× Q 翻訳訳語辞典
air   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
〜ぶり
   
sb’s best “schoolma’am” air: とっておきの学校の先生ぶり ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『アンの青春』(Anne of Avonlea ) p. 86

あたり
   
the air is turning cold: あたりが少しずつ冷えこんでくる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 433
hang in the air: あたりに漂う メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 164
いう
   
air these theories to sb: その辺の憶測を(人に)いう ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 493
いかにも〜な物腰
   
with an air of sweet benevolence: いかにも善人らしい物腰 ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 193
うわべ
   
one’s air of humanity: うわべの人間味 ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 352
けはい
   
notice sb’s uncommonly serious air: (人の)ただならぬけはいを感じる 川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 178
そぶり
   
does not wear the predictable air of a man who ...: (〜する)そぶりはまったくない トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 134
めいたもの
   
enhance one’s air of respectability: いっそう貫祿めいたものをそえる ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 299

印象
   
air of maturity: どこかおとなびた印象 ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 191
外気
   
He breathed deeply of the early-evening air hoping it would help: すこしはマシな気分になるかと考え、アランは夕暮れどきの外気を胸いっぱいに吸いこんだ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 75
be afraid to take sb out of the air: 外気に当てるのはよくないと思う ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 125
air swirls at sb: 外気はうずまきながら襲いかかる ディック著 小尾芙佐訳 『火星のタイム・スリップ』(Martian Time-Slip ) p. 6
干す
   
<例文なし> 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 25
感覚
   
otherworldly air: 浮世ばなれした感覚 グールド著 芝山幹郎訳 『カクテル』(Cocktail ) p. 30
   
air of disuse: 荒廃の気 アシモフ著 小尾芙佐訳 『われはロボット』(I, Robot ) p. 50
気配
   
warm air: なまあたたかい気配 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 98
there is an air of unease about the place: (場所)の中にただらぬ気配が漂っている ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 166
気分
   
give the room an air of agitation: 部屋全体の気分が、妙に落着かないものになっている 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 7
響き
   
speak with the self-congratulatory air: その声には自己満悦の響きがある トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 185
a jaunty, comic air: 軽薄でコミカルな響き トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 16
   
walk with its feet up in the air: 足を空に向けて歩く 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 110
send sth sailing through the air: ひょいと空に放り投げる 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 157
meet death in the air: 空で死ぬ クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 407
<例文なし> プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 41
control of the air and sea: 制空権と制海権 ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 308
be flying through the air: 空を裂いてとぶ オローク著 芝山幹郎訳 『楽しい地獄旅行』(Holidays in Hell ) p. 149
空の
   
the worst part of air travel: 空の旅で一番辛いこと クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 146
空気
   
warm, boxed-in air: 生温かいもわっとこもった空気 カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 83
there is a little sniffle of cold air riffling across one’s nose: 冷たい空気が鼻先をサッとかすめる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 180
the warmth of the stagnant air: そのどんよりした空気のなまぬるさ 川端康成著 月村麗子訳 『みずうみ』(The Lake ) p. 93
the sort of place where new light or fresh air rarely enters: 新しい光や新しい空気とはほとんど無縁の場所 ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 562
the immediate air: まわりの空気 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 154
the humidity hangs in the air: 空中に湿気がこもっている デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 356
the air is very still: 風のない空気 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 108
on the wet freezing air: 湿った冷気にのせて ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 516
move the air above sb: 頭上の空気をゆっくりかきまわす プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 268
in the still morning air: 静かな朝の空気に クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 130
in the air: 空気を引き裂いて プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 254
force air into one’s head: 頭に空気を送り込む カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 214
drink the clean night air in gusts: きれいな夜気を存分に吸う ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 98
drink in the air: 空気をいっぱいに吸う 吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 20
crisp air: すがすがしい冬の空気 ディケンズ著 村岡花子訳 『クリスマス・カロル』(A Christmas Carol ) p. 46
considering how clear and brisk the air is: 透明な空気の中で 吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 59
breathable air: 呼吸できる空気 ステファン・シュミットハイニー著 BCSD訳 『チェンジング・コース』(Changing Course ) p. 15
空中
   
drive the air: 空中を横切る プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 287
航空
   
Naval Air Station Jacksonville: ジャクソンヴィル海軍航空基地 クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 121
手つき
   
with a shrewd, reluctant air: 油断のない、もったいぶった手つきで ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 434
   
the forlorn air of an Alexandrian villa fallen on hard times: うらぶれたアレキサンドリアの別荘といったわびしい趣 ル・カレ著 村上博基訳 『リトル・ドラマー・ガール』(The Little Drummer Girl ) p. 12
<例文なし> デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 144
上空からの
   
air cover: 上空からの探索 クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 6
   
break out in the air and words sb know so well: 節も文句も(人に)おなじみの歌をうたいはじめる スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 85
   
howl until one have no more air in one’s lungs: 肺の中のあらんかぎりの息を吐き出すようにして唸り声をあげる カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 151
大気
   
dawn air: 払暁の大気 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 106
大空
   
shot Flight into the Air: 大空に向っていっせいに矢を射る スウィフト著 中野好夫訳 『ガリヴァ旅行記』(Gulliver's Travels ) p. 18
   
throw one’s arms in the air: 両手を宙に投げだす スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 121
knock ... out of the air: 宙を舞う〜をばたばたとはたき落とす フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 245
feeling of being lifted into the air: 宙にかかえあげられる感覚 アシモフ著 小尾芙佐訳 『われはロボット』(I, Robot ) p. 77
at the air: 宙に ボイル著 柳瀬尚紀訳 『ケロッグ博士』(The Road to Wellville ) p. 457
調子
   
with an air of embarrassment: 照れ臭そうな調子で 谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 56
表情
   
sb’s air of martyred politeness: 殉教者めいたあきらめの表情 デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『そして殺人の幕が上がる』(Murder on Cue ) p. 87
   
the air shifts: 風がその向きを変える ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 543
the air is still very cold: 風はまだ刺すように冷たい クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 214
風貌
   
<例文なし> レンデル著 小尾芙佐訳 『ロウフィールド館の惨劇』(A Judgement in Stone ) p. 29
放映
   
be on the air: 放映されている トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 145
物腰
   
with modest air: 物腰のつつましやかな O・ヘンリ著 大津栄一郎訳 『オー・ヘンリー傑作選』(41 Stories ) p. 46
get to work with air of ...: 仕事に取りかかった物腰は〜のそれだった セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『ナイン・テイラーズ』(The Nine Tailors ) p. 125
雰囲気
   
wear an air of high office: どことなく地位あるものの雰囲気をただよわせる ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 49
vague bohemian air: どことなくボヘミアンの雰囲気 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 94
under a burdened air: 雰囲気は重苦しい トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 135
lend the proper air: 〜らしい雰囲気を出す トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 144
jazzed-up air of self-importance: 強調された尊大な雰囲気 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 191
deaden the air: 雰囲気を一変させ、白けさせた トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 35
be received in ... with the air of ...: (人を)迎えた〜には、〜の雰囲気がある トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 213
an uncomfortable air of completeness settles over sb: 事が終了したときの、一種居心地の悪い雰囲気が(人の)まわりにただよう ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 45
夜気
   
rainy air: 雨もよいの夜気 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 93
様子
   
have the distinct air of ...: 〜という様子がありありだ ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 226
様相
   
take on the air of ...: 〜の様相を呈している トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 146
陽気
   
<例文なし> メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 115
Tweet