× Q 翻訳訳語辞典
beat   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
〜よりずっとましだ
   
it had to beat doing nothing: 何もしないよりはずっとましだ 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 31
〜よりはずっと気がきいている
   
but it beat having that dying geranium staring at me: 枯れてしまったゼラニウムの鉢を置いておくよりはずっと気がきいている 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 36

あらがう
   
beat ... with ...: 〜で〜にあらがう ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 417
いじめる
   
beat oneself up: 自分をいじめる タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 140
かなう
   
nobody would beat sb: (人に)誰もかなわない ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 122
じりじりと照りつける
   
the heat beat down on the neck: 日がじりじりと首に照りつける メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 222
すごく疲れた
   
look beat: すごく疲れた顔だ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 316
つきつける
   
beat sb up with the truth: (人に)真実をつきつける トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 99
ときめく
   
set sb’s heart beating faster: 胸がときめく 井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 181
one’s heart beats faster at the thought that ...: 〜に心がときめく 川端康成著 サイデンステッカー訳 『眠れる美女』(House of the Sleeping Beauties ) p. 48
どきどきする
   
one’s heart begins to beat quick with excitement: 興奮して胸がどきどきする ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 42
なぐる
   
beat sb black and blue: (人を)なぐってあざだらけにする トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 210
beat on each other: なぐりあう カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 244
ぶっつける
   
beat ... against ...: 〜を〜にぶっつける 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 104
ぶつける
   
beat ... in a rapid tattoo: 〜をぱたぱたとぶつける プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 375
へこます
   
beat sb at sb’s own game: (人の)やり口で(人を)へこます ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 205
まぬかれる
   
beat the gas chamber: ガス室送りをまぬかれる エルロイ著 二宮磬訳 『ビッグ・ノーウェア』(The Big Nowhere ) p. 217
やられる
   
AA beats BB: (BBが)(AAに)やられる ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 446

キッと
   
take a beat on sth: 〜にキッとなる トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 25
ビート
   
one’s limbs move at double the beat: ステップはダブルビート プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 164
hold the beat: ビートを叩き続ける フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 184

一秒
   
without skipping a beat: 一秒も無駄にせず トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 99
営み
   
pass on the beat of human life: 人間という生の営みを伝えていく フィシャー著 吉田利子訳 『愛はなぜ終るのか』(Anatomy of Love ) p. 53
殴る
   
used to beat sb regularly: しょっちゅう(人を)ぶん殴っていた ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 236
beat the shit out of sb: (人を)とことんぶん殴る ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 237
管轄
   
on one’s beat: (自分の)管轄内で デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 120
虐待する
   
beat one’s kids: 子供を虐待する トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 181
強い
   
beating rain has endured through the night: 夜中、性こりもなく強い雨がつづいた オー・ヘンリ著 飯島淳秀訳 『オー・ヘンリー傑作集』(41 Stories ) p. 172
拳を固めて襲いかかる
   
beat sb savagely: 拳を固めて激しく(人に)襲いかかる プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 400
攻略する
   
don’t beat sb in a frontal attack: (人を)正攻法では攻略できない アシモフ著 小尾芙佐訳 『神々自身』(The Gods Themselves ) p. 343
降す
   
beat ... 6-5: 〜を六対五で降す プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 248
高鳴らせる
   
one’s heart begins to beat quick with excitement: わくわくと胸を高鳴らせる ルイス・キャロル著 柳瀬尚紀訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 44
高鳴る
   
my heart was beating: 私の胸は高鳴った 三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 29
出し抜く
   
beat sb: (人を)出し抜く トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 175
照りつけている
   
the sun beat mercilessly down on ...: 陽が〜に照りつけている 遠藤周作著 ジョンストン訳 『沈黙』(Silence ) p. 62
生き生きする
   
... make sb’s heart beat faster: 〜で(人の)心が生き生きした 川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 43
折檻する
   
beat up on sb: (人を)折檻する ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 248
beat sb terribly: (人を)ひどく折檻する ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 581
打ちすえる
   
beat any Bolshevik they find: 目に入るボルシェヴィキをひとり残らず打ちすえる トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 322
打ちのめす
   
beat sb: (人を)打ちのめす ハメット著 小鷹信光訳 『赤い収穫』(Red Harvest ) p. 18
打ち勝つ
   
beat the law: 法律に打ち勝つ ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 509
打つ
   
the outrage and unfairness of being beat: 無意味に無慈悲に打たれたこと ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 194
one’s heart is beating like a triphammer: (人の)心臓は早鐘を打っている スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 168
叩きのめす
   
result in sb’s being beaten: 結果的に叩きのめされる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 424
beating sb makes one bigger or toughter than sb: (人を)叩きのめすことで(人が)(人)よりもタフでビッグなんだという気になれる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 565
叩く
   
beat sth to death: 叩き殺す トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 267
担当
   
<例文なし> ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 25
地区
   
the beat cop: その地区の巡査 トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 217
調子
   
keep a common beat: 調子をあわせる フィシャー著 吉田利子訳 『愛はなぜ終るのか』(Anatomy of Love ) p. 25
   
be hard to beat: 敵にまわすと手ごわい トゥロー著 上田公子訳 『推定無罪』(Presumed Innocent ) p. 26
投げ付ける
   
the dazzling blue of the sky beats against sb’s face: 青空の色が痛烈な色を(人の)顔に投げ付ける 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 12
踏みつぶす
   
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 88
縄張り
   
This is my post, my beat: ここはおれの基地、おれの縄張りだ デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 20
   
pause a beat: 一拍おく タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 258
hold for about two beats: 二拍ほどおく タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 254
避ける
   
beat the traffic: ラッシュを避ける トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 36
鼻をあかす
   
We can beat both our fathers: わたしたち、両方の父親の鼻をあかしてやれるわ ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロスノフスキ家の娘』(The Prodigal Daughter ) p. 259
部署
   
<例文なし> ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 103
暴力をふるう
   
be brutally beaten: 激しい暴力をふるわれる フィールディング著 吉田利子訳 『秘密なら、言わないで』(Tell Me No Secret ) p. 20
免れる
   
beat the murder charge: 殺人罪を免れる デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 429
抑える
   
beat sb: (人を)抑える ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 442

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

without missing a beat: すかさず
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 253
up beat: 明るい
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 79
this beats all.: もううんざり
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 180
the main beat: 目抜き
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 294
the beat cop: 制服警官
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 58
take a beat: 一瞬たじろぐ
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 34
sb’s heart beats joyfully: 胸が躍る
クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 235
me beats you: どうだ、負けたか
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 220
let’s beat feet: さ、フケようぜ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 350
it beats sb: 理解できない
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『殺人は広告する』(Murder must Advertise ) p. 161
it beats me: ほんとにわからないんだ
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 250
it beats me: 私には何だかさっぱりわからない
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ナイルに死す』(Death on the Nile ) p. 339
for a beat: 一瞬
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 232
end up beaten: 袋だたきにされる
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 39
continue to beat: ようよう手をひかえる
ロンドン著 白石佑光訳 『白い牙』(White Fang ) p. 133
beats me: さあ
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 143
beats me: さあ、わからないねえ
宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『銀河鉄道の夜』(Night Trains to the Stars and Other Stories ) p. 114
beat up sb: (人を)痛めつける
グールド著 芝山幹郎訳 『カクテル』(Cocktail ) p. 20
beat the air: のれんに腕押し
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 97
beat sb: 〜を破る
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 158
beat reporter: 球団詰めの記者
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 85
beat out sb: (人を)蹴落とす
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 61
beat out sb: (人を)出しぬく
アシモフ著 小尾芙佐訳 『神々自身』(The Gods Themselves ) p. 51
beat oneself: 自滅する
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 186
beat it: ずらかる
ハメット著 小鷹信光訳 『赤い収穫』(Red Harvest ) p. 83
beat it: 姿をくらます
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 173
beat it: 早く帰る
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 306
beat hell: 実に目を瞠るばかりの素晴らしい演奏を聞かせる
beat hard irregularly: 狂ったような動悸を打つ
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 49
beat feet: トンズラする
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 400
beat feet: 逃げ出す
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 71
beat down the doors: 騒ぐ
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 172
beat down: 買いたたく
サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 50
beat anything: 〜たるや実に無比無類だ
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 49
beat ...: 〜に比べると〜なんて目じゃない
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 397
be beaten up: 暴行を受ける
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 281
be beaten: めった打ちにあう
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 111
be beaten: 半殺しの目に遭う
why, I beat you all round the town, you chicken!: へ、町じゅうどたばた追い回してやったろう、この腰ぬけめ!
ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 138
this one really had me beat: このときばかりはわたしもお手上げだった
ロアルド・ダール著 永井淳訳 『来訪者』(Switch Bitch ) p. 72
this beats everything past, present and to come: 古往今来、聞いたことがない
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 262
there is nothing to beat it: 何といってもこれに限る
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 18
there are no odds to beat: どんなに低い可能性といえども決してゼロではない
オースター著 柴田元幸訳 『鍵のかかった部屋』(The New York Trilogy ) p. 103
the conversations wouldn’t have missed a beat: 会話がスムースに流れつづける
デミル著 上田公子訳 『ゴールド・コースト』(Gold Coast ) p. 81
the best plans of sb were beaten by ...: (人の)周到な計画が〜のために一敗地にまみれた
ドイル著 大久保康雄訳 『シャーロック・ホームズの冒険』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 48
the best plans of sb were beaten by ...: (人の)深謀も〜のまえに破れ去った
the beat of the disco music submerging sb with its volume: 猛烈な音量でおおいかぶさってくるディスコ・ミュージック
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 165
struggle to beat one’s hands away: 必死になって(人の)手を払いのける
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 211
stage lights beat down mercilessly on one’s entire body: ライトの光が無遠慮に全身にあたる
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 165
sb’s heart misses a beat: 心が急に騒ぐ
松本清張著 ブルム訳 『点と線』(Points and Lines ) p. 93
run to beat all hell: そこらじゅうを駆けまわる
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 120
practically beat down the door of ...: 〜にまで押しかけてくる
宮部みゆき著 アルフレッド・バーンバウム訳 『火車』(All She Was Worth ) p. 408
play ‘Beat the Clock’: 時計と競争する
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 225
passing cop on the beat: 巡回中のおまわり
ハイスミス著 小尾芙佐訳 『風に吹かれて』(Slowly, Slowly in the Wind ) p. 203
one beat a hasty retreat: 要領のいい(人は)出掛けてしまった
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 159
one’s heart starts to beat faster: 胸の動悸を覚える
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 75
one’s heart misses a beat: 心臓がとまるような感じを覚える
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『死が最後にやってくる』(Death Comes as the End ) p. 64
one’s heart beating excitedly: 胸をときめかせて
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 97
make no move to beat sb to the check: 伝票が届いても(人は)手を出そうとしない
デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『別れのシナリオ』(Death Mask ) p. 62
hearts of sb beat loud enough perhaps to be heard: (人の)心臓は激しく高鳴って、おそらくはっきり聞き取れるくらいだ
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 17
hear one’s heart beating: 自分の動悸の音がする
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 461
have beat the odds: 予想に反した生き方をしている
エルロイ著 二宮磬訳 『ビッグ・ノーウェア』(The Big Nowhere ) p. 214
finally, after a minute or two of beating about the bush, one say ...: 言葉の上で、好い加減にうろつき廻った結果〜と聞く
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 247
feel that little click, that beat of one’s heart: 胸がどきどきする
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 359
feel one’s ticker skip a beat: 心臓が一瞬止まる
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 236
feel a little beat oneself: すこし体全体が疲労気味だ
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 129
don’t miss a beat: あわてない
イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 122
doesn’t that beat all?: こりゃ驚きだ
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 375
do not miss a beat: すかさず応じる
バッファ著 二宮磬訳 『弁護』(The Defense ) p. 297
do not miss a beat: 間髪を入れず応じる
バッファ著 二宮磬訳 『弁護』(The Defense ) p. 40
clap up the beat: 手拍子を打つ
beats the shit out of me: ああ、もうへろへろ
オローク著 芝山幹郎訳 『楽しい地獄旅行』(Holidays in Hell ) p. 154
beats hell out of ...: 〜なんかよりずっとすごい
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 229
beating about the bush: 婉曲な物言い
カズオ・イシグロ著 土屋政雄訳 『日の名残り』(The Remains of the Day ) p. 98
beat the rain before ...: 雨が〜になる前に帰りつく
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 91
beat the hell out of me: それはぜんぜんわからん
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 371
beat sb to it: (人の)先回りする
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 107
beat sb half to death: 半殺しの目に会わせる
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 187
beat sb black and blue: こてんぱんにやっつける
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ケインとアベル』(Kane and Abel ) p. 203
beat out the Top: ポンと呑み口を開けてくれる
スウィフト著 中野好夫訳 『ガリヴァ旅行記』(Gulliver's Travels ) p. 20
beat one’s head against ...: 〜について頭をひねる
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 176
beat it on sb: (人から)逃げる
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 111
beat it on sb: (人のことは)おっぽらかしてさっさと行く
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 237
beat hell out of ...: 〜も、〜には遠くおよばない
beat frantically at the wall-switch: 壁のスイッチを狂ったように探しもとめる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 311
beat each other to bloody pulp: 派手なたちまわりをやらかしす
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 145
beat each other half to death: ほとんど殺し合いみたいな喧嘩だ
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 236
beat down upon ...: 〜を照し出す
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 41
beat down on ...: 〜を激しく叩く
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 272
beat at sth sticking out of ...: 〜に刺さった〜をつかもうと狂ったように動く
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 311
beat around the bush: 遠まわしに言う
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 58
beat about the bush: 横道ばかりうろついてる
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ナイルに死す』(Death on the Nile ) p. 420
beat about the bush: 歯に衣きせる
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 393
beat ... right off ...: 〜からひっぱがす
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 332
be strong enough to beat anyone else at ...: 〜をさせたら敵うものはない
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 48
be both working the right side of the good-and evil beat: 善悪の垣根の同じ側で仕事をする
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 13
be beating a path to sb’s door: (人を)捜しまわって、訪ねてくる
ヴィラード、ネイグル著 高見浩訳 『ラヴ・アンド・ウォー』(Hemingway in Love and War ) p. 75
be beaten to death: 撲殺される
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 38
be beaten and beaten big: 大負けに負ける
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 176
be badly beaten up by sb: (人に)袋叩きにされる
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロシア皇帝の密約』(A Matter of Honour ) p. 455
after some beating about the bush: あれこれカマをかけてきたんで
ハメット著 小鷹信光訳 『影なき男』(The Thin Man ) p. 241
a vein beats time: 血管がどくどくと音をたてている
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 310
beat ... flat again: 〜をまたたたきなおす
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 332
And damned angry, and a little upset knowing it happened on my beat: それから非常に腹が立ち、また自分の管轄内で起こったと知って少々動転したのも事実だ
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 120
beat his tail, which is as fat as an arm: 大人の腕ほどもある太い尻尾を打ちつける
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 99
beat like a bastard: 気違いみたいに打つ
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 275
beat-up old straw baskets: くたびれた古い麦わらの籠
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 264
a beat-up Volvo: ぽんこつのヴォルヴォ
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 32
poor old beat-up clarinet player: 気の毒みたいなやつれた年よりのクラリネット吹き
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 118
beat-up jacket: よれよれのジャケット
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 134
beat-up little Yugo: ガタピシのユーゴ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 125
beat-up:チャチな
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 177
beat-up:着古しの
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 141
be pretty beat-up: だいぶ疲弊している
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 241
beat-up-looking old horse: くたびれたみたいな古い木馬
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 328
why, I beat you all round the town, you chicken!: ふん、こっちはおまえを町じゅう追いまわしたんだぜ、このへなちょこ!
ルイス・キャロル著 柳瀬尚紀訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 147
ask in a deliberately up-beat voice: ぐっと陽気な口調で聞く
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 172
beat oneself with mental errors: ボーンヘッドで自滅する
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 186
grinning negroes beat monotonously upon copper drums: 歯をむきだして笑っているニグロが単調なリズムで銅鼓を叩いている
ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 198
my heart skipped a beat: 私は内心ちょっとはしゃいでいた
吉本ばなな著 シャリーフ訳 『N・P』(N. P. ) p. 52
I’ll beat the hell out of you: いやというほどぶちのめしてやる
ロアルド・ダール著 永井淳訳 『飛行士たちの話』(Over to You ) p. 41
levelly and without missing a beat: 呼吸を乱すこともなく、淡々として
デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『そして殺人の幕が上がる』(Murder on Cue ) p. 138
Good, then stop playing 'Beat the Clock.': ようし。じゃ、時計と競争するのはやめろ
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 225
ツイート