× Q 翻訳訳語辞典
himself   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
ご当人
   
<例文なし> プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 156
   
sb himself: (人)も 宮部みゆき著 アルフレッド・バーンバウム訳 『火車』(All She Was Worth ) p. 74

当の
   
<例文なし> ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 264

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

an anger makes sb feel larger than himself: 怒りが(人の)体を実際以上に大きく見せる
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 162
turn with the reckless air of a man who abandons himself to his destiny: すてばちな態度で、どうでもなれとひらきなおる
ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 194
He said he'd always hated himself for marrying me: きみと結婚したことをずっと後悔していたけど、・・・
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 264
As for DiMaggio himself she thought him kind and almost unbearably shy: ディマジオについては、優しいけれど、こちらがいたたまれなくなるほど内気な人だ、と感じた
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 95
James was flustered and poured himself another drink: ジェームズはうろたえてまた酒を飲んだ
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 125
the great lover himself when compared with sb, appears positively undersexed: 名だたる蕩児も〜の前では不能者も同然だ
ロアルド・ダール著 永井淳訳 『来訪者』(Switch Bitch ) p. 185
monseigneur, as a class, have dissociated himself of his not being appreciated: フランス貴族たちは、もはや彼らが階級として少しも尊敬されていないことを、ことさら目をふさいで見まいとしている
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 92
be sitting the artist himself: この絵の制作者が腰かけている
ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 9
sb know her better than anyone but himself: 〜の本質を見ぬいている点では、じぶんにつぐ男だ
瀬戸内晴美著 バイチマン訳 『夏の終り』(The End of Summer ) p. 52
John felt himself close his eyes briefly: 自分が目をちょっとつぶったのがジョンにはわかった
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 326
But he'd taken the time and endangered himself to rescue Doris: それでいて、わざわざ手間をかけ、自分を危険にさらしてまで、ドリスを救い出しているのだ
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 566
And he allowed himself to be -- bought?: それで彼も進んで、そのう--手に入れられったってわけですね
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ナイルに死す』(Death on the Nile ) p. 105
"What a swindle!" he said to himself "It's candy!: なんだ、やっぱりこいつはお菓子だ
宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『銀河鉄道の夜』(Night Trains to the Stars and Other Stories ) p. 87
carefully removed himself from anything outside of the game itself: ベースボールの外の世界とは極力接触を避けた
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 189
Honda had clumsily but carefully mended it himself: 不器用ながら本多がわが手で丹念に綴じ直した…
三島由紀夫著 サウンダーズ、シーグル訳 『暁の寺』(The Temple of Dawn ) p. 31
He himself was a cat burglar: 自分自身が、猫顔負けの忍者ドロにほかならないのだ
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 357
cautiously, Smiley sat himself on the chaise longue and, ...: スマイリーは寝椅子におもむろに腰かけ、 ...
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 222
He certainly could venture to Westlab himself -- wherever it might be: もちろん、スターン自身がウェストラブに--それがどこにあるにせよ--行くこともできる
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 186
Ordinarily, he prided himself on his civility: ふだんは礼儀正しさを誇りとしているのに
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 75
Bassus clearly thought a lot of himself: バッススはよほど大物のつもりらしい
デイヴィス著 酒井邦秀訳 『青銅の翳り』(Shadows in Bronze ) p. 226
Williams had complete confidence in himself: ウィリアムスは自分の能力に絶対の自信を持っていた
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 290
a man who prides himself on his composure: 自制心を失わぬのが身上の男
イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 223
tied himself up in the skeins of his own conspiracies: われとみずからを秘密ごとの糸でがんじがらめにしていった
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 156
whose only crime is fidelity to himself and his family: その罪科というのは、ただ自分や自分の一家に対して忠実に義務を果たしたというだけのことだ
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 105
Yasusaburo decided he could do nothing by himself but must get help: これは自分の手に負えることではない、助けを呼ばなくては、と康三郎は判断した
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 304
sharp as the devil himself: ギンギンに研ぎ澄まされた
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 234
an old man disgraces himself: 老人が年甲斐もなくみっともないまねをする
カポーティ著 龍口直太郎訳 『ティファニーで朝食を』(Breakfast at Tiffany's ) p. 17
Noodles had let himself in on the second floor of the Mullins duplex: メゾネット式になったマリンズのアパートに忍び込んだヌードルスは、すでに二階にも足を運んでいた
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 360
hear sb growling to himself until sb is out of earshot: きこえるかぎりぶつぶついいながら帰る
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『アンの青春』(Anne of Avonlea ) p. 12
receive personally from the Emperor himself: 陛下からじきじきに賜わる
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 72
leaving sb to entangle himself in a heavy swing door: (人は)重いスイングドアと格闘するに委される
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『殺人は広告する』(Murder must Advertise ) p. 34
He brought it on himself entirely: ひとえに本人がまいた種だよ
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 89
every man for himself: だれもかれもわが身が大事
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 270
he himself a spectator, haven’t been feeling in top form: 観衆のひとりとして、彼自身の気持がも一つ盛り上がってこない
シリトー著 河野一郎訳 『長距離走者の孤独』(The Loneliness of the Long-Distance Runner ) p. 156
Keep wondering, he urged himself ferociously;: 考えつづけろ、と自分を激しく叱咤した
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 328
But after today he had to accept this filthiness as a part of himself: だが今日からはこの醜悪を自分のものと認めざるをえない
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 273
Pertinax finally troubled himself to interject unpleasantly,: ペルティナクスはやっと重い腰を上げて口をはさむ気になったらしい
デイヴィス著 酒井邦秀訳 『青銅の翳り』(Shadows in Bronze ) p. 365
First, the police are wrong, Kelly told himself: なによりもまず、警察は間違っている。ケリーはそう断じた
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 228
Toby the fixer, dyed in all the oceans, as he would say of himself: トビーは“世界じゅうの海に染まった”と自称する工作員で、
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 111
Toby paused as if to imply that Smiley himself was not above these foibles: スマイリー自身その欠点と無縁ではないとでもいいたげに、そこでトビーはちょっと間をおいた
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 228
The fool always believes that everyone but himself is a fool: 阿呆はいつも彼以外のものを阿呆であると信じている
芥川龍之介著 ボーナス訳 『河童』(Kappa ) p. 44
make a fool of himself over a handsome girl: きれいな娘にうつつを抜かす
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『死が最後にやってくる』(Death Comes as the End ) p. 144
That four-flusher shoot himself Not a chance: あのはったり屋が自分を撃つなんて、絶対あり得ないわ
ハメット著 小鷹信光訳 『赤い収穫』(Red Harvest ) p. 134
He was a man who had prepared himself for the gallows;: 彼はすでに処刑台を覚悟した男だった
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 217
Secretly, they were as proud of the great engines as Dobson himself: そのじつ彼らは、ダドソン自身におとらず、内心この強力なエンジンが誇りなのだった
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 58
the cat is grooming himself: 猫が毛づくろいをしている
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 157
The hand groped forward, he clutched at a steam pipe as if to steady himself: その手が前方におよぎ、彼は身をささえるかのようにそばのスチーム・パイプをつかんだ
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 234
But that's what he called himself and he always laughed when he said it: ところが、当人はまるで無頓着で、その呼び方を口にしては笑い飛ばしていた
His voice was hoarse, strained, foreign even to himself: かすれてひきつった声は、自分にも耳なれないものだった
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 244
But for the man himself it was incomprehensible: だが、あの人には解しかねることだったんだ
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 178
XX permitted himself the greatest liberties with both -- indeed, with all: どちらの場合にも——早い話が、出てくる女性すべてに対して——XXはいかんなく好色ぶりを発揮した
アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 58
the intelligent reader will readily supply these details for himself: 頭のいい読者諸君は詳細を聞くまでもない
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『五匹の赤い鰊』(The Five Red Herrings ) p. 44
Tyndall, justifiably, was feeling more than pleased with himself: ティンドルが満足あまりあるのも、無理からぬことだった
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 127
He felt ashamed of himself for having knuckled under so easily: 脆(もろ)くも腰が挫けてしまって、...したのが、恨めしくなって来るのであった
谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 50
why don’t you let him speak for himself: ご自身の口からお訊きになったらいかがです
フィールディング著 吉田利子訳 『優しすぎて、怖い』(See Jane Run ) p. 67
He was feigning light-headedness to himself indifference: 彼は自分自身に軽々しさと無関心をよそおった
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 138
it is true that the portrait still preserves its marked likeness to himself: もちろん、あの肖像画は、(人)そっくりの相貌を依然として宿してはいる
ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 206
such a man will look after himself: それほどの男ならじぶんのからだの始末くらいできる
ドイル著 阿部知二訳 『回想のシャーロック・ホームズ』(Memoirs of Sherlock Holmes ) p. 125
It's every man for himself in love: 愛情問題ばかりは、人それぞれの問題だよ
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 67
sb stretched himself luxuriously: (人は)のうのうと身をのばし
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 455
I had assumed Noda would have gorged himself on meat in a place like Canada,: 肉類は食傷気味だろうと思い、
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 134
Mungo asked himself why he fund his methods distasteful: だがそのやり口が不愉快に感じられるのはなぜだろう
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 173
He seemed to be talking to himself his voice a drifting murmur: もう自分にいいきかせているように、声はとぎれがちのつぶやきだった
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 190
make a real nuisance of himself: 深入りされてしまうとうるさい
瀬戸内晴美著 バイチマン訳 『夏の終り』(The End of Summer ) p. 72
He himself busy nursing his tractor, but his uncle would take care of me: 今、トラクターの整備で手が塞がっているが、叔父が相手をするから、と男は言った
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 224
Obviously he prefers to keep his plan, whatever it is, to himself: 彼は自分のプランを、それが何であろうと、胸にしまっておくのが好きらしい
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 331
It was a thing that happened to the Superintendent himself occasionally: それは自分にも間々あること・・なのだ
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 58
Makepeace Watermaster himself: メイクピース・ウォーターマスターじきじきに
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 30
Axel himself: アクセルその人
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 229
a summons from the president himself: 社長の直々のお呼び出し
三島由紀夫著 サイデンスティッカー訳 『天人五衰』(The Decay of the Angel ) p. 119
Parnell himself fully expected to start in the playoff game: パーネル本人もプレーオフには当然自分が先発するものと思っていた
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 19
every man for himself in ...: 〜は人それぞれの問題
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 67
Isao was finding himself outmatched: 勲は危うく言い負かされそうになった
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 243
overeager and unreflective faith in himself: 無分別な、熱のこもりすぎる自信
トゥロー著 上田公子訳 『推定無罪』(Presumed Innocent ) p. 26
His head bowed, he hoisted himself painfully into his chair: 頭をたれ、彼はやっとの思いで自分のからだを椅子にもちあげた
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 251
Mungo liked that phrase and he repeated it to himself: マンゴーはその言いまわしが気に入って、もう一度頭のなかで繰り返した
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 35