× Q 翻訳訳語辞典
until   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
〜し、〜する
   
sb began methodically turning through the entries until he had extracted some half dozen: (人は)綴じ込みを順序よくめくり、いくつかを抜き出した ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 182
〜したあとまで
   
until the butterflies had passed: 蝶が舞い去ったあとまで 川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 7
〜したとき
   
the coincidence does not strike one until ...: 〜したとき、(人は)この偶然に気づく トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 287
〜するうち〜
   
<例文なし> トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 30
〜すると
   
keep walking as straight as you can until you reach Berkeley Square: そのままできるだけまっすぐ行くとバークレイ・スクエアに着く ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 175
〜するほど
   
clap one’ s hands until they tingle: 手が痛くなるほど拍手する ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 224
〜する段になると
   
<例文なし> メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 50
〜ときは
   
do not see that until ...: それに気づいたときは〜 クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 19
〜ならないうちは
   
until nightfall: 暗くならないうちは トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 175
〜ほど
   
gaze at ... until sb feels quite bashful: (人が)テレるほどしげしげと〜を見る ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 63
〜まで
   
until the clock runs out: 時間切れぎりぎりまで デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 223
〜までは
   
until 1992: 一九九二年までは メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 239

から
   
did not understand ... until later in one’s teenage years: 〜がわかるようになったのは、十代も終わりになってからだった グループマン著 吉田利子訳 『毎日が贈りもの』(The Measure of Our Days ) p. 74
   
... until one realized that ...: 〜が、〜だとわかった クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 66
が、やがて〜
   
<例文なし> メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 67
こんどの
   
until sb’s accident: そしてこんどの事故 ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 303
したときには
   
until it’s already over: 〜したときにはすでに終わっているだろう クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 82
しないうちから
   
until ...: 〜しないうちから デミル著 上田公子訳 『ゴールド・コースト』(Gold Coast ) p. 41
しなければ
   
Yet markets cannot start until it is clear who owns what: だが、誰が何を所有するかがはっきりしなければ、市場経済は始まらない サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 107
can’t be content until ...: 〜しなければ気が済まない 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 116
しまいには
   
until ...: しまいには〜 クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 235
sb’s papers accumulated until ...: (人の)書類はどしどしたまってゆき、しまいには・・・ ドイル著 阿部知二訳 『回想のシャーロック・ホームズ』(Memoirs of Sherlock Holmes ) p. 135
そういえば
   
until one’s eyes rested upon sb, who seated in a corner: そういえば、(人が)隅のほうにすわっている ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 60
そのうち
   
until the sun is low in the west: そのうち日も西に傾く ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 85
until I understood: そのうち理解できた ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 33
until ...: そのうち〜した クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 29
<例文なし> アシモフ著 小尾芙佐訳 『われはロボット』(I, Robot ) p. 105
そのうちに
   
Until we came out of the park at Ninetieth Street: そのうちに車は、公園を抜けて九十丁目に出た サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 96
<例文なし> マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『白い竜』(The White Dragon ) p. 320
ついに
   
until sb be doing ...: (人は)ついに〜になる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 160
ついには
   
<例文なし> プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 107
ついには〜
   
<例文なし> マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 157
と、
   
<例文なし> メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 53
と〜するうちに
   
<例文なし> メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 7
とうとう
   
<例文なし> トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 305
ところが
   
<例文なし> ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 306
とたん
   
until sth blow off: 〜と思ったとたん、(物が)爆発する トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 151
はじめて
   
have never actually done until that morning that ...: 〜と今朝はじめて〜した 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 28
ほどに
   
until the gums bleed: 歯茎から血の出るほどに 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 81
まで
   
raise one’s hands steadily until they are level with one’s chest: 掌をジリジリと胸の高さまでもちあげてみせる 小松左京著 ギャラガー訳 『日本沈没』(Japan Sinks ) p. 54
at least until fairly recently: 比較的最近まで スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 227
までの間
   
as soon as sth is over until it is time for dinner: 〜を終わって夕食までの間 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 20
までは
   
until the end of the war: 敗戦までは 川端康成著 月村麗子訳 『みずうみ』(The Lake ) p. 51
やがて
   
<例文なし> ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 116
やがて〜
   
<例文なし> マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 171
ようやく
   
<例文なし> 北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 38

気がついてみると
   
until it is time to return to ... and take leave of sb: 気がついてみると、〜へ戻って(人を)見送る時間になっている ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 109
最後は
   
<例文なし> ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 191
遂には
   
until memory of sb’s origins degenerates into legend or myth: 遂には(人の)起源も伝説や神話に姿を変える マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『白い竜』(The White Dragon ) p. 12
突然
   
until the thing cants forward: 〜であったが、突然ガクンと前傾する トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 151
Tweet