× Q 翻訳訳語辞典
period   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
それ以上でも以下でもない
   
“... Now it all makes sense to me.” Period.: 「... だから作れなかったのか。」それ以上でも以下でもなかった。 吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 109
とき
   
our country has now entered a period of trial and danger: 今は国家多難のときだ 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 219

期間
   
after a brief period of occupancy: 短期間ここで過ごしたあと トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 209
after a certain period of time: ある期間から先は クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 297
mandated crew-rest period: 規定の乗員休養期間 クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 273
   
the period of the Later Decline: 衰退期 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 326
   
a period of reflection: 思案の間 ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 308
歳月
   
for a period of weeks and months: 長期の歳月にわたり 遠藤周作著 ジョンストン訳 『沈黙』(Silence ) p. 10
時期
   
during this particular period: この時期に限って言えば ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 370
go through a period of ...: 〜時期を経る デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 226
is the period that sees the rise of juvenile delinquency: 〜は若者の非行が増える時期だ ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 198
the worst period: 一番分の悪い時期 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 94
時間
   
question and answer period: 質疑応答の時間 デミル著 上田公子訳 『ゴールド・コースト』(Gold Coast ) p. 36
profit by a slack period: ひまな時間を利用する セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『五匹の赤い鰊』(The Five Red Herrings ) p. 59
時代
   
the literature that is done in a certain period: ある時代に生まれた考え方 ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 290
belong to that period: その時代の産物だ ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 290
世界
   
a period of simple innocence: ごく単純なあどけない世界 北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 16
生理
   
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 173
年ごろ
   
at the same period in one’s life: ちょうどその年ごろに トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 146
問題外だ
   
Period: 問題外だ ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 212
要するにそういうことなのよ
   
“Period. Besides,” she said, “goddamn it, his wife’s just died! ...”: 「要するにそういうことなのよ。それに」と彼女はつづける。「だいたいね、彼は奥さんを亡くしたばかりなのよ。...」 カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 382

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

in the short period of ...: たかだか
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 53
at this period: あのころは
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 280
an interim period: 一時のできごころ
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 63
within a short period of time: いくらもたたないうちに
サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 262
within a relatively short period of time: 遠からずして
サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 262
use the grace period: 千載一遇のこの機を逃さず
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 298
that period English beauty: あの古風な英国女の美しさ
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 251
resolve to see the difficult period through: 嵐に耐え抜く覚悟をする
イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 252
remember that ... during the period one knew sb: (人の)記憶によると〜だ
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 26
persist for long periods: 長期にわたって残留することになる
ステファン・シュミットハイニー著 BCSD訳 『チェンジング・コース』(Changing Course ) p. 4
over a period of weeks: 何週間かかけて
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 334
in the period of a single week one come home past one’s parents’ curfew on XX occasions: 一週間のうちXX回も門限を破る
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 90
go through periods of depression or irrationality: ふさぎの虫にとりつかれたり、理不尽な言動に走ったりする
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 211
for long periods of time: いつまでも
サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 122
enjoy an unusual period of quiet: いつにない平穏を楽しむ
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 244
during the long period of time that one live in the same house: 長く(人と)一所にいるうちに
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 223
dolls at this period were enjoying a burst of popularity: 折りしも人形が大流行していた
ミルハウザー著 柴田元幸訳 『イン・ザ・ペニー・アーケード』(In the Penny Arcade ) p. 26
brief period of cavorting: 一時的なはしゃぎ現象
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 290
at any period of one’s life: 今までに唯の一度も
ディケンズ著 村岡花子訳 『クリスマス・カロル』(A Christmas Carol ) p. 44
after a short period of blank astonishment: しばらくはポカンとしていたが、やがて
ディケンズ著 村岡花子訳 『クリスマス・カロル』(A Christmas Carol ) p. 115
after a period of fruitless thought: 幾度も考えた末
遠藤周作著 Gallagher訳 『海と毒薬』(The Sea and Poison ) p. 52
be a period of absolute sensual fulfillment: どんなにか官能を満たす日々であることだろう
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 71
after a period of groping one’s way through the darkness: 暗中模索の末に
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 12
allow oneself a short period of reflection: すこし思案の間をおく
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 308
almost before the sixth-period bell stop ringing: 六時限目の終わりを告げるベルが鳴りやむか鳴りやまないうちに早くも
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 124
choose sb’s free period: (人の)ひまな時間にくる
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 324
do not confine oneself to any particular period or class of object: 別に、種類とか時代にはこだわらないで集めたものだ
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ひらいたトランプ』(Cards on the Table ) p. 14
be in disarray, still in a period of drift and disorientation: 立ち直れず、いまだに浮動と混迷の段階にある
イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 115
A third downer in a very short period: ほんのわずかな時間に三つ目の失態だった
ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 219
exceptional period of high irritability: めずらしく苛立っていた時期
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 66
be so far like the present period: あまりにも現代に似ている
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 9
have one’s damned period: いまあれなの
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 73
the whole period becomes hazy in one’s mind: 全体の記憶がぼやけてしまっている
ロアルド・ダール著 永井淳訳 『飛行士たちの話』(Over to You ) p. 138
be a nice three-month cooling-off period: まあたっぷり三ヵ月くらい冷却期間を置けば
クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 363
be an optimal period for sb: (人)にとっていい時代
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 346
over a period of XX months: XXカ月にわたり
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 73
period of peak activity: 掻き入れどき
安部公房著 ソーンダーズ訳 『燃えつきた地図』(The Ruined Map ) p. 110
question period: 質疑応答の時間
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 27
taxing period: いても立ってもいられない時期
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 492
ツイート