× Q 翻訳訳語辞典
clever   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
すばしこい
   
be both buoyant and clever in a seaway: 荒波の中でも、軽々と浮かんですばしこい スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 186
<例文なし> 三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 76
すばらしい頭の回転
   
wonderful, devious, clever cast of mind: すばらしい頭の回転とごまかしの才 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 44
ちょっとした
   
put some clever boxes on sth: 〜にちょっとした装置をとりつける ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 56
なかなか巧妙な
   
a clever hiding place: なかなか巧妙な隠れ場所 クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 6
ぬかりはない
   
undoubtedly sb would be just as clever in doing ...: 〜するときだってぬかりはあるまい フィールディング著 吉田利子訳 『秘密なら、言わないで』(Tell Me No Secret ) p. 436
よくできた
   
clever learning program: よくできた学習プログラム セーガン著 池央耿・高見浩訳 『コンタクト』(Contact ) p. 46
よく出来た
   
be all extremely clever: 何もかもが実によく出来ている ミルハウザー著 柴田元幸訳 『イン・ザ・ペニー・アーケード』(In the Penny Arcade ) p. 37
わるがしこい
   
pretty clever: かなりわるがしこい トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 241

気のきいた
   
try anything clever: 気のきいたふうなまねをする フリーマントル著 稲葉明雄訳 『暗殺者を愛した女』(Charlie Muffin-San ) p. 72
awfully clever people: えらく気のきいた連中 ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 216
a clever answer: 気のきいた答え ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 145
気の利いた
   
clever stylish remarks: 気の利いた警句 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 186
clever gambit: 気の利いた文句 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 249
a few clever replies ran through my mind: 気の利いたせりふがいくつか頭をかすめる デミル著 上田公子訳 『ゴールド・コースト』(Gold Coast ) p. 31
隅におけない
   
be a clever fellow: 隅におけない 安部公房著 ソーンダーズ訳 『燃えつきた地図』(The Ruined Map ) p. 224
賢しら
   
someone clever: だれか賢しらなのが ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 204
賢しらな
   
with clever eyes: 賢しらな目 ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 62
賢そうな
   
greet sb with a clever smile: (人に)会って、にっこりと賢そうな笑みを浮かべる グループマン著 吉田利子訳 『毎日が贈りもの』(The Measure of Our Days ) p. 293
賢明だ
   
they are clever about how they do: (人の)やり方は賢明だ ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 64
賢明な
   
clever dodge: 賢明な手段 トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 311
<例文なし> トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 86
巧み
   
add some clever seasoning: なにか巧みに色づけをほどこす ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 504
巧妙な
   
clever deception: 巧妙なペテン ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 240
最高
   
be the cleverest thing one have ever done afloat: 自分としても最高の出来だ クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 527
才気
   
green eyes with their clever gleam: 才気に輝く緑色の目 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 257
自慢の
   
clever radio: 自慢のラジオ ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 134
食えない
   
clever gal: 食えない女 ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 252
切れ者
   
a clever man: 切れ者 クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 410
丹念に
   
be a clever distortion of the hopes and dreams: 希望や夢を丹念に歪め変容させている 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 127
知恵がまわる
   
<例文なし> フリーマントル著 稲葉明雄訳 『亡命者はモスクワをめざす』(Charlie Muffin and Russian Rose ) p. 14
頭が冴える
   
not clever enough to ...: 〜するほど頭が冴えていない デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 391
頭が切れる
   
meanly clever: かわいげがないほど頭が切れる トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 236
be not overly clever: とくに頭が切れるわけではない デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 15
頭のいい
   
think sb brilliantly clever: (人は)すばらしく頭のいい人と思っている レンデル著 小尾芙佐訳 『ロウフィールド館の惨劇』(A Judgement in Stone ) p. 137
a clever man with a winning sense of humor: ユーモアのセンスのある頭のいい男 トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 124
a clever man: 頭のいい人間 ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 230
抜け目がない
   
Very clever: じつにもって抜け目がない フリーマントル著 稲葉明雄訳 『亡命者はモスクワをめざす』(Charlie Muffin and Russian Rose ) p. 187
抜け目ない
   
<例文なし> オースター著 柴田元幸訳 『幽霊たち』(The New York Trilogy ) p. 22
名案
   
clever isn’t it?: 名案じゃないですか 安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 164
明敏
   
<例文なし> デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 17
目端がきく
   
pretend to be clever and it’s not one: 目端がきくように見せかけている レナード著 高見浩訳 『プロント』(Pronto ) p. 181
利口
   
much too clever for one’s own good: 利口すぎることがあだになる クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 51
怜悧な
   
clever shrewd man: 怜悧な抜け目ない男 フィッツジェラルド著 野崎孝訳 『グレート・ギャツビー』(The Great Gatsby ) p. 81

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

the cleverest place: すっごく頭のいいところ
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 368
the cleverer people: 学のある人
ウィンターソン著 岸本佐知子訳 『さくらんぼの性は』(Sexing The Cherry ) p. 142
the clever hound: 考えたわねえ
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 423
clever plan: 妙案
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 102
clever innovation: 名案
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 147
be not clever: 思わしくない
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロシア皇帝の密約』(A Matter of Honour ) p. 275
be clever and wise: 賢い
有吉佐和子著 コスタント訳 『華岡青洲の妻』(The Doctor's Wife ) p. 7
be clever: 聡明だ
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 148
the man is obviously very clever: 切れる男ということは〜にもわかる
松本清張著 ブルム訳 『点と線』(Points and Lines ) p. 112
the cleverest thing of the sort that sb ever did: そういうたぐいで拙者がなした最高に味なわざ
ルイス・キャロル著 柳瀬尚紀訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 163
seem the clever one: すばしこそうに見える
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 118
look as if one is almost clever enough to be sb: (人に)ひけをとらぬほどの隙のなさを感じさせる
イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 180
it is nice to be clever at something: なにかとりえがあるっていいものだ
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 153
do not think ... is a clever idea: 〜に乗り気ではない
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 231
can be real clever when one work at it: 腕のふるいどころでは大いにふるう
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 294
be very fit and very clever: 身体機能が抜群で、頭の回転が抜群だ
イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 182
be so clever one don’t even do: 〜しないほど慎重だ
シリトー著 河野一郎訳 『長距離走者の孤独』(The Loneliness of the Long-Distance Runner ) p. 45
be just a little too clever: 少し調子に乗りすぎる
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 223
be clever enough to do: うまく〜する
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 70
be clever at doing: 〜するのがうまい
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 215
be a clever one, that sb: さすがは(人)である
司馬遼太郎著 カーペンター訳 『最後の将軍』(The Last Shogun ) p. 227
and sb thinks one’s being clever: あんな間ぬけなまねをしていやがる
池波正太郎著 フリュー訳 『梅安蟻地獄』(Bridge of Darkness ) p. 170
an immensely clever man: 目から鼻へ抜けるような男
イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 227
a very clever man: 非常な切れ者
イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 44
be young and alone and clever: 独立独歩の賢い若者
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の反逆者』(The Renegades of Pern ) p. 127
I didn’t have time to get out a clever answer: 気のきいた答えを考えるひまもなく
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 145
be bloody clever: 眼から鼻へ抜けるような利口ものである
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『白い竜』(The White Dragon ) p. 193
a small, clever-looking camera: いわくありげな小型カメラ
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 76
clever painting: 巧妙な筆致で描かれた書割り
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 366
dread sb’s clever-edged tongue: (人に)手きびしいことをいわれるのではないかと不安だ
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の歌い手』(Dragonsinger ) p. 179
be very clever and determined: とても頭がいいし、思い込んだら決してあとにひかない人だ
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『死が最後にやってくる』(Death Comes as the End ) p. 109
be drawn with a clever economy of line capturing pose and character: 簡潔な線で顔の輪郭や性格を見事に捕らえている
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の反逆者』(The Renegades of Pern ) p. 239
It's fiendishly clever learning program: 実に、心憎いばかりによくできた学習プログラムです
セーガン著 池央耿・高見浩訳 『コンタクト』(Contact ) p. 46
get out a clever answer: 気のきいた答えを考える
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 145
moist clever eyes: うるみをおびた聡い目
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 258
Every clever killer needs an alibi, and Barbara: 頭のいい殺人者ならだれでもアリバイ工作をするものだ
トゥロー著 上田公子訳 『推定無罪』(Presumed Innocent ) p. 336
be too deep, and too ready, and to clever for sb: ( 人)には歯がたたぬほど、あまりに底が深く、すばしこく、頭が鋭い
スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 73
not clever at scheming: 考えることが上手ではない
三島由紀夫著 ウエザービー訳 『潮騒』(The Sound of Waves ) p. 117
be very clever: 並はずれて頭がいい
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロシア皇帝の密約』(A Matter of Honour ) p. 268
ツイート