× Q 翻訳訳語辞典
silence   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
うんともすんとも言わない
   
Silence: 鳥はうんともすんとも言わなかった フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 149
おし黙っている
   
amid breathless silence: 息もつけずにおし黙っている中を ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 267
おとなしくなる
   
silence sb: 〜で(人が)おとなしくなる ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 418
しいんとなる
   
during the following silence: そのあとしいんとなったとき O・ヘンリ著 大久保康雄訳 『O・ヘンリ短編集』(41 Stories ) p. 146
しじま
   
silence of night: 夜のしじま 有吉佐和子著 コスタント訳 『華岡青洲の妻』(The Doctor's Wife ) p. 66
in the silences of a deep night: 夜のしじまの中で ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 268
しんとした
   
through the intense silence of the woods: ひどくしんとした松林の中を 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『ノルウェーの森』(Norwegian Wood ) p. 17
しんとしている
   
rather uncomfortable at the silence: みんながしんとしているので、ばつの悪い思いで ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 184
しんとする
   
be surrounded by complete silence: しんとする 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 44

シーンとなる
   
silence in the court: 法廷はシーンとなる ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 111

一言も出ない
   
be silenced by sb’s volubility rather than convinced: 納得したというよりは、(人に)まくしたてられて一言も出ない スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 250
何の異論も差し挟まない
   
silence of usually opinionated sb: 〜に関して一言もふた言もある(人が)何の異論も差し挟まない アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 130
   
long silence: 長い間 ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 261
言えないこと
   
business imposes its restraints and its silences and impediments: 仕事の関係上、できないこと、言えないこと、その他いろいろ拘束がある ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 145
言葉を失う
   
the question jars sb into a brief silence: その質問に(人は)一瞬言葉を失う クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 130
言葉を失くす
   
in a dazed and stupefied silence: あっけに取られ、言葉を失して デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『そして殺人の幕が上がる』(Murder on Cue ) p. 33
言葉を呑む
   
be startled to silence: おどろいて、言葉を呑む スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 148
口どめする
   
silence sb: (人を)口どめする 川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 131
口をつぐむ
   
in silence: 口をつぐんで アシモフ著 小尾芙佐訳 『われはロボット』(I, Robot ) p. 113
be awed to silence: 恐れおののいて口をつぐむ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 329
口をつぐんでいること
   
<例文なし> 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 320
口を封じる
   
silence sb: (人の)口を封じる 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 199
口を閉じる
   
stammer to silence: どもりがちに口を閉じる アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ナイルに死す』(Death on the Nile ) p. 301
静かさ
   
the depressing silence: 不気味な静かさ 遠藤周作著 ジョンストン訳 『沈黙』(Silence ) p. 76
静けさ
   
The silence he would always say: あの静けさだった、とスターンはいつも言う トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 11
静まりかえった
   
the shocked silence on ...: 衝撃のあまり静まりかえった(場所) マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 183
静まりかえって
   
maintain a grumpy silence: まことにチンマリと静まりかえっている 北杜夫著 マッカーシー訳 『どくとるマンボウ航海記』(Doctor Manbo at Sea ) p. 38
静まる
   
feel suddenly silence around one: しんと静まる 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 232
静寂
   
silence of antiquity: 太古から堆積してきた静寂 小田実著 ウィタカー訳 『広島』(The Bomb ) p. 11
pregnant silence: ずっしり重みのある静寂 ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 89
an impressed silence: 水を打ったような静寂 ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 271
a heavy silence: 静寂のぶあつい厚み 小田実著 ウィタカー訳 『広島』(The Bomb ) p. 11
沈黙
   
there was a brief silence then: しばらく沈黙があって 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 189
then sb just lay there in silence for a few minutes: また沈黙する 吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 28
sb’s silence becomes dogmatic: (人の)沈黙がかたくなになる ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 217
lapse into a brooding silence: 沈黙の中に沈みこむ ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 488
laps momentarily into silence: ひとしきり沈黙の中に沈みこむ ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 564
keep one’s silence when it is best: 沈黙を保つのがベストのときには口をつぐむ トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 325
invoke by one’s remark a pointed silence: この言葉で緊張をはらんだ沈黙が流れる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 224
interrupt this extended silence: 長い沈黙を(人が)破る トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 227
deep and permanent silence: 底知れず限りない沈黙 フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 165
confront one another in simmering silence: 内心ぐつぐつ煮えたぎりながら沈黙の対決をする トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 275
clank its chain so hideously in the dead silence of the night: 夜の沈黙を破る恐ろしい響とともに鎖をひとゆすりする ディケンズ著 村岡花子訳 『クリスマス・カロル』(A Christmas Carol ) p. 33
break a very awkward silence: 気まずい沈黙を破る クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 17
after a awkward silence: 一瞬の気づまりな沈黙をはさんで プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 145
a tense silence: 緊張をはらんだ沈黙 タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 108
A hot square of silence cut from the heart of the jungle: それは密林の只中から切り取られてきた四角い熱い沈黙である 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 357
<例文なし> マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 314
燃えている
   
despite the violence of sb’s emotion: いくら熾烈な感情が燃えていても 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 243
返事がもらえない
   
sb’s silence: (人から)返事がもらえない 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 123
無音
   
and in the strange ways of woman the silence was a relief to her: 女というのは奇妙なもので、その無音は彼女に安堵をもたらした ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 31
無言
   
with silence and derisive smile: 無言の冷笑で 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 56
the silence of the page: 無言で語りかける〜のページ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 121
promise in the silence of one’s thoughts: 頭の中で無言で言ってやる クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 504
make big silences: 無言の行をきめこむ デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 397
in silence: 無言で ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 382
in silence: 無言の裡に ポオ著 中野好夫訳 『黒猫・モルグ街の殺人事件 他五篇』(Murders in the Rue Morgue and other Stories ) p. 80
無言のまま
   
Silence: 男は無言のまま タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 129
黙って
   
sb’s voice trails off into a thoughtful silence: 語尾が薄れ、黙って考えこんでしまう ライス著 小鷹信光訳 『時計は三時に止まる』(8 Faces at 3 ) p. 74
listen in silence: 黙って聞く 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 129
hold one’s breath in silence: 息をこらして黙っている 遠藤周作著 ジョンストン訳 『沈黙』(Silence ) p. 47
gaze at sb in silence: 黙って(人の)顔を眺める 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 247
accept sth in silence: 黙って受け入れる クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 238
黙らせる
   
<例文なし> レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 344
黙りこくって
   
in stunned silence: 胸をつかれたように黙りこくって タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 124
黙りこくっている
   
<例文なし> プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 21
黙りこくる
   
in a strange and frightening silence: 妙に薄気味わるいほど黙りこくって マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 461
黙りこむ
   
sb’s silence gives sb a chance to do: (人が)黙りこんだおかげで、〜するチャンスが生まれる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 488
黙り込む
   
there is an uncomfortable silence: みんな気まずく黙りこんでしまう ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 169
黙る
   
stare at sb in silence: (人の)顔を見て黙っている 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 258
in utter silence: 黙りこくって ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 361

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

walk in silence: 押し黙って歩く
イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 279
unable to look on in silence: 見かねて
有吉佐和子著 タハラ訳 『恍惚の人』(The Twilight Years ) p. 91
there is silence: 押し黙っている
ウィンターソン著 岸本佐知子訳 『さくらんぼの性は』(Sexing The Cherry ) p. 41
there is silence: 静寂がおちる
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 427
Silence!: しずまれ
宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『どんぐりと山猫』(Wild Cat and the Acorns and Other Stories ) p. 18
only silence emanated: 音沙汰なしだ
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『メディア買収の野望』(Fourth Estate ) p. 108
lapse into silence: 押し黙る
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 90
lapse into silence: 黙りこむ
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 165
lapse into silence: 黙りこんでしまう
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 41
keep silence: 黙りこくる
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 30
keep absolute silence: いっさい交信を控える
リーマン著 池央耿訳 『黒海奇襲作戦』(Torpedo Run ) p. 99
in stony silence: おし黙って
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 363
in silence: じっと黙って
in silence: むっつりと
池波正太郎著 フリュー訳 『梅安蟻地獄』(Bridge of Darkness ) p. 10
in silence: 口をきかない
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 34
in silence: 密かに
in silence: 黙々と
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 55
in silence: 黙りこくっている
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 56
in silence: 黙然と
夏目漱石著 マシー訳 『』(Mon ) p. 18
in complete silence: だまって
宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『銀河鉄道の夜』(Night Trains to the Stars and Other Stories ) p. 58
in absolute silence: 押しだまったまま
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 188
fade into silence: 急にポツンと押し黙る
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 245
end the silence: 長い沈黙のあとで口を開く
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 58
dead silence: 水を打ったような静寂
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 239
break the silence: 口を切る
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 203
break silence: 先に口を開く
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 152
break one’s silence: それまで黙っていた(人は)
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 75
be silenced: 死人に口なしと言う状態にされる
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ナイルに死す』(Death on the Nile ) p. 347
when one open one’s mouth to speak there is only silence: 口を開いたときには、言葉が出ない
フィールディング著 吉田利子訳 『優しすぎて、怖い』(See Jane Run ) p. 66
walk on in a steady and set silence: むっつり黙り込んだまま、道を急ぐ
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 126
wait in the silence: じっと待つ
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 276
there was a dead silence: 一瞬、絶句した
バッファ著 二宮磬訳 『弁護』(The Defense ) p. 274
there is a perfect silence in ...: 〜の中は、しんとして、しわぶき一つ聞こえない
小松左京著 ギャラガー訳 『日本沈没』(Japan Sinks ) p. 52
there is a blank silence: 二人とも、ちょっと言葉がとぎれる
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 235
the silence of winter’s dark: 物みな息を潜める暗黒の冬
the meal is consumed in silence: 黙々と口に運ぶ
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 270
the deadly silence descends: 沈黙がおそってくる
遠藤周作著 ジョンストン訳 『沈黙』(Silence ) p. 32
stand in each other’s long silence: 長いこと顔を見合わせて立っている
some sudden silence have occupied one’s mind: しんとした気持ちで
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 34
silence fall over ...: 〜がしいんと静まりかえる
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 251
say after a long silence: しばらくして、ようやくいいだす
ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 103
relapse into silence and meditation: 再び沈思黙考に陥る
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『殺人は広告する』(Murder must Advertise ) p. 46
maintain a strict silence about ...: かたく口を閉ざす
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 49
maintain a strict silence: 黙りこくる
有吉佐和子著 コスタント訳 『華岡青洲の妻』(The Doctor's Wife ) p. 70
listen for any suspicious sound that might break the silence: 気を何処かに配る
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 44
lapse into silence again: 静まりかえる
遠藤周作著 Gallagher訳 『海と毒薬』(The Sea and Poison ) p. 49
lapse back into one’s dejected silence: しょげ返る
芥川龍之介著 ボーナス訳 『河童』(Kappa ) p. 42
laps back into silence: 口をつぐむ
フィールディング著 吉田利子訳 『わたしのかけらを、見つけて』(Missing Pieces ) p. 22
in the black silence: 黙りこくって
ロンドン著 白石佑光訳 『白い牙』(White Fang ) p. 301
in silence one start to walk towards ...: それぎり話を切り上げて(場所)の方に足を向ける
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 242
in silence for a moment: 一秒間でも無言で
ディケンズ著 村岡花子訳 『クリスマス・カロル』(A Christmas Carol ) p. 29
in one’s own silence: 胸のうちで
held up one’s hands for silence: 両手を上げて(人を)制す
glare at sb in silence: じろりとにらむ
池波正太郎著 フリュー訳 『梅安蟻地獄』(Bridge of Darkness ) p. 236
glare at sb in cold silence: ものも言わず、冷ややかに(人を)見つめる
グループマン著 吉田利子訳 『毎日が贈りもの』(The Measure of Our Days ) p. 168
gaze at sb’s innocent face in silence: 何事も知らない(人の)顔をしげしげと眺める
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 263
fall into a dark, brooding silence: 沈鬱な顔で黙りこむ
バッファ著 二宮磬訳 『弁護』(The Defense ) p. 286
fall into a confused silence: 矢が次げない
志賀直哉著 マクレラン訳 『暗夜行路』(A Dark Night's Passing ) p. 30
drive along in silence: 車は無言で進む
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 373
do not mind sb’s long silences: (人が)いくら黙りこくっていようが平気だ
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 59
come in gushes, and then suddenly tail off into silence: 不意に流ちょうになったと思うと、すっかり消えて黙りこむ
ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 162
cannot endure such heresy in silence: だまっていられなくなる
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『アンの青春』(Anne of Avonlea ) p. 64
can you guarantee their silence: 連中の口は固いだろうな
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 199
be wrapped in silence: 押し黙ったまま
マキューアン著 宮脇孝雄訳 『異邦人たちの慰め』(The Comfort of Strangers ) p. 52
be this terrific silence: しーんと静まり返る
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 79
be sitting in silence: 黄いろく押し黙っている
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 22
be reduced to stunned silence by sb: (ひとに)唖然として二の句がつげない
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 17
be quietly awed into silence by ...: 〜に打たれて、密かに畏怖の念を禁じ得ない
be mute, silenced by remorse for doing: 〜したことがうしろめたく、ものがいえない
イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 193
absorbed in apparently meaningful silence: 故意のようにぶすっとした顔つきの
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 232
absorb ... in silence: 黙って反芻する
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 232
a total silence fills the room: どこもかしこもがしんとしている
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 179
... pass over sth in silence: 〜の何処にも書いてありませぬ
遠藤周作著 ジョンストン訳 『沈黙』(Silence ) p. 26
abrupt silence: 唐突に訪れた静寂
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 349
an absolute silence: 深い静寂
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 47
there is absolute silence: しーんと水を打ったようだ
谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 64
stand in absolute silence: 押し黙ったまま立っている
O・ヘンリ著 大久保康雄訳 『O・ヘンリ短編集』(41 Stories ) p. 199
lapse into silence again: しずまりかえる
遠藤周作著 Gallagher訳 『海と毒薬』(The Sea and Poison ) p. 49
amazing silence: 非常な静けさ
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 461
into that attentive silence: 人々は固唾をのんでまちうけている
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の歌い手』(Dragonsinger ) p. 327
the peculiar aura of silence that seems to surround sb: その身辺にただよう一種の謐かさ
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 10
an austere silence prevailing while sb discuss sb’s meal: 食事をしたためる間、かたくるしい沈黙が支配する
E・ブロンテ著 大和資雄訳 『嵐が丘』(Wuthering Heights ) p. 18
an awkward unpleasant silence: 気まずい沈黙
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 65
bear one’s suffering in silence: じっと黙って苦痛に堪える
bemused silence: 当惑をはらむ沈黙
ル・カレ著 村上博基訳 『影の巡礼者』(The Secret Pilgrim ) p. 142
benign silence have never worked with sb: (人が)相手では、良識ある沈黙というのは通用しない
フィールディング著 吉田利子訳 『わたしのかけらを、見つけて』(Missing Pieces ) p. 26
call sternly into the silence: 静寂を破って呼ぶ
ボイル著 柳瀬尚紀訳 『ケロッグ博士』(The Road to Wellville ) p. 593
Characteristically, it was Brooks who broke the silence: 沈黙をやぶったのは、案の定ブルックスだった
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 195
be chopped off by silence: ぶつりと断ち切られて沈黙のなかに落ち込む
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 151
the continuing silence: あいかわらずつづく沈黙
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 453
in a dazed and stupefied silence: あっけに取られ、言葉を失くして
デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『そして殺人の幕が上がる』(Murder on Cue ) p. 33
be dead silence: あたりはしーんと静まり返る
ルイス・キャロル著 柳瀬尚紀訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 150
be in a deep silence: 黙りこくる
O・ヘンリ著 大津栄一郎訳 『オー・ヘンリー傑作選』(41 Stories ) p. 99
in delicious silence aloneness, and suspense: 甘美な静寂と孤独とスリルを味わいながら
ハイスミス著 小尾芙佐訳 『風に吹かれて』(Slowly, Slowly in the Wind ) p. 186
an unnatural silence and desertion reigns ...: まったく人気のない、ただならぬ静寂さが〜を領している
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 88
maintain a dignified silence: いつも厳然たる沈黙で答える
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 137
lapse into a discouraged silence: 意気地なく黙りこむ
ライス著 小鷹信光訳 『死体は散歩する』(The Corpse Steps Out ) p. 31
preserve a discreet silence: 賢明にも沈黙をまもる
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 226
a disjointed silence: にわかな沈黙
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 341
disregard sb’s silence: (人の)沈黙を物ともしない
三島由紀夫著 モリス訳 『金閣寺』(The Temple of the Golden Pavilion ) p. 66
a dubious silence: いぶかしげな沈黙
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 149
The boys sat in silence earnestly studying Isao's expression: ひたすら勲の顔色を伺って黙っている
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 273
an embarrassed silence reign: 気まずい沈黙が流れる
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 197
break an embarrassing silence: 面はゆい沈黙を破る
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 188
end the heavy silence: 重苦しい沈黙を破る
クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 309
The awful silence endured: ぎごちない沈黙がつづいた
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 241
on every side is the silence: あたりは静寂そのもので
ロンドン著 白石佑光訳 『白い牙』(White Fang ) p. 11
a few moments of silence: いくらかの沈黙
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 208
follow by the former silence: あとはもとの静寂にかえる
スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 282
roar with such fury that there is instant silence: 〜のはげしい一喝で、たちまち教室内は静まる
シリトー著 河野一郎訳 『長距離走者の孤独』(The Loneliness of the Long-Distance Runner ) p. 101
ツイート