× Q 翻訳訳語辞典
leaving  
おこぼれ
   
<例文なし> ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 268

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

The other passengers all got out, leaving the carriage empty and deserted: みんなは、一ぺんにおりて、車室の中はがらんとなってしまいました
宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『銀河鉄道の夜』(Night Trains to the Stars and Other Stories ) p. 78
we’ll leaving any minute now: いよいよお別れだ
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 86
as sb is leaving: 帰り際に
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 433
austere leaving-taking: あっさりした出航
小松左京著 ギャラガー訳 『日本沈没』(Japan Sinks ) p. 19
leaving the earth smooth and bare: のっぺらぼうになっている
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 109
before leaving: 帰り際に
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 140
before leaving the house: 出がけに
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 21
before leaving home: 出がけに
ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 112
leaving sb frightened and bewildered in the doorway of the wood-sawyer’s house: ただ呆然とおびえながら、木挽き小屋の門先に立ちつくす
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 173
Don't you think they're a little careless leaving the key like that?: こんなところにいつも鍵をおいておくなんて不用心じゃないの?
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 129
hate leaving cases open: 迷宮入りをなにより嫌う
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 70
I complained as we were leaving: コートを出ながらわたしはぼやいた
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 161
leaving one’s midriff completely exposed: 腹を丸出しにしながら
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 81
be more or less leaving the current-day reality of sbs behind one: しばらくのあいだ、(人の)動向から遠のいてしまう
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 524
The darkness had departed reluctantly, leaving an indoor gloom: 闇はなかなか立ち去らず、屋内の薄暗がりに似た濃さをのこしていた
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 122
leaving sb to entangle himself in a heavy swing door: (人は)重いスイングドアと格闘するに委される
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『殺人は広告する』(Murder must Advertise ) p. 34
say, one’s eyes never leaving the TV: テレビの画面から眼を離さずに答える
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 308
as far as talking to ... one is leaving that to ...: 〜という問題に差しかかると〜に下駄をあずける言い方になる
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 208
be going to be leaving soon: まもなく現職を退く
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 429
numbness is leaving one’s hands by then: しびれはもう消えている
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 132
when I leave a place I like to know I'm leaving it: どこかを去って行くときには、いま自分は去って行くんだってことを、はっきり意識して去りたいんだな
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 10
you‘ll be leaving in the morning, won’t you?: 明日はもうお別れね
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 71
don’t think of leaving: 席を立とうとは思わない
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 168
as though wash out the thought of leaving ...: まるで〜に別れを告げるのだという考えを消し去ろうとでもいうように
アシモフ著 小尾芙佐訳 『夜明けのロボット』(Robots of Dawn ) p. 51
officer leaving the vehicle: 本官ハ車ヲ離レマス
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 166
In leaving it, I shall not leave its lesson, trust me: ここを立去っても、私が学んだ教えは決して忘れません
ディケンズ著 村岡花子訳 『クリスマス・カロル』(A Christmas Carol ) p. 124
the sly smile never leaving sb’s lips: あいかわらずいわくありげな薄笑いを浮かべている
フィールディング著 吉田利子訳 『秘密なら、言わないで』(Tell Me No Secret ) p. 9
show no signs of leaving: 腰を上げない
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 101
leaving one no leisure to ponder the world around one: 真直ぐ前だけ見て走って来た
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 192
be leaving sb in suspense on purpose: わざと(人を)不安におとしいれようという魂胆だ
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『白い竜』(The White Dragon ) p. 212
leaving one looking even worse than sb feel: 今の(人は人)以上に憂鬱そうな顔をしている
デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『別れのシナリオ』(Death Mask ) p. 75
Do you have any particular qualms about leaving Pency?: ペンシーを去るについて、君は別に、これといった心の呵責は感じないのかね?
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 25
melt away, leaving no residue: 嘘のように消え去る
山田詠美著 ジョンソン訳 『トラッシュ』(Trash ) p. 241
leaving a stupefied sb in one’s wake: わけがわからず突っ立っている(人を)をあとに
デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『そして殺人の幕が上がる』(Murder on Cue ) p. 80
be somewhat unwillingly, leaving: どこか心残りなようすで出ていきかける
アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『カリブ海の秘密』(A Caribbean Mystery ) p. 79
ツイート