× Q 翻訳訳語辞典
over   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
〜から
   
look over the side: 舷側からながめる マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 64
〜がかり
   
over two days: 二日がかりの ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 37
〜ごしに
   
say over one’s shoulder: 肩ごしに振り返っていう プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 166
peek at ... over one’s glasses: 眼鏡ごしにちらりと眼をやる プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 406
over one’s shoulder: 肩ごしに トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 135
〜ではない
   
the time for questioning is over: もういぶかっている時ではない クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 176
〜にかぶせて
   
over the chatter of the car radio: ラジオのおしゃべりにかぶせて プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 379
〜にもめげず
   
over strong parental objection: 両親の反対にもめげず ヴィラード、ネイグル著 高見浩訳 『ラヴ・アンド・ウォー』(Hemingway in Love and War ) p. 16
〜にわたり
   
over the years: 長年にわたり トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 49
〜に広まる
   
all over ...: 〜じゅうに広まる デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 51
〜のあいだに
   
over the years: 長年のあいだに トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 256
〜のあたりが
   
a little snug over ...: 〜のあたりがちょっと窮屈そうに見える トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 212
〜のかなた
   
over a far headland: はるか岬のかなたに マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 48
〜のそばに
   
stand over ...: 〜のそばに立つ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 200
〜の上から
   
dash water over one’s head with great zest: 豪快に頭の上から湯をかぶる 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 94
〜の真上に
   
swing the bat menacingly over the plate: 威嚇するように、バットをホームプレートの真上に振り出す プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 384
〜をめぐって
   
be killing each other over ...: 〜をめぐって命のやりとりをしている オローク著 芝山幹郎訳 『楽しい地獄旅行』(Holidays in Hell ) p. 292
〜を押しきって
   
over the protests of ...: 〜の反対を押しきって トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 57
〜を相手にして
   
get jealous over ...: 〜を相手にしてやきもちをやく 谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 16
〜を通じて
   
an army announcement over the radio has reported ...: 軍の報道がラジオを通じて〜と伝えた 井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 164
〜越しに
   
windows look over ... towards ...: 窓からは〜越しに〜を望むことができる メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 175
say over one’s shoulder: 肩越しに言葉を投げる タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 24
(物を)ぱくつきながら
   
over chocolate brioche: チョコレート・ブリオシュをぱくつきながら トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 13

あいだ
   
over these four months: その四カ月のあいだ 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『ノルウェーの森』(Norwegian Wood ) p. 158
おさまる
   
when all is over: ようようそれがおさまると アシモフ著 小尾芙佐訳 『われはロボット』(I, Robot ) p. 35
the tantrum is over: 腹の虫がおさまる タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 231
おしかぶせて
   
over the sound of a lorry: トラックの音におしかぶせて ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 66
おしまい
   
that’s over: これでおしまい スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 260
joke’s over: 冗談はおしまいにしようよ タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 86
it might be over: これでもうおしまいか スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 177
おしまいだ
   
that’s all over: なにもかもおしまいだ クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 40
it’s all over: もうおしまいだ 三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 171
おわり
   
admit the party’s over: 宴はおわりだと覚悟する ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 208
お開きになる
   
be over: お開きになる トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 169
かけて
   
over a period of weeks: 何週間かかけて クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 334
かたがつく
   
after this is over: 今回のかたがついたら カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 333
から
   
pull the covers over one’s head: 頭から毛布をかぶる ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 84
くぐる
   
carry sb over the threshold: (人を)持ちあげて戸口をくぐる ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 450
これっきりにする
   
the awful episode is over: 面倒はこれっきりにする ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 478
すぎ
   
do not look a day over twenty: どう見ても二十歳すぎには見えない タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 81
そば
   
stand over sb: (人の)そばに立つ ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 464
そばに
   
rushing over sb: (人の)そばに駆けよる ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 46
たいし
   
give one an almost regal authority over sb: (人に)たいし、王威に似たものがかもしだされる ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 252
とまれ
   
motion sb over: (人に)とまれという合図をする デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 435
の席で
   
over dinner: 夕食の席で ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 277
まざって
   
over the sound of the air: 風の音にまざって カーヴァー著 村上春樹訳 『夜になると鮭は…』(Will You Please Be Quiet? ) p. 44
まで
   
pulling one’s hat over one’s eyebrows: 帽子を眉まで引きおろす セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『殺人は広告する』(Murder must Advertise ) p. 90
まわる
   
むこうじゃ
   
over there: むこうじゃ ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 285
もう一回
   
start over: もう一回やりなおす カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 63
もとに
   
puzzle one’s head for some time over this information: しばらくこの情報をもとに頭をひねる セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『ナイン・テイラーズ』(The Nine Tailors ) p. 150
やってくる
   
be over: やってくる クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 435
ゆくりと
   
talk things over: ゆっくりと話をする 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『ノルウェーの森』(Norwegian Wood ) p. 77
わたる
   
rumble over ...: 〜にとどろきわたる マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 180
echo over ...: 〜に鳴りわたる マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 202

チョンになる
   
be over: チョンになる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 187

  以上
   
travel an aggregate of over four thousand miles: 延べ四千マイル以上を旅する ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 42
一件で
   
be angry with sb over sth: (物の)一件で(人を)恨む ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 75
押しきって
   
be produced over sb’s protest: (人の)反対を押しきって作る アシモフ著 小尾芙佐訳 『夜明けのロボット』(Robots of Dawn ) p. 16
何度も
   
refer over and over to ...: 〜について何度も何度も口にする ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 218
介して
   
over a modem: モデムを介して ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 35
寄る
   
stroll over to ...: 〜にぶらぶら歩み寄る セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『五匹の赤い鰊』(The Five Red Herrings ) p. 45
後方に
   
loop a single over second base: 二塁後方にふらふらと上がるシングルヒットを放つ プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 391
向こう
   
stroll over here: 向こうへ行く タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 232
終わった
   
classes were over at noon: その日の授業は午前中に終わった 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 125
終わっている
   
〜until it’s already over: 〜したときにはすでに終わっているだろう クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 82
終わり
   
one’s time as ... would probably be over: 〜の任務はおそらく終わり トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 220
大昔の
   
that was all over: もう大昔のことのように思える カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 201
念を入れて
   
twice over: 念には念を入れて ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロスノフスキ家の娘』(The Prodigal Daughter ) p. 264
膝に
   
be dreaming over some old number of ...: 〜のバックナンバーを膝にうとうとしている セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『五匹の赤い鰊』(The Five Red Herrings ) p. 117
負ける
   
it ain’t over till it’s over: 負けるまでは負けじゃない ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 487
片がつく
   
<例文なし> サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 49
万事
   
be all over: 万事休す ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 154
枕元で
   
over the dying body of sb: (人の)死のうとしている枕元で 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 131
明ける
   
one’s shift will be over soon: 勤務時間がそろそろ明ける スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 165
優に
   
be over a hundred pounds lighter: 優に百ポンドは軽い スティーヴン・キング著 池央耿訳 『暗黒の塔 I・ガンスリンガー』(The Gunslinger ) p. 224
落着する
   
all ... is over: 〜はすっかり落着している スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 207
話の種にして
   
go about cackling over ...: 〜を話の種にしてげらげらと笑い興じる ル・グィン著 小尾芙佐訳 『闇の左手』(The Left Hand of Darkness ) p. 126

2階
   
apartment over ...: 〜の2階 トゥロー著 上田公子訳 『推定無罪』(Presumed Innocent ) p. 20
Tweet