× Q 翻訳訳語辞典
bloody   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
おそろしく
   
bloody long time: おそろしく長い フリーマントル著 稲葉明雄訳 『亡命者はモスクワをめざす』(Charlie Muffin and Russian Rose ) p. 21
かなわん
   
It's bloody arctic down this end: こっちまで寒くてかなわん ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 67
くだらん
   
the bloody stuff: くだらん〜 マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 176
さんざん
   
He just said, 'Bloodier than ever.': 「今年はさんざんだ」って トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 316
だめな
   
<例文なし> ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 383
ちょっくら
   
Bloody difficult to get a firehose down to this place, I should think!: ここまで消火ホースをひっぱってくるのは、ちょっくら骨ですからね マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 452
とびっきりの
   
be a bloody marvellous idea: とびっきりの名案だ ロアルド・ダール著 永井淳訳 『飛行士たちの話』(Over to You ) p. 248
とんでもなく
   
I knew Cherry, I knew her too bloody well: おれはチェリーを知ってる、とんでもなく知りすぎるほどね レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 184
どうしようもない
   
put the whole bloody mess behind one: これまでのどうしようもない生活にきっぱりおさらばする タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 124
どうしようもないほど
   
be bloody mad: どうしようもないほど頭がおかしい オローク著 芝山幹郎訳 『楽しい地獄旅行』(Holidays in Hell ) p. 264
なんてもの
   
these bloody committees: 委員会なんてもの ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 300
ばんとした
   
be a bloody sight more than anybody else has: だれも持ってないようなばんとしたやつだ シリトー著 河野一郎訳 『長距離走者の孤独』(The Loneliness of the Long-Distance Runner ) p. 174
へんてこ
   
bloody thing: へんてこなの ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 150
やくざな
   
bloody world: やくざな世の中 リーマン著 池央耿訳 『黒海奇襲作戦』(Torpedo Run ) p. 262
やりきれない
   
bloody inertia: やりきれない沈滞の日々 ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 183
ろくでもない
   
Mixing with bloody intellectuals: ろくでもないインテリたちとつきあい ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 287

業腹ながら
   
bloody sb’s plan is almost foolproof.: 業腹ながら、(人の)計画はまず文句のつけようがない リーマン著 池央耿訳 『黒海奇襲作戦』(Torpedo Run ) p. 222
血だらけの
   
an ugly mess of bloody pulp: 醜い血だらけの肉塊 ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 282
血のにじむような
   
A hundred days of pure bloody hell and not a single hour's shore leave: 文字どおり血のにじむような地獄と、一時間の上陸許可もない百日間 マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 30
血みどろの
   
be in for a long, bloody fight: 長い血みどろの戦いを続けることになる トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 349
血染めの
   
a bloody hand print: 血染めの手形 タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 127
血塗られた
   
sb’s bloody fate: (人の)血塗られた運命 ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 144
<例文なし> メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 263
血塗れになる
   
be bloodied and ravaged: 血塗れになって、ずたずたになっている ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 574
残虐
   
see ... as the unnecessarily bloody: 〜が必要以上に残虐だと考える ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 515
無残に挫折
   
bring to a bloody end: 最後に無残に挫折する クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 97
流血の
   
<例文なし> 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 401

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

scream bloody murder: ただでは済まさないと大騒ぎする
ハルバースタム著 浅野輔訳 『ベスト&ブライテスト』(The Best and The Brightest ) p. 58
no bloody ...: 〜は絶対にお断り
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 251
get all bloody: 血だらけになる
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 271
bloody well: だんぜん
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 279
bloody stinking savages: 人でなしの野蛮人
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 412
bloody sb: けしからん(人)だ
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロシア皇帝の密約』(A Matter of Honour ) p. 277
bloody liberty: 生意気だ
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 39
bloody hell: こらひでえ
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 51
bloody awful row: どえらい騒ぎになる
ロアルド・ダール著 永井淳訳 『飛行士たちの話』(Over to You ) p. 250
be bloody straight: 馬鹿正直だ
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 88
be bloody clever: 眼から鼻へ抜けるような利口ものである
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『白い竜』(The White Dragon ) p. 193
be bloody awful: めちゃくちゃな気分だ
フリーマントル著 稲葉明雄訳 『暗殺者を愛した女』(Charlie Muffin-San ) p. 9
too bloody well, thank you: いやというほど覚えてるよ
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 186
there’s a whole bloody bookful: ノート一冊埋まる
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 384
that bloody ignorant bogtrotter: なんて生意気な若造だろうね
フランク・マコート著 土屋政雄訳 『アンジェラの灰』(Angela's Ashes ) p. 195
that bloody great ...: あのばかでかい〜
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 38
not bloody well bad enough: 悪のうちにもはいらん
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 149
mind your own bloody business: おせっかいはやめてちょうだい
フランク・マコート著 土屋政雄訳 『アンジェラの灰』(Angela's Ashes ) p. 61
let’s cheer this bloody place up: ひとつぱーっとやろう
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 59
it was bloody unfair: ずるいったらない
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 18
if sb start thinking of all the everyday necessities there is no bloody end: こまごましたものなんて考えだせばキリがない
北杜夫著 マッカーシー訳 『どくとるマンボウ航海記』(Doctor Manbo at Sea ) p. 12
I’d have bloody killed him: ぶっころしてやったのに
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 151
don’t you think it’s pretty bloody odd: 不思議なこともあるもんじゃないか
ル・カレ著 村上博基訳 『影の巡礼者』(The Secret Pilgrim ) p. 122
don’t know a bloody thing: 何もわかっちゃいない
シリトー著 河野一郎訳 『長距離走者の孤独』(The Loneliness of the Long-Distance Runner ) p. 22
bloody little man’s gone missing: あのちび、雲隠れだ
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 131
bloody fellow becomes quite snotty: ばかに気どってやがる
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロシア皇帝の密約』(A Matter of Honour ) p. 139
beat each other to bloody pulp: 派手なたちまわりをやらかしす
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 145
be so bloody solemn: ばかばかしいほどくそ真面目だ
アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『フランクフルトへの乗客』(Passenger to Frankfurt ) p. 62
be right bloody fool: まったくばかだ
フランク・マコート著 土屋政雄訳 『アンジェラの灰』(Angela's Ashes ) p. 219
be pretty bloody picky: あれこれいう
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 65
be good and goddam dead and bloody: 血みどろになって死んじまう
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 312
be too bloody anxious: 焦りすぎる
フリーマントル著 稲葉明雄訳 『亡命者はモスクワをめざす』(Charlie Muffin and Russian Rose ) p. 37
become bloody-minded: 気持がすさむ
ロアルド・ダール著 永井淳訳 『飛行士たちの話』(Over to You ) p. 78
something bloody-well make me cry: 何だかべらぼうな気持になって泣けてきてしまう
シリトー著 河野一郎訳 『長距離走者の孤独』(The Loneliness of the Long-Distance Runner ) p. 66
Just a lot of bloody chancers, sir: どいつもこいつも食わせ者ばかりです
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 33
bloody cheek: 付き合いきれるものか
リーマン著 池央耿訳 『黒海奇襲作戦』(Torpedo Run ) p. 93
--just a lot of bloody clap-trap: --調子のいいことをいってやがる
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 94
what’s all this bloody claptrap about doing: 〜をごたごたいうのはなんだ
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 314
bloody difficult to do: ちょっくら骨だ
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 452
you stupid bloody fool: どうしてあんたはそんなにばかなの
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 156
Irish, but bloody good: アイルランド人だけど、仕事はしっかりしている
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 101
Of all the bloody insolence!: 生意気にもほどがある!
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 310
just a lot of bloody ...: どいつもこいつも〜ばかりだ
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 33
be in the bloody mess: ひどい窮地に追い込まれる
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 94
mix with bloody intellectuals: ろくでもないインテリたちとつきあう
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 287
pure bloody hell: 文字どおり血のにじむような地獄
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 30
'The end bloody well is painful,' she retorted: 「最後はだんぜん苦痛よ」彼女はやり返した
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 279
no bloody right to be here: なんだってこんなところへ出てきた
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 180
Gentlemen, the truth is that the four of us are in the same bloody mess: みなさん、われわれ四人は揃ってひどい窮地に追いこまれたというのが事の真相です
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 94
And underneath, seemingly added in a fury, 'No bloody monkeys.': その下に、よほどおこって書きくわえたのだろう、「猿は絶対にお断り」とあった
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 251
be so bloody self-righteous: 利口ぶる
マキューアン著 宮脇孝雄訳 『異邦人たちの慰め』(The Comfort of Strangers ) p. 116
don’t be so bloody silly: ばかもいいかげんにしろったら
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 445
bloody stupid: 愚の骨頂
フリーマントル著 稲葉明雄訳 『亡命者はモスクワをめざす』(Charlie Muffin and Russian Rose ) p. 57
'And no bloody wonder!' Turner swore: 「あたりまえです!」ターナーは叱りつけた
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 300
Then what's all this bloody claptrap about not wanting to man the tubes?: だったら、発射管につきたくないようなことをごたごたいうのはなんだ
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 314
these bloody things: このしようのない代物
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 164
no bloody wonder: あたりまえです
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 300
be worse than a bloody woman: 女よりまだ始末が悪い
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 153quietly
ツイート