× Q 翻訳訳語辞典
wash   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
きれいにする
   
have one’s face washed by sb: (人に)をきれいにしてもらっている ルイス・キャロル著 柳瀬尚紀訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 15
ゆすぐ
   
wash the teapot in several waters: 何回か水をとりかえてティーポットをゆすぐ ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『アンの青春』(Anne of Avonlea ) p. 35

支払われる
   
wash sth one charged: 〜の代金が支払われる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 131
取り除く
   
wash anxiety away: 不安を取り除く 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 96
洗う
   
wash up: 手を洗う クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 492
wash until all the mud is gone: 泥がすっかり落ちるまでごしごしと手を洗いつづける スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 132
wash sth in warm, soapy water: 石鹸をとかしたぬるま湯で洗う スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 183
wash one’s face and rid oneself of ...: 顔をよく洗って〜の痕跡を洗い落とす スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 189
return from an artfully reluctant trip to the bathroom under orders from sb to wash one’s feet: (人に)足を洗うことを命ぜられてわざとしぶしぶ足を洗ってきた 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 64
go and wash one’s hand: 顔を洗って来る 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 97
be washed by endless waves: たえず波に洗われている 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 125
洗濯物
   
the wash flags: 洗濯物がはためいている トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 41
did you bring in the wash: 洗濯物、入れた? スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 154
風呂に入る
   
don’t wash: 風呂に入らないように フィシャー著 吉田利子訳 『愛はなぜ終るのか』(Anatomy of Love ) p. 37
奔流
   
<例文なし> アシモフ著 小尾芙佐訳 『われはロボット』(I, Robot ) p. 62
流す
   
wash ... down with a bottle of gin: 〜をジンで流しこむ カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 380

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

wash the perspiration: 汗を落とす
川端康成著 サイデンステッカー訳 『伊豆の踊り子』(The Izu Dancer ) p. 83
wash over sb: (人は)押し流されてしまう
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 169
wash in: さっと流れこんでくる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 335
wash away ...: 〜をふきとばす
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 253
wash ... away: 黙殺する
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 302
be washed off: さらわれる
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 425
be washed: 波にさらわれる
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 156
all wash up: 〜はばらばら
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 222
a wash basin: 流し
with one’s make-up washed away: 化粧がはげた
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 93
wash with morning sunlight: 朝日を浴びる
村上龍著 アンドルー訳 『限りなく透明に近いブルー』(Almost Transparent Blue ) p. 85
wash one’s hands of the whole business: きっぱりと手を引く
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 162
wash one’s hands of sb: (人には)さじを投げる
ハメット著 小鷹信光訳 『赤い収穫』(Red Harvest ) p. 104
wash one’s hands of ...: 〜と手を切る
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 247
wash one’s hand of the whole mess: あとは野となれ山となれと知らぬ顔をする
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 69
wash down with sth: 〜で流し込む
wash ... down with water: 水で割りながら飲む
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 298
wash ... down with a long draught of water: 息もつかずに水をのどに流しこむ
ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 154
the tears of joy wash anxiety away: 喜びの涙が不安を取り除く
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 96
sb’s face duly washed: さっぱりした顔
ライス著 小鷹信光訳 『死体は散歩する』(The Corpse Steps Out ) p. 133
paint sth with a pale wash: (物に)うすい色を刷く
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 442
one hand washes the other: 人は相身互い
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 118
it is far better not to wash linen of the sort in public: こうした内輪のゴタゴタは、世間に知られないほうがいい
ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 116
it does not wash: 可能性は皆無
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 132
go to wash one’s hand: お手洗いを借りる
ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 93
feel wash over one: わが身に打ちよせてくる〜を感じる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 116
be washed in space: 回りに何もない
リンドバーグ夫人著 吉田健一訳 『海からの贈物』(Gift from the Sea ) p. 108
as though wash out the thought of leaving ...: まるで〜に別れを告げるのだという考えを消し去ろうとでもいうように
アシモフ著 小尾芙佐訳 『夜明けのロボット』(Robots of Dawn ) p. 51
absentmindedly let the music wash over sb: その曲が耳に入ってくるに委せる
吉行淳之介著 ジョン・ベスター訳 『暗室』(The Dark Room ) p. 10
a whole bag of sth washed down with ...: 〜の大きな袋を開けて、〜で流し込む
wash one’s hands of the business: 足を洗う
安部公房著 サンダース訳 『砂の女』(The Woman in the Dunes ) p. 7
wash dishes: 後片づけをする
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 128
The spooks could no longer wash this away as a minor domestic disturbance: 情報機関はもはやこれを国内のささいな事件と黙殺するわけにはいかない
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 302
wash sth off one’s eyes: まぶたに塗られた(物を)洗い流す
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 185
wash one’s face in no time flat: 素早く顔を洗う
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 140
can’t wash one’s hands of ...: 〜から足を洗えないでいる
井上靖著 横尾・ゴールドスタイン訳 『猟銃』(The Hunting Gun ) p. 8
wash the dishes lightly to no system: 使った皿をただ手当たり次第に洗う
リンドバーグ夫人著 吉田健一訳 『海からの贈物』(Gift from the Sea ) p. 95
be a wash-out: ご破算だ
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『五匹の赤い鰊』(The Five Red Herrings ) p. 49
a wash-out: 無駄足だった
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『五匹の赤い鰊』(The Five Red Herrings ) p. 143
A certain blankness set in as Wash pondered all of this: ワッシュはじっと考えこんでいるが、その表情には一種うつろなものがあった
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 330
Wash finally said it: 'Premature.': ワッシュがそれを口にした。「まだ早すぎる」
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 20
Instead, Wash's face weakened at once into a sappy ingratiating expression: いま、ワッシュの顔から急に力が失せ、迎合するような表情があらわれた
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 325
I had wrested the memo from Wash without resistance: 歩きだす前にワッシュの手から例の文書をひったくったが、ワッシュは抵抗しなかった
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 332