement in Stone ) p. 258
ご時世
   
in a catch-as-catch-can world: せちがらいご時世では レンデル著 小尾芙佐訳 『ロウフィールド館の惨劇』(A Judgement in Stone ) p. 49
そこ
   
do not have ... in the world: そこには〜なんて何ひとつない 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 45
ども
   
outside, non-matriculating world: 学外の無学者ども サリンジャー著 野崎孝訳 『フラニーとゾーイー』(Franny and Zooey ) p. 8

   
world of men: 人界 土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 88
business world: 財界 ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 31
be insulated from the outside world: 外界から隔絶する ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 34
   
the whole world: 皆が皆 ボイル著 柳瀬尚紀訳 『ケロッグ博士』(The Road to Wellville ) p. 253
   
the hall-door is opened upon a glimmering world: 玄関ドアが開かれると、外はきらめいていた セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『ナイン・テイラーズ』(The Nine Tailors ) p. 44
外の世界
   
depart for the world: 外の世界に出ていく トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 100
業界
   
the truffle world: トリュフ業界 メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 78
the book world: 本の業界 ダニング著 宮脇孝雄訳 『死の蔵書』(Booked to Die ) p. 114
one of the most famous names in ... world: 〜業界では何本かの指にはいる著名人 ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 7
   
live in a kind of wondrous world: 不思議の国に生きている プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 99
時代
   
the world isn’t quite ready for sb: 時代のほうが(人に)追いついていない ベイカー著 岸本佐知子訳 『もしもし』(Vox ) p. 48
社会
   
the Anglo-Saxon world: アングロ・サクソン系の社会 サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 177
人間
   
be unintelligible to the rest of the world: 外の人間には不可解の一語につきる セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『ナイン・テイラーズ』(The Nine Tailors ) p. 39
   
world where all men are each other’s enemies: 万人が万人にとって敵である世 土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 97
leave this world: この世にいない 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 140
in a better world: 世が世なら ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 434
depart from this world: この世にいなくなる 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 158
be said to be the only one in the world in ...: 〜ので世にも有名だ ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『アンの青春』(Anne of Avonlea ) p. 92
世のあらゆる
   
sins of the world: 世のあらゆる罪悪 ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 187
世の中
   
way of the world: 世の中そうしたものだ ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 251
there is no such thing as sth in the world: 〜なような〜は世の中にあるはずがない 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 74
take little enough pleasure in this world as it is: 世の中のどっちを向いても面白くない 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 47
stand completely alone in this world: 世の中にたった一人住んでいる 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 268
live alone in this world: 世の中にたった一人で暮らす 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 143
it is a crummy world: 世の中ろくなことはない フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 85
dislike the world so much: 世の中を見る(人の)眼が厭世的だ 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 51
discourse about the world in general: 世の中一般のことについて語り合う ヴィラード、ネイグル著 高見浩訳 『ラヴ・アンド・ウォー』(Hemingway in Love and War ) p. 43
a lousy world: いやな世の中 ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 123
世界
   
World Industry Conference on Environmental Management: 環境保全型経営に関する世界産業会議 ステファン・シュミットハイニー著 BCSD訳 『チェンジング・コース』(Changing Course ) p. 10
World Conservation Strategy: 世界自然保全戦略 ステファン・シュミットハイニー著 BCSD訳 『チェンジング・コース』(Changing Course ) p. 9
World Commission of Environment and Development: 環境と開発に関する世界委員会(WCED) ステファン・シュミットハイニー著 BCSD訳 『チェンジング・コース』(Changing Course ) p. 9
wobbling world: ゆれうごく世界 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 19
the world sb have always lived in: (人が)住みなれたもとの世界 カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 238
the world one live in: 〜の世界 遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 38
the world looks different from above: 空から見ると世界は変わる クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 391
the world is burning the equivalent of 10 billion metric tons of coal per year: 世界では石炭換算で年間100億トンが燃やされている ステファン・シュミットハイニー著 BCSD訳 『チェンジング・コース』(Changing Course ) p. 8
the world as it is: 昔ながらの世界 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 323
the world’s most powerful hurricane: 世界一強大なハリケーン クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 7
the whole poor world: 世界じゅうのあわれな人々 ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 350
the whole damned world: 全世界 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 134
the troubles in this world: 世界中で起こっているいざこざ フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 53
the tackiest ... in the world: 世界一低俗趣味 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 280
the reality of a merciless world: 無慈悲な世界のリアリティー ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 521
the most reasonable, rational decision in the world: 世界一賢明で、世界一合理的な決定 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 153
the finest in the world some say: 世界一と折り紙をつける向きもある フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 225
the big-bucks world: 大金の動く世界 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 185
the best damned sth in the world: 世界一すばらしい〜 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 167
succeed in this world: 外の世界でうまくやっていく ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 33
stay in the political world: 政治の世界に身をおく ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 115
sb strung out across most of the world’s time zones: 時差のある世界各地の人たち トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 80
return the favors to the world around one: まわりの世界に向かってお返しをする ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 206
peripheral world just beyond the corners of one’s eyes: 視野のすぐ外側の世界 トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 170
one live in a world of one’s own: (人に)は(人の)世界がある 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 5
one’s own private world: だれにも邪魔されることのない世界 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 167
no world has been as good as ...: 〜ほどすばらしい世界は存在したためしがない スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 167
make the world better: よりよい世界をきずく イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 329
learn to acknowledge the existence of a world other than one’s own: 自分以外に世界のある事を悟る 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 201
keep the outside world at bay: 外なる世界を寄せつけないようにする ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 174
in a perfect world: ふつうの世界なら トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 194
if the world were mere emptiness: 世界が虚妄にすぎないならば 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 142
feel safe against the world: 自分が外の世界からしっかりと守られているように感じる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 276
equal to few in the world: 世界にもほとんど例がない ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 341
do one’s best to carry one’s child through a world that ...: 子供をかかえたまま、〜の世界を、なんとかくぐり抜ける ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 356
difficult and ambiguous world: 厳しくかつ茫漠たる世界 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 226
cover the world with imagination: 想像力を発揮して世界を塗りつぶす フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 80
confront the world: 世界に接する 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 59
be ready to learn to see the world through sb’s eyes: (人の)目を通して世界を眺める心の準備ができる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 385
as far as the world could see: 世界の目から見るかぎり イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 115
any wider world beyond one’s own small circle: 外の世界 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 142
another world: 別世界 タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 128
an enchanted, thrill-packed world: ヨロコビとコーフンに満ちた世界 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 9
alter the face of the world: 世界を変える トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 195
all over the world: 世界各地の デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 435
affect the world around: 世界の人々に影響を与える フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 264
a world that sb can never have expected to find oneself in: まったく予期もしなかった未知の世界 ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 356
a world reversed: 明暗逆転した世界 ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 291
a world of weird psychic shadows: 浮世離れした心霊術の影の世界 ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 129
a world of no forgiveness: 赦しというものを知らぬ世界 ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 525
a world made only for guys: 男だけに与えられた世界 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 167
a woman in a man’s world: 男の世界にまぎれこんだ女 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 265
... capital of the world: 世界に冠たる〜の本場 フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 44
世間
   
woman of the world: 世間を知っている女 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 218
turn the world upside down: 世間を無茶苦茶に荒しまわる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 571
turn one’s back on the rest of the world: 世間に背中を向ける 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 67
the vulgar world: 俗世間 川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 9
the alcoholics of the world: 世間にごろごろころがっているアル中患者 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 336
in the midst of a corrupt world: 世間はどうあろうとも 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 266
have little contact with the outside world: 殆んど世間と交渉がない 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 145
go through the world together: 手をたずさえて世間をわたる ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 44
expect anything from the world: 世間に向って働らき掛ける 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 31
be rather weary of the world: 世間が嫌いだ 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 48
a woman of the world: 世間を知っている女 ボイル著 柳瀬尚紀訳 『ケロッグ博士』(The Road to Wellville ) p. 223
a big world: 広い世間 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 218
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 41
世間の人
   
come to grips with the world: 世間の人のお相手をする ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 496
世間一般
   
世事
   
dumb to the world: 世事に疎い 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 94
世知
   
a man of the world: 世知にたけた人 ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 478
   
in the heart of the Ice Age of an alien world: 異国の星の、氷河時代の真只中の ル・グィン著 小尾芙佐訳 『闇の左手』(The Left Hand of Darkness ) p. 29
生活
   
the world go to hell: 生活はめちゃめちゃ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 51
生活のあらまし
   
Such was Honda's world about this time: これがこのごろの本多の生活のあらましであった 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 8
全世界
   
tell the world: 全世界に喧嘩を売る スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 176
declare for victory or death against the world in arms: 武器をとって立ち向ってきた全世界に対して、勝利か死の戦いを宣する ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 162
   
prove to oneself and the world that ...: 〜と自他へ証明してみせる 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 24
地域
   
developing world: 開発途上地域 ステファン・シュミットハイニー著 BCSD訳 『チェンジング・コース』(Changing Course ) p. 5
cut one’s aid to the developing world: 開発途上地域への援助を削減する ステファン・シュミットハイニー著 BCSD訳 『チェンジング・コース』(Changing Course ) p. 5
地球
   
sth makes one’s world go round: 〜があればこそ、地球はまわる フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 63
anywhere in the world: 地球上をどこまで行っても 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 54
天下
   
talk contemptuously of the whole world: 天下を睥睨する 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 187
reveal sth to the world: 〜を天下の晒しものにする デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 35
feel on top of the world: 天下を取った気持ちだ デミル著 上田公子訳 『ゴールド・コースト』(Gold Coast ) p. 148
all’s right with the world: 天下は泰平だ 吉行淳之介著 ジョン・ベスター訳 『暗室』(The Dark Room ) p. 89
天下の情勢
   
review the world: 天下の情勢を論じ合う フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 121
浮世
   
renounce the world: 浮世をいとう 川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 9
風景
   
suddenly, the whole world looks different: まわりの風景が一変する ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 321
満天下
   
be exposed to the world as a thief: 〜の名が泥棒として満天下に知れわたる クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 323
娑婆
   
be out of the world: 娑婆にご無沙汰している レンデル著 小尾芙佐訳 『引き攣る肉』(Live Flesh ) p. 188
Tweet