× Q 翻訳訳語辞典
becomes  

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

reading becomes an absolute need: いろんな本が読みたくなる
松本清張著 ブルム訳 『点と線』(Points and Lines ) p. 132
action of any kind becomes impossible for sb: 動けなくなる
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 266
sb’s nervousness becomes less acute: (人の)神経が多少角が取れる
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 198
the loneliness one feel becomes even more acute: 孤独感はひときわつのる
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 292
the pain becomes so intense that it affects sb’s head: あまりの痛さに頭がぼうっとしてしまう
ロアルド・ダール著 永井淳訳 『飛行士たちの話』(Over to You ) p. 223
only after one becomes ill: 病気になってはじめて
土居健郎著 ハービソン訳 『表と裏』(The anatomy of self ) p. 92
the anger in sb becomes strong: (人の)怒りがとめどもないものになる
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 330
sb’s talk becomes more and more animated: (人は)こういって論じて、いきおいこむ
竹山道雄著 ヒベット訳 『ビルマの竪琴』(Harp of Burma ) p. 79
it becomes apparent to sb that ...: 〜ということが、(人の)目に明らかになる
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 531
at the thought sb’s attention becomes riveted upon the butterfly: そう思うとひどく蝶に気をとられる
三島由紀夫著 ウエザービー訳 『潮騒』(The Sound of Waves ) p. 121
the penchant for ... becomes a pattern that holds true for ...: 〜を求める傾向は〜にずっとあてはまる
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 235
the more one does, the more eager one becomes to do: (人が)〜する度数が重なるに伴れて益々繁く〜する
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 18
the more familiar one becomes with sb, the more sb does: (人と)懇意になると〜する
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 63
sb’s face becomes contorted in a pain-filled fury: (人の)顔に浮かぶ、怒りに歪んだ苦痛の表情
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 262
sb’s defiance becomes full-blown: (人の)反抗的な態度が大胆なものになる
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 307
one’s voice becomes instantly wary: すぐに口調があらたまる
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 444
one’s voice becomes gentle and low: 声を和らげて言う
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 336
it becomes in a manner of necessary: ある程度やむをえないことだ
E・ブロンテ著 大和資雄訳 『嵐が丘』(Wuthering Heights ) p. 58
one’s mind becomes blank: 頭のなかが空っぽになってしまう
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 447
bloody fellow becomes quite snotty: ばかに気どってやがる
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロシア皇帝の密約』(A Matter of Honour ) p. 139
sb and sb’s bout becomes nightmarish and brutal: (人と)(人の)やりあいは目を覆うばかりにすさまじいものになる
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 170
a swimming pool ceases to be a luxury and becomes very close to a necessity: ふだんは贅沢品のプールが、ほとんど必需品に近くなる
メイル著 小梨直訳 『南仏プロヴァンスの木陰から』(Toujours Provence ) p. 275
it becomes clear that ...: 〜がわかる
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 146
it becomes clear that ...: 〜らしい
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 110
life becomes a series of small, hellacious combats for sb: (人の)生活は苦しみに満ちたささやかな戦闘の連続となる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 196
if such conclave with sb becomes the rule: (人と)いつもこんな内緒話ができるなら
レンデル著 小尾芙佐訳 『ロウフィールド館の惨劇』(A Judgement in Stone ) p. 172
sb’s financial condition becomes precarious: (人の)経済状態がかなり厳しいところに追い込まれる
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 414
sb’s voice becomes confidential: (人は)急に声を落とす
メイル著 小梨直訳 『南仏プロヴァンスの木陰から』(Toujours Provence ) p. 20
sb’s face becomes haggard around desperate eyes: 追いつめられた目つきをして、けわしい表情になっている
ハメット著 小鷹信光訳 『マルタの鷹』(The Maltese Falcon ) p. 56
sb’s silence becomes dogmatic: (人の)沈黙がかたくなになる
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 217
fashion, by which what is really fantastic becomes for a moment universal: まったく荒唐無稽なものが、寸時のあいだ世界を風靡するようになる流行
ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 192
the flow of trade becomes more normal: 商売が順調に運び出す
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 53
one’s tone becomes frank: (人の)語調があけすけになる
三島由紀夫著 サウンダーズ、シーグル訳 『暁の寺』(The Temple of Dawn ) p. 155
the whole period becomes hazy in one’s mind: 全体の記憶がぼやけてしまっている
ロアルド・ダール著 永井淳訳 『飛行士たちの話』(Over to You ) p. 138
identification becomes impossible: どれが誰のものかわからなくなる
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 284
..., whom death becomes so ill: 死は〜に、あまりにも似つかわしくない
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 361
one’s face becomes waxy and inert, incapable of expression: 顔は表情を失い、蝋人形のようにこわばる
ニコルソン著 宮脇孝雄訳 『食物連鎖』(The Food Chain ) p. 218
the individual becomes distant: 人情から遠くなる
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 141
their love becomes more intense and overwhelming: 夫婦の愛情はいよいよ深まり、自分でもどうしようもないほどになる
ロアルド・ダール著 永井淳訳 『来訪者』(Switch Bitch ) p. 134
more and more it becomes just sand: ますます砂らしい砂になる
安部公房著 サンダース訳 『砂の女』(The Woman in the Dunes ) p. 9
money becomes a bit scarce: 家計がいくらか窮屈である
ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 41
the more familiar one becomes with sb, the more often sb does: (人と)懇意になると〜する
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 63
it becomes obvious that ...: 〜ことは知れている
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 116
one’s heart becomes peaceful: (人の)心は寧らかになる
三島由紀夫著 ウエザービー訳 『潮騒』(The Sound of Waves ) p. 145
one’s sense of physical reality itself becomes ambiguous: その肉体までが曖昧になってくる
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 215
he becomes cool and precise: 彼は冷静沈着な男となる
ロアルド・ダール著 永井淳訳 『飛行士たちの話』(Over to You ) p. 20
sb’s devotion to the girl becomes proprietorial: (人の)彼女への傾倒ぶりはいちじるしくなる
ル・カレ著 村上博基訳 『影の巡礼者』(The Secret Pilgrim ) p. 102
one’s English becomes a little rash: すこしせっかちな英語になる
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 427
sb’s face becomes happy, almost recognizable: いかにもうれしそうな顔つきになる
シリトー著 河野一郎訳 『長距離走者の孤独』(The Loneliness of the Long-Distance Runner ) p. 99
sb’s grin becomes rueful: (人の)笑みは嘆きの笑みに変わる
ハメット著 小鷹信光訳 『影なき男』(The Thin Man ) p. 181
ツイート